ドラマル

2021年3月14日

『最高のオバハン 中島ハルコ』原作ネタバレ!ドラマの1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』の1話から最終回までのあらすじを、原作ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

大地真央さん主演の連続ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『最高のオバハン 中島ハルコ』全話ネタバレ完了済み(2021年5月30日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『最高のオバハン 中島ハルコ』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「FODプレミアム」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『最高のオバハン 中島ハルコ』の基本情報

概要(見どころ)

ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』は、林真理子の原作小説『最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室』『最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない!』を、『SPEC』『民王』を手掛けた脚本家・西荻弓絵が大胆にアレンジした1話完結型の痛快エンターテインメント。

美容系クリニックを経営する名古屋出身の毒舌スーパーレディの主人公・中島ハルコ(大地真央)が、ひょんなことから知り合ったグルメ雑誌ライターのアラフォー女子・菊池いづみ(松本まりか)を振り回しながら、東京と愛知を主舞台に、世の中の悩みをハルコ流にぶった切っていく物語です。

高価なジュエリーやファッションを身に纏い、オーラを放つハルコの姿にも注目です。

キャスト一覧

  • 中島ハルコ:大地真央
    60歳、名古屋生まれ名古屋育ちのお嬢様、バツ2の独身、ハルコクリニックを経営
  • 菊池いづみ:松本まりか
    38歳、弱小出版社に勤務するグルメ雑誌「グルメシ!」の編集者兼ライター
  • 高田真央:真魚
    いづみの後輩
  • 大谷将:合田雅吏
    45歳、ハルコクリニック事務長
  • 若杉慎之介:蕨野友也
    30歳、ハルコクリニック秘書
  • 尾石初郎:今野浩喜
    「グルメシ!」の編集長
  • 丹羽聖子:高橋ひとみ
    ハルコの従妹、時短レシピで人気の主婦ブロガー
  • 三島昭宏:田山涼成
    名古屋の老舗ういろう屋『紫風堂』の四代目店主
  • シャバーニ
    東山動植物園で飼育されているイケメンとして有名なニシローランドゴリラ

ゲスト一覧

  • 大貫研一:袴田吉彦(1話)
    イケメン実業家
  • 吉岡久美:大西礼芳(1話)
    研一の愛人
  • 蛇島:六角慎司(1話)
    久美の元婚約者
  • 三日月透:石田登星(1話)
    国文学者
  • 伊藤真澄:小林亜実(2話)
    ひつまぶし屋『いとう』のひとり娘
  • 隆行:永嶋柊吾(2話)
    昭宏の長男
  • 小室敬:古澤蓮(3話)
    イケメン精神科医
  • 山口翔太:佐野和真(3話)
    パン屋『やまちゃんパン』に出向きオーナー
  • ケイスケ:河相我聞(4話)
    グルメ界のカリスマ、イケメンインフルエンサー
  • 本人役:チャンカワイ(4話)
    名古屋のローカル番組『スイッチテレビ(Switch!TV)』出演者
  • 高梨:別紙慶一(4話)
    きしめん『きしかわ』で修行した一流の料理人
  • 古坂茂:岩永ひひお(4話)
    NAARUの悪徳経営者
  • 中村優太:平田雄也(5話)
    上席国税調査官
  • 高橋:石川大翔(5話)
    国税調査官
  • 三日月透:石田登星(5話)
    国文学者
  • 卓:清水綋治(6話)
    大谷の父
  • 入江愛菜:結城モエ(6話)
    卓の再婚相手
  • 沢田健介:平岡祐太(6話)
    『Shchihoko d’oro』オーナーシェフ
  • 大石瑛太:武田航平(7話)
    沢田の野球部の後輩、株式会社クリエイションプランの社員
  • 青柳小夜子/青草かめ子:NANA(7話)
    株式会社クリエイションプランの社長→高級コールガール・クラブを経営
  • 森咲智美
  • 幸:堀優子

スタッフ一覧

  • 原作:最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室、最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない!
    作者:林真理子
    出版社:文藝春秋
    雑誌・レーベル:文春文庫
  • 漫画:『ハイパーミディ中島ハルコ』
    作者:東村アキコ
    出版社:集英社
    雑誌・レーベル:ココハナ
  • 監 督:大谷健太郎、金子与志一、渋谷未来
  • 脚本:西荻弓絵
  • 音楽:辻陽
  • 主題歌
    曲名:-
    歌手:-
    レーベル:-
  • プロデューサー:松本圭右、古林都子、渋谷未来
  • 協力プロデューサー:後藤勝利
  • 企画:市野直親
  • 制作:東海テレビ、ジ・アイコン

各話の視聴率

『最高のオバハン 中島ハルコ』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『最高のオバハン 中島ハルコ』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話4月10日★★★★
2話4月17日★★★★
3話4月24日★★★★
4話5月1日★★★★
5話5月8日★★★★
6話5月15日★★★★
7話5月22日★★★★
8話・最終回5月29日★★★★

『最高のオバハン 中島ハルコ』の最終回ネタバレ(予想)

ハイパーエネルギッシュな女性起業家の中島ハルコ(大地真央)に、ひょんなことから出会ったフードライター菊池いづみ(松本まりか)。相手の気持ちなどお構いなしに思ったことをズバズバ言って斬っていくハルコを見て、いづみは自分が10年ものの不倫関係に悩んでいることを告白します。
ハルコの忖度なしのアドバイスを受けて、お金の絡む腐りきった不倫関係を清算することのできたいづみは、ハルコを的確にヨイショすることで彼女に気に入られ、行動を共にするようになります。

億ションでパーティーを開催する経営者、東大出身コンプレックスを抱く女子、退職した夫が家にずっといることを苦痛に感じるセレブ主婦などに出会い、彼らがハルコの歯に衣着せぬ本質を突いた言葉をぶつけられるのを間近で見ていくうちに、相談者たちやいづみと同じく読者もなぜだか元気が出てくる…「ハルコさんすっげー!」「ハルコさんかっこいいー!」「ハルコさんもっと言ってくれ!」そう思わせてくれる痛快さが原作小説の魅力と言えます。

原作小説では、10年ものの不倫から脱却したいづみが、新しく付き合い始めた熊咲雄介という男性との交際についてハルコに相談を持ち掛けます。
なかなか結婚まで踏み切れなかった二人は、ハルコがついた嘘をきっかけにプロポーズ成立となり、婚約したところで物語は終わっています。

ところが、ドラマの登場人物を見ると、まだ熊咲役がどの役者さんなのか、そもそも熊咲が登場するのかも発表されていません。熊咲はグルメが趣味の大柄な男性という設定なので、キャストの中ではチャンカワイさんが演じる可能性もありそうです。
しかし、もし熊咲が登場しないとなると、ドラマの最終回はいづみの婚約という形では終わらないでしょう。
ハルコと共にいることで恋愛や仕事にも積極的になれたいづみが、ハルコの元を離れ、不倫関係も清算して、ひとりで力強く生きていくというエンディングになると予想されます。

『最高のオバハン 中島ハルコ』各話のあらすじ

2021年4月10日から東海テレビ・フジテレビ系にて放送開始された大地真央さん主演の連続ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

おばさんはセレブな美のスーパードクター

名古屋市『東山動植物園』、イケメンゴリラ・シャバーニの前でうつろな目をして佇む菊池いづみ(松本まりか)。
弱小出版社『食事の友社』のグルメ雑誌『グルメシ!』で編集兼ライターを務める38歳独身のいづみは、恋人に200万円を貸し、その後5カ月、恋人からの連絡が途絶えたのです。
突然、いづみのスマホの着信音が鳴り響き、隣にいたおばさん(大地真央)に注意されたいづみは、オーバーオールにニット帽姿のおばさんに謝るとその場を立ち去りました。

動植物園を出たいづみがタクシーを拾うと、行き先が同じ老舗の『クラシックホテル』という理由で有無をも言わさず、あのおばさんが強引に同乗。
ホテルに到着すると、おばさんは迎えをよこさなかったことにホテルのスタッフに腹を立て、タクシー代をホテル側に払わせたのです。

ホテルでは名古屋市とフランスのランス市の提携を記念したパーティー『シャンパーニュの夕べ』が開かれ、いづみは会場で取材をしていました。
ゲストの国文学者・三日月透(石田登星)の挨拶が終わり、参加者が立食を楽しむ中、「ハルコ先生」と呼ばれるドレスアップした美しい女性(大地真央)の周りに、イケメン実業家・大貫研一(袴田吉彦)や三日月など人が集まり、いづみは有名人でも参加しているのかと思いハルコに注目します。

すると突如、『元祖まぼろしのなめ茸』の大きな瓶を抱えた和装のおばさんが乱入すると、ハルコはいづみに「(ジャバーニの前で)人生悩んでたでしょ」と声を掛けて来ました。
注意して来たあのおばさんが、美しいハルコだと気づいたいづみは、あまりの変わりように驚きを隠せません。
和装のおばさんはハルコのファンでしたが、ストーカー気質でハルコは苦手にしており、いづみに和装のおばさんのお尻を鷲掴みにしろと、いづみに100円を渡し協力を強要します。
ハルコはいづみに合図を送り、断り切れないいづみは和装のおばさんのお尻を鷲掴みにしました。
和装のおばさんが痴漢と大騒ぎする隙に、ハルコはいづみを連れてパーティー会場を後にします。
ところが、いづみが倒れてしまいハルコは軽い貧血と診断、いづみがハルコに診断できる理由を尋ねると、ハルコは「美のスーパードクター」を自称し仁王立ち、そして、いづみは意識を失うのでした。

気がつくと、いづみはホテルのスイートルームのベッドで寝ていました。
いづみの痩せ過ぎを気にかけるハルコはみかわ牛のフィレステーキを用意させ、いづみはウエイターから今晩1泊するよう言われるのでした。

大貫とその愛人の久美に一喝!

