ドラマル

『ハル ~総合商社の女~』7話のネタバレ感想!晴と和田に復縁フラグ!最終回で再婚か?

2019年12月2日に放送されたドラマ『ハル ~総合商社の女~』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、新規事業立ち上げの社内公募で、青柳の企画が最終選考に!
青柳は重役プレゼンを突破するために寝る間を惜しんで努力するが…。

関連記事

『ハル ~総合商社の女~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハル ~総合商社の女~』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ハル ~総合商社の女~』7話のあらすじネタバレ

和田寿史(藤木直人)経営企画部長は、高山雄一郎(奥田暎二)副社長に、自分は決して社長派ということではなく、あくまでも五木商事の為の利益追求をしていると説得。
その後、高山が、新規事業公募の最終選考に青柳悠馬(白洲迅)の企画案が残っているので、これを経営企画部としてバックアップせよと命じます。この企画案は、ジェンダー(社会的文化的な男女差)平等のほか、世界各地の平等を目指すもので、特に、「発展途上国のマイクロ・クレジット事業案」がその骨子。次の重役会議でのプレゼンで企画案が一本に絞られて、これが通れば、新たに別会社が立ち上げられます。

翌朝、和田が青柳に選考結果を伝えると、青柳は意外にも皆には秘密にして欲しいと言います。発展途上国の開発に関わりたくて五木商事に入ったものの、意に反して経営企画部に回されていた青柳。しかし、今では、経営企画部の仕事に前向きになれています。だから、今の仲間に、希望と違う部署で働かされているということでの誤解を受けたくない青柳。内緒を和田は求められ了解します。

和田が人事厚生部の長峰亘(山中聡)部長に社内で呼び止められ、「大手商社によるダイバーシティー推進コミッティ勉強会」への参加を海原晴(中谷美紀)に要請するよう求められます。これは、女性がトップランナーとして働き続ける為の勉強会です。性別、国籍、障害者といった差別のない社会への推進が目的です。
晴(以下、ハル)は、参加を快諾。ジェンダーフリーについての意見交換に臨みます。

その間、和田に涼(寺田心)を預かって貰います。公園でキャッチボールをします。
その後は牛丼屋。

勉強会で刺激を受けたハルは、早速、経営企画部の会議で、新規事業案を提案。実は、その案は、ハルが知らないこととはいえ青柳の企画案と方向性が一緒でした。青柳の「社会(環境)課題解決型ビジネス」と同じでした。
国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」、「2030アジェンダ」の、2016年~30年に達成すべき国際目標に沿うものでした。ハルの企画案は、具体的には、まず手始めに本社内の託児所設置。将来的には、それを外に向けて拡大し、ビジネス展開しようというもの。

ダイバーシティー勉強会には、お腹の大きい(妊娠八ヶ月)五木商事経理部の三田村由妃(南沢奈央)も参加していて、彼女と会話を交わしていました。
由妃は事故で両足の膝下を失っていて、車椅子生活者です。法律(障害者雇用促進法)に定められている障害者枠で五木商事に入社しています。で、今度の出産では、会社を辞めなければと考えている由妃。夫は育児協力を約束していますが、会社と保育園と家庭と、全て上手くやって行くのは健常者でも困難。しかし、社内託児所があれば、出産後、安心して会社復帰が出来ます。

青柳は、自分の企画の重役プレゼン準備の他、いくつかの案件のアシストを抱えているのに、ハルの企画を手伝いたいと申し出ます。
人事厚生部の長峰部長に託児所設置を要請するハルと青柳。五木商事が日本企業全体を引っ張る旗振り役になればと説得して、長峰部長が協力を約束。高山副社長も、託児所設置の件についてはGOサイン。一通りの目途が付いたので、後は一人でできると青柳に言って、彼には抱えている他のアシスト案件への集中を求めます。それで、藤尾勝之(山中崇)と矢島智明(渡辺邦斗)のアシスト(フォロー)と自身のプレゼン作成に集中できるようになったはずの青柳ですが、それまで多忙を極めて睡眠時間が取れていなかった彼は、翌日、出社して来ません。

