ドラマル

『ハムラアキラ』5話のネタバレ感想!間宮祥太朗の色気がやばい!酔った岡田管理官が可愛い

2020年2月21日に放送されたドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、リゾート会社会長・滝沢から娘・美和の友人から聞く依頼を受けることに!
葉村は奇妙な依頼に戸惑いながらも、ミチル(井頭愛海)と接触するが…。

関連記事

ドラマ『ハムラアキラ』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ハムラアキラ』5話のあらすじネタバレ

葉村晶(シシド・カフカ)は白熊探偵社の看板を外します。厄介な探偵の仕事に嫌気がさした晶。探偵を辞めようと考えていました。そんな晶に村木義弘(池田成志)は大手ホテルチェーンの滝沢リゾート会長・滝沢喜代志(大鶴義丹)の依頼を強引に紹介。もう無理だと考えていた晶ですが、結局喜代志の自宅へ向かいます。
平ミチル(井頭愛海)から娘の滝沢美和(田中珠里)の居場所を聞き出してくれという依頼でした。
高校前で喜代志から預かった写真をもとに、晶はミチルに声をかけます。ミチルは10日位前に学校で会ったのが最後で、美和の行き先は知らないとそっけなく答えます。晶は喜代志からミチルの他に綾という名前の友人がいたとも聞いており、綾についても尋ねますが「知らない」と言って帰ろうとするミチル。晶は思い出したら連絡してほしいと伝えミチルと別れました。

晶は岡田正太郎(間宮祥太朗)に連絡し、滝沢美和の捜索願が出ていないか調査を依頼。岡田は表立って捜索願は出さないだろうと伝えますが、何かあったら連絡を入れるとのこと。
その後、岡田の命で速見治松(津田寛治)と柴田要(板橋駿谷)が晶の元へ。美和にとっての情報は今のところは何もないと伝えます。
喜代志は10年前に離婚。元妻・辻亜寿美(筒井真理子)はアスミック・ジュエリー社長。美和は亜寿美のもとへ行くと言って出掛けたとのこと。月に50万ものお小遣いを渡す人達のことは分からないと、速見と柴田はぼやくのでした。

夜中に晶は「すぐ来て」とミチルに電話で呼び出されます。その場に駆けつけると何か事件があった模様。速見や柴田の姿も。女子高生が殺されたとのこと。ミチルはパトカーに乗せられていました。現場をうろついていたミチルに速見が声をかけたら咄嗟に逃げ出したので、とりあえず保護したとのこと。文句ばかり言うミチルに速見は手を焼き、晶に話を聞き出してほしいと頼みます。ミチルは何が起きたのか知りたがっていました。
「殺された女子高生は綾なのでは?」と晶。ミチルの身元を外部に漏らさないという条件で情報提供をさせると速見に提案します。速見は了承し事件の経緯の説明を始めました。
殺されたのは柳瀬綾(小野花梨)。通報は22時30分頃。死後1時間以上経っていた模様で首に絞殺された跡があるが、性犯罪を匂わせる形跡はないとのこと。
事実を聞きミチルは泣き崩れます。ミチルは綾と公園近くで22時に待ち合わせをしていたとのこと。綾は先約があると言っていたと。喜代志が学校の友人以外と遊ぶことを禁じていたために隠していたが、美和を含めて3人でよく遊ぶ仲だったとミチルは晶に打ち明けます。
美和が綾を1人占めにしたがっていたため、最近は美和とは距離を置いていたとミチルは話すのでした。

ミチルは今晩泊めて欲しいと晶に頼みますが断られ、仕方なくウィッグを外して家に帰る準備を始めます。
晶がミチルを家まで送り届けると、母の平貴美子(生田智子)が飛び出してきてミチルを抱きしめました。父親の平義光(木下ほうか)も出てきて晶に挨拶します。晶は義光に名刺を渡し、ミチルの友人の綾が遺体で発見されたことを告げます。すると義光は動揺し家に入ってしまうのでした。

翌朝、喜代志から電話で呼び出される晶。家に行くと亜寿美の姿も。美和が居なくなったことを聞かされていなかったと亜寿美は喜代志と口論していました。
新聞で綾の事件を知って心配になったと話す亜寿美。亜寿美は綾のことも知っていました。
3か月前の美和の誕生日会にミチルと一緒に来てくれたと話します。綾との付き合いや警察に任せることを嫌がる喜代志を否定する亜寿美。警察と同時に晶にも調査を依頼します。喜代志がいるとゆっくり話ができないと、亜寿美は晶に自分の家の方に来てくれるよう頼みます。

晶は美和の部屋に。家政婦から話を聞きながら机上の箱を開けると、パソコンの購入レシートが。しかしパソコンは部屋には見当たりません。不審に思う晶。
美和のクローゼットには多額の小遣いをもらっていたにもかかわらず、ブランド品は見当たりません。コートのポケットからカナと書かれた手紙が出てきました。家政婦はカナという名前には覚えがないとのこと。美和にとっては乳母のような存在の明石佳代なら知っているかもしれないと言います。

晶が古書店に戻ると、野々村(松尾貴史)、柿崎(中村靖日)、アケミ(大後寿々花)、浅川(浦上晟周)が探偵社に雇って欲しいと訴えてきました。そうすれば守秘義務違反にはならずに調査の協力が出来ると言います。富山泰之(中村梅雀)の後押しもあり晶は了承。みんなに協力を仰ぎます。