東京・恵比寿の『ハルコクリニック』に、大貫の愛人・吉岡久美(大西礼芳)がヒアルロン酸注射を打ちに来院していました。
ハルコは意地悪で、わざと痛くなるよう注射します。

診療が終わりクリニックの『秘密の小部屋』でスタッフとお茶をするハルコ、テーブルには坂角総本舗『ゆかり』や松永製菓『生しるこサンド』など名古屋銘菓が並んでいました。

すると、いづみからクリニックに名古屋でのお礼の電話が掛かって来たのです。
グルメシ!編集部から電話をするいづみは、クリニックのサイトを見ていました。
隣の席の後輩・高田真央(真魚)がハルコに覚えがあり、ハルコが表紙を飾ったセレブミセスマガジン『メナージュケリー(メナケリ)』を引っ張り出し、ハルコが名古屋の超セレブであることをいづみに教えます。
スイートルームはタダで気にする必要はないといづみに告げるハルコは、驚くいづみに名古屋の『ツレ文化』を教えました。
名古屋には「ツレ」を大事にする文化があり、ホテルの支配人はハルコの小学校の同級生、支配人はハルコに恩があり、ホテルはハルコの名古屋の家のようなものだったのです。
そうは言われても、いづみの気が済まず、ハルコはお礼をしたいといういづみを久美の主催するパーティーに同席させることにします。

退勤したいづみは待ち合わせ場所でハルコと合流しパーティー会場へ……、パーティー会場の豪邸は大貫のセカンドハウス、高級シャンパンに女優、著名なピアニストなど、華やかなセレブの世界に驚くいづみ。
そんないづみに、パーティーの出席者は大貫にビジネスを持ち掛けに来た優秀な人たちとハルコは教えます。
久美と大貫が現れ、ハルコは2人をいづみに紹介、久美はハルコに相談があり、大貫は外しました。

パーティー会場の一角に場所を変え、ハルコはいづみを同席させ久美の相談に乗ります。
久美は離婚に応じない大貫の妻・ユリコを、ハルコに説得してもらうつもりでいたのです。
大貫と付き合うようになり10年、久美は既に35歳で、子供を望む久美は年齢を考慮し卵子を冷凍保存していましたが、子供を産むには離婚に応じないユリコが久美にとっては最大の弊害でした。

大貫がワインを持って現れると、ハルコは大貫にまた離婚し再婚する気があるのか尋ねます。
大貫は脂肪吸引で痩せた結果、モテるようになり、ユリコという愛人を作り前妻と離婚してユリコと再婚、そして今度は久美という愛人を作りました。

「堂々と生きたい」と願う久美はハルコに懇願し、そんな久美に共感するいづみもまた愛人でした。
愛人は謙虚にいろとハルコは久美の願いを一蹴、泣き出した久美は走り去りました。

ユリコと再婚した後、前妻との離婚に疲れ果てていた大貫は、離婚してまでユリコと再婚する必要があったのか疑問を持つようになり、そんな時、久美と出会ったのです。
久美は田園調布育ちのお嬢様でビジネスの相談に大貫を訪ね、大貫が久美の相談に乗るうち2人は深い関係になりました。
2人が付き合って3年したころ、離婚しない大貫に当て付けるように久美は胃腸科クリニックを開業する著名な医師と見合いし結婚、しかし初夜に爬虫類のような顔の医師とは結婚できないと新婚旅行先のドバイから大貫に久美から電話があり、久美は離婚しました。
久美の親が医師に慰謝料を払い、久美と別れることを条件に久美の親は大貫に慰謝料は請求しませんでした。
ところが、その後も2人は関係を続け今に至ったのです
ユリコが離婚には応じないものの別居し、愛人の久美がいて大貫は今が安定していると思い、暫くこのままでいようと考えていました。

しかし、そんな大貫をハルコは一喝、歳を取った時、愛人を作り家庭をないがしろにした男の面倒を妻も子も見ず、そして籍を入れてもらえなかった愛人もまた同じとハルコは大貫に宣告するのでした。

男は忘れて貸した200万円は取り返せ!

パーティーにはオードブルしか出ておらず、空腹のハルコは奢ると言っていづみを誘います。

レストラン『Shchihoko d’oro』、いづみが過去に1度訪れ美味しいと思った店でした。
いづみは自身も愛人であることを打ち明けましたが、ハルコにはお見通しだったのです。
10年前にグルメシ!に移動にしたいづみは、ワイン会で桐谷隆一と知り合います。
桐谷は商社『ウシウミ物産』イカタコグループ主任で、知識があり桐谷に惹かれるようになったいづみは、いつしか桐谷と深い関係になりました。
「ちゃんとする」という桐谷でしたが、桐谷が離婚することはなく関係は続き、5カ月前に桐谷に200万円を貸すと、その後、桐谷からは連絡がなくなったのです。
男を見る目を養い桐谷のことは忘れろというハルコは、貸した200万円を取り返すよう、いづみにアドバイスし請求書を送らせました。

修羅場!?

後日、修羅場を恐れるいづみは編集部からクリニックに電話し、返済の場にハルコに立ち合ってもらうことにします。
その夜、クリニックに向かういづみは、夜道でニットキャップを被った不審な男に遭遇、いづみは気がつきませんでしたが、壁に貼られた3月上旬に渋谷区で起きた傷害事件の指名手配書の似顔絵に似ている男でした。

つけられているような気がしてクリニックに慌てて駆け込むいづみ、ハルコはクリニックの事務長・大谷将(合田雅史)と秘書・若杉慎之介(蔵野友也)に警戒させます。
そして、クリニックの自動ドアが開き、不穏な様子で入って来たのは女性、その女性は桐谷の妻・英子でした。
初めて大金を持ち歩き動揺していたのです。

秘密の小部屋に通された英子は、200万円に利子を付けていづみに返済、200万円は桐谷が六本木の質の悪い女に騙され請求されたもので、その女の後ろには反社組織が付いていたのです。
英子は桐谷の認知症の母親の介護があり、簡単に別れるという訳には行きませんでした。
英子がクリニックを後にすると、いづみは気を失い倒れてしまいます。

夜道を行く英子をママチャリで追いかけ呼び止めるハルコは、専業主婦の英子に働く気になったら相談に乗ると名刺を渡します。
ママチャリで走り去るハルコに手を振り見送る英子が、振り返り帰路につくとニットキャップを被った男とすれ違うのでした。

Shchihoko d’oroで食事を摂るハルコといづみ、桐谷に渡していたいづみの部屋の合鍵は宅急便で送られ、封筒にはサンプル在中と書かれ、その上、鍵には付箋が張られ「ごめん」と書かれていました。
これまでの10年間に疑問を抱くいづみは涙があふれます。そんな中、いづみが遭遇したニットキャップの男が店内に入り、刃物を手に暴れだしたのです。
席から立ち上がったハルコは啖呵を切り、男の前に立ちはだかるのでした。

2話のあらすじネタバレ

刃傷沙汰は100万円でチャラ

弱小出版社『食事の友社』のグルメ雑誌『グルメシ!』の編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)の不倫騒動に一段落がつき、『美のスーパードクター』こと美容外科医・中島ハルコは、いづみの奢りでレストラン『Shchihoko d’oro』でディナーを堪能。
そこへ、ニットキャップを被った男が刃物を手に乱入し、ハルコが立ちはだかります。

Shchihoko d’oroのシェフ(藤代太一)と男の妻が不倫し、男は刃物を手に店に乗り込んで来ました。
男とシェフが揉み合ううち、男はシェフの右脇腹を刺し男も額を負傷します。
動揺するいづみが警察に連絡しようとすると、シェフは解雇を恐れいづみを止めました。
すると、ハルコは100万円で治療するからと、刃傷沙汰を互いにチャラしろと提案するのでした。

ハルコは恵比寿にある『ハルコクリニック』の処置室でシェフの腹部を縫合、男は軽傷で既に治療が終わり、処置室で座っていました。
シェフは男の妻とは遊びで、男の妻の浮気はシェフで3人目、ハルコは男に妻と別れることを勧め、男とシェフに互いにチャラにし生き直せと諭すのでした。

ハルコのアドバイスであっさり新企画採用

シェフと男の処置を終えクリニックを出たハルコといづみは、一緒に出た事務長・大谷将(合田雅史)と秘書・若杉慎之介(蔵野友也)と別れ帰路につきます。
不倫を引きずりたくないと言ういづみに、ハルコは仕事を頑張ることと金に執着することをアドバイスします。
思わず納得するいづみは帰宅し、早速、企画書作りに励むのでした。

翌日、出勤したいづみは、作成した企画書『金勘定に支えられた名古屋めし ひつまぶし編』を編集長・尾石初郎(今野浩喜)に提出、尾石は企画をあっさり通します。

いづみは事前に名古屋のひつまぶしの有名店をリストアップし各店の経営状況をリサーチ、そして店をハルコに紹介してもらうことにしました。
ハルコとの待ち合わせ場所は『ノブナガサーキット場』、ハルコの姿は見えず、コースを周回する1台のスポーツプロトタイプカーが停まり、颯爽と降りて来たドライバーがハルコだったのです。

ハルコの馴染みのひつまぶし屋『いとう』が買収の危機

ハルコは馴染みのひつまぶし屋『いとう』に、いづみを連れて行きます。
当然、ハルコのアドバイスで企画が通ったので、勘定はいづみ持ちでした。
ハルコといづみが店内に入ると、いとうのひとり娘・伊藤真澄(小林亜実)が出迎えます。
真澄はハルコに挨拶を済ませると厨房に行き、母・幸を呼びました。
いとうは戦時中にのれんは焼けたものの、持って逃げたという秘伝のタレが絶品でした。
そんないとうは大手飲食チェーン『カマのナカ』に買収を仕掛けられ、幸はその件でハルコに相談します。
いづみのリサーチでは、いとうの経営状況は火の車でした。
2階の座敷に改めて通されたハルコといづみ、ハルコは跡継ぎの真澄が決めるしかないとアドバイスします。
先代の味を出せるようになるまで、真澄の父・正は20年も掛かったからでした。
そんな中、ハルコのスマホに着信があり、ハルコが電話に出ると「メイダイ(名古屋大学)を辞めた!?」と大きな声で驚くのでした。

