ドラマル

ドラマ『Heaven?(ヘブン)』5話のネタバレ感想!川合くんの存在に賛否!あなたは受け入れられる?

2019年8月6日に放送されたドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、グルメ雑誌の覆面記者が来店するもミスを連発!
店のレベルをあげようと、仮名子は伊賀に川合くんの特訓を命じるが…。

関連記事

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』5話のあらすじネタバレ

『ロワン・ディシー』のオーナーでミステリー作家の黒須仮名子(石原さとみ)は、掲載されるとミシュランジャパンに掲載確実と言われている雑誌への掲載を根拠のないアルファベット順で次が『L』だからと次は『ロワン・ディシー』だと自信満々に語ります。

仮名子が次に掲載されるには先週の後半くらいに覆面記者が来ていたはずだと、メモを取っていた客がいなかったかと伊賀観(福士蒼汰)に尋ねると、黒革の手帳にメモをしていた謎の男(竹中直人)がいたことを思い出します。
仮名子はその客が覆面記者だと考え、その客に対して、どんな対応をしたかを全員がまかない料理を食べながら思いだし告白します。

コミドランの川合太一(志尊淳)は魚料理なのにオードブルのナイフを出し、店長の堤計太郎(勝村政信)はオードブルの料理の位置がズレたのを、自分で乗せ直し、ソムリエの山縣重臣(岸部一徳)はワインの好みを外してしまい、シェフの小澤幸應(段田安則)は、鱈の切り身の小さい方を提供し、仮名子もいつもながらにわがまま放題で、悪印象を与えていました。
そして伊賀のミスは、仮名子がワインをこぼしたのを後回しにしたことで、緊急性の高い仕事を無視したと捉えられているだろうと考えられました。

そんな中、いつもの無頓着な笑顔をひとり振りまく川合は、記事が出るかどうかもわからないし、出たら出たで仕方ないと話し、みんなの共感を得ます。

その日の営業時間中に話題になっていた謎の男の大岡山啓介(竹中直人)がやって来て、覆面記者ではなく、仮名子の友人・和田英代(内田慈)の紹介で再就職先として見学に来ていたことがわかります。
そして「あまりに次元が低すぎる。お粗末だ」と就職の話しはなかったことにして欲しいと言われてしまいます。

大岡山の言葉に怒り心頭に発した仮名子は、接客係がお粗末と言われたのは、伊賀の落ち度でもあるとして、川合の特訓をしてなんとかするように指示します。

さっそく伊賀と川合は特訓に勤しむのですが、なかなか成果は出ません。
そして、特訓11日目に川合は、映画の試写会を観に行って特訓に参加せず、店にも遅刻してしまいます。

そんな中、英代の紹介で『ロワン・ディシー』で働きたいと希望する青年・峰和彦(小関裕太)がやって来て、川合がいない穴を埋めるため臨時で働いてもらうことになりました。
峰はサービスの腕も確実で即戦力間違いなしで、仮名子は川合を雇い続けるべきか、それとも峰を雇うべきか、その決断を伊賀に委ねます。

峰の完璧な仕事ぶりに、川合にクビを伝えようとする伊賀でしたが、なかなか言えずに苦悩します。
そして仮名子の「完璧なものばかりじゃつまらないでしょ」という言葉で、一転川合を残す決断をしました。

しかし、この伊賀の判断のおかげで、この後、川合のことが雑誌に掲載されることになり、この記事のお陰で店は繁盛しました。

スポンサーリンク

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

特に日本では、平均的な状態を良しとする傾向はまだまだ強いでしょう。
そして、この平均的な集まりが良い組織を作るとも勘違いされがちですが、平均的な発想では組織はどんどん淘汰される方向に向かってしまいます。

強く、淘汰されずに進化できる組織づくりには、頭抜けた特長を有した存在を融和させていくことです。

そして、それぞれの短所を矯正させるのではなく、ひたすら長所を伸長させるように日々チャレンジさせることです。
この自然界のとても大切な真理の一端が垣間見えた内容でしたね。

川合くんの存在に賛否!あなたは受け入れられる?

川合くんに対して、嫌悪感を感じている人が結構いますね。

わたしも川合くんに対して嫌悪感はありませんが、絶対に峰くんを取るべきと感じました。

最後、令和の破壊王・川合くんが、アンミカさんとのトラブルを天然キャラで丸く収め、必要性を説かれましたが、峰くんでもなんとか場を収めたんじゃないかと思います。

そもそも仮名子も、「もう来なくていい!」と川合くんにきつい言葉を言っていましたが、何だかんだ今までハチャメチャを許してきているので、懐が深いですよね。
普通あんなだったら、初日で首にされるんじゃないかな…。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『Heaven?~ご苦楽レストラン~』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある夜、「ロワン・ディシー」に堤(勝村政信)の前職・牛丼屋の仲間がやって来た。かつては社長賞を貰うほどの敏腕店長として同僚からの信頼も厚かった堤は、昔の仲間に再会したことで急にやる気を出す。店を盛り上げようと考えた堤は、一世一代の大勝負に!!誕生日特典をはじめ、様々な提案をするのだが、オーナーの仮名子(石原さとみ)とは意見が対立してしまう。

そんな中、店に待ちぼうけの女性客が。彼女は二人分の食事を一人で寂しげに食べ続けている…。

本当のもてなしとは一体なんなのか?
果たして、店長の決断は?

出典:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/story/