ドラマル

『Heaven(ヘブン)』1話のネタバレ感想!石原さとみは合わない?いえ原作通りで面白い!

2019年7月9日に放送されたドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

『動物のお医者さん』『おたんこナース』など、数々の人気漫画を描いてきた佐々木倫子さんの同名漫画を原作とするドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』。

放送前は主人公・黒須仮名子は石原さとみに合わないのでは?といった声もありましたが、果たして初回放送後の視聴者の反応はどうだったのでしょう。

関連記事

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話話のあらすじネタバレ

ナレーターでもある謎の紳士(舘ひろし)が、ドラマの舞台になるフレンチレストラン『ロワン・ディシー』を「どの駅からも、繁華街からも、住宅地からも、利益からも、理想のサービスからも程遠い」レストランだと紹介します。

とあるフレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、実直な性格なのですが営業スマイルもできないため、仲間からも客からも不評で、難癖をつけてきた顧客にも笑顔を見せられませんでした。

そんな伊賀の様子を見ていた黒須仮名子(石原さとみ)は、
「理想のレストランを作るから」
「レストランに必要なものは距離感」
「スタッフに必要なのはオリジナリティー」
「あなたはいいサービスマンになるわ」
と近々オープンする自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトします。

この仮名子の言葉に心を打たれた伊賀は、彼女の店で働くことを決意します。
ミーティングがあるという仮名子のレストランに訪れた伊賀ですが、そのレストランは謎の紳士が語っていたようにどこからも遠く、さらには墓地の中に佇む店でした。

しかも彼女が集めた従業員は、元美容師見習いのコミドランの川合太一(志尊淳)牛丼屋の店長を5年務めていた店長の堤計太郎(勝村政信)フレンチシェフの小澤幸應(段田安則)元銀行員でソムリエの山縣重臣(岸部一徳)と、伊賀と小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかりでした。

フランス語で「この世の果て」を意味する店名の『ロワン・ディシー』は、5年前まで中華料理店でした。
まだ中華料理店の趣が残ったままの店を4日後にオープンすると仮名子は話します。
スタッフ一同はとてもいい加減なオーナーの仮名子の言動に「諦観」させられ、様々な疑問を抱えながらもオープンに向けて活動を開始します。

翌日店に来た仮名子に、山縣がオーナーのビジョンを尋ねると、レストランにいちばん大事なことは『たくさんお酒が飲めること』と、以前それぞれに投げかけた言葉、
伊賀には『距離感』
小澤には『味』
堤には『経営』
山形には『非日常』
川合には『快適な空間』
とは違う言葉が飛び出してきました。

オーナーには頼れず、フレンチ経験者のいない中で諦観した伊賀は、シェフドランにしてサービスの要として、ホールのメンバーの教育も開始します。

野菜の仕入れの問題や、トイレが未完成で保健所の許可が下りていないことなどを、偶然の出会いや、隣接する葬儀場のやすらぎ会館のトイレを借りるなどのアイデアで乗り切り、後は開店を待つばかりになりました。

しかし、エアコンが入らないこと、通常の開店ではなく500人にパーティの案内を出していることがこのタイミングで判明し、さらには案内の日付けを間違えていたこともわかり、オープンしてもお客さんは来ません。

急遽仮名子は、電話をかけてたくさんのお客さんを集めるのですが、パーティの真っ最中に壊れているとおもわれていたエアコンが入り、5年分の誇りが部屋中に舞うことになってしまいます。

散々な結果になったようでしたが、仮名子はお客さんが来たのだから成功だと話します。
その言葉に伊賀は、それぞれのメンバーにかけたレストランに必要なことの深い意味を捉えるのですが、実はそうではないことを仮名子に明かされてしまいます。

順風満帆とは言えない門出でしたが、
仮名子はどんなレストランを作りたいのでしょう?
『ロワン・ディシー』を作った真意はどこにあるのでしょう?

スポンサーリンク

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

まだまだ、仮名子の真意は見えてきませんが、理想的な組織を作っていくための秘訣が見え隠れしているようですね。

型にはまってしまった人選や融合では、魅力的な組織はなかなか出来てこないでしょう。
一見常識を超えたようで、しかし個々の突出した魅力の一点を磨き上げて組織化した時こそ、魅力的な集合体になっていくものです。

メンバーそれぞれのこれまでの生立ちや、仮名子の真意はどこにあるのか、どんな魅力的なレストランになっていくのか、これからが楽しみですね。

石原さとみは合わない?いえ原作通りで面白い!

放送前、主人公・黒須仮名子が石原さとみに合わないといった苦言も囁かれていましたが、ファンからは原作に忠実と大好評でした。

原作通りですが、石原さとみさん演じる黒須仮名子の破天荒っぷりが凄かったですね。
石原さとみさんだから演じられる?許せる?と感じました。つまり、合わないってことはないんじゃないかな?

でも、まだ「面白い」と思えるほど、『Heaven(ヘブン)』キャストの空気感に入り込めませんでしたので、今後の展開が楽しみですね。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『Heaven?~ご苦楽レストラン~』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。

ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。

小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?
小澤シェフの秘密が明らかに!?
仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

出典:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/story/