ドラマル

『ハムラアキラ』6話のネタバレ感想!「悪いうさぎZ(最終回)」を前に早くも続編希望の声も!

2020年2月28日に放送されたドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、カナという若い女性が美和や綾とつるんでいたという新たな鍵が見つかる!
そんな中、ミチルの父・義光から頼まれ葉村は、ミチルと同居生活を開始することに…。

関連記事

ドラマ『ハムラアキラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ハムラアキラ』6話のあらすじネタバレ

柳瀬綾(小野花梨)殺害容疑で逮捕された小島雄二(三井理陽)は、滝沢美和(田中珠里)の殺害も自供しますが、その後取調室にて自殺。
古書店にはいつも通り、野々村(松尾貴史)、柿崎(中村靖日)、アケミ(大後寿々花)、浅川(浦上晟周)が集まっていました。みんなで情報を共有します。
小島の自白には信憑性がないと睨む葉村晶(シシド・カフカ)。浅川は美和と綾と共に映る水地佳奈(黒崎レイナ)の動画を見つけます。晶はアケミのコミュ力に期待し、美和が買ったパソコンの配送先を店員から聞き出すよう依頼します。

平ミチル(井頭愛海)が荷物を持って晶の部屋にやって来ました。平義光(木下ほうか)から、この件が片付くまでは晶にお世話になるようにと言われたとのこと。義光の言動を不審に思う晶。晶は佳奈の写真を見せますが、ミチルは知らないと答えます。

アケミは美和の購入したパソコンは佳奈の自宅に配送されたことを掴みます。浅川が「水地佳奈」を検索しますが情報は得られず。富山泰之(中村梅雀)は「水地」から独特の連想を展開。「コバンザメ」として検索にかけるとヒット。佳奈は「コバンサメちゃん」というネームで出会い系サイトに登録していました。

晶は平夫妻に食事に誘われます。その席で晶は平貴美子(生田智子)から、美和は辻亜寿美(筒井真理子)に殺されたのだと思っていたと聞かされます。野中則夫(羽場裕一)からの情報によると亜寿美はお金に困っているとのこと。保険金目的で亜寿美ならやりかねないと貴美子は言います。そんな貴美子を「いい加減にしなさい」と義光は窘めます。
野中は日本のビジネス界を改革するエリート集団68会のメンバーで、優秀な経営コンサルタントだと貴美子は続けます。気分を害した様子の義光は外に出て行ってしまいました。
晶は義光の様子から、何か知っていることがあるのではないかと推測し尋ねますが、義光は知らないと答えるのでした。

ミチルと共に晶が帰宅すると、部屋の前に富山が。防犯のため階段付近に感知識ライトを取り付けたと。
ミチルの家の秘密を突き止めた柿崎たちも、その情報を伝えようと晶に会いに来ますがミチルに遠慮して帰りました。
ミチルは柿崎たちが、かつて平家で起きた「満ちゃん誘拐事件」のことを知ったのだと気づきます。自分が生まれる前、ミチルの兄にあたる満が誘拐されて殺されたのだと語るミチル。貴美子にはずっと「満ちゃん」と呼ばれているとのこと。ミチルは殺された兄の代わりをずっとさせられていたのでした。

古書店で情報の共有をする晶といつものメンバーたち。
柿崎の調査によると、68会とはバブル時代にアメリカに留学した若きエリート集団のことであり、義光、野中、滝沢喜代志(大鶴義丹)に加え、不動産ディベロッパーの山辺秀太郎(神尾佑)、元生命保険会社勤務の大黒重喜(田中要次)からなる5人であるとのこと。
アケミは美和の買ったパソコンの配送先である佳奈の住所を提示。美和はここに居るかもしれないと言います。こっそり陰で聞くミチル。

晶は佳奈のマンションに向かいますが、ミチルも無理やりついて行きます。マンションに着き管理人に佳奈のことを訪ねますが、不愛想に追い出されてしまいます。そこへ亜寿美から電話が。警察に任せるので調査は終了してくださいとのこと。亜寿美は美和を殺した犯人は小島だと考えているようでした。

晶の部屋に速見治松(津田寛治)と柴田要(板橋駿谷)がやって来ます。小島の顧客リストのコピーを晶に提供し、情報のギブ&テイクを要求。そのリストを覗いたミチルは「これ、顧客リストなんかじゃないよ。私が書いて綾に渡したもの」と言います。
綾は美和に言われてスマホからガラケーに変えた際、間違えてデーターを消去。ミチルが共通の友人の連絡先を書いて渡してあげたのだと。綾はこの紙をいつもサイフに入れていたと言います。小島は綾の財布からお金と共に、このリストも一緒に抜き出していたのでした。

その夜、岡田が訪ねてきました。
美和のことを聞かれた晶は「美和さんは多分、水地佳奈の家に居る」と伝えます。岡田は、佳奈は美和の家で働いていた家政婦の明石佳代の娘だと伝えます。
姓が違うと指摘する晶に「親と子で姓が違うのはよくある」と岡田。佳代は家出をした佳奈を捜すために家政婦を辞めたとのことでした。