跡継ぎがミュージシャンに!?ツレの老舗ういろう屋『紫風堂』にお家騒動

ハルコといづみが待ち合わせの喫茶店『珈琲ファニー』に到着、老舗ういろう屋『紫風堂』の四代目・三島昭宏(田山涼成)とその妻・今日子が店の前で待っていました。
紫風堂は江戸時代からの創業で老舗中の老舗、いづみのリサーチでは経営状況は右肩下がりでしたが、かなりの資産を保有していました。
そんな老舗の長男で五代目・隆行(永嶋柊吾)がメイダイを辞め、東京でミュージシャンになると言い出したのです。
店内で激怒するハルコは、隆行を連れて来るよう昭宏と今日子に言いつけました。

ハルコと昭宏の付き合いは長くかれこれ40年、短大を卒業したハルコは印刷会社を経営する最初の夫と見合いで結婚、ハルコはバツ2で、その最初の夫の得意先が紫風堂だったのです。
ハルコが結婚して間もないころ、ハルコの父が他界し気の強い母が動揺するのを見て、これからの女は手に職をつけるべきと考えたハルコは、名古屋医科大学に入り直し首席で卒業、自らの人生を変えました。
そんなハルコは、何度でも人生は変えられると主張、但しそれには学歴が必要と説きます。

ハルコが一転、ミュージシャンに賛成

隆行が見つかり、ハルコといづみ、そして昭宏の3人は、隆行がライブをしている『オアシス21』の広場に向かいます。
ギターを弾きながら歌う隆行の周りには人だかりができ、昭宏に似ず音痴ではありませんでした。
ハルコはリズムに乗り体を揺らし、いづみは歌のことは分かりませんでしたが隆行をイケメンだと思います。
ハルコは急遽、二つ星のフレンチレストランに予約を入れ、当然、勘定は昭宏が持ちでした。

フレンチレストランでハルコといづみが席に着き待っていると、昭宏が隆行を連れて来ました。
ハルコは隆行がミュージシャンになることに賛成、隆行の顔を見て女性が食べさせてくれる未来が見えたのです。
そのためにも学歴は必要と隆行を諭し、ハルコはツレの政治家からメイダイの理学部長に連絡させ、隆行の退学を取り消したのでした。

ハルコは予約する時、複雑な味の料理をオーダー、最初に出された1皿は『真鯛のカルパッチョ ジュレ添え』でした。
ハルコが料理の味を尋ねると、隆行は料理の成分をスラスラ答えます。
幼いころから一流のものを食してきた隆行のその舌は天才的で、しかも理系の分析力も兼ね備えており、ハルコは隆行を絶賛しました。
コースを食べ終えると、ハルコは隆行だけ先に返します。

跡継ぎがいなくなった紫風堂の存続には政略結婚!

隆行がミュージシャンになることになり、紫風堂には跡継ぎがいなくなりました。
代々続いたのれんを畳むしかありませんでしたが昭宏は煮え切らず、ハルコは紫風堂の存続には政略結婚が必要と説くのでした。

いとうと紫風堂が業務提携

数日後、ハルコから招集がかかり、昭宏と隆行、そして、いづみはいとうの2階の座敷にいました。
紫風堂には跡継ぎがなく存続の危機、いとうには跡継ぎはいるものの資金繰りが悪化し買収の危機。
いとうを救うには新商品開発しかなく、その開発に隆行の天才的な舌を借りることにしました。
いとうの新商品は紫風堂でも売ることにし、ハルコは売上の3割を隆行の舌の使用料にすることに決めました。

2階の座敷に両家が集まり業務提携の契約を進めます。
業務提携書には、ハルコが閃いた新商品案、ひつまぶしに7色のういろう餡をかけた『ひつまぶしのういろうあんかけ弁当』が添付されていました。
そして、開発された新商品の宣伝はいづみのグルメシ!が担うことになります。
両家とも業務提携に異議はなく、ハルコは真澄と隆行に握手させます。
そんな中、カマのナカの社員2人が現れ伊藤家に事業譲渡を迫りましたが、ハルコが追い返します。
ハルコが調査した結果、カマのナカは老舗ののれんを利用し質の悪い商品をデリバリー、また、事業譲渡に応じない老舗には妨害行為を繰り返していたのでした。

真澄と隆行が新商品開発の結果、お家騒動が落着?

ハルコクリニックの秘密の小部屋で小倉トーストを頬張るハルコ、そんなハルコはいとうの新商品開発にはノータッチでいづみに丸投げしていました。
一方、いとうの商品開発は上手くいかず、いづみは商品開発のサポートにかかりきりで東京に戻っていませんでした。
そんな中、いづみのスマホに尾石から連絡があり、新商品開発に専念する許可が出たのです。
グルメシ!はハルコクリニックから多額の広告料を貰い、いづみはハルコの力を改めて思い知ります。
そこへ、ハルコからいづみに連絡があり、新商品が失敗した場合の責任は、いづみにあると脅されるのでした。

とはいうものの、真澄と隆行の開発チームは険悪で、素人の隆行に美味しくないと言われ何度も虹色餡を作り直し、真澄はイラついていたのです。
時間がなく焦る真澄は鰻のかば焼きを焦がしてしまい、その匂いを嗅いだ隆行は何かを閃きました。

そして、遂に新商品『ひつまぶしの虹色あんかけ』が完成、伊藤家と三島家、ハルコクリニックから大谷と若杉、そしてグルメシ!のいづみが試食会に出席、ハルコは欠席していました。
試食した正は、その味に感激し隆行に握手を求めるのでした。

業務提携に政略結婚、全てはハルコの食欲のため!?

後日、ハルコの東京の華麗なる豪邸に招かれたいづみは、窓から見下ろす都会の絶景に感動します。
新商品の売れ行きはイマイチでしたが、隆行がひつまぶしの職人技に興味を示し、メイダイ卒業後に修行に出ると昭宏からハルコのスマホに連絡が来ました。
更に、真澄と隆行は、結婚するかもしれなかったのです。
真澄と隆行は喧嘩ばかりで、結婚なんて話になることに疑問を抱くいづみでしたが、ハルコが真澄を隆行のライブに誘っていたのでした。

ちょうど東京に来ていた真澄と隆行がハルコのもとに挨拶に訪れ、ふたりは結婚に前向きでした。
いとうが守れて喜ぶハルコは、食べたい時に食べたいものがなくなることが許せなかったのです。
いづみが振り回されたこれまでのことは、ハルコの食欲を満たすためだけのものでした。

ハルコの豪邸から質素な自宅に帰宅したいづみは、疲れ果てソファーで横になります。
そこへ、ハルコからスマホに電話があり、真澄は顔で隆行を選んでいました。
そんなどうでも良い報告をされ呆れるいづみがふと目をやると、不倫相手の桐谷隆一とのツーショット写真を見つけ、その写真をごみ箱に捨てます。
いづみは仕事に追われ不倫が終わったことをすっかり忘れ、これがハルコの言うチャラだと理解、そしてハルコを『最高のオバハン』と思うのでした。

3話のあらすじネタバレ

ハルコに密着取材

「美のスーパードクター」こと美容外科医・中島ハルコ(大地真央)が東京・恵比寿で営む美容外科『ハルコクリニック』から弱小出版社『食事の友社』のグルメ雑誌『グルメシ!』に広告料が入り、編集長・尾石初郎(今野浩喜)は上機嫌。
そんな尾石が編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)に新企画を要求、いづみはハルコの密着を提案、尾石は密着を二つ返事で承認します。
いつもは我関せずのいづみの後輩編集部員・高田真央(真魚)が、何故か前のめりでハルコの密着を懇願、いづみと同行することになりました。

一方、ハルコクリニックでは来院したハルコの医師仲間で皮膚科医・麗子が、ハルコの姿を見るなり号泣、バッグから麗子がハンカチを取り出すと、1枚の写真が落ちました。
その写真を見たハルコは、整形していると察したのでした。

密着取材初日、とある道場で剣道の稽古をするハルコにいづみと真央が密着、ハルコは見事な胴打ちで稽古相手の男性、帯刀を打ち負かします。
ハルコの強さに感心するいづみの振る舞いには女性らしさのかけらもなく、「女を捨ててる!?」といづみを一喝するハルコ。
そんなハルコに、「わたし結婚したいんです」と真央が突如、駆け寄るのでした。

真央は東大卒、東大女子に降りかかる不幸

その夜、名古屋文化の『ツレ』パワーで、予約が取れないことで有名な高級料亭『桂』にハルコはいづみと真央を招待、もちろん勘定はツレの老舗ういろう屋『紫風堂』の四代目・三島昭宏(田山涼成)でした。

真央は東京都日野市出身で東大卒、東大に入学してみたら同期は都会的なセレブばかり、真央は周りから浮いていました。
初めてできたと思った恋人は宗教の勧誘が目的で、真央がアルバイトで稼いだ30万円を騙し取られたのです。
東大文系女子の就職は厳しく、就活では学歴コンプレックスの面接官に虐められ、果てはセクハラにまで遭う始末。
気がつけば30歳、真央にバリキャリ志向はなく結婚を望んでいました。
涙を浮かべ訴える真央、そんな真央の前髪に隠れた右眉の上にあるほくろにハルコは気づいたのでした。

ハルコが整形拒否、美容整形は心を晴れやかにすること!

