ドラマル

『いいね!光源氏くん』2話のネタバレ感想!沙織と光くんの順応能力の高さが凄い!

2020年4月11日に放送されたドラマ『いいね!光源氏くん』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、沙織の妹・詩織に誘われて、光は街に出かけることに!
会社から帰宅した沙織は、二人にプリクラ写真を見せられて…。

関連記事

ドラマ『いいね!光源氏くん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『いいね!光源氏くん』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『いいね!光源氏くん』2話のあらすじネタバレ

藤原沙織(伊藤沙莉)が出勤中に、妹・詩織(入山杏奈)が沙織の自宅に立ち寄り光源氏(千葉雄大)と遭遇。
会議の最中、沙織に詩織からメッセージと共に光の驚いた写真が届きます。

詩織を口説く光の光景が脳裏に浮かび、「絶対ダメ」と沙織は絶叫。
安倍課長(小手伸也)は企画が否定されたと勘違い、沙織は新たな企画の作成を任せられてしまいます。

詩織はキャバクラでのバイトの帰り、大学の授業まで時間があり、沙織の家に寝に寄ったのでした。
詩織が沙織の妹と知り、光はあまり似ていないと思います。
詩織のマニキュアに気づいた光は興味を覚え、詩織は光にマニキュアを施します。
そして、詩織は光を誘い出掛けるのでした。

焦る沙織は大慌てで企画書を作成、同僚の誘いも断り大至急帰宅します。
ところが、家には詩織と光の姿が見当たりません。
苛立つ沙織でしたが、程なくしてふたりが帰宅します。
詩織は光が沙織の恋人だと思っていましたが、沙織は否定します。

詩織がバイトに行き、食べ終わったハンバーガーのゴミで散らかったテーブルを、沙織は片づけていました。
ソファーで横になる光に、沙織は都に戻れない理由を尋ねます。
光は朧月夜とのスキャンダルを利用され、政敵の右大臣一派に都を追われたのでした。
源氏物語のストーリー通りで、光が腹違いの兄嫁に手を出していたことに沙織は気づきます。
モラルを問う沙織でしたが、美しい者を愛でるのが何故悪いのか光には分かりません。
見境の無い光に沙織は身の危険を感じ、早く出て行って貰おうと思います。
とは言うものの、光が自身に手を出す気配はなく、女性としての魅力に不安を覚えます。

光がリモコンに触れてしまいテレビにドラマが映し出され、女優を見た光は涙を流します。
女優がテレビの中に閉じ込められていると思ったのでした。

翌朝、沙織と光はコンビニで買い物、帰宅後、光は沙織から歯磨きを習います。
出社した沙織は、仕事の合間に光のSNSをチェック、そして沙織は会社の帰りに光にタピオカをご馳走します。
更に翌日、沙織は光と蹴鞠を楽しみ、もんじゃ焼きを食べに行きました。

そして翌朝、沙織が起きると光の姿は何処にも見当たりません。
すると、光が帰宅、歌を詠んでいたと言います。
平安貴族が夜中に歌を詠むのは女性を口説く時、朝帰りに憤る沙織でしたが時間が無くそのまま出社します。

沙織が帰宅すると、また光は居ませんでした。
苛立つ沙織でしたが、光を待つ内にそのままソファーで寝てしまいます。

翌朝、沙織は帰宅した光に起こされ、思わず笑みがこぼれます。
先日見た女優を再びテレビで見て、光は涙を流していました。
女優の髪型がショートヘアになり、光は尼僧になったと思ったのです。
同じくショートヘアの沙織も、光るは尼僧だと思っていました。
光から口説かれない理由が、女性として魅力が無い訳ではないと安心したのも束の間、沙織は光の言葉に傷つきます。
沙織が尼僧では無いと知り、沙織のもとに通う男がいないことを慰めるつもりで「物好きもいる」と光は言ったのです。
ショックを受けた沙織は、光を家から追い出しました。

途方に暮れた光は街中を彷徨い、大量のポケットティッシュが集まりました。
光は撮影した写真をSNSに投稿します。
鉢植えの花、理容室のサインポール、散歩中の犬、そして川沿いの遊歩道からの街並み。

投稿された写真を見て、沙織が光を迎えに来ました。
そして、沙織は2つのルールを決めます。
1つは朝帰り禁止、もう1つはお菓子代を光が稼ぐことでした。

勤務中に沙織のスマホに通知が届き、光のSNSを見ると歌会仲間とカラオケに行った写真が投稿されていました。
歌は歌でもカラオケの歌と分かり、沙織は安心します。

帰宅した沙織がカラオケの話を振ると、歌合わせのつもりでカラオケに行った光でしたが、同じ歌でもやたらと長い歌に困惑していたのです。
光はずっしりと小銭の入った巾着袋を、沙織に差し出します。
歌会仲間から貰った報酬で、お菓子代を稼いで来たことを沙織は喜びます。
カラオケの時、歌会仲間に今度から中将(桐山漣)を誘うよう光は言われていました。
この時、中将もまた須磨へ向かっていました。
光とは対照的なセクシー系いけめんの中将に沙織も興味があり、会いたいと思います。
そんな中将を偲ぶ光なのでした。

スポンサーリンク

『いいね!光源氏くん』2話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

ジャージで街中を歩く光源氏の烏帽子に、そろそろツッコむ街行く人が現れても良いと思うのは気のせいでしょうか。

本編中で千葉雄大がだんだん太っていってる気がして気になっていたのですが、予告を見て驚きました。
まさか次回への布石だとは思いませんでした。
役作りで実際に太っているのなら、凄いとしか言いようがありません。

そんな千葉雄大演じる光源氏の朝帰りを待つ沙織が、異常に可愛かったです。
演じている伊藤沙莉を前々から若手の演技派として注目していたのですが、光源氏に起こされた時の一瞬の笑顔には癒やされました。

沙織と光くんの順応能力の高さが凄い!

平安時代からやってきた光くんこと光源氏を受け入れて暮らす沙織はもちろん、光くんの現代への順応能力の高さに脱帽です。

正確な時の流れはわかりませんが、おそらく数週間で現代世界を受け入れてスマホまで使いこなしています。
そもそも、平安時代の人と現代人が問題なく会話ができるというのも不思議です 笑。

沙織の妹・詩織(入山杏奈)も即効で光くんを受け入れていたし、全ては光くんの人徳(愛されキャラ)によるものなのでしょうかね。
2話では、沙織と光くんが蹴鞠(もどき)をしている姿が最高に微笑ましかったです。

『いいね!光源氏くん』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『いいね!光源氏くん』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

光源氏(千葉雄大)は、平安時代では口にすることがなかった甘いスイーツに夢中になり、だんだん太り気味になる。それにつられて自分の体形も気になりだした沙織(伊藤沙莉)は、ダイエットのために光と一緒に運動しようとするが、走る経験が無かった光は元いた世界への郷愁に駆られるようになっていく。そんな光の本心を知った沙織は、どうやったら光が元の源氏物語の世界に戻れるのか、いろんなことを試してみるが…

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/html_hgk_story.html