晶は岡田に「一緒に佳奈のマンションに行って欲しい」と頼みます。その代わりに美和のコートのポケットに入っていた佳奈の手紙を見せる晶。岡田はその手紙に書かれていた「大金を稼げるバイト」で何か思いついた様子。
古書店から出た岡田とすれ違いざまにぶつかるミチル。岡田の顔を見ます。部屋に戻り、ミチルは晶に「さっきの人誰?どこかで会った気がする」と伝えるのでした。

アケミは晶を外に呼び出します。浅川の協力で、佳奈と綾は家出仲間だったことを突き止めたと言います。アケミは美和が2人にSNSを辞めさせた本当の理由は、家出少女が泊めてくれる家を捜すための神待ちを辞めさせるためだったと推測。かつて自分自身も家出少女だったアケミは、家出少女のしたたかさを心得ており、佳奈は被害者ではなく加害者側ではないかと考えていたのでした。

晶は岡田と共に佳奈のマンションを再び訪れます。
岡田が警察手帳を見せ協力を仰ぐと、ころっと態度を変える管理人。先月の中旬、佳奈の叔父と名乗る人が来て引っ越しをすると申し出たと言います。佳奈がストーカーに狙われているとのことで、この件は内密にして欲しいと頼まれたとのこと。もう1人の男性と共にパソコンとダンボールを運び出し、後の荷物は残したまま。管理人が処分したと言います。その後美和が佳奈を訪ねて来ていたと。
岡田の調べで佳奈には叔父はいないことが判明。晶は佳奈は家出少女の売春組織に関わっており、更生させたくて必死だった美和が邪魔となり殺したのではないかと推察します。

浅川から電話が。佳奈の援交相手を見つけたとのこと。アケミと浅川と共に晶はその男性と会います。佳奈と付き合っていた時もあったと言うその男性は、佳奈はしっかりバイトもしており、足りない分だけ援交をしていたのだと話します。
佳奈は美和から月10万の援助を受けており、お金をもらっている内は本当の友人になるのは無理だと愚痴をこぼしていたと。佳奈は美和に断ろうとしたが、美和の方が援助を止めなかったとのこと。佳奈は母親の葬式代として美和に借りた200万円だけは返させてもらうと、ゲームに参加するバイトをすると話していたと言います。
晶はそのバイトとは、佳奈の手紙にあった3日で200万稼げるという美和に紹介されたバイトではないかと考えます。

部屋に戻ると、ミチルが1枚の写真を見せ「やっぱりあの人、山辺さんちの正太郎君だったよ」と言います。その写真には68会のメンバーと共に岡田が写っていました。驚く晶。それは滝沢喜代志の別荘で撮った写真とのことでした。

そして、その別荘近くの川に佳奈の遺体が…。

スポンサーリンク

『ハムラアキラ』6話のネタバレ感想

50代女性

sun

今回は野々村、柿崎、アケミ、浅川の面々が大活躍でした。彼らの調査により、かなりの新しい事実が明らかになりました。佳奈と綾は家出少女仲間だったとのこと。そして美和と親しかった家政婦の明石佳代の娘が佳奈だったのですね。
美和から月10万の援助を受けていた佳奈。美和からすれば佳代から受けた恩もあり、佳奈を助けたい思いと佳奈のそばにいたい思いの上でやっていたことだったはずですが、佳奈にとっては苦しかった様子。母親の葬式代に借りた200万を返すためにやることにした、ゲームに参加するというバイトが怪しすぎます。

そして68会なるもの。ミチルの記憶と持ってきた写真から、岡田はそのメンバーの中の山辺の息子だということが判明しました。驚きです。
ゲームに参加するバイトに68会が関わっている様子。そして岡田も。ずっと暗い表情だった岡田。犯罪に関わっていなければいいのですが。

来週最終回なのですね。シシド・カフカさん演じる晶の独特の空気感が好きだったので、残念でたまりません。
佳奈はどうやら亡くなっているようでした。美和は無事なのか。最終回をしっかり見届けます。

「悪いうさぎZ(最終回)」を前に早くも続編希望の声も!

視聴率では大きなヒットとは呼べませんが、視聴者の満足は高いので、いつかの段階でシーズン2があるといいですね。

さて、最終回、3日で200万円のゲームとは?
「悪いうさぎ」の結末の鍵を握る山辺の息子・岡田正太郎(間宮祥太朗)は敵か味方か?
ワクワクする展開で、最終回が楽しみですね。

『ハムラアキラ』7話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』7話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

葉村晶(シシド・カフカ)はミチル(井頭愛海)から手渡された昔の写真から調査中の事件の裏に岡田(間宮祥太朗)が暗躍しているのではないかと疑い始める。そんな折、美和の母・亜寿美(筒井真理子)から至急の電話があり、飛び出した葉村は、突然後ろから襲われ監禁されてしまう。なんとか逃げ延びた葉村だったが亜寿美が自殺したことを知り、ミチルにもつらくあたってしまう。岡田に詰め寄る葉村は、滝沢(大鶴義丹)や野中(羽場裕一)が良からぬ「ゲーム」をしていることを知るが、その詳細は分からないまま。その時、行方知れずになっていたミチルが「ゲーム」に参加するという情報を得て・・・。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/hamuraakira/html_hamura_story.html