ドラマル

ドラマ『よつば銀行』5話のネタバレ感想!西野七瀬が預金通帳の偽装を暴く!

2019年2月18日に放送されたドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』5話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

関連記事

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』5話の感想※ネタバレあり

40代女性

きりん

毎週楽しみに見ていますが、今回はとくに面白かったです。今回、スポットがあたったのは浩美に反抗的な矢野でした。成績不振のところへ、大口の融資の案件が回ってきたので喜んでいたのに、銀行を騙そうとする悪質な案件に巻き込まれそうになって気の毒でした。でも、シンデレラハウジングの社長のあとをつけていって、通帳偽造のアジトに踏み込んだシーンはカッコ良かったです。
窓口担当の葉子(西野七瀬)にちょっとスポットが当たったのもよかったです。葉子は清潔感があっていいな~と感じていたキャラクターなので、今後もう少し出演シーンが増えると嬉しいです。
それぞれのキャラクターがどんな人たちなのか、回を追うごとにハッキリしてきていますが、今回、支店長がカッコ良かったです!浩美は矢野を守りましたが、さらに支店長は全体を守ったので頼りがいを感じました。

50代男性

濱本哲治

ノルマに苦しめられる銀行員が、功を焦ることになってしまうのは必定のことかもしれませんが、だからこそ高い倫理観と慎重さが必要になるでしょう。今回は「もう一押しこそ慎重になれ」という武田信玄の言葉が出てきましたが「好事魔多し」とも言われるように、順調な時こそしっかりと足元を見つめていきたいですね。また、組織では今も昔も手柄は上司のものになり、失敗は部下の責任になるという構図は相変わらずでしょう。今回の原島の課長としての責任の取り方は見習いたいものですね。

40代男性

のらゆき

松田(西野七瀬)が預金通帳の偽装に気がついたときに浩美(真木よう子)に助言するシーン。
大したシーンではないですが、浩美という人間が認められた良いシーンです。
同じ支店とはいえ、部署の違う、ましてや下の者が進んで助けてくれるなんてこと、なかなかないです。
そもそも浩美が本部から目を付けられているのは明らか。
ヤバイ人には誰も関わりたくないです。

一番反感を抱いていた矢野(塚本高史)が浩美を課長と認めて、いよいよ台東支店が一つになってきた。

30代女性

hinatan

副頭取派の陰謀により、台東支店にシンデレラハウジングという怪しい詐欺会社の融資の話が来て、原島(真木よう子)はまた部下の責任は管理職の責任であると、陥れられそうになりました。しかし、支店長や頭取派の応援があり、見事にピンチを切り抜けていき、いよいよ頭取をめぐっての駆け引きが加速しそうで来週以降も展開が気になります。
仲間との絆の深さもますます深まり、視聴していると心が和むドラマです。副頭取や原島との間にどんな軋轢があるのかも目が離せません。

50代男性

鬼徹

よつば銀行内の権力争いが激しさを増していますが、この足の引っ張り合いの構図は社会全体の縮図といってもいいでしょう。

そんな中で、これまで飄々とこなしてきた原島浩美(真木よう子)でしたが、今回の対処は真っ向勝負の本道で、部下も上司も救いたいとの思いが伝わってきました。
こんな上司や部下が生かされる社会こそが、本来あるべき姿なのでしょう。

綺麗事のように見えても、それにチャレンジしていく勇気を持つことが何よりも大切なことを、毎回原島課長に教えてもらっていますね。

スポンサーリンク

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』5話のTwitterrでの感想・反応まとめ

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』5話のTwitterrでの声をまとめると、次のような感想を持った人が多いことがわかりました。

  • 西野七瀬さん登場に涙する人も!なーちゃん大活躍の回
  • 加東は浩美を好き?
  • 原島が部下からの承認を得た

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』5話のあらすじネタバレ

島津副頭取(柳葉敏郎)らは原島浩美(真木よう子)を陥れるために、不正を行っているシンデレラハウジングを、永松(林泰文)を通じて紹介します。担当になった矢野(塚本高史)は意気込んでシンデレラハウジングに向かいます。融資を求めているのは医師で、条件は十分満たしているように見えましたが、浩美はなかなか稟議にかけようとしません。

実際に物件のアパートを見に行くと満室といいながら、怪しい点が見受けられます。浩美は矢野が過去、上司からミスの責任をなすりつけられた経験から、上司にはミスしたときに守ってくれることを求めていると聞かされます。

浩美はシンデレラハウジングの不正をつかむためにカフェのさつき(片桐はいり)と加東(丸山隆平)を潜入させ、賃貸物件の満室を偽装する証拠をつかみます。

さらに矢野は尾行によって、通帳の偽造をしているアジトに乗り込みます。そこにいた暴力団員たちに監禁されそうになったところを、心配してやってきた加藤と吉田(森永悠希)に助けられます。

その頃、副支店長の奈良(三宅弘城)は勝手に稟議書を本部に送信してしまい、本部からやって来た草柳(木下ほうか)は浩美と矢野、奈良の三人に責任をとらせようとします。自分が責任をとるので矢野と奈良は見逃してくれるように頼む浩美。しかし支店長の山田(寺脇康文)が頭取派の佐藤(矢島健一)にしていた忠告により、今回の件は双方で見逃すことで話がつきます。

矢野は浩美に、自分を守ってくれたことのお礼を言い、初めて浩美を「原島課長」と呼ぶのでした。

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』のキャスト一覧

  • 原島浩美(真木よう子)
  • 加東亜希彦(丸山隆平)
  • 矢野修(塚本高史)
  • 奈良敬三(三宅弘城)
  • 松田葉子(西野七瀬)
  • 金山さつき(片桐はいり)
  • 永松隆司(林泰文)
  • 吉田剣(森永悠希)
  • 佐藤大介(矢島健一)
  • 草柳康雄(木下ほうか)
  • 山田太平(脇康文)
  • 島津雅彦(柳葉敏郎)
  • 鳩山英雄(古谷一行)

5話に出演するゲスト

  • シンデレラハウジング 社長・西城俊徳/演:豊本明長
  • 帝応大学病院 外科医・香坂久尊/演:長谷川朝晴
  • 喫茶サツキの客/演:片桐 仁