ドラマル

『半沢直樹2』4話のネタバレ!土下座野郎と半沢が手を組む!

2020年8月9日に放送されたドラマ『半沢直樹2』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、覚悟を決めた半沢が、宿敵である大和田の元へ!
電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢は、伊佐山らに倍返しできるのか…。

関連記事

『半沢直樹2(ドラマ続編)』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『半沢直樹2』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Tver」でダイジェストに限りご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』4話のあらすじネタバレ

半沢直樹(堺雅人)、森山雅弘(賀来賢人)らの働きで、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。両社は友好的提携を果たし、フォックス傘下の通販会社、コペルニクスの拡大を目論みます。その一方、東京中央銀行では、三笠洋一郎(古田新太)副頭取派が大和田曉(香川照之)を取り込み、そして、スパイラル株の敵対的買収に向けて、電脳雑技集団への5百億円の追加融資を実行しようとしています。

強大な資金力にモノを言わせる銀行を相手に絶体絶命の半沢でしたが、電脳雑技集団の収益計上に不透明部分があることに気付きます。そこで半沢は電脳雑技集団の子会社、電脳電設から出向して親会社の財務担当役員になっている玉置克夫(今井明彦)との接触を図りますが、電脳社長、平山一正(土田英生)と、副社長の平山美幸(南野陽子)に、これを阻まれます。玉置は既に電脳雑技集団に辞表を出していると告げられます。
後日、半沢は静岡市の電脳電設を訪ね、そこで玉置と接触。電脳雑技集団が、何故、最初に東京セントラル証券にアドバイザー契約を求めたのか、その真相のヒントを得ます。

その頃、東京中央銀行内では、7百億円の融資が焦げ付いている帝国航空の再建に力を発揮すれば頭取への道が開けるものと確信して、その方向で頑張ろうとしていた大和田でしたが、中野渡謙(北大路欣也)頭取が示す再建メンバーの中に、伊佐山泰二(市川猿之助)の名前はありますが、大和田の名前がありません。ここで初めて、大和田は伊佐山に裏切られていたことに気付きます。そんな大和田に半沢が接近し、電脳への5百億円の追加融資を止めるのに力を貸して欲しいと依頼します。

翌日の役員会。
三笠副頭取が電脳への5百億円の追加融資を認めるよう全役員に向けて発言しています。中野渡頭取が反対意見を求めると、大和田が手を挙げて、そのリスクを指摘。そのうえで、本件に関して、より詳しい者を代弁者に立てたいと申し入れます。で、半沢が呼び込まれます。

半沢は、証券営業部作成の稟議書の不備を指摘。まず、ゼネラル電設(現、電脳電設=玉置克夫の父親が社長)についての記載が皆無であることを指摘します。旧ゼネラル電設は、3百億円で買収されて電脳雑技集団の子会社になりましたが、本来の適正価格としては百億円なので、その差額の2百億円が、そもそも粉飾です。
更には、電脳雑技集団は利益が出ているように見えていましたが、実はゼネラル産業(電脳電設を傘下に持つ親会社)と共謀し、架空発注と資金還流を行って粉飾していました。本当は50億円の赤字だったのですが、これを黒字偽装していました。そして、この粉飾決済を東京スパイラル買収に伴う支出として誤魔化そうというのが電脳雑技集団の平山社長の狙いであり、銀行の証券営業部はそれを見抜いていないと、半沢が役員会の席で主張します。

三笠副頭取は、「半沢に詫びろ、伊佐山!」と叫んで、自らの罪を逃れようとします。一切の責任を伊佐山に押し付けようとします。しかし、そういう嘘は即座にバレます。
粉飾決済の疑いを記したメモを諸田祥一(池田成志)に手渡し、必ず、伊佐山に届けるよう命じていた半沢は、諸田にメモはどうしたのかと問い詰めます。諸田は、三笠副頭取がメモを引き取ったと証言します。三笠が、自分が伊佐山に渡すと言ってメモを持ち去ったと言います。そうなりますと、実は伊佐山は、粉飾の事実を最後まで知らなかったことになり、三笠に裏切られていたことになります。それでも、三笠は知らぬこととしてシラを切り続けますが、森山が、電脳雑技集団に乗り込み、玉置から手渡されていた裏帳簿コピーの原本を本棚の中から発見。そして、電脳社長と副社長の真実の暴露を録音していました。森山から転送された、その音声ファイルを半沢が役員会の席で流します。「全ては三笠副頭取の仕組んだこと」という音声が、役員間に流れます。

