ドラマル

『半沢直樹2』3話のネタバレ!変顔歌舞伎集団が大暴れ!

2020年8月2日に放送されたドラマ『半沢直樹2』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、スパイラルとのアドバイザー契約を結んだ半沢が、瀬名に逆買収を提案する!
そんな時に、セントラル証券の立ち入り検査に、黒崎駿一(片岡愛之助)がやってきて…。

関連記事

『半沢直樹2(ドラマ続編)』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

スポンサーリンク

『半沢直樹2』3話のあらすじネタバレ

電脳雑技集団の敵対的買収ターゲットになっている東京スパイラルとアドバイザー契約を結び、親会社の東京中央銀行との全面戦争へと突入した東京セントラル証券出向の半沢直樹(堺雅人)。フォックスの郷田行成(戸次重幸)社長を偽のホワイトナイト役とするなど、銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ったものの、公開買い付けは依然として続いていて予断は許されません。そういう状況を打開すべく半沢がスパイラル社長の瀬名洋介(尾上松也)に提案したのはフォックスの逆買収です。

まず、裏情報を入手した半沢は、フォックスの巨額投資失敗(巨額損失)をサイトにリーク。フォックス株は一気に600円から121円に株価を下げ、スパイラルにとって俄かに買い付けが容易になります。
瀬名は郷田に会い、手を結ぶことを提案しますが、郷田は、既に電脳の傘下に入ることを決めていると言い、それを拒否。

そんな時、東京セントラル証券に、監視委員会の立ち入り検査として黒崎駿一(片岡愛之助)が部下を大勢引き連れてやって来ます。徹底検査の黒崎は、クラウド上の隠しファイル(逆買収案)に迫ります。その裏には、東京中央銀行証券営業部長の伊佐山泰二(市川猿之助)、副頭取の三笠洋一郎(古田新太)の影が見えます。半沢の手の内を探ろうという彼らの仕掛けの匂いがします。

クラウド上の隠し部屋には、フォックス買収計画、それに、半沢が違法入手したフォックスの経営状況報告書があり、これが黒崎に見つかってしまうと逆買収計画が頓挫しますし、場合によっては、その違法性が問われてセントラル証券は営業停止処分になりかねません。が、このクラウド上の隠し部屋を作ったのが、実は、瀬名社長に拾われたプログラマー高坂圭(吉沢亮)。瀬名は、クラウド上のデータ消去を高坂に指示します。恩義に応えた香坂がデータ消去に成功し、黒崎の目的を阻みます。

ファイルを開けなかった黒崎は、それでも、フォックスの経営状況報告書の入手経路を半沢に問い詰めます。そこに、森山雅弘(賀来賢人)に伴われた郷田がやって来ます。で、スパイラルと東京セントラル証券に自らの会社の機密情報を渡したのは自分だと、半沢を救う為の証言をします。
郷田は森山の説得に応じ、電脳、東京中央銀行の軍門に下るのではなく、瀬名と手を組む道を選択していました。

スパイラル本社からの合同会見の生配信が始まります。フォックスの郷田社長がスパイラル社長の瀬名と握手しています。フォックスの子会社として急成長している通販会社コペルニクスを軸として新規事業に力を注ぐと宣言しています。で、この合同会見では、IT業界(マイクロデバイス)の超大物、ジョン・ハワード(イアン・ムーア)が、通販会社コペルニクスに対しての3億ドル融資提携を発表します。
これで、ゴタゴタ騒動で大きく値崩れしていたスパイラル株でしたが、15時の取引終了時、一気に36,274円まで株価を押し上げます。

その一方、電脳と東京中央銀行では、既に、スパイラル株の48%を獲得しているところに5百億円の追加融資が決まります。
更には、副頭取の三笠洋一郎(古田新太)が、大和田曉(香川照之)に頭を下げ、近々、健康上の理由で退任する藤田常務の後任に大和田を推挙することを約束し、それで、大和田の三笠派閥入りが決定。頭取派の半沢に束になって挑みかかろうとしています。

立ち入り検査後の取り散らかったオフィス内で、黒崎の真の狙いがスパイラルではなく電脳なのだと気付く半沢。電脳電設(株)のファイルノートを黒崎が熱心に見ていたことが、コーヒーの染みで判明します。
電脳電設は、革新的なスイッチング電源の特許を持っている元ゼネラル産業の子会社です。2年前、ゼネラル産業グループから電脳雑伎集団に事業譲渡され、その時、ゼネラル電設から電脳電設に社名変更されていました。代表取締役社長が玉置伸介。常務が息子の玉置克夫(今井朋彦)。従業員5百名。
つまり、玉置克夫は、子会社から親会社に財務担当役員として逆出向していることになります。で、電脳雑伎集団は3百億円で電脳電設を買収していて、そして、電脳電設の親会社ゼネラル産業のメインバンクが東京中央銀行でした。

半沢と森山は、革新的なスイッチング電源の特許を持つ電脳電設に大きな将来性を感じていて、それで、玉置克夫に会うべく智美(井川遥)が女将をしている小料理屋で彼を待ちますが、そこにやって来たのは、電脳雑伎集団の社長、平山一正(土田英生)と、副社長の平山美幸(南野陽子)です。

「玉置をお待ちでしたら無駄ですよ」と、美幸が半沢と森山に告げます。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

2020.1.3のスピンオフドラマでは、東京セントラル証券の金融セキュリティシステムをリニューアルするという案件のコンペにスパイラルが参加。その時、スパイラルの瀬名洋介(尾上松也)社長に拾われ、コンペ参加していたプログラマーの高坂圭(吉沢亮)と東京セントラル証券の浜村瞳(今田美桜)は顔を合わせていて、それで、浜村瞳の上司である半沢も、間接的に高坂のことは知っています。
そういう高坂だからこそ、ここ一番での力を発揮し、間一髪のところで、隠し部屋のデータ消去に成功しました。

黒崎と高坂、データ開示が早いのか、データ消去が早いかの駆けっこになり、これがハラハラドキドキの見せ場になりました。

変顔歌舞伎集団が大暴れ!

回を重ねる毎に面白さがあがっていますね。

3話の前半は、半沢を「直輝」と呼び、愛情の裏返し?で、敵対心をむき出しにする黒崎駿一役の片岡愛之助さんと、スパイラル社長・瀬名洋介役の尾上松也さんが、熱のある演技で盛り上げてくれました。
そして、後半は伊佐山泰二役の市川猿之助さんと、大和田暁役の香川照之さんがいつもながらの顔芸で盛り上げます。
やっぱりこの2人はつながっていたんですね!すべては大和田を常務に返り咲きさせるためだったとは、伊佐山の忠誠心には頭が下がります。

更に、予告の大和田「死んでも嫌だね」発言がこれまたインパクト大。
今シーズンは、本当、歌舞伎集団が大暴れ!
SPで出た高坂圭役の吉沢亮さんも出演し、3話は本当にアツイ回でしたね。

『半沢直樹2』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『半沢直樹2』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?
すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

出典:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/