ドラマル

ドラマ『よつば銀行』1話のあらすじネタバレと感想!見逃し動画はParaviで放送

ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』1話のあらすじネタバレと感想、視聴率、次回放送話(2話)のあらすじ、今後の展開(予想)をご紹介します。

関連記事

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』1話のあらすじネタバレ

テレビドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』の第1話は、よつば銀行台東支店の営業課長に抜擢された原島浩美(真木よう子)が、内外から妨害を受けながらも、みごとに新規取引先を獲得する物語でした。

よつば銀行では、手堅い経営で頭取再任を目指す鳩山英雄(古谷一行)と、鳩山を追い落とそうと画策する副頭取の島津雅彦(柳葉敏郎)が水面下の争いをくり広げていました。
鳩山は女性を登用する「輝く女性プロジェクト」を立ち上げます。プロジェクトの責任者として、鳩山から信頼されている法人企画部部長の佐藤大介(矢島健一)が任命されます。佐藤部長は人事部部長の永松隆司(林泰文)に人選を一任します。
主人公の原島はプロジェクト人材の一人として選ばれますが、実は人事部の永松は営業部部長の草柳康雄(木下ほうか)を通じて、島津副頭取より裏工作をするよう命じられていました。島津は、原島を失敗させることで鳩山の責任を追及し、自分が頭取になることを計画していました。

こうして社内の裏事情により、台東支店に着任することになった原島。本部に猜疑心を抱く支店長の山田太平(寺脇康文)や副支店長の奈良敬三(三宅弘城)はもちろん、営業課のエース・加東亜希彦(丸山隆平)や矢野修(塚本高史)も、突然やって来た原島に対して、冷たい態度や言動をとります。

支店で勤務を開始した原島は、外出して街中を歩き回り、店をのぞくなど、仕事らしからぬ行動に出ます。途中で出会った加東を口説き落とし、訪問先へと同行します。

加東が何年もかけて通っているのは、台東支店の担当区域にある企業・紳和商事です。加東は専務の小島勇平(樋渡真司)に営業をかけますが、紳和商事は丸菱銀行との長いつき合いがあり、働きかけはうまくいきません。加東に同行した原島は、応接室に飾られていた青磁の壺と抽象画に気づきます。これらが社長の神谷房弘(山田明郷)のコレクションであることから、原島は美術の話題を通じて、社長の息子であり後継者の神谷隆彦(平岡祐太)とつながりを持つことに成功します。

実は副社長である隆彦は、本当は美術に関する仕事がしたいと考えてきました。しかし、父親に強引に呼び戻され、交際相手との縁も絶たれてしまった隆彦は、積極的に生きる気力を失っていました。

原島は隆彦の母・神谷尚江(萩尾みどり)からの接触も受けたことで、神谷家の人々が幸せになれる方法はないかと考え始めます。原島は神谷家にある美術品を会社から切り離して美術館を運営することを提案しました。

一度はその提案を断った神谷社長でしたが、M&Aを計画していた相手企業が、事業提携すると見せかけて、実際には紳和商事の乗っ取りを計画していたことが発覚します。原島から人材はふさわしい場所に用いるべきと説得された神谷社長は、隆彦を美術館の館長に任命、紳和商事は専務に任せることを決断しました。

実は、原島が本部を追われた原因を作ったのは、島津でした。原島はもともと本部の勤務でしたが、上司の不正を当時の人事責任者であった島津に告発していたのです。島津は自分が預かると言ってごまかし、原島を出向させてしまったのです。

原島が商談に成功したという結果を草柳から聞いた島津は、絶対に原島を失敗させろと命じるのでした。

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」1話の予告編

スポンサーリンク

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』1話の感想

40代女性

みつばのみそしる

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』の第1話では、今までになかったヒロインの誕生に驚きました。

原島浩美(真木よう子)はおっとりした感じで、いつも微笑を浮かべている女性です。話しかたもとても丁寧で、誰に対しても敬語を使います。

見た目や言動はやわらかいのに、仕事となると違った面が出てきます。足を使って担当地域をまわったり、会議でも自分の意見をはっきり言います。企業の社長に対しても必要なことであれば逃げずに立ち向かい、ピンチになってもあきらめず手を尽くします。性別がどうこうではなくて、企業人としてとてもかっこいい人だと思います。

