ドラマル

『半沢直樹2』6話のネタバレ!裏切り者は紀本(段田安則)?箕部は繋がってる?

2020年8月23日に放送されたドラマ『半沢直樹2』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、金融庁による緊急ヒアリングが行われ、銀行の重大なミスが発覚する!
そんな中、半沢は森山の力を借りて、帝国航空社員の受け入れ先を見つけるが…。

関連記事

『半沢直樹2(ドラマ続編)』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『半沢直樹2』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Tver」でダイジェストに限りご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』6話のあらすじネタバレ

帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する5百億円の債権放棄を拒否したい半沢直樹(堺雅人)。自力再生の再建案実施を遂行したい半沢に対して、タスクフォースの乃原正太(筒井道隆)弁護士は、その再建案の白紙撤回を求めます。
半沢作成の再建案は帝国航空内部でも暗礁に乗り上げます。赤字路線の廃止、徹底的な経費削減、そして余剰人員の整理(リストラ)など課題は山積みです。特に整備士ら専門職は異業種への転職を断固拒否。帝国航空財務部長の山久登(石黒賢)は、調整役として困り果てています。

そんな中、国交省の白井亜希子(江口のりこ)大臣が乃原らを引き連れて東京中央銀行に乗り込んで来ます。直近の150億円の融資の妥当性を問い、当時の再建案に虚偽記載があったのかという疑いを突き付けられます。
その直後、今度は、白井大臣と箕部啓治(柄本明)幹事長の意向を汲んだ政府の刺客として、金融庁統括検査官の黒崎駿一(片岡愛之助)のヒアリング調査が入ります。で、融資の際のデータ虚偽記載という重大過失が発見されます。また、再建案の実施についても曖昧な部分があり、実際、150億円を追加融資する際の再建案では、赤字20路線の廃止と5千人のリストラだったのですが、実際に断行されたのは、15路線の廃止と3千5百人のリストラだけでした。

半沢は、当時の曾根崎雄也(佃典彦)審査部次長の再建案文書を確認しようとしますが、その書類が見当たりません。それを好いことに、曾根崎は、帝国航空財務部長の山久が自身の報告ミスを認めていると言い出します。責任は東京中央銀行ではなく、誤ったデータを報告をした山久にあると主張します。それで黒崎検査官の追及をかわし、曾根崎は一躍、銀行を救ったヒーローになります。

財務部長、山久の最大の課題はリストラされる余剰人員の受け入れ先の確保でした。そんな時、政府主導の債権放棄案さえ認めればリストラ不要という条件を曾根崎に提示され、自分のミスによりデータ改竄が行なわれてしまったという筋書きに同意していました。が、近年急成長しているスカイホープ航空より、残りの余剰人員の5百人を引き受けようという話が持ち上がります。
帝国航空のメインバンク、開発投資銀行の谷川幸代(西田尚美)を半沢が訪ね、そこで余剰人員の行く先相談をしているところに、スカイホープ航空をアドバイザー担当しているセントラル証券営業企画部調査役、森山雅弘(賀来賢人)が現れて、そういう手筈になります。そこで、嘘をつき続ける必要がなくなった山久は、真実を半沢に語ります。

山久の真実の声を録音した半沢が、中野渡謙(北大路欣也)頭取のいる部屋で、それを流します。そこには、紀本平八(段田安則)常務も大和田暁(香川照之)もいます。
タスクフォースの指示に従っていれば、残りの余剰人員の5百人のリストラは不要になり、そのことは銀行内の上司も了承しているという曾根崎の声が流れます。曾根崎にその種のことを言える上司といえば、紀本か大和田ということになりますが、二人は、それを完全否定。いずれにせよ、山久が自分のミスと認めることで、人員整理の件が一気に片付くという話が録音再生されます。曾根崎を使ってデータ改竄を指示をしたのは、実は紀本常務なのですが、曾根崎は、それを言い出せません。大和田に「頭取に謝罪せよ」と言われて、土下座する曾根崎。曾根崎の処分については、追って通知されることになります。

そんな時、路線拡充を続けるスカイホープ航空の路線認可が、白井大臣の横槍(よこやり)で止まります。帝国航空のリストラ要員の受け入れを表明していたスカイホープでしたが、路線拡大を抑え込まれた格好になってしまうと、それが白紙撤回されそうです。更に、国交省への虚偽報告に対する行政処分として、白井大臣より、業務改善命令が東京中央銀行に下されます。箕部啓治(柄本明)幹事長が陰で金融庁を動かしています。

「裏切者を炙(あぶ)り出す」と、半沢が宣言します。東京中央銀行から帝国航空に出向し財務担当役員を勤めていた永田宏(山西惇)に続く裏切り者は、曾根崎の裏にいる紀本常務です。半沢は、そのように目星を付けています。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

帝国航空の財務部長・山久登と、検査局主任検査官の黒崎俊一が銀行内部の悪を炙り出す展開でした。で、とりあえず、審査部次長の曾根崎雄也の悪事は露見したのですが、常務取締役の紀本平八は、未だに、しぶとく生き残っています。全ての罪を曾根崎に押し付けて、知らぬ存ぜぬで押し通そうとしています。

ともあれ、内部の悪の元凶を暴く為に銀行に乗り込んだ黒崎は、データ改竄という重大過失を発見します。このことは銀行にとっては大ダメージに見えますが、結局、黒崎の行動は半沢に益を齎(もたら)します。半沢が画策している帝国航空の自力再生案の推進力になりそうです。黒崎は半沢の敵対者ではなく、協力者という色合いが濃くなってきましたね。

裏切り者は紀本(段田安則)?箕部は繋がってる?

6話では曾根崎(佃典彦)が口を割らず、裏切り者が大和田か紀本(段田安則)か判明しませんでしたが、現状の権力(パワー)を考えると紀本が本命のような気がします。
今の大和田じゃ曾根崎もあんなにビビったりしないでしょう。

おそらく、紀本と進政党の幹事長・箕部啓治(柄本明)が繋がっていると予想します。

ということで、倍返し後に段田安則さんがどんな変顔や土下座を見せるのか今から楽しみですね(間違ってたらすみません)。

『半沢直樹2』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『半沢直樹2』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

帝国航空の立て直しを進める半沢(堺雅人)。しかし、余剰人員の受け入れ先として東京セントラル証券の森山(賀来賢人)と共に計画を進めていたスカイホープ航空の新規路線の認可が突然、却下されてしまう。
金融庁から業務改善命令が発出され、金融庁長官に頭を下げる中野渡頭取(北大路欣也)の姿が一斉に報道されたことにより、東京中央銀行に対する世間の風当たりは益々厳しいものとなっていた。

これらの出来事を裏で動かしていたのは、国土交通大臣の白井亜希子(江口のりこ)だった。本気を出した政府の容赦ない圧力に追いつめられていく半沢。だが、それにしてはタイミングが良すぎる。政府に行内の情報を流している裏切り者は、紀本(段田安則)なのかそれとも大和田(香川照之)なのか…。

そして、債権放棄への回答期限である「タスクフォース合同報告会」の日が刻々と迫る中、半沢は、最後の望みをかけて、開発投資銀行の谷川(西田尚美)の元を訪れる。

果たして半沢は裏切り者を見つけ出し、倍返しへの糸口をつかむことが出来るのか!?

出典:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/