ドラマル

『半沢直樹2』1話のネタバレ!くどい!濃い!伊佐山泰二(市川猿之助)に倍返し

2020年7月19日に放送されたドラマ『半沢直樹2』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、半沢が大手IT企業「電脳雑技集団」の巨額買収を手掛けることに!
しかし、親会社である東京中央銀行の部長・伊佐山(市川猿之助)に横取りされて…。

関連記事

『半沢直樹2(ドラマ続編)』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『半沢直樹2』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Tver」で最新話のダイジェストに限りご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』1話のあらすじネタバレ

半沢直樹(堺雅人)は、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、そこで、東京中央銀行常務の大和田曉(香川照之)の数々の不正を暴き、取締役会の席上で土下座に追い込みます。が、頭取の中野渡謙(北大路欣也)により、半沢次長は、まさかの出向辞令を受けることになります。
一方の大和田は常務から平の取締役員に降格されただけでことを済ませます。頭取は、敵対派閥に属していた大和田常務の降格処分を甘くすることで彼を味方に引き入れ、自らの地盤強化に努めようという戦略に打って出ます。それでも、小和田は彼なりに頭取に恩義を感じています。頭取の恩赦に対して「施されたら施し返す、恩返し!」を誓っています。

一方、大和田の忠実な部下であった証券営業部長、伊佐山泰二(市川猿之助)は、副頭取の三笠洋一郎(古田新太)に取り入って、半沢潰しを虎視眈々と狙っています。

大和田常務の土下座から一ヶ月。
半沢の出向先は、子会社の東京セントラル証券であり、ポストは営業企画部長。親会社銀行からの不良案件の押し付けが繰り返される中、大型案件が舞い込みます。

案件を持ち込んだ大手IT企業「電脳雑伎集団」は、社長が平山一正(土田英生)で、副社長は妻の美幸(南野陽子)。このIT大手による敵対的買収案件です。
狙われているのは、IT業界の雄「東京スパイラル」です。こちらの社長は瀬名洋介(尾上松也)。用意されるべき過半数株の取得金額は、1,500億円以上になります。
半沢は営業企画部次長の諸田祥一(池田成志)に案件を一任。諸田は日頃からプロパー社員を見下している人物であり、半沢の意に反して出向組のみのアドバイザーチームを構成します。で、腹心の部下、三木重行(角田晃広)らに、スキームを練るよう命じます。

そうなると、それまで「電脳雑伎集団」の営業担当だったプロパー社員の調査役、森山雅弘(賀来賢人)、それに浜村瞳(今田美桜)らは、チームから外されたことに納得がいきません。案の定、森山が無能と見做している「バブル世代」の三木率いる出向組チームのスキームは一向に纏まらず、二週間後には、その対応の遅さに痺れを切らした平山社長から契約破棄を言い渡されます。
三木に任せきりにしていた半沢は責任を感じます。「成功報酬契約書」にサインしていた社長の岡光秀(益岡徹)の叱責を一身に引き受けます。

その夜、東京中央銀行融資部の同期、渡真利忍(及川光博)、それに、苅田光一(丸一太)と連れ立って、智美(井川遥)女将の小料理屋で一杯を決め込む半沢。森山に飲みの誘いを断られた半沢は、仕方なく同期を呼び出していました。その折り、渡真利からの情報で、東京中央銀行証券営業部が「電脳雑伎集団」とアドバイザー契約を結んだことを知ります。

対応の遅さは単なる口実に過ぎず、銀行がメインバンクの立場を利用して子会社の大仕事を「横取り」した裏には、この大型案件情報を親会社にリークした人物がいることを窺わせます。
森山らは、銀行出向組のリークだろうと決め付け、「バブル世代」の出向組に対して怒りを露わにします。もともと出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強く、反骨心と確執が渦巻いていましたから、それが爆発します。
半沢は「バブル世代」ど真ん中ではありながら、彼ら「ロスジェネ世代」に同調し、中野渡頭取以下、銀行の企みに果敢に挑む決意を固めます。

浜村瞳から、森山が作成した「東京スパイラル」資料を受け取った半沢は、その中に「明星学園剣道部」の集合写真を発見。森山は瀬名社長と同じ剣道部に所属していて、かつての親友でした。
半沢は、森山を居酒屋に付き合わせて話を聞きます。「友達の会社を買収することになるとは…」と言う半沢に、公平に仕事を全うする積りだったと答える森山。森山は高校時代に瀬名から貰った万年筆を今も大切に使っています。その万年筆は瀬名の父親が経営する工場が作っていた万年筆でした。そして、森山が万年筆を貰ったその日の夜、瀬名一家は借金苦から夜逃げをしていました。以来、二人は会うことはありませんでしたが、森山は、雑誌に掲載された「東京スパイラル社長」の瀬名の写真を見て、彼の近況を承知していました。

半沢と森山は、森山作成の「アドバイザー契約提案書」を持って「電脳雑伎集団」の社屋を再訪。半沢が「二重契約はしない約束」だったことを告げると、「あれは向こうから…」と美幸副社長が口を滑らせます。これで、銀行の横取りがハッキリします。
「電脳雑伎集団」が海外進出しようという時、三百億円の融資を受けていた関係で、メインバンクが持ち込んだ「アドバイザー契約」を、「電脳」側は、断り切れませんでした。