藤尾がプレゼンに間に合わないと、怒り狂います。青柳のパソコンに全資料が入っているので、藤尾のプレゼンができません。パソコンのパスワードが分からず、青柳のパソコンが開かないのですが、それは、プレゼンの責任者として情報共有していなかった藤尾の不注意。そう言って藤尾を責めるハル。
青柳に電話するハル。パスワードを聞き出して、プレゼンデータを開きます。それで何とか、藤尾のプレゼンは無事に済みます。

青柳が大遅刻で出社して来て皆に謝罪。和田が、青柳の社内公募企画が最終審査に残っていて、それで重役プレゼンの作成準備もあり、忙し過ぎたのだと青柳を擁護。
青柳の重役プレゼンは二日後。皆が青柳の協力に動きます。ハルの託児所設置提案に繋がる青柳の企画。それで、自分と方向性が重なるハルの提案を手伝いたいと申し出ていた青柳。青柳が掲げるのは、貧困者、社会的弱者の銀行と言われる「マイクロ・クレジット」。これは、なにより「SDGs」の理念に直結しています。

一乗寺秀人(忍成修吾)の父・厚生労働大臣の一乗寺俊太郎(山田明郷)と高山副社長が料亭で密会。「五木商事は大々的にSDGs展開します。必ず大臣のお役に立ちます」と高山。
一方、一乗寺が地元奈良の新空港建設が内定したと高山に告げます。で、公平な入札を回避して、五木商事への便宜を約束します。

夜の街路樹の下を和田とハルが歩きます。
「キミに受け取って欲しいものがある。キミと別れてからも、ずっと変わらないオレの気持ちを受け取って欲しい」と和田がハルに静かに言います。

スポンサーリンク

『ハル ~総合商社の女~』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

ジェンダーの平等という難しいテーマです。平等の必要性は、みな分かっていますが、なかなか前に進まないテーマです。というのも、必ずしも、世の中にいるのはバリバリ働きたいと考えている女性ばかりではないので、現実的には、なかなか女性の足並みが揃いません。男性依存の生活を希望する女性も世の中には沢山いるわけですね。

あとは、経営企画部に配属されたことに不満があるので、それで新規事業公募に応募したものと思われるのが嫌で、最終選考に残っていることを秘密にしたいと言っていた青柳の「健気さ」が際立つ回になりましたね。
なにより、自分の企画と似たもの(ハルの企画)が目の前に現れれば、「あるいは盗用か?」と疑うのが世の常なのに、青柳には、全くそういうことがありません。和田がハルに青柳の企画を漏らしたかも知れないという疑念を一切抱かず、ハルを手伝いたいと申し出ます。なんだか純粋過ぎて、これでは、商社の荒波を生き抜けるのかと、ちょっと心配な気持ちになりましたね。

晴と和田に復縁フラグ!最終回で再婚か?

和田部長は一体ハルに何を渡そうとしているんでしょうか?
ひょっとして、離婚する時に返された指輪を大事に持っていて、それを渡して、「もう一度、夫婦(家族)にならないか?」なんて言うのだろうか…。

元々、別れの理由が重い決別ではないのだから、涼くんのためにも最終回で復縁(再婚)は十分にありそうですよね?

厳しそうな副社長の高山は、きっと最終回でやっつけるだろうし、寺田心くんも社内のみんなもきっと祝福してくれるはず!

『ハル ~総合商社の女~』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ハル ~総合商社の女~』8話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

和田寿史(藤木直人)は晴(中谷美紀)に「受け取ってほしいものがある」と切り出す。
和田が差し出したものは晴にとっても予想外のもので…。

経営企画部では、青柳悠馬(白洲迅)の社内起業重役プレゼンまであと2日に迫る中、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)から新たな命が下る。奈良空港建築事業で、公共機関が民間企業に建設・サービスなどを委託するPFIを実施することになり、この入札に五木商事も参加するというのだ。晴と藤尾(山中崇)を中心に部一丸となって、着々とプランを練っていく。
しかし、高山の部屋になぜか一乗寺秀人(忍成修吾)の姿が…。
高山は一乗寺の父である厚生労働大臣の一乗寺俊太郎(山田明郷)とのある「密約」を打ち明け…。

思い悩んだ一乗寺はある決意を胸に和田と晴の元へ…。
晴たちは果たして様々な困難を乗り換え、商社パーソンとしての誇りを守れるのか?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/