数日後、密着取材2日目、いづみはひとりでハルコクリニックを訪れていました。
美容整形を隠すのは今は昔、整形美人を希望する人もいる時代、ハルコに美容整形の今を解説され、いづみはハルコに見積を依頼、そしてハルコから『松コース』224万円を提案されます。
いづみが真剣に検討する中、モニター価格を条件に取材を承諾した木村沙彩が処置室に入室します。
沙彩を診察するハルコは、沙彩が過去に整形し担当したのがロサンゼルスの是枝であることが直ぐに分かりました。
是枝のことを知るハルコに安心した沙彩は、Vチューバー『チギリアイ(アニメキャラクター)』のように整形することを希望します。
美容整形で美しくなるということはコンプレックスを取り除き心を晴れやかにすること、と考えるハルコは沙彩の美容整形を断りました。
怒った沙彩が処置室を後にすると、ハルコは秘書・若杉慎之介(蔵野友也)に耳打ち、若杉が処置室を出ると、ハルコは似顔絵を描き始めたのでした。

女子力磨き、女医コンでモテ女のテクを学べ!

その夜、レストラン『Shchihoko d’oro』で真央のお見合い報告会が開かれました。
真央は官僚から商社マンまで、東大女子に学歴コンプレックスを抱かない様々なエリートをハルコから紹介されたものの全滅。
ハルコは真央に女子力が足りなことが原因と考え、婚活合コンでモテる女のテクを学ぶよう真央に提案します。
ハルコはツレが主催する女医コンに、三流大卒の女医と詐称して参加するよう真央といづみに命じるのでした。

いづみがイケメン精神科医と運命の出会い?

いづみは耳鼻科医、真央は皮膚科医、それぞれ成り済ますための想定問答集を渡されたふたりは、女医コンに参加します。
女医コンでモテていたのは、若くてかわいいスタイルの良い事務の女子でした。

その夜、第1回女医コン報告会がShchihoko d’oroで開かれました。
真央はイケメン建築家をゲット、ハルコがデートを勧めたものの、真央はあまり乗気ではないようでした。
女医じゃなくても参加できたことに不満のいづみは、収穫はなかったものの観察だけは怠らず、顔写真付きのプロフィールカードを大量に持ち帰っていました。
プロフィールカードを見たハルコは、イケメン精神科医・小室敬(古澤蓮)に目をつけ、小室には「何かある」と、いづみに再度、女医コンに参加するよう命じます。

そして、数日後、いづみは女医コンに参加しましたが、やはりモテるのは若くてかわいいスタイルの良い女子、顔と体と若さがモテる秘訣と結論づけたいづみは、美容整形を決意し貯金することにします。
怒り心頭で荒ぶるいづみに、小室が声を掛けて来たのでした。

真央には忘れられない男性

その夜、第2回女医コン報告会がShchihoko d’oroで開かれました。
いづみは小室と連絡先を交換、ハルコは小室とのデートをいづみに強く勧め、いづみは小室が未来の夫かもしれないと運命を感じます。
一方、真央は水族館で建築家とデート、ハルコが建築家との結婚を勧めるものの、真央の反応はイマイチでした。
そんな真央の様子から、ハルコは真央に好きな相手が居ることを言い当てます。

真央は、自宅近くのパン屋の男性のことが忘れられずにいたのです。
その男性はバツイチで7年前に離婚、元妻が2人の子供を引き取っていました。
真央は母親に相談したものの、真央が東大卒であることが自慢の母親は、男性が高卒であることから反対したのです。
真央自身も学歴至上主義は否めず、そんな真央の真のエリートに対するコンプレックスを指摘するハルコは、高卒の両親から生まれた真央がエリート一族から生まれた真のエリートにはなれないと諭し、パン屋の男性との結婚を勧めます。
そして、ハルコはもう1つの真央のコンプレックス、ほくろを指摘するのでした。
翌日、出勤した真央はデスクに向かい、手鏡に右眉の上にあるほくろを映していました。

いづみの運命の人の正体とは

その夜、いづみはハルコが手配した高級レストランへ……。
ハルコはスタッフの案内で、スイートルームに通され、直ぐに小室も案内されて来ました。
テーブルを挟み向かい合って座るいづみと小室、シャンパンの乾杯からディナーが始まり、ふたりは食事を堪能します。
小室が注いだワインでふたりは再び乾杯、そして、ふたりは惹かれるように互いに顔を近づけます。
ところが、いづみは急に睡魔に襲われるのでした。
小室がワインに睡眠薬を仕込んでいたのです。

ベッドに横たわるいづみの傍らで、小室はいづみのバッグの中を漁り、食事の友社の社員証を見つけ、いづみが女医ではないことが小室にバレます。
いづみが運命の人と思った小室は結婚詐欺師、無駄足だったことを沙彩にスマホから電話し報告、すると突如、クローゼットからハルコが登場したのです。
ハルコは、麗子から1500万円を騙し取った小室を捕まえることが目的でした。

沙彩はキャバ嬢で、小室は沙彩に入れ揚げ、その上、ふたりは整形萌えで大金が必要だったのです。
小室と沙彩は是枝の施術を受けており、是枝には癖がありました。
麗子の落とした写真の小室と沙彩の顔が似ており、若杉に沙彩を調べさせたのでした。

小室が警察に連行され一件落着、すると『ザ・ミッツホテル』の支配人がシャンパンを用意、支配人は道場に居た帯刀でした。
やっと自体が飲み込めたいづみは、囮にされ女心を弄ばれたことに激怒、しかしハルコは結婚詐欺師と見抜けなかったいづみを叱責します。
そして、いづみが予約を入れた3カ月後の美容整形をハルコはキャンセルしました。
ただ綺麗になりたいだけの美容整形を、ハルコはしないのです。

真央が幸せに?

ある夜、ハルコクリニックを訪れたいづみは、大量のパンを持って来ていました。
美容整形でほくろを取り除いた真央は、パン屋『やまちゃんパン』に出向きオーナー・山口翔太(佐野和真)と復縁、そしてふたりで真央の両親に挨拶に行ったのです。
真央の父親は承諾し、山口は真央の両親とも馬が合いました。

事務長・大谷将(合田雅史)が山口が焼いた食パンを小倉トーストにし、ハルコクリニックの秘密の小部屋でハルコたちに振舞います。
食パンはもちもちとした触感で、ハルコは絶賛するのでした。

帰宅したいづみが結婚の決まった真央を羨んでいると、その真央からスマホに電話が掛かって来たのです。
電話に出たいづみは、「(やまちゃんパンが)燃えた!?」と声を上げ驚くのでした。

4話のあらすじネタバレ

やまちゃんパン倒産危機、なりすましでSNSが大炎上!

「美のスーパードクター」こと美容外科医・中島ハルコ(大地真央)に、気がつけば女医コン詐欺犯を誘き寄せる囮にされていた弱小出版社『食事の友社』のグルメ雑誌『グルメシ!』編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)。
女医コン詐欺が解決し、夜、帰宅したいづみ(松本まりか)に東大女子で後輩編集部員・高田真央(真魚)から電話。
真央の恋人でパン屋『やまちゃんパン』のオーナー・山口翔太(佐野和真)のSNSが大炎上していたのです。

翌日、いづみが東京・日野市にあるやまちゃんパンを訪ねると、真央と翔太は一触即発の険悪なムード、当然のことながら店は閑古鳥が鳴いていました。
SNSはなりすましによる炎上で、いづみと真央は、東京・恵比寿のハルコクリニックにハルコを訪ね、炎上の解決を依頼します。
あまり気乗りのしないハルコでしたが、いづみの挑発に乗せられ引き受けることに。
ところが、ハルコクリニックの事務長・大谷将(合田雅史)と双璧をなすハルコの懐刀で秘書・若杉慎之介(蔵野友也)が休暇中だったのです。
そんな中、「痴漢で捕まった人が働いています!」との投稿が、病院情報サイト『みんなの病院相談』のハルコクリニックの口コミで見つかり……。

過去を引きずる若杉

ハルコと大谷、そしていづみの3人は、東京・荒川区の若杉の自宅マンションを訪ねます。
痴漢は冤罪、若杉が医療機器メーカーに就職した当時の事件で、その後、若杉はハルコに拾われました。
痴漢の噂は一生ついて回り、ハルコに迷惑がかかると考えた若杉は、ハルコクリニックを辞めるつもりでいたのです。
痴漢はしないと若杉を信じるハルコは、同じように炎上している翔太を助けるよう命じるのでした。

グルメ界のイケメンインフルエンサー・ケイスケ

ある日、いづみは名古屋・星ヶ丘に出張、意識高い系の弁当屋・デリデファーム(Delid’Farm)のオープニング・イベントの取材でした。
デリファームは、時短レシピで人気の主婦ブロガー・丹羽聖子(高橋ひとみ)がプロデュース。
そこで、いづみは、「美味!」が決め台詞のグルメ界のカリスマ、イケメンインフルエンサー・ケイスケ(河相我聞)に出会います。
デリファームは、聖子とケイスケがコラボしていたのです。

人気主婦ブロガー・聖子はバカ舌の味音痴!

