ドラマル

『白衣の戦士!』5話のネタバレ感想!一瞬の登場でもしゅんPトレンド入り!

2019年5月15日に放送されたドラマ『白衣の戦士!』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、主任ナースの真由(片瀬那奈)の不倫が発覚!
雪乃(小松彩夏)は交際中の西野(佐伯大地)との間でトラブルが…。
そして、ついにしゅんPが登場します。見つけられるかな?

関連記事

『白衣の戦士!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『白衣の戦士!』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『白衣の戦士!』5話のあらすじネタバレ

ある朝、立花はるか(中条あやみ)が出勤すると、普段はパンツスタイルの白衣を着ている先輩ナースたちが、ワンピースの白衣でウキウキしていました。
どうやら、イケメン俳優が入院してくるらしいという情報にこんな状況になったようですが、実際に入院してきた患者さんは、同姓同名の別人でした。

はるかは、先輩ナースの藤井雪乃(小松彩夏)が事務部の西野充(佐伯大地)と付き合っていることを知り『院内恋愛』が多いと聞いて、自分にもいい出会いがあるかもしれないと期待を高めます。
そんな時に、気になっている斎藤(小瀧望)から突然映画に誘われて盛り上がってしまいます。

また三原夏美(水川あさみ)は師長の本城昭之(沢村一樹)と仕事帰りに二人で飲みに行き、本城に「結婚相談所、やめちゃえば?」と勧められるのですが、貯金をはたいた数十万円が惜しく、やめる決断はできません。

はるかは斎藤と出かけた映画館で、主任の村上真由(片瀬那奈)が楽しそうにデートしている姿を目撃します。
デートの相手は、同じ病院の脳外科医・清水悟史(東根作寿英)でしたが、そのことを夏美に報告すると、清水先生には奥さんがいると知らされ、不倫だとわかります。

さらに、はるかと夏美は病院に来ている清水の妻・清水裕子(大村彩子)と遭遇して、裕子が妊娠していることがわかり、同じその場に居合わせた真由もそのことに気づき、はるかと夏美がふたりの関係に気づいていたことを知ることになります。
真由はけじめをつけた方がいいと、頭ではわかっているのですが、仕事のようにすっきりとさせることは出来ないと悩んでいました。

その後も何事もなかったかのように振る舞う真由ですが、ありえないミスを繰り返し、実際にはかなりショックを受けているのがわかります。
見かねた本城は、夏美に鉄板焼屋のチケットを渡し、真由を慰労するように伝えます。

慰労会には、なぜかはるかや雪乃、岩崎絵里奈(山崎萌香)も同席するのですが、その店で雪乃と付き合っているはずの西野が他の女性と一緒にいて、温泉に行く約束などをしている場に遭遇して修羅場になってしまいます。
西野の自分勝手な言動にキレてしまったはるかは、思いっきりぶん殴ってしまいます。

恋愛経験のないはるかですが、純粋に自分の好きな人には、自分だけを見ていて欲しいという思いを告げると、みんなの心に届きます。

翌日、真由が出勤すると清水の妻裕子が苦しそうにうずくまっているところに遭遇し、ナースとして助けます。
そこで真由は、母親と子供に無事でいて欲しい、幸せになって欲しいという気持ちで満たされ、自分の居場所ではないことに気づき、別れる決断をします。

新たな出会いを求めて、雪乃が合コンを設定しますが、真由も心機一転参加することになりました。

スポンサーリンク

『白衣の戦士!』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

人を好きになってしまう気持ちは、どうすることもできません。
たとえそれがどんな状況であっても、抑えることは難しいものでしょう。
また、無理に押さえつけようとすると、逆に変なストレスが溜まってしまったり、エネルギーがあらぬ方向に向かってしまうことにもなるでしょう。

そんな時こそ、相手を必要以上に束縛したり自虐的になっていくのではなく。
今回出てきた、相手や周りの存在の幸せを願う心や、自分自身の真の幸せを感じる心が大切なのでしょうね。

一瞬の登場でもしゅんPトレンド入り!

最後に一瞬の登場でしたね。
それでも「しゅんP」がTwitterでトレンド入りしちゃいましたね。

これだけ話題を集めましたので、内科病棟医師・栗仁久駿としてまたどこかで出てきてほしいですよね。

『白衣の戦士!』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『白衣の戦士!』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

はるか(中条あやみ)の元に、元ヤンの後輩・七海(富田望生)が「カレシができた」と報告に来た。好きな相手を手に入れるためには「押して押して押しまくる!」と助言を受けたはるかは、鈍感な斎藤(小瀧望)に気持ちをぶつけようと決意する。

一方、夏美(水川あさみ)も本城(沢村一樹)との事を真剣に考え始めていたが、そんな時に、元見合い相手・里中(田中幸太朗)が入院してくる。運命を感じながらも、「結婚したら仕事をやめてほしい」という条件を受け入れられずに交際をやめた夏美の心が再び揺れる。そんな夏美を見て気が気でない本城。そして里中も、生き生きと働く夏美の姿を見て、自分の考えが間違っていたことに気づく……。

激しい足の痛みで入院してきた患者・胡桃沢(金田明夫)の担当になったはるかと夏美。洋食屋を営んでいるという胡桃沢はワガママ放題で、隙あらば病院を抜け出そうとして二人を翻弄するが……。

出典:https://www.ntv.co.jp/hakui/story/