晶は亜寿美の家へ。家族ぐるみの長い付き合いだという、野中則夫(羽場裕一)も同席します。
「こちらに美和さんのものは置いてありますか?」と晶は尋ねますが「ここには無いわ」と亜寿美。別に美和が寝泊まりしていた部屋や、カナという名前の友人のことも亜寿美に質問しますが知らないとのこと。分からないことばかりで取り乱し始める亜寿美。「やっぱり私のせい?私が美和と居ないから?女は仕事を持っちゃいけないの?」と叫び亜寿美は泣き出します。野中が必死で亜寿美を慰めていました。晶はその様子を見ながら、誰もが固い殻を纏っているようで、みんなが何かを隠しているのではと感じるのでした。

アケミと浅川は、ミチルと綾が待ち合わせて行こうとしていた店を探していました。怪しい店に入る2人。そこでアケミは偶然、綾と小島雄二(三井理陽)という男が一緒に写った写真を発見します。そしてその小島は店内にいました。

晶が古書店に戻ると、店の前に岡田が酔っ払って座っていました。岡田は料亭で山辺秀太郎(神尾佑)と会っていたのでした。
「ホン・コンおばさんに会いたいと思って」と岡田は言います。晶はホン・コンおばさんシリーズの本を岡田に渡しました。
「月に50万小遣いを貰っている子って、何考えて生きているの?」と晶は岡田に質問します。「俺、育ちがいいわけじゃないですよ」と言って岡田は出て行きました。

小島が綾殺害容疑で警察に逮捕されました。
小島にたどり着いていたアケミと浅川は、先に見つけていたのにと悔しがります。小島はダーツバーを縄張りにするドラッグディーラーだったとのことでした。

晶はミチルと会います。
ミチルは「小島が綾を殺した犯人なら、美和も殺されているよ」と言います。晶が知っていることを話すようミチルに迫ると、やっとミチルは口を開き始めました。
半年以上前、美和は綾にこれ以上付きまとわないよう小島を脅したと言います。自分の親なら小島の親も叩き潰せると。美和に恨みを持つ小島が美和の行方不明に関係しているのではないかと、綾は美和を探しに小島の所へ行き、殺されたのではないかとミチルは考えていました。
晶は美和の死体が見つかっていないことから、小島は美和を殺していないと推測します。計画性のない小島に死体を隠すことは無理だと。
ミチルは自分が依頼人になるので美和を探して欲しいと晶に頼むのでした。

その頃、小島は警察での取り調べで、薬を売りつけた相手のリストに滝沢美和の名前があることを追及されていました。「あの女、はめやがって」と呟く小島。
その後興奮して叫び、ボールペンを頭に刺した状態で小島はうつぶせに倒れます。頭からおびただしい血が流れ出しました。

スポンサーリンク

『ハムラアキラ』5話のネタバレ感想

50代女性

sun

探偵を辞めようとした晶ですが、結局は村木に強引に任された依頼の調査に向かうのですね。晶はやはり探偵という仕事が好きなのでしょう。野々村、柿崎、アケミ、浅川の4人の協力も何気に力になっていますね。

今回は女子高生の滝沢美和が行方不明になった調査から始まりましたが、殺人事件まで起こってしまいました。
ミチル、美和の両親も大鶴義丹さん、木下ほうかさんはじめ錚々たるメンバー。みんなが何かを隠している様子で怪しい。大人たちの秘密に娘たちが巻き込まれているのか。それとも?
今回は1話完結ではないので、まだまだ大きく展開していきそうですね。

間宮祥太朗さん演じる岡田も秘密を持っていそうです。いつも冷静な岡田が酔っ払って晶に会いに来ていた様子は何か新鮮でした。
晶は岡田のことを月50万お小遣いをもらう世界の人だと思っているようですが、岡田は否定していましたね。岡田のことももっと知りたい気がします。

最後の小島の行動は衝撃でした。美和が黒幕なのでしょうか。来週の展開が楽しみです。

間宮祥太朗の色気がやばい!酔った岡田管理官が可愛い


https://twitter.com/SistersY_No3/status/1230854908812771330

5話から連続3話の「悪いうさぎ編」。登場人物全員が怪しすぎてどう転んでいくのか全く展開が読めませんね。

そんな緊迫の中、酔った岡田管理官(間宮祥太朗)の色気がやばいと話題に!
ミステリーマニアということで、晶と初対面から意気投合していましたが、視聴者の知らぬ間に2人がどんどん仲良くなっていることにビックリもしますが、岡田正太郎には何か裏があるような気がします。

まだまだ序盤過ぎてどうなっていくのかわかりませんが、「悪いうさぎ編」はこれまで以上に根深い闇がありそうで、ワクワクしますね。

『ハムラアキラ』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

滝沢(大鶴義丹)の娘・美和(田中珠里)の行方捜しは進まず、またミチルの友人・綾(小野花梨)が殺された事件との関連も確かめられず、なかなか真相にたどり着けない葉村晶(シシド・カフカ)。そんな中、富山(中村梅雀)らが新たな鍵となりそうな情報をもたらす。カナ(黒崎レイナ)という若い女性が美和や綾とつるんでいたというのだ。カナのことをミチル(井頭愛海)に尋ねるが要領を得ない。そんな時、ミチルの父・義光から「この件が落ち着くまでミチルと一緒にいてほしい」と強引に依頼され、葉村はミチルと探偵事務所での同居生活を開始することになる。そしてミチルの悲しき境遇を知ることになり…。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/hamuraakira/html_hamura_story.html