ドラマル

『ハル ~総合商社の女~』4話のネタバレ感想!映画を情熱的に語る和田部長(藤木直人)がカッコ良すぎる!

2019年11月11日に放送されたドラマ『ハル ~総合商社の女~』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」の立て直しに奮闘!
晴は和田の熱意に押され、「スターバレー」の社長・飯島利彦(宮川一朗太)と会うが…。

関連記事

『ハル ~総合商社の女~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハル ~総合商社の女~』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ハル ~総合商社の女~』4話のあらすじネタバレ

経営企画部・和田寿史(藤木直人)の新案件は、二年前から五木商事の完全子会社(共同経営だった西南映社が撤退して株式100%保有)になっている映画(製作配給)会社スターバレーの業績不振の回復。赤字続きで共同経営の会社が撤退する中、まだ諦めるのは早いと、五木商事では、飯島利彦(宮川一朗太)を映画会社の社長に就任させていて、彼は、五木商事時代の商社マン気質をそのまま振り回しています。儲け第一主義で、そもそも裏付けデータが無いと映画企画を通しません。

数日前、和田は大学の後輩(同じ映画研究会に在籍)のプロパー(新卒採用の生え抜き)社員、若林隼人(満島真之介)と会食していました。彼は、映画作りの感性を否定する飯島社長に完全にお手上げ状態。温めて来たオリジナル作品が却下され、退職を考えています。――五木商事の副社長の高山雄一郎(奥田暎二)の意向に従い、事業縮小とリストラを考えている様子の飯島。飯島の努力で、確かに赤字幅は減ってはいますが、それはあくまでも将来性に乏しい減収増益傾向によるもの。そんな事態を打開しようと、和田はハルこと海原晴(中谷美紀)を飯島に差し向けます。

青柳悠馬(白洲迅)を伴って飯島と面会するハル。飯島には、「好い映画とはビジネスとして成功する映画」という信念があります。人気のドラマ、漫画、アニメの実写化という売れ筋が、今の映画作りの基本だと飯島。
飯島との会談後、試写室の若林プロデューサーに会うハルと青柳。――若林が温めていた企画「熱帯の桜」、これは実在した日本人の話(ドキュメンタリータッチ)。アフリカの僻地(へきち)で二ヶ月の撮影を要して、その製作費は10億円。これが時間的にも資金的な意味でも、飯島に拒否されている若林の企画でした。それに対して、別の売れる新企画で頑張って、「若林プロデューサー」をブランド化せよとハッパをかけるハル。名前がブランドになれば、やりたい企画が通ると若林の尻を叩きます。

数日後、ハルの言葉に刺激を受けた若林が、新しい企画書を持って五木商事に来ます。「侍ヤンキー」という人気漫画が原作で、数社による放映権争いの決着は未だ付いていません。が、やはり、ネックは20億円という製作費。時代劇ということで製作費がかさんでいて、飯島社長としては当然、却下。

が、製作費さえ調達できれば実現可能と考えた和田。近年話題になっている青年実業家・フィーチャーモビリティ社長の金子陽介(淵上泰史)の資金力を頼みにしようと、ハルに接触を指示します。――五木商事と繋がりがあって旧知のジェイエス交通の堺憲明社長を仲介に、堺と会食中の金子に会うハルと若林。若林の企画書(侍ヤンキー)に目を通す金子。既に三本の映画出資が決まっているので、今回は無理と告げられます。

後日、改めて和田とハルの元を訪れる若林。既に万策が尽きて、会社を辞める決意も固まっている様子です。しかし、それでも、和田が「熱帯の桜」での「夢に命を吹き込め!」というテーマを忘れるなと力説。

金子行きつけの店に張り込んで、そこで何とか金子に取り入って出資をと目論む各社の担当社員。各社担当が次々に挨拶して名刺交換。そんな中に和田もいて、彼は、「第21回/ヤングフィルムフェスティバル(1999年開催)」のパンフレットを金子の前に差し出します。この映画祭に出席していた和田は、そこで、「ちいさな願い」という金子陽介監督の100分映画を観て、深く感動していました。
この「ちいさな願い」とは、金子が学生時代に撮った映画。――本当に好きな映画に出資できているのかと金子に問いかける和田。素性を明かした和田が、ハルに伴われて同行していた若林を金子の前に呼び寄せます。

が、一度断っているのに、再びやって来た両名に不快感を表す金子。それにひるまず、「ちいさな願い」を観た若林が、自分の作りたい作風で嬉しかったと称賛。それを聞いた金子が、「オベンチャラを使って出資させようということか!」と怒って帰ろうとします。そんな金子に、ハルが「熱帯の桜」の企画書を手渡します。先日示した「侍ヤンキー」の企画は集客を意識した作品だが、この「熱帯の桜」こそ、本当に自分がやりたい仕事だと若林も言い添えます。

偶然にも、「熱帯の桜」でのセリフ、「夢に命を吹き込め!」は、「ちいさな願い」の一場面でのセリフでした。とにかく、読むだけは読もうと言って、「熱帯の桜」の企画書を持ち帰る金子。――後日、金子から若林に電話連絡。セールスポイントが弱い、展開も少ない、しかも堅苦しくて万人ウケしないが、この映画が好きだと金子。彼は、10億円全額は無理だとは言いつつも、資金協力を約束してくれます。

