ドラマル

『いいね!光源氏くん』3話のネタバレ感想!加露利は美味い!ポテトチップスは時代を超える

2020年4月18日に放送されたドラマ『いいね!光源氏くん』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、太り気味の光と沙織が、一緒にダイエットのために運動を始める!
そんな中、光の本心を知った沙織は、光が元の源氏物語の世界に戻れる方法を探すが…。

関連記事

ドラマ『いいね!光源氏くん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『いいね!光源氏くん』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『いいね!光源氏くん』3話のあらすじネタバレ

和歌のオフ会でスイーツを堪能した光源氏(千葉雄大)は、マシュマロのチョコがけにチョコレート・ファウンテンなど、甚くチョコレートが気に入ります。

リビングのソファーでポテトチップスを食べる光を見て、藤原沙織(伊藤沙莉)は光が太ったことに気づきます。
光は甘いものが大好きな上、食べたら直ぐにゴロ寝、太って当然でした。
沙織は光とダイエットを敢行、光は甘いものを禁止されます。

翌日からジョギングを始めた沙織と光でしたが、光はこれまで走ったことがなく上手く走れません。
この日の夕食は、山盛りのキャベツでした。
次の日には沙織は腹筋を教えましたが、光は直ぐに音を上げます。
そして、この日の夕食もキャベツでした。

ジョギング中、座り込む光は自らの足で走ることが疑問でした。
光が足を出すと、解けた靴紐を沙織が結び直します。
光の居た平安時代とは違い、千年経った現在は自ら走りもすれば靴紐も結ぶと、沙織は教えます。
千年も経っていることにショックを受けた様子の光でしたが、黒髪を靡かせ走る美女ランナーが目に入ります。
「もしや紫の上?」
光は走って美女ランナーを追いかけるのでした。

そして、この日の夕食もまたキャベツ。
我慢の限界に達した光はポテトチップスを食べ、沙織にも勧めます。
欲に負け、遂に沙織も食べてしまいます。
沙織は太りやすい体質で、光と居ると楽しくて食べ過ぎてしまい、体型を気にしていました。
光の周りでは痩せ過ぎの女性が好まれず、沙織が十分に美しいと思う光は、今のままで良いと言うのでした。

2週間後、光は痩せ、元の体型に戻ります。
風呂上がりに牛乳を飲む光を見て、すっかりこの世界に馴染んだと沙織は思うのでした。
深夜、ガサガサという音に目を覚ました沙織がリビングを覗くと、光が簾を繰り返し上げ下げしていたのです。
しかし、いくら繰り返してみても、見えるのは東京の夜景でした。
光が簾から現れたことを思い出し、元の世界に戻りたいのだと沙織は思います。

光に洗いものを頼み出勤した沙織は、珍しく仕事でミスをします。
光は言われた通り洗いものをしましたが、慣れないことに手が滑り沙織のマグカップを割ってしまいます。

沙織の妹・詩織(入山杏奈)にカフェに呼び出された光は、詩織の勧めでペアのマグカップを購入します。
帰宅した沙織は、割れたマグカップで光が怪我をしなかったか心配します。
代わりに買ってきたペアのマグカップを光が出すと、喜ぶ沙織でしたが、詩織の勧めと知り少しガッカリします。
深夜、また簾の音が聞こえ、光が元の世界に戻れるよう、沙織は協力することにします。

光の提案で寺で祈祷を受ける光と沙織、トランス状態に入ったかに見えた光でしたが寝ているだけでした。
何の成果もなく、ふたりは次に占いに行きます。
「全て人の世の営みは月の満ち欠けと共に起こる」
ふたりは占い師の言葉を思い出し空を見上げると、下弦の月が見えます。
占い師の言った満ち欠けの意味に気づき、沙織は光が現れた時と同じ条件で同じことをすれば、戻れるのではないかと思いつきます。
光が現れたのは新月の夜で、次の新月は3日後でした。

沙織は光が現れた日と同じように香を焚き、光は平安装束に身を包みます。
「かりそめの夢の旅路をさすらひて月なき今宵うつつに帰らむ」
光は歌を詠み終えると、簾を上げ去って行きました。
光が居なくなったことが身にしみて涙する沙織が、簾を上げると何故か光がベランダに立っていたのです。
その後、いくら繰り返しても光が元の世界に戻ることはなく、気づけば夜が明けていました。

買い物に出たふたり、光は昨夜の経験が無駄にならない日が来ることを信じ、そんな日が来なければ良いと沙織は思います。
2人の水着の美女のハワイ観光案内の看板を見つけ、極楽浄土のようなところだと光は思います。
光との楽しいハワイ旅行を思い描き、沙織が何気なく横断歩道を渡り始めると、トラックが猛スピードで近づいて来たのです。
気がついた光が沙織を突き飛ばし沙織は無事でしたが、路上には烏帽子が落ちているだけで、光の姿は何処にも見当たりません。
光は消えたのでした。

スポンサーリンク

『いいね!光源氏くん』3話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

そもそも原作があるドラマとはいえ、次回予告には配慮して欲しかったです。
パナマ帽を被りアロハを着たチャラい光源氏を見て、拍子抜けしました。
姿を消した光がどうなってしまったのかドキドキの展開で、この仕打ちはあまりに酷い。

光と出会った時から沙織はほぼ落ちていましたが、遂に完全に落ちました。
月の満ち欠けが29.3日なので、1か月は掛かりませんでしたが、稀代のプレイボーイ・光にしては時間が掛かり過ぎたといったところでしょうか。

沙織が光に恋をしたことが誰の目にも明らかに分かる場面の直後に、あの次回予告、ドキドキを返して欲しい。

加露利は美味い!ポテトチップスは時代を超える

3話はダイエットというテーマでしたが、食いしん坊の光くんが可愛かったですね。
「加露利(カロリー)はうまい」の漢字変換と表情で笑い。
ポテトチップスを欲しがる光くんの姿に吹きだしました。

また平安装束に身を包む光源氏がやっぱり雅だし、チョコレートフォンデュを食べる時の色気がやばすぎました。千葉雄大恐るべし!

次回、遂に頭中将(桐山漣)が登場!
原作ファンが期待するシーンもあるようなので、楽しみですね。

『いいね!光源氏くん』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『いいね!光源氏くん』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

光源氏(千葉雄大)がどこかへ消えてから意気消沈の日々を送る沙織(伊藤沙莉)はある晩、すだれの音で目が覚めて狩衣姿の男の後ろ姿を発見。光が戻って来てくれたと思い喜んで抱きつくが、振り返ったら見も知らぬ男(桐山漣)で、話をするうちに源氏物語で光のライバル的な存在の頭中将(この時は三位中将)だとわかる。沙織は、もしかしたら光の居場所がわかるかもしれないと思い、しばらく中将を家に居候させることにする。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_story.html