その夜、帰京したいづみは、レストラン『Shchihoko d’oro』でハルコとディナー、名古屋土産とともにデリファームのチラシを渡します。
なんと聖子はハルコの従姉、しかもハルコは聖子をバカ舌の味音痴と批判します。
名古屋では1家に1本常備されているといわれる味噌チューブ、聖子はその味噌さえかけていれば良いとハルコは言うのです。

ともあれ、いづみは聖子のおかげでケイスケに取材が出来ることになりました。
ハルコはケイスケを知らず、いづみはハルコにケイスケの動画を見せるのでした。

ハルコの偏見からやまちゃんパン炎上騒動に解決の糸口

ケイスケの取材初日、ケイスケの事務所を訪ねたいづみは、ケイスケからコラボ企画を持ち掛けられ、イケメンに弱いいづみはノリノリ。
そんないづみに、ケイスケはオマール海老のうどんを紹介します。

一方、やまちゃんパン炎上騒動は、翔太の前妻から調べを進めていましたが、翔太の前妻は再婚し既に幸せに暮らしていました。
若杉はやまちゃんパンを訪ね、炎上の切っ掛けとなった投稿があった日のことを尋ね、翔太はおかしな人物が来店していたことを思い出します。

店を出た若杉はスマホからクリニックのハルコに電話し報告、ハルコは報告のあった「NAARU」をノートパソコンで検索すると、ハルコの狙い通りケイスケに辿り着きます。
NAARUはケイスケが所属する映像集団、ハルコはいづみに動画を見せられた時、ケイスケが身に着けていたアクセサリーに注目、ハルコによると、そのアクセサリーを身に着けている人物は陰険な奴が多いのです。
炎上させている投稿のアドレス開示には裁判が必要で、ハルコは本人に自白させることにしました。

ケイスケが推しのオマール海老うどんは何か変な味

ある日、都内の行列ができるとあるうどん屋に、いづみはハルコを誘います。
聖子からもそのうどん屋を勧めるメッセージがスマホに届いており、ハルコはいづみに付き合いました。
しかし、そのメッセージがどうも気にかかるハルコは、メッセージをいづみに見せ、いづみは聖子がハルコにマウントを取ろうとしていることに気づきます。

そうこうするうち、オマール海老うどんが出され、いづみはオマール海老が丸々1尾乗ったうどんに大はしゃぎ。
ハルコはうどんを少し食べると、食べるのを止めてしまいます。

激怒するハルコは料理人・高梨(別紙慶一)を呼び出し、説明を求めました。
高梨はきしめんで有名なうどん屋『きしかわ』で修行した一流の料理人、そんな高梨もこの味に納得していませんでした。
オーナーがケイスケとのコラボを決め、映えばかり言うケイスケに合わせて完成したのが、このオマール海老うどんだったのです。
不満を漏らす高梨は、ケイスケに店を潰すと脅されていました。
いづみも食べてみて、うどんの味に違和感を覚えるのでした。

頑張る翔太は起死回生の商品開発

その夜、いづみが帰社すると、パワハラが疑われるほどの叱責を、真央は編集長・尾石初郎(今野浩喜)から受けていました。
やまちゃんパンの炎上は収束することなく続き、真央は仕事が手につかなかったのです。
いづみは「(翔太の)傍に居るだけで良い」と真央を励まし、いづみが真央の仕事を引き継ぐと、真央は翔太のもとに向かいます。

真央がやまちゃんパンに着くと、翔太は業績のV字回復を狙った新商品を開発中で、真央は翔太の隣に立ち開発を手伝うのでした。

ケイスケはゲス野郎!

ある日、ハルコはセレブな自宅に、老舗ういろう屋『紫風堂』の長男・三島隆行(永嶋柊吾)を招くと、ケイスケが絶賛する料理の味見をさせます。
幼いころから一流のものを食してきた隆行のその舌は天才的で、しかも理系の分析力も兼ね備えていました。
何十品も並ぶ料理の中で、隆行が美味しいと思ったのはたったの2品、後は全てイマイチでした。

そんな中、ケイスケがゲス野郎と判明、その証拠映像を持って若杉が駆けつけます。
ケイスケはその影響力を笠に店を脅しては集り、好き放題していたのです。
聖子のような人気ブロガーともケイスケはコラボし、フォロワー買いをさせるのが常套手段、聖子はNAARUにコンサル料を支払っている可能性がありました。

ケイスケの言いなりにならなければ、翔太のように炎上させられ店は潰されます。
大谷はSNSを深掘りすれば、やまちゃんパン炎上もケイスケの仕業と証明出来ると考えました。
ハルコの自宅に来ていたいづみはケイスケがゲス野郎と知り驚愕、ケイスケの有料オンラインサロンに入会していたのでした。

隆行対ケイスケのグルメ対決!

ハルコは隆行対ケイスケのグルメ対決を思いつき、いづみは真央とともにNAARUの事務所に出向き、名古屋のローカル番組『スイッチテレビ(Switch!TV)』にケイスケの出演を依頼しました。

対決当日、NAARUの悪徳経営者・古坂茂(岩永ひひお)は、いづみを金で買収、もちろん、いづみは買収に乗りませんでした。
そして、東海テレビアナウンサー・森夏美(本人)と小田島卓生(本人)の紹介で、ケイスケと隆行が登場します。

対決企画はハルコの『ツレ』パワーで、番組コーナー『やってミソ』にねじ込みました。
対決は、東海地方が誇る至極のグルメ3品とスーパーで売ってる普通のグルメ3品の『畑のめぐみグルメ格付け対決』
ケイスケと隆行の他、ゲストのハルコとチャンカワイ(本人)も対決に参加します。

蒲郡みかんジュースに始まり、知多牛、そしてパン、それぞれAかBどちらが至極のグルメか選択します。
シンキングタイムが終わり、ケイスケを除く全員が同じ答え、3品何れもBが至極のグルメと答えます。
そして、正解は3品ともBが至極のグルメ、全てAと答えたケイスケだけが不正解で、対決は隆行が勝利しました。

風邪で調子が悪いと誤魔化すケイスケを、ハルコは柑橘系の味が感じられない味音痴と一刀両断。
蒲郡みかんジュースは柑橘そのもの、知多牛にはカシスソース、パンには隠し味にマーマレードが入っていました。
そして、味音痴のケイスケがやまちゃんパンを倒産寸前にまで追い込んだことを、ハルコは追及するのでした。

自宅でテレビを見ていた聖子は慌ててスマホを取り出すと、ハッシュタグ『やってミソ』はケイスケの非難で溢れ返っていました。

スタッフルームで古坂が番組スタッフを恫喝、すると飲食店を脅してはコンサル料をせしめていた古坂の悪事を若杉が暴き、恐喝で告訴されるとハルコは古坂を一喝します。

ハルコに脱税疑惑!?

やまちゃんパン炎上騒動は解決し、やまちゃんパンには遠のいた客足が戻っていました。
そんな中、いづみは顔を仮面で隠し、動画サイト『ユームービー』で『いっちゅんのキュンキュンch』を開設し萌え動画を公開。
それがハルコにバレてしまい、クリニックの秘密の小部屋に来ていたいづみは、いつものようにハルコに罵倒されます。
SNS嫌いのハルコでしたが隆行とのライブ動画が大人気、そんな大人気動画にハルコの脱税を告発するコメントがつき炎上。
フェイクと憤るいづみでしたが、ハルコは黙ったまま何も語りませんでした。

5話のあらすじネタバレ

脱税疑惑で税務調査、タレコミした奴は1,000倍返し!

美容外科医・中島ハルコ(大地真央)に脱税疑惑が浮上し、東京・恵比寿の『ハルコクリニック』に苦情の電話が殺到、事務長・大谷将(合田雅史)と秘書・若杉慎之介(蔵野友也)は応対に追われていました。
そんな中、ハルコを心配する従妹で人気主婦ブロガー・丹羽聖子(高橋ひとみ)からハルコのスマホに電話が入ります。
ところが、聖子の心配をよそに苦情の電話は鳴り止み、いつも通りの予約の電話に変わったのでした。

世田谷に所有するマンションで料理教室を開く聖子は名古屋から出張中、内心ではハルコを快く思っていない聖子は、脱税疑惑による炎上にも動じないハルコに怒り心頭。
そこへ、聖子に親し気に声を掛ける青年・中村優太(平田雄也)が現れたのでした。

ある日、ハルコクリニックに税務調査が入ることになります。
2年前にも税務調査が入っており、タレコミを疑うハルコは激怒し、タレコミした奴を見つけ出し1,000倍返しを誓います。

ハルコクリニックに『渋谷中央税務署 法人課税 第21部門』上席国税調査官・中村と国税調査官・高橋(石川大翔)が来院。
聖子と親しそうにしていた中村は、税務調査官だったのです。
中村からあれこれ質問を受けるハルコは、中村が使っているペンに注目します。

わざわざ休診にしたにもかかわらず席を外すよう言われたハルコは、代官山にある馴染みの甘味処『楽味』で銀座のクラブ『みわ』のママ・美和とあんみつを食べながら、税務調査の愚痴をこぼしていました。
税務調査の話が耳に入り、店の女将・千絵も話に割って入ります。
楽味は千絵と夫、老夫婦ふたりで営む小さな店でしたが、先日、こんな楽味のような店にも税務調査が入ったのでした。

中村は重箱の隅をつつくようにネチネチと調べ上げ、これまで問題なかった研修兼海外旅行まで指摘しだしたのです。
中村が引き上げ、ハルコクリニックの秘密の小部屋では中村対策会議が開かれました。

タレコミは聖子

中村のペンに見覚えのあるハルコは、弱小出版社『食事の友社』のグルメ雑誌『グルメシ!』編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)を聖子の料理教室に潜入させます。
いづみが聖子に取材していると、中村が現れました。
トイレを借りる振りをしていづみが様子を窺っていると、ハルコの予想通りタレコミしたのは聖子だったのです。

第十七回三日月透朗読会『源氏物語』、朗読会に出席するハルコは愛知県の料亭『竹島』に来ていました。
いづみから早速報告があり竹島の前でスマホで電話に出るハルコが、タレコミしたのが聖子と気づいたのは 、中村が使っていたペンでした。
聖子は昔から、気に入った男性に必ず同じペンをプレゼントしていたのです。

この日の朗読会で、国文学者・三日月透(石田登星)は源氏物語の『紅葉の賀』に登場する源典侍を取り上げます。
実年齢57~58歳、若作りで恋多き女、源典侍に興味を覚えた光源氏は、源典侍に手を出しました。

聖子が名古屋の自宅に帰宅、家には夫・丈弘しかおらず、散らかり放題の惨状を見て聖子は苛立ちます。
ハルコから家に電話があり、電話に出た丈弘は近くまで来ているというハルコを招きます。
ハルコは聖子をタレコミの件を追及しましたが、聖子はとぼけて白状しません。

そんな中、ハルコは東京のマンションの売却について、丈弘から相談を受けました。
丈弘は早期退職し、老後のために資産の見直しを検討していたのです。
丈弘が売ろうとしているマンションは、聖子が料理教室を開いており、聖子は売却を拒みます。
ハルコは聖子が商売に手を出すことに反対、邪魔をするハルコに聖子はキレてしまいます。