電脳への追加支援は取り止めになります。中野渡頭取は、三笠副頭取、伊佐山証券営業部部長、そして、諸田に、電脳の後処理、1千5百億円の融資回収作業を命じます。半沢は、晴れて営業第二部次長に返り咲きます。

スパイラルの創設メンバー、持ち株の30%を電脳に売るという失態をしていた加納一成(井上芳雄)と清田正伸(加藤啓)を瀬名洋介(尾上松也)社長は許し、彼らがスパイラルに戻ります。ついては、森山にも、財務担当役員としてスパイラルに来てくれないかと瀬名に請われますが、森山はこれを断ります。証券マンとして頑張りたい旨を伝えます。
フォックス社長、郷田行成(戸次重幸)からの連絡で、通販会社コペルニクスの件で会議です。サンフランシスコでの重役会議出席を求められた瀬名は、森山にアドバイザーとして同行するよう要請、森山はそれに応じます。

銀行復帰した半沢は、大和田の推薦もあり、中野渡頭取より、帝国航空(社長、神谷巌夫)再建を任されます。銀行債権としては7百億円です。期せずしてニューヨーク支店から出戻った常務取締役の紀本平八(段田安則)は、帝国航空を旧T時代以来、長年担当していた人物です。この人物の動きも、今後、微妙になりそうです。

内閣改造人事がテレビ報道されていて、帝国空港を管轄する国土交通大臣に、元ニュースキャスターの白井亜希子(江口のりこ)がサプライズ人事で抜擢(初入閣)されます。彼女が、帝国航空改革の旗頭になります。タスクフォースを立ち上げ、債権一律7割減を提唱します。それが通りますと、7百億円の融資をしている東京中央銀行としては、約5百億円もの損失になります。
半沢は、国家権力(政府)をも相手にして戦うことを強いられます。白井亜希子の後ろ盾は、進政党重鎮の箕部啓治(柄本明)です。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』4話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

今回の第4話が、「ロスジェネの逆襲」という原作の最終回で、15分拡大分は、次回の「銀翼のイカロス」の導入なのでしたね。「ロスジェネの逆襲」から「銀翼のイカロス」への連続性を強調したかったのでしょうが、特に、その必要があったのかどうか疑問を感じました。ハッキリ、別々の案件ということで、区切りがあった方が分かり易く簡潔でしたね。

いずれにせよ、「ロスジェネの逆襲」では、大和田が伊佐山に裏切られ、伊佐山は三笠に裏切られた形になっています。そして、最後に、大ドンデン返しで、半沢に協力した大和田が、三笠と伊佐山を叩きのめします。最後に勝ったのは大和田かと思われましたが、結局、今回、大和田は残念ながら常務の椅子にはカムバックできませんでした。施されたら施し返すという恩返し精神を、もう少し学ぶ必要が彼にはありそうですね。

土下座野郎と半沢が手を組む!

今週も笑えました!
「死んでもやだねぇ~~~」と、予告から煽りに煽っていた大和田さん。
ですが、半沢に「やるんですか?やらないんですか?どっちなんです?…どっちなんだ!!」と圧をかけられ、ビクンと狼狽えながらも手を組む姿が爆笑でした。

また、忠犬だと思っていた伊佐山に土下座野郎と蔑まれ、憤る姿も最高!
4話も大和田劇場が冴えていました。

半沢と大和田が手を組み、伊佐山および三笠副頭取を追い詰めていく役員会議も見応えがありましたね。

『半沢直樹2』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『半沢直樹2』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。

帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。

もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

出典:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/