映画は作らず、出資と配給のみというのが、五木商事から飯島に下されている指令(会社の方向性)でした。
飯島が五木商事での別件での会合を終えて、経営企画部ミーティングルームで和田と対面。ドアの外にはハルがいて、両者の会話を聞いています。
まず、飯島は、社員を焚き付けている和田に不快感を示しますが、焚き付けているつもりは無く企画に協力しているだけと和田は弁明。そして、金子の出資協力が得られていると報告します。――絶対にコケると決まっているわけではありません。映画の世界に絶対は無く、そこが面白いと和田。データも大切ですが、作り手の感性も大事にして欲しいと訴えます。

飯島社長は、入社10年目の頃、海外の天然ガス採掘事業の部署にいて、そこで独自に上層部の意向とは違う村を選択。そして、見事に資源争奪戦を勝ち取ったという体験をしていました。社の上層部の指令とは違う別の村に狙いを絞ったというのは、現地を仕切っていた飯島の直感。当時、自身の感性を信じて動いていた飯島。商社マンにはそういう瞬間があると和田は力説します。映画もそうです。理屈では無いモノがウリになります。だからこそ、映画作りとは夢のあるビジネスなのです。

実は、飯島社長、上(五木商事上層部)からの指示でもある製作部解体案については、首を縦に振っていませんでした。飯島は、プロパー社員をクビにしたいわけではありません。彼らをクビにしない為にも、まずは会社の安定。今は数字優先の我慢の時というのが飯島の考えでした。が、それでは夢のあるビジネスとは言えません。そう思い至った飯島社長は、若林に好きにやらせてみるかと呟きます。

海外展開を考えて、漢字ばかりで硬いタイトルの「桜」を「SAKURA」に変えることを、新しく立ち上がった企画会議で提起する若林。

ハルに伴われた涼(寺田心)が父親の和田と中華料理店で食事。餃子三人前が運ばれます。醤油にラー油のタレを付けるハルに対して、和田は酢のタレ。「二人の離婚の原因って、もしかして、それ?」と涼に言われます。ハルと和田は顔を見合わせ、そして、ハルが「ビールでも飲む?」と言うと、和田が「いや、昼間っからビールは」と言葉を返します。それを受けて、涼が「ハルは、休みの日、昼間からワインを飲んでいるよ」と報告に及びます。

社内ゴシップなど、噂話の大好きな川上周平(加治将樹)に、この親子の会食場面を、路上から店の窓越しに目撃されています。
川上は、和田部長とハルの関係を知らないはずですから、この子連れの会食場面は、川上によって社内にどう広まってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

『ハル ~総合商社の女~』4話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

基本的に、昔から映画作りというのは博打(ばくち)です。そもそもプロデューサーを名乗る人と言うのは、「倍返し」を約束して製作資金を集めますから、興行収入が製作費の二倍以上にならないと赤字になります。
そういうのがプロデューサーの仕事であって、ですから、若林は本当はプロデューサーではなく、監督、または脚本サイドの製作現場に立つ人間。コケることが多い映画業界では、二倍返しどころか出資金が殆ど戻らず、騙されたと感じてしまう出資者が山ほどいます。そういう出資者を言いくるめて、黙らせるのもプロデューサーの大きな仕事。そういう恨みを買うことの多いプロデューサー業という人の風貌は、どうしても「反社」的なイメージになります。

そんなわけで、ドラマ中、若林をプロデューサーとしていることに不自然さを感じました。「実績を作れば、若林プロデューサー自体がブランドになる、そうなればオリジナル企画もやらせて貰える」とハルが若林の尻を叩くシーンがありましたので、気になりました。

プロデューサーって、映画内容については殆ど何も分かっていないし、口出ししないというのが、昔からの映画界の実態のように思います。プロデューサーがいちいち口を出していたら、映画監督などやっていられませんからね。

映画を情熱的に語る和田部長(藤木直人)がカッコ良すぎる!

前回に引き続き和田部長(藤木直人)が大活躍。
和田部長の大好きな映画でしたから致し方ありませんが、今回、晴はほとんど出番なしでしたね。部下のために動く部長ってカッコイイ!

クールで何か裏がある?と感じられていた和田部長ですが、思い過ごしのようですね。
情熱的な性格の持ち主で、人を欺くような人間には思えません。

さて、遂に晴、和田、そして涼の3人が一緒にいるところを見つかってしまいました。
川上周平(加治将樹)は非常に口が軽そうだから、あっという間に社内に広まりそう。でも、何やら関係性はまだ理解してない模様…。
バレてしまった晴と和田が、今後どのように接していくのか楽しみ。離婚の原因は涼が言うように食の好みや習慣の違いなのかな?

『ハル ~総合商社の女~』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『ハル ~総合商社の女~』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

晴(中谷美紀)ら、経営企画部に「ベトナムでの五木商事の認知度アップ」という新たなミッションが下される。グループ会社の五木鉄鋼が初めてベトナムへ進出することになり、ベトナムで五木鉄鋼を広く認知させる戦略のためだ。矢島智明(渡辺邦斗)は、日本で活躍するベトナム出身の著名人とのスポンサー契約を提案。この案に賛同した晴は、将棋界で今最も注目されているベトナム出身の若き天才女流棋士グェン・ランを候補に挙げる。

さっそく晴は部下の青柳悠馬(白洲迅)と共にランがエージェント契約を結ぶ代理人の寺尾紀之(野間口徹)と交渉を開始し、好感触を得る。ところが、寺尾は後日一転して五木商事と同じ提案をする大手飲料メーカーが現れたため、2社によるコンペにしたいと言い出した。思わぬ強敵が現れた上に、晴の強引さがあだとなる事件が発生してしまう。果たして、晴はこのピンチをどう乗り切るのか!?

一方、晴は一人息子の涼(寺田心)と和田寿史(藤木直人)が偶然会ってしまったのをきっかけに、新たな展開が訪れようとしていた……。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/story/