根深いハルコへの恨み、聖子がハルコにマウントしたがる理由

宿泊する『蒲郡クラシックホテル』に戻ったハルコは、先日、スマホに送られて来たマウントするような聖子のメッセージを読んで以来、聖子に対する漠然とした違和感が晴れずに苛立ちを覚えていました。
そんな中、聖子がマウントしたがる理由が分かったと、いづみからハルコのスマホに電話が来ます。
いづみは聖子の料理教室を取材中、料理教室に通う聖子の同級生で親友・美代子と知り合い、聖子がハルコにマウントを取りたがる理由に気づいたのです。

ハルコと聖子は名古屋の名門女子校『銀城学院』に通い、ハルコは中学・高校と生徒会長を務めていました。
聖子はハルコに習い、中学の頃、生徒会長に立候補しようとし、そんな聖子を美代子が居る前でハルコは「器じゃない」と一蹴し応援しませんでした。
この件を、聖子はかなり根に持っていたのです。

ハルコに恋人?ラグナシアでデート

テーマパーク『ラグナシア』園内の『ラグーナBBQテラス』前の階段を、聖子は中村とふたりで下りていました。
中村は税務署を辞め税理士として独立しようとしており、そのことを聖子に打ち明け支援を頼みます。
聖子も東京を拠点に独立を思い立ち、そんな聖子に中村は離婚を勧めました。

いづみの電話を一方的に切ったハルコもラグナシアに来ており、ピザ&パスタ『ピノキオ(PINOCCIO)』前で赤いキャップを目印にデート相手を待っていました。

すると、ハルコはいちゃつく聖子と中村を発見、中村は逃げ出しました。
聖子は20歳も年下の中村に本気、呆れるハルコは平安時代の昔から若い男は年増に本気にはならないと、聖子を源典侍に喩え「色好みのおばあちゃん」と一喝します。
2度も結婚し恋愛を楽しむハルコに激怒する聖子は、ハルコを置いて走り去るのでした。

中村を罠に嵌め手口を暴露

翌日、中村は高橋を伴いハルコクリニックに税務調査に訪れます。
中村は壁に掛かっていた手羽哲夫画伯の絵画を、資産計上すべきと指摘します。
穏便に済ませようとする大谷に、中村は骨董好きをアピールするのでした。

その夜、いづみは聖子を接待し、銀座のクラブみわに連れて行きます。
パーティションで仕切られた隣の席では、大谷が中村と高橋を手羽哲夫画伯の絵画で買収していました。
勘違いしていると大谷を一蹴する中村は、名刺にメモを残し席を立つのでした。

中村と高橋の前にハルコが立ちはだかり、ハルコは中村の汚職の手口を暴きます。
中村が残した名刺には中村の手書きで住所が記され、絵画をその住所に送れということを意味していました。
中村は賄賂として骨董品を受け取り古美術商に売る常習犯、店内に居た中村の餌食になった千絵と換金先の骨董屋主人・時田が証人でした。
中村の悪事は既にSNSに投稿済み、気が動転する高橋は店を飛び出しました。

中村はセレブな人妻が集まる料理教室を回っては、税務調査先探しに独立した際の顧客開拓、その上、半同棲中の婚約者がいました。
聖子は中村に騙されていたのでした。

人生の落とし前

川沿いの遊歩道に、ハルコと聖子、そしていづみ、ハルコは聖子が『夫源病』であることを指摘します。
夫源病とは、夫が原因で妻に起こる心身不調でした。
丈弘が早期退職し、ずっと家にいても何もしない丈弘に苛立つ聖子は、外に出るしかありませんでした。
聖子の小遣いが月100万円というのは嘘、娘ふたりを私立に入れて聖子の小遣いは雀の涙ほど、ハルコに対抗心を燃やす聖子は嘘をつかなければハルコに勝てないと思っていたのです。

人生には落とし前をつける時が来ると聖子を諭すハルコ、ひとりで生きて来たハルコには孤独、家族に守られ幸せな専業主婦をして来た聖子には定年のポテサラおやじを背負う義務。
そんな義務を背負うことを嫌がる聖子に、ハルコは夫婦とはひとりで生きられない人と人が暮らすこと、ひとりで生きられないことを楽しめと叱咤しました。

翌日、聖子が帰宅すると、丈弘がキッチンに立ちポテトサラダを作ろうとしていました。
家に居るなら専業主婦という仕事をしろと、ハルコから大目玉を食らったのです。
丈弘は聖子に謝罪、聖子の邪魔になると思って丈弘は家事をしようとしなかったのでした。

ドロボー

中村は業務上横領で告発され、その上、婚約まで破綻しました。
秘密の小部屋で大谷と若杉から報告を受けるハルコは、修正申告をする必要がなくなり喜んでいました。
聖子と丈弘の夫婦仲が良くなり、丈弘に何か言ったのかいづみに尋ねられたハルコは、家事をしない夫は粗大ごみ同然と、4人の中で唯一の既婚者、大谷に忠告します。
そんな大谷に、妻からスマホにメッセージが届き、大谷はクリニックを飛び出しゴミ袋を買いに走るのでした。

夜、セレブな自宅に帰宅したハルコは、デート相手と目される人物からメッセージも届かず寂しさが募ります。
そんな時、暫く会えないというメッセージが届きました。

部屋にひとり居るハルコは何か違和感を覚え、ウォークインクローゼットを覗きに行くと、あるはずのバッグやアクセサリーが見事になくなっており、「ドロボー」と絶叫するのでした。

6話のあらすじネタバレ

被害総額2,490万円、宝石は女の歴史

美容外科医・中島ハルコ(大地真央)のセレブな自宅に泥棒が入り、編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)が駆けつけると、ハルコは警視総監に愛知県警署長、果ては最高裁判事の名を出し、すごい剣幕で刑事2人を捲し立て恫喝しているところでした。
パールのネックレスが120万円、サファイアのネックレスが840万円、ダイヤの指輪は2つで1つは200万円でもう1つは700万円、ルビーのネックレスが480万円、オパールの帯留めが150万円。
総額2,490万円の被害に遭ったハルコは、盗られた宝石が戻ってくるものと信じていました。
ところが、ハルコの自宅近辺で外国人窃盗団の被害が多発しており、その外国人窃盗団は宝石をばらしては直ぐに海外に持ち出すのが手口で、戻らない可能性が高かったのです。
珍しく落ち込むハルコを慰めるいづみでしたが、「宝石はその女の歴史そのもの」とハルコは逆鱗に触れます。
パールは医学部の卒業祝い、サファイアはクリニックを初めて立ち上げた祝い、元夫に貰った1つのダイヤを除いて、全てハルコが買った血と汗の結晶でした。
怒りがおさまらないハルコは、ソファーにあったクッションを投げまくり、挙げ句、クッションを引き裂いて荒れ狂うのでした。

後妻業?大谷の父に46歳差の再婚話!

翌日、虫の居所の悪いハルコは、受験のために幼い娘・美夏を整形しにハルコクリニックに来院した母・真美を追い返します。
真美を追い返したハルコに苦言を呈す秘書・若杉慎之介(蔵野友也)、この日、事務長・大谷将(合田雅史)は遅れて来ておらず、大谷のようにはフォローが出来ない若杉はハルコと口論に……。
そこへ、大谷がやっと出勤、遅刻を叱責するハルコでしたが、大谷家に一大事が起きていたのです。
大谷の父・卓(清水綋治)が再婚を決意、相手の女性は26歳で卓とは46歳もの歳の差があり、しかもその女性は卓の子供を身ごもっていたのでした。
大谷家では後妻業を疑い大騒ぎ、卓の老後をみるつもりで大谷に相続放棄を迫っていた妹・花子は激怒していました。

卓の再婚相手はBOAT RACE蒲郡のムーンライトガール

卓と女性の馴れ初めはボートレース場、その夜、いづみはこんな事情とは知らずにボートレース場『BOAT RACE蒲郡』にいきなり呼ばれます。
1階の総合案内の近くでハルコはいづみと落ち合うと3階のロイヤルエリアで若杉と合流、卓の再婚相手はロイヤルエリアでムーンライトガールを務める入江愛菜(結城モエ)でした。
愛菜の指輪に目が留まるハルコといづみ、そして若杉の3人は、愛菜にVIPルームまで案内されます。

ハルコがレースの予想をしていると大谷が卓を連れて現れ、そこへ、ハルコが注文した深海ラーメンとシャンパンを持って愛菜が入って来ました。
ハルコの目は誤魔化せず、26歳という愛菜は38歳のいづみと同年代と推察、卓が恋愛対象になるかハルコに尋ねられたいづみは困惑し、ハルコは愛菜の後妻業を疑います。

愛菜は年齢も顔も詐称

レースが終わり、ハルコたちは蒲郡の大谷家へ、居間に通されたハルコたちに愛菜は不機嫌そうにお茶を出しました。
卓と愛菜の出会いはBOAT RACE蒲郡、そして愛菜は愛犬のトイプードル・ルビーを連れて卓と度々会うようになります。
ルビーは卓と愛菜を引き合わせた後、間もなくして亡くなりました。

ハルコは愛菜の嘘を次々と暴きます。
年齢は35歳、顔は整形、その整形は4回で総額400万円、ムーンライトガールの他に愛菜はギャラ飲みにも参加していました。
しかし、ハルコが気掛かりだったのは妊娠、愛菜は箪笥の引き出しから親子健康手帳を取り出すとテーブルに叩きつけます。
大谷が親子健康手帳を確認すると、ハルコの言う通り愛菜の年齢は35歳でした。
そこへ、ハルコが来ると聞きつけた花子が駆けつけ、愛菜が同じ歳だと知り驚きます。
卓は年齢のことは始めから知っており、愛菜の年齢詐称は仕事のためでした。

孫が4人もいる72歳の卓との結婚に愛菜の両親が反対しないのかハルコが尋ねましたが、愛菜は両親とは音信不通。
愛菜の父親は元マル暴で反社との繋がりを疑われ、母親は再婚して愛菜を捨てたろくでなし、両親のことを花子に蒸し返され激怒する愛菜は、相続しか頭にない花子たちを責めました。
誰の子か分からず証拠を見せろと花子は反発し、ハルコは出生前診断を提案、お腹の子は自分の子で診断は必要ないと卓は反論するのでした。

焼き鳥屋『とんちゃん(蒲郡)』に場所を変え、ハルコと卓はさしで飲みながら腹を割って話し合います。
卓は愛菜を愛しており、例え後妻業だとしても人生の最後が楽しく終わればそれで本望と考えていました。

純愛それとも後妻業?