「電脳雑伎集団」、平山社長の記者会見が始まります。これに合わせて、敵対的買収のターゲットになっていてる「東京スパイラル」株の値動きが大きくなるはずと思われましたが、午後三時に至るまで、殆ど変化もなく終了します。が、記者会見で、平山社長は「スパイラル株30%を取得した」と発表。時間外取引という奇襲戦法を仕掛けたことになります。で、残り二割の株式取得を継続的に進めていると話す平山社長。
それを受けて「東京スパイラル」の瀬名社長も、「断固たる対抗処置を取る」と反撃の狼煙(のろし)を上げます。

実は、この30%の株というのは、瀬名と会社立ち上げ時の仲間だった、加納一成(井上芳雄)と清田正伸(加藤啓)の持ち株でした。加納と清田は、瀬名との経営戦略の行き違いから、つい最近、「東京スパイラル」を飛び出していました。で、この二人が狙われました。
伊佐山が引っ張り出した三笠副頭取が、売却「750億円」を「900億円」に書き換えて、それで加納と清田は持ち株の売却に応じていました。瀬名は森山と居酒屋で会い、加納、清田とともに、森山も「裏切り者」だったのかと罵ります。

帰社した森山は「俺は何をすれば良いのか?」と半沢の前で嘆きます。「それを考えるんだ」と半沢。
夜、退社後の諸田は伊佐山と会う約束をしていて三木と別れます。そこから、半沢と森山の仕掛けが始まります。
まず、浜村瞳が三木に電話連絡して、「明日、半沢部長が社員全員のパソコンを調べたいと言っているので、早出するようお願いします」と伝えます。銀行員時代、情報システム部にいた三木にもパソコン調べを手伝って欲しいと依頼したわけです。実は、既に、三木には銀行への異動辞令が出ていて、それを半沢は承知しています。

三木は半沢によるパソコン調べの件を諸田に伝えると、諸田は即刻メールデータ消去を指示。諸田は、明日早朝では間に合わないと見て、即座に、深夜、東京セントラル証券社内に戻り、パソコンのデータ消去を計ります。その現場を半沢と森山が取り抑えます。その上で、伊佐山と諸田の密会現場に向かいます。
そして、銀行の案件横取りという事実を伊佐山に突き付けます。「証拠は?」と言う伊佐山に、「証拠はある」と三木を伴った森山が現れます。諸田が伊佐山に東京スパイラル買収についてのメールを送付していて、その文面が動かぬ証拠です。大型案件情報を親会社にリークした人物は、諸田ということになります。既に三木は、案件横取りの事実を半沢と森山に白状しています。

が、伊佐山はしぶとく、それを全否定します。「何も知らないこと」と言い張ります。同期の銀行残留組、苅田からの連絡では、銀行の保管データも一切消去されていて、受け取りメールの確認はできません。
伊佐山は、半沢が提示するメールを「デッチ上げの偽装メール」と決め付けます。

「この借りは必ず返す。やられたらやり返す。倍返しだ。それが私のモットーだ」と、伊佐山に宣告する半沢。
半沢が動き出したという連絡が何者かによって大和田元常務に届けられます。

スポンサーリンク

『半沢直樹2』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

原作、池井戸潤著「ロスジェネの逆襲」(文春文庫)。
就職氷河期を経験したロスジェネ世代(失われた世代、彷徨える世代)が、好景気時入社組のバブル世代を逆襲します。
「バブル世代」の半沢直樹(堺雅人)が、世代ギャップを超えて、「ロスジェネ世代」のプロパー社員、森山雅弘(賀来賢人)と浜村瞳(今田美桜)に加勢し、そして、親会社たる悪徳銀行への「倍返し」に向け、その旗振り役を引き受けます。とりあえず、当面の目の前の敵は伊佐山です。

若きプロパー社員が、当初、「バブル世代」ど真ん中の半沢直樹への反発心を膨らませますが、やがて、足並みを揃えて共通の敵、銀行への倍返しに動き始めます。世代ギャップを超えて、半沢が「ロスジェネ世代」に同調、加勢します。いや、先頭の旗頭になって走り出すことになりそうです。

くどい!濃い!伊佐山泰二(市川猿之助)に倍返し

大和田イズムを確実に引き継いでいる部長の伊佐山泰二(市川猿之助)が、恨みを持つ半沢の前に立ち塞がりましたね。いやーくどい!濃い!でも面白かったですね。

さっそく土下座かと思いましたが、メールサーバー全消去という暴挙に出た伊佐山。
そんなことしたら、本件は免れても、業務にかなりの支障が出て大問題になりそうですが、スルーですかね…。

ともあれ、まずはターゲットが決まりました。
今期はまず伊佐山泰二に「倍返し!」するようです。
伊佐山も土下座するのか?楽しみですね。

『半沢直樹2』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『半沢直樹2』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

出典:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/