ドラマル

『半沢直樹2』7話のネタバレ!銀行アベンジャーズ結成!MVPは安藤彰則?

2020年8月30日に放送されたドラマ『半沢直樹2』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、国土交通大臣の白井亜希子が、権力を使い半沢を追い詰める!
果たして半沢は、箕部啓治と繋がる裏切り者を見つけ出せるのか…。

関連記事

『半沢直樹2(ドラマ続編)』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『半沢直樹2』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Tver」でダイジェストに限りご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』7話のあらすじネタバレ

債権放棄を拒み帝国航空再建を推し進める半沢直樹(堺雅人)。しかし、残り5百名の余剰人員の受け入れ先のはずのスカイホープ航空の新規路線認可が突然、国土交通大臣の白井亜希子(江口のりこ)の横槍で却下されます。スカイホープ航空のアドバイス担当になっていた東京セントラル証券の森山雅弘(賀来賢人)の協力で、帝国航空の人員整理問題が完全に解消したと思われていましたが、これが御破算になりそうです。
更には、金融庁から業務改善命令が下され、謝罪する中野渡謙(北大路欣也)頭取の姿が報道されます。白井大臣の記者会見では、東京中央銀行が政府の意向に反旗を翻し、債権放棄を拒んでいる悪徳銀行というイメージが拡散されます。

債権放棄回答を迫られるタスクフォース合同報告会の期日が迫る中、半沢は、帝国航空メインバンクの開発投資銀行企業金融部第四部次長、谷川幸代(西田尚美)を訪ねます。開発投資銀行がスカイホープ航空への融資を打ち切ったことで、それを受けた白井大臣が新規路線認可を取り下げたと政府側からは説明されています。融資が止まり、路線拡大は無理と判断されたことになります。

東京中央銀行での役員会議。
ここで、半沢は改めて債権放棄拒絶を主張します。当初、政府と世論を敵に回すのは得策ではないと半沢に反対していた大和田曉(香川照之)でしたが、前言を翻します。半沢に同調して断固拒否を鮮明にします。が、紀本平八(段田安則)常務が、あくまでも債権放棄を主張。中野渡頭取は、紀本常務の責任で債権放棄の道に進むよう指示。半沢もそれに従いますが、ただし、メインバンク他、他の5銀行も債権放棄に同意した場合という条件を付けます。つまり、他銀行が債権放棄しないのであれば、東京中央銀行も債権放棄しないということが決定されます。

大和田の仲介で、不正融資の実行者として更迭された元審査部次長の曾根崎雄也(佃典彦)に半沢は会います。大和田が曾根崎に好条件での出向先を約束して、紀本常務が政府に情報を流しているという証言を引き出そうとします。が、そのあたりの事情を曾根崎は承知していません。ただ、紀本常務の指示による不正融資だったことを白状します。
その頃、紀本常務は箕部啓治(柄本明)幹事長と白井大臣と秘密会談をしています。

債権放棄を要求されている6銀行からの、タスクフォースリーダー乃原正太(筒井道隆)への合同報告会が始まります。白井大臣も出席しています。
「主力、準主力銀行の決定に従う」というのが融資額下位銀行の回答報告です。半沢の回答は、メインバンクの開発投資銀行が債権放棄を拒否するという前提で、東京中央銀行も債権放棄を拒絶するというものになります。この回答を聞いた乃原は、政府系銀行の開発投資銀行が拒否することなど有り得ないと笑います。が、そこに、遅れて開発投資銀行の谷川が入室し、当行では債権放棄見送りの決断を下したと報告します。開発投資銀行がそのように決定した直前、開発投資銀行の民営化法案の通過見通しが閣議決定されていました。そのタイミングを待って、谷川は債権放棄を宣言することができました。タスクフォースの目論見は完全に破綻し、債権放棄は御破算になりました。
ただし、紀本常務は、まだまだ債権放棄を諦めておらず、反撃を模索しています。箕部幹事長の後ろ盾での執拗な巻き返しを狙っています。

タスクフォースの失態により白井議員は大臣を辞任。離党届も提出しますが、それは秘書の笠松茂樹(児嶋一哉)の内ポケットに入っていて、箕部幹事長に渡っていません。笠松は、もともと箕部の秘書を永く勤めていた人物であり、そして、半沢の再建案を高く評価していたキレ者です。いずれにせよ、白井議員は、進政党の看板として離党することは許されません。今後は、箕部幹事長に逆らうことなく大人しく議員を続けることになりそうです。

花(上戸彩)が、店主(吉田羊)のフラワーアレンジメントを手伝っているところに、自分の小料理店に飾る花を求めてやって来た女将の智美(井川遥)。女将は、単に銀行株主で内部情報に詳しい人というだけでなく、中野渡頭取の有能な元部下でした。花が半沢行き付けの女将の小料理屋に先着していて、そういう事実が分かって来ました。
その頃、中野渡頭取は箕部幹事長に会っていて、「持ちつ持たれつ、共存共栄で行こう」という話になっています。中野渡頭取の立ち位置が良く分からなくなっています。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』7話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

悪事を働く者たちと、それを解明するキーパーソンというそれぞれの点が、最終話で線となって繋がるはずです。その際、不正を働く黒幕とその加担者は原作と一緒だとしても、そこに至るヒントを提供するのは、原作にはいなかったキャラという気がします。そういうことで、ドラマの独自性を醸し出そうという制作側の意図がありそうです。

原作にはいなかった小料理屋女将の智美は中野渡頭取の元部下ということになりましたから、この女将が、問題の本質を解くカギを握っているという展開になりそうです。箕部幹事長、紀本常務、中野渡頭取、女将の智美という四人の関係性が繋がって、全ての悪事が露呈することになりそうですね。

銀行アベンジャーズ結成!MVPは安藤彰則?

合同報告会。あまりにアツい展開に、ネットでは最初に「主力および準主力銀行の決定に従わせていただきます!」と発言した大東京銀行の行員にMVPとの声が集まっています。
で、役者さんの名前を八方調査したのですが…「嶋田久作さんに似てる」なんて声や「ディマリア?」なんて情報は見つけられたのですが、ようやく情報をキャッチしました。
どうやら京都出身の安藤彰則さんという役者さんのようです。葛藤しながらも勇気を出して切り出す姿が、このシーンを盛り上げましたよね。

また合同報告会で一致団結した銀行(アベンジャーズ)。ガッツポーズをとる開発銀の谷川幸代(西田尚美)はもちろん、周囲の登場人物の喜ぶ姿が最高でした。
そして、白井大臣役の江口のりこさんもいい負けっぷりでした。

『半沢直樹2』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『半沢直樹2』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢(堺雅人)は、花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だった過去を聞く。

一方、大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう。政界のドン・箕部幹事長(柄本明)がついに牙をむいたのだった。紀本は政府とつながり一体何を企んでいるのか?

そんな中、帝国航空の山久(石黒賢)からタスクフォースの再建草案を見せられた半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づく。伊勢志摩は、ほかならぬ箕部の選挙地盤であり、建設に尽力した彼の功績を讃え、地元では「箕部空港」とも呼ばれていた。
すべてのカギを握っているのは箕部だと確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探す。 そんな中、黒崎(片岡愛之助)もまた箕部を追っていると知って…。

こうして半沢は、東京中央銀行が抱えるとてつもない“闇”の扉を開くことになるのだった…。

出典:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/