若杉と大谷、そしていづみが総力をあげて、愛菜の身辺を調査、動物病院での聞き込みで愛菜と卓がルビーをかわいがっていたのは事実と判明、産婦人科の聞き込みでは愛菜の妊娠も事実と判明します。

そんな中、いづみは愛菜のギャラ飲み友達で幼馴染・小百合に辿り着き、愛菜に10歳年下でイケメンの恋人が居たことを突き止めました。
交際7年目の誕生日、間もなくプロポーズかと思われた矢先、恋人の浮気が発覚し愛菜は恋人の自宅アパートで相手の女と修羅場に……。
その夜中、ナイフを手に恋人のアパートの前でルビーと雨の中立ち尽くす愛菜に卓が傘を差し掛け、その後、愛菜と卓は交際に発展、しかし小百合はパパ活と断言します。

ハルコクリニックの秘密の小部屋で、ハルコは大谷と若杉と共にいづみからの調査報告を受ける中、大谷に花子からスマホに連絡、愛菜が外国人と路上で抱き合っているのを尾行していた花子が目撃しました。

ある日、警視総監・亀田嘉寿夫(ゆうたろう)が愛知県警署長・長岡に連絡し、ハルコへの協力を要請します。
そして、その数日後、蒲郡の大谷家で愛菜と卓が婚姻届に署名捺印、反対する花子は荒れ狂います。
そんな中、ハルコが若杉といづみを従えて登場、愛菜のお腹の子が卓の子と証明します。
愛菜が子宝を授かったのは、出産予定日から逆算して東三河でゲリラ豪雨のあった夜、卓と愛菜は別れがたく、卓は愛菜の自宅を出たり入ったり、ふたりは夜の街を彷徨い、そして最後に愛菜が卓の自宅へ行ったのです。
その日から暫く、愛菜はルビーの散歩以外、出掛けることはありませんでした。
外国人窃盗団を未だに逮捕できない亀田に圧力をかけ、ハルコが街中の監視カメラの映像を愛知県警に調べさせたのです。

愛菜が外国人と会っていたのは近い将来ケバブ屋を開くためで、愛菜と生まれてくる子供、そして卓、愛菜は親子3人で食べていける商売を考えていました。
花子が目撃したアリはLGBTで、オスマンというパートナーが居ました。

ハルコは婚姻届の証人欄に署名捺印、そして卓は愛菜にルビーの指輪を贈ります。
ルビーは愛菜の誕生石、小さくても本物をと卓はハルコにアドバイスされていました。

後日、ハルコの頼みを聞き入れた愛菜と卓は、保護犬を迎え入れるのでした。

いづみの胃も心も鷲掴み、オーナーシェフと運命の出会い

東京に戻ったハルコといづみはレストラン『Shchihoko d’oro』でディナー、いづみは愛菜と卓を羨んでいました。
ディナーを食べ終えたハルコは全ての料理を絶賛、シェフが変わったことに気づきます。
すると、イケメンのオーナーシェフ・沢田健介(平岡祐太)が、ハルコたちのテーブルに挨拶に来ました。
胃袋を鷲掴みされた上、沢田の爽やかな笑顔、見惚れるいづみは沢田に運命を感じるのでした。

7話のあらすじネタバレ

沢田はいづみの運命の相手?ハルコがいづみにアシスト

レストラン『Shchihoko d’oro』のイケメンのオーナーシェフ・沢田健介(平岡祐太)の料理に胃袋を鷲掴みにされた美容外科医・中島ハルコ(大地真央)。
ハルコは沢田にワインをご馳走しようとしたものの、お近づきの印に逆に沢田がハルコと編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)にワインを振舞います。
この日のディナーのメインはウルグアイ・ビーフ、流石にウルグアイまでとはいきませんでしたが、沢田はジビエやキノコなど店に出す食材は自らとって調達していました。
そんな沢田を狩りに誘うハルコはライセンスを持っており、人里を荒らす大物の害獣駆除を猟友会のツレに頼まれていたのです。

沢田はバカがつくお人好し?

早速、熊が出たという情報が入り、ハルコはいづみと沢田を伴って某県・美登山へハンティングに向かいます。
ハルコが見事、一発で熊を仕留めた帰り、3人はキノコ狩りで大量にキノコをゲット、その夜、Shchihoko d’oroで沢田がキノコ鍋をハルコといづみに振舞います。

ハルコはズバリ沢田に尋ね、沢田が独身と判明、しかし沢田には6,000万円もの借金がありました。
元手のない沢田は、前オーナーから借金ごと店を引き継いでいたのです。
沢田が騙されたのではと心配するハルコでしたが、前オーナーが沢田のボルチーニ茸のリゾットを涙を流して堪能し、沢田はそれだけでも良い体験だったと騙されたことが気にならない様子。
そんな沢田をハルコはバカのつくお人好しと思うのでした。

地方創生からニューヨークへ、沢田の故郷・幸田町で町おこし

幸田町、名古屋から1時間ほどのこの町にいづみは沢田と降り立ちます。
幸田町は沢田の故郷、いづみがグルメ雑誌『グルメシ!』の編集兼ライターであることを見込み、沢田がいづみに町おこしのグルメイベントの協力を要請しました。

いづみは沢田と幸田町役場へ行き、グルメイベントを企画した株式会社クリエイションプランの大石瑛太(武田航平)、アルバイトの潤、そして幸田町役場の宮内と面会します。
大石は沢田の野球部の後輩でした。

企画の説明を受けたいづみは徹夜でレジュメをまとめ、ハルコのセレブな自宅へ駆けつけグルメイベントの協力をハルコに懇願します。
名古屋メシだけではなく、イタリアン・フレンチ・中華・インドなど世界の料理を集めたグルメイベントを幸田町の食材を使い開催。
今回のグルメイベントは幸田町を皮切りに全国に展開、日本全体の地方活性化につなげ、そして1年後にはニューヨークで大イベントを開催する壮大なプロジェクトでした。

税金(補助金)も使わず、スポンサーもつけず、生産者からの協賛金だけで運営するこの企画にハルコは懐疑的でしたが、沢田が懇意にする生産者に声を掛ければ協賛金は直ぐに集まると大石たちは考え、そんな人望のある沢田にいづみはメロメロ。
協賛金を集めるには事前にマスコミで宣伝を掛ける必要があり、ハルコのツレパワーで実現したスイッチテレビ(Switch!TV)のグルメ対決のようなインパクトをいづみは求めていました。

やや難のある沢田でしたが、沢田の料理の才能だけはハルコも認めるところ、ハルコは早速、幸田町長・溝口に電話し沢田のことを頼むのでした。

食事の友社グルメシ!編集部に戻り編集長・尾石初郎(今野浩喜)に幸田町のグルメイベントの取材をいづみは掛け合いましたが、町おこしイベントに対して尾石は気乗りしていませんでした。

株式会社クリエイションプランの母体はニューヨーク州のカーネディー財団、社長・青柳小夜子(NANA)はニューヨーク州の弁護士資格を持つ元経営コンサルタントのバリキャリ。
尾石は小夜子が美人と知り、いづみに全面協力を約束するのでした。

小夜子はリトルハルコ!

この日、小夜子自ら幸田町青年会議所へ出向き、グルメイベントの説明会が開かれました。
筆柿、紅ほっぺやとちおとめなどのイチゴ、夢やまびこ豚、幸田町は食材の宝庫で世界に認められるポテンシャルがあると賞賛する一方、小夜子は知名度の低さを指摘、幸田町のブランディングを提案しました。
説明会での小夜子の上からな態度はまるでハルコ、帰京したいづみはハルコクリニックの秘密の小部屋で小夜子をリトルハルコとハルコに報告、ハルコが認める立ち食い蕎麦屋にも小夜子は出没しており、小夜子の経歴も含めハルコは小夜子をリトルと認めるのでした。

イベント開催日が近づく中、沢田といづみ、そして大石の3人は協賛金集めに奔走、しかし協賛金は思うように集まりません。
一度は断られた幸田町のいちご農家と柿筆農家が賛同、そして、あいち鴨農場の岩倉智子も賛同し少しずつ集まり始めたものの、まだまだ協賛金は足りませんでした。
小夜子に智子、沢田に想いを寄せるいづみはライバルの多さに落ち込みます。

その夜、ひつまぶし屋『いとう』の座敷に、沢田を助けるべく和の巨匠、中華の鉄人、フレンチの鬼、そして天才パティシエが集まり、愛知県の食材の試食会が開かれました。

そんな中、沢田のスマホに小夜子から電話があり、沢田はとあるバーに呼び出されます。
協賛金の集まりが悪く予想以上に小規模なイベントになりかねず、小夜子は沢田に謝罪しました。
立ち上げとして最低でも1,000人規模のイベントにしたい小夜子は、協賛金が1,000万円ほど不足していることを沢田に打ち明けるのでした。

小夜子が沢田狙い?