しかし、原島が勤めるよつば銀行は、どちらを向いても敵だらけという感じです。いち行員でありながら、副頭取に目をつけられているというのもすごいですし、働く支店でも原島を敵視する人間が多く、ついつい「ぎすぎすしてて働きにくそう!」と思ってしまいます。役職に就くような立派な大人が、全力で足の引っ張り合いをする展開は、ドラマとしては面白いのですが、なかなか恐ろしいものがあります。

台東支店は業績不振ということで、行内の人たちの雰囲気もどこかどんよりとしています。強い意志を持った原島浩美というヒロインが、どんな風にこの支店を変えていくのかが、とても楽しみです。

50代男性

ダベンポート

痛快な番狂わせ、ひと時も目をはなせませんでした。
メガバンクの中でも女性登用に後れを取っているよつば銀行は、頭取鳩山英雄(古谷一行)の意向で、業績の悪い台東支店の営業課長に原島浩美(真木よう子)を登用する。原島は、個人成績を重視し情報を共有しない営業課の手法に問題があると考え解決に乗り出す。いっぽう頭取就任への野心を持ち原島への恨みを抱く副頭取の島津雅彦(柳葉敏郎)は一石二鳥とばかりに原島の営業を妨害しようとするが、何かと反発する加東亜希彦(丸山隆平、関ジャニ∞)の助力を得て目標を達成する。

主演が真木よう子ということで、派手なアクションや上目使いでにらみドスの効いた声で威嚇する、そんなシーンを期待したのですが、ついにそのようなシーンは見られず今後いつでるか、いつでるか、と楽しみに見守りたいと思います。

今回、銀行の営業としての原島の手腕は、まず丁寧な物腰ながら(「おそれながら申し上げます」シリーズのキーワードでは?)あくまで正論を貫き通す姿勢、そして社員を家族と広言しながら、自他ともに会社経営に向かない息子を後継者としたワンマン社長に苦言をていした真摯な態度のあると思います。相克はあるものの泥臭さを感じさせない、秀逸なドラマだと思います。真木よう子の「真木にらみ」がいつでるか次回以降ワクワクします。

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』1話の視聴率

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』1話の視聴率は、分かり次第こちらに記載します。

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』2話のあらすじと展開予想

公式サイトが発表している『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』2話のStory(あらすじ)は以下の通りです。

原島浩美(真木よう子)は山田太平(寺脇康文)から台東支店が10億円を融資する稲岡興産に、赤紙=取引再検討表が出たことを聞く。発砲事件に巻き込まれたばかりの暴力団と噂される企業だ。赤紙に載ると半年以内に貸金を回収し、1年以内に取引を全停止しなければならないが、負債総額は130億円。 10億円を回収できるとは思えない。その処理を山田から託された浩美は、なんと社長・稲岡栄次郎の家へ単独で乗り込み…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/story/02.html

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」2話の予告編

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』2話の展開予想

『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』の第2話では、台東支店に新たな危機が訪れます。支店が融資をした企業に暴力団との関係疑惑が浮上したのです。

本部から「赤紙」と呼ばれる書面が出され、企業から融資した金額を回収しなければならなくなってしまいました。

第2話の中心となるのは、赤紙の対象となった稲岡興産の社長・稲岡栄次郎(里見浩太朗)だと思います。第1話でも後継者について揺れる企業の内幕が描かれ、面白い展開になっていました。

稲岡社長は色付きレンズの眼鏡を着用しており、見た目はちょっと恐い感じがします。稲岡興産が実際にはどんな企業なのかを、原島浩美(真木よう子)がどんな風に突き止めるのかが気になります。

台東支店が本部からの指令を成功へと導くためには、支店内での協力が必要になるはずです。第1話で原島の仕事を認めた加東亜希彦(丸山隆平)をはじめ、営業課の面々がどのような仕事ぶりを見せるのかも見どころになるはずです。

第2話ではよつば銀行本部の融資部から後藤厚範(相島一之)が登場します。第1話では企業間の取引としてM&Aという言葉が登場しました。

稲岡興産をめぐって台東支店がどのような経緯で融資をしたのか、その流れで融資についても何らかの解説が入ることが予想されます。銀行と企業との金のやりとりがどうなっているのかを、知ることができると思います。