沢田を尾行したいづみは、沢田が小夜子と会っているのを目撃し落ち込み、宿泊する蒲郡ホテルからハルコに電話します。
沢田を諦めるといういづみから、小夜子に勝てないと聞き、バリキャリの小夜子がなぜ沢田をと、ハルコは疑問を抱きましたが、待ち合わせしていた国文学者・三日月透(石田登星)が現れ電話を切るのでした。
ディナーを楽しむハルコと三日月でしたが、三日月のスマホに電話が入り、三日月は途中で帰ってしまいます。
三日月の息子が就職に失敗し行方不明になり、探偵を雇って捜したものの見つからなかったのでした。
三日月を見送るハルコは、寂しそうにするのでした。

幸田町グルメフェス準備用倉庫で片づけをする大石と潤、潤は協賛金が思うように集まらず大石に不安をもらし、逆転を信じる大石は潤を励まします。
倉庫に来た沢田は大石のそんな姿を見て、キャッチボールの約束をするのでした。

翌日、沢田は祖父・誠治のもとを訪ねます。
一方、小夜子が沢田にアプローチしていることに疑問を抱くハルコ、小夜子のようなバリキャリの女は自分より上の男を選ぶもので、ハルコは小夜子の経歴に疑惑の目を向けるのでした。

協賛金が目標額に達し、グルメフェス準備室が歓喜に湧き上がる中、近くの公園で沢田と大石はキャッチボールをし、いづみが見守っていました。
そこへ、潤が駆けつけ目標額に達したことを大石に報告、驚くいづみが駆け寄ろうとして靴のかかとが折れてしまいます。
喜ぶ沢田たちとは裏腹に、いづみは一抹の不安を覚えるのでした。

小夜子の正体を暴くハルコが大ピンチ

イベント前日、発注したはずのテントが届かず、グルメフェス準備用倉庫で慌てる潤、大石は発注した竹中に連絡します。
幸田駅に降り立つハルコを、いづみが軽トラで迎えに駆けつけ、ハルコは自ら軽トラを運転しかっ飛ばします。
食材を運ぶトラックが来ず、協賛した農家からのクレームで潤のスマホは鳴り止まず、そんな中、竹中が金庫から金を持ち出すのでした。

幸田町役場の前に停めている車の運転席に慌てて乗る竹中、後部座席には小夜子が乗っていました。
車を出そうとしたその時、ハルコの運転する軽トラが立ちはだかります。

倉庫に居る沢田、大石、そして潤には、全てハルコに任せるよう、いづみからメールが届いていました。
ハルコは協賛金を餌に小夜子と竹中を倉庫に誘い出し、小夜子の正体を暴きます。
ハルコはカーネディー一族のキャサリンにスマホから電話し、ビデオ通話で小夜子をキャサリンに見てもらいます。
ところが、キャサリンはビジネスパートナーであるはずの小夜子を知らなかったのです。

経歴に年齢、その上、顔までも詐称していた小夜子の本名は青草かめ子、今回のイベント詐欺を企てたかめ子は捕まらないと豪語。
高級コールガール・クラブを経営するかめ子は、政財界の秘密を握りこれまで捕まらずにいたのです。

かめ子の一味の男4人に囲まれたハルコの前に2本のバットを持った沢田が身を挺し、1本のバットを大石に投げました。
しかし、大石はそのバットを拾おうとせず無視、大石はかめ子のスパイだったのです。
ショックを受ける沢田は、一味の1人に殴られ倒れます。
一味4人を一捻りし圧倒するハルコでしたが、一味の1人が潤を三日月と呼び、気を取られた隙に後頭部を一斗缶で殴打され、ハルコは気を失いました。

ハルコにいづみに沢田、そして潤の4人は気を失ったままパイプ椅子に縛られ、竹中はガソリンをまき終えると、火をつけたオイルライターを床に捨てるのでした。

8話(最終回)のあらすじネタバレ

「智ちゃん……」炎に包まれる沢田が愛を告白?

『幸田町グルメフェス準備用倉庫』が炎に包まれる中、気を失っていた美容外科医・中島ハルコ(大地真央)が意識を取り戻し、まだ意識を失っている3人、編集兼ライター・菊池いづみ(松本まりか)、イケメンのオーナーシェフ・沢田健介(平岡祐太)、そして国文学者・三日月透(石田登星)の息子・潤を起こします。

『株式会社クリエイションプラン』社長・青柳小夜子こと青草かめ子(NANA)が仕掛けたイベント詐欺に引っ掛かり、みんなに申し訳ないと嘆く沢田は、祖父・誠治の家を担保に1,000万円を借金し、まんまと騙し取られていたのです。
そして、潤はかめ子の一味ではなく、就職に失敗し、ネットでみつけてグルメフェスのアルバイトをしていただけでした。

事務長・大谷将(合田雅史)と秘書・若杉慎之介(蔵野友也)が2分で助けに来ると確信するハルコは、いづみに沢田への愛の告白を強要、しかし、いづみは告白せず、「智ちゃん……」と沢田があいち鴨農場の岩倉智子の名前を呟くのでした。

被害総額2,000万円、詐欺に騙された原因は郷土愛

大谷と若杉が駆けつけ救出されたハルコたち4人は、『幸田町青年会議所』の会議室に居ました。
そこへ、『幸田町グルメフェス』に協賛金を出した生産者たちが押しかけ、その中には智子の姿もありました。
会議室には怒声が飛び交い、生産者たちは沢田と潤を吊るしあげます。

被害総額は2,000万円、幸田町長・溝口を始め町ぐるみでイベント詐欺に騙され、故郷が同じというだけで信用し金を出す「あまちゃん」とハルコは生産者たちを罵倒、騙された原因はその郷土愛にあると生産者たちを批判します。
日頃、郷土愛丸出しのハルコが郷土愛を否定しハルコの真意を測りかねるいづみ、会議室を後にするハルコに激怒した生産者たちは容赦なく罵声を浴びせるのでした。

まんまと逃げおおせたかめ子一味は、某パーキングエリアで一味のスマホを回収し、足がつかないようにします。

テントや送迎バスがなくても、生産者たちの軽四で送迎し、みんなの家でご馳走を振舞うことを提案する智子でしたが、賛同する者は居ませんでした。

かめ子たちと別れた大石瑛太(武田航平)がスマホの電源を入れ、大谷と若杉に居場所を察知されるのでした。

三河もんのド根性、幸田町グルメフェス開催決定!

三日月のもとにハルコからメールが届き、三日月は潤が見つかったことを知ります。
そんな中、グルメフェス準備用倉庫に舞い戻った大石を、大谷と若杉が取り押さえました。
大石は『幸田町役場』グルメフェス準備室に連れて行かれ、ハルコは東京のハルコクリニックからリモートで大石を尋問します。

大石がかめ子一味のスパイになったのは、沢田と町の人々が原因でした。
高校野球・地方予選の準々決勝、大石のエラーで敗退、沢田は大石を許しましたが、そんな沢田に大石はコンプレックスを抱き、一方、町の人々は大石をバカにしたのです。
大石は沢田や町の人々を見返してやろうと、かめ子一味に協力したのでした。
見返してやりたいというのは潤も同じで、著名な国文学者の三日月に潤もコンプレックスを抱いていました。
ハルコは大石と潤に正当なビジネスで、見返すようアドバイスを贈るのでした。

いづみたちが町役場を出ると、筆柿を使いグルメフェスに参加を予定していた『やまちゃんパン』オーナー・山口翔太(佐野和真)とその恋人でいづみの後輩・高田真央(真魚)が来ていました。
グルメフェスが中止になったことをいづみが真央たちに謝罪していると、生産者たちが駆け寄ります。
生産者たちはハルコに一泡吹かせ三河もんのド根性を見せるべく立ち上がり、グルメフェスを開催することにしたのです。

かめ子逮捕、パトロンは元法務大臣

グルメフェス当日、会場のいちご農家宅と筆柿農家宅は準備に大忙し、沢田はひつまぶし屋『いとう』の調理場を借り、鴨料理を作っていました。

そんな中、ハルコがかめ子の居場所を特定、警視総監・亀田嘉寿夫(ゆうたろう)に連絡し、しっかりと恩を売ります。
その夜、銀座のクラブ『みわ』で、かめ子と竹中は元法務大臣・四辻を接待、そこへ和服姿のハルコが登場します。
四辻はかめ子のパトロンで、かめ子が起こしてきた事件を揉み消していたのです。
ハルコに呼ばれた『ハルコクリニック』看護師・静香はチーママと見違うほどのドレスアップをしており、セーラー服姿の四辻の写真を四辻に見せました。
警察が現れかめ子を逮捕、そして四辻はかめ子を見捨てるのでした。

グルメフェス大成功

幸田町の人々が自宅でもてなす一風変わったグルメフェスは、男性ユニット『祭nine.』の寺坂頼我(本人)と神田陸人(本人)がいちご農家宅に取材に訪れるほど話題となり、そして遂に本会場の準備も整いグルメフェスは大成功。
しかも、『ハートクリニック』院長から3,000万円もの寄附があり、沢田の実家も取り戻せることになったのです。
本会場を訪れたハルコはグルメフェスが成功し、生産者たちに謝罪しました。

その夜、三日月がグルメフェスに顔を出し潤と再会、いづみは沢田と智子の仲を取り持ちます。
三日月と潤はハルコに礼を言い、ハルコは朗読会の卒業を三日月に告げるのでした。

ハルコがいづみ超えの12年も忍び逢い

東京に戻ったハルコといづみは、ハルコのセレブな自宅でシャンパンを何本も空け、呑んだくれていました。
自ら身を引き沢田と智子の仲を取り持ったいづみを笑うハルコ、そんなハルコの不倫をいづみが暴きます。
「ちゃんとするよ」、三日月の言葉を信じハルコは12年も三日月を待っていたのです。
ハルコは三日月の家庭を壊したと思っていましたが、それはハルコの勘違い。
この20年、韓流アイドル追っかけ三昧の母に、潤が三流大学卒であることが認められない東大卒意識丸出しの三日月、そんな両親に嫌気がさして潤は家を出ました。
三日月との関係を誰にも相談できずにいたハルコは、いづみと互いに慰め合い泣きじゃくるのでした。

後日、四辻は辞職、かめ子一味は検挙され、ハルコの力で大石は不起訴、潤は不問となりました。

そして、ハルコ唯一の謎、ケチに貯め込んだ金、その行方をいづみにも明かそうとしないハルコでしたが、カンボジアのとある学校に寄附していたのでした。