ドラマル

『ハケンの品格2』8話(最終回)のネタバレ!大前春子の夢は演歌歌手だった!

2020年8月5日に放送されたドラマ『ハケンの品格2』8話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、なんと春子が初めての派遣切りに!
アジフライを「S&F市場」に置くため、春子はAIと囲碁対決をするが…。

関連記事

『ハケンの品格2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハケンの品格2』8話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ハケンの品格2』8話(最終回)のあらすじネタバレ

東邦中央物流センターから出て来た営業企画課課長・里中賢介(小泉孝太郎)とスーパーハケン・大前春子(篠原涼子)。
食品商社・S&Fから独立宣言をした里中を心配し駆けつけた営業第一課課長・東海林武(大泉洋)の目の前で、里中が大前に突如プロポーズしたかに見えましたが、里中の真意は違いプロポーズではなかったのです。
少し落ち込む大前なのでした。

出資者たちへの内覧会のため物流センター内にあるコンビニのパイロット店・S&F市場に戻った里中でしたが、内覧会は不評に終わります。
特に大前イチオシのレジ横のあじフライは、出資者たちに評判が悪かったのです。

S&F本社の営業事業部のモニターで内覧会の様子を見ていた営業事業部一同は落ち込み、仕事も手につきません。
物流センターからS&F本社に戻った里中は、社長室で社長・宮部蓮三(伊東四朗)にターゲット層である働く女性や母親を招いたS&F市場の内覧会を直談判。
宮部は内覧会は了承したものの、レジ横のあじフライには反対、AIによる成功確率が0.001%だったのです。
しかし、大前を信じる里中はあじフライを譲らず、宮部は大前とAIの囲碁勝負で大前の正しさの証明を命じます。

営業事業部に戻った里中は大前に明日のAIとの囲碁勝負を打診、大前は勝負を引き受けます。
囲碁の腕前を心配する営業事業部部長・宇野一平(ドランクドラゴン:塚地武雅)でしたが、大前はアマチュア7段だったのです。

その夜、東海林はスペインバルに大前を訪ねます。
里中が大前にプロポーズと勘違いするような言動をしたことで、東海林は改めて自身の気持ちに気づいたのです。
カウンターの中の大前に告白した東海林でしたが、気がつくと大前は居ません。
大前は店の裏に隠れて聞いていたのでした。

囲碁勝負当日、営業事業部にAIコンサルティング会社の社員たちが現れます。
営業事業部一同が見守る中、大前の先手で始まり、宮部は社長室から対局の様子をモニターで見ていました。
一方、里中と営業企画課主任・浅野務(勝地涼)、そして東海林はパイロット店で内覧会の準備をしていました。
トリッキーな大前の戦法にAIが翻弄され大前の優勢かと思われましたが、退勤時刻の5時になり「まいりました」と言って大前は営業事業部を後にします。
大前敗退の一報は、里中たちにも届きます。
東海林に送られた碁盤の画像を見ると、大前が打った黒の碁石で『ムダ』と書かれていました。

その夜、スペインバルに里中と東海林が大前を訪ねます。
わざと負けた大前に東海林が詰め寄ります。
大前は人間がAIに勝てるはずがなく、この先も人間は負け続けると言います。
しかし、大前は唯一AIに出来ないことがあり、それは『無駄』だと言います。
まだ失敗しかしていないと大前に叱咤された里中は、スペインバルを後にします。
気がつくと店内には、東海林ひとりが残っていました。

深夜、里中は営業事業部でひとり、パイロット店の図面を見ていました。
一方、大前は大漁のあじとともに、漁船で港に向かっていました。
居眠りするS&F本社の警備員の横をすり抜け、調理室に侵入した大前はあじフライを揚げます。
しかし、ドローンに発見された大前は警備員に捕まり、出社した東海林に「あじフライをお願いします」と言い残し連行されるのでした。

10時になりパイロット店がオープン、ターゲット層の働く女性や母親の内覧会が始まります。
AIとの対決に負けたにもかかわらず、里中はあじフライ用の3種のソース、ウスターソース、サルサソース、タルタルソースをレジ横に並べます。
「アジフライはおまかせあれ」
里中は大前のメッセージを見返します。
東海林があじフライを持って現れましたが、大前の姿はありません。
するとあじフライの被り物を被った大前が現れたのです。
東海林の用意した原稿で店内にあじフライのアナウンスする大前、あじフライは好評のうちに売り切れます。
大前はあじフライの被り物を里中に渡すと、パイロット店を後にします。
物流センターを出た大前の目に涙が溢れていました。

夜、営業事業部、ドローンを破壊したことが原因で、今朝、大前の契約が打ち切られたことを東海林は打ち明けます。
営業企画課一同が衝撃を受ける中、宮部と常務・小山田和正(山田良明)が現れます。
大前の契約打ち切りの撤回を進言する里中と東海林でしたが、宮部は替えの効く派遣と一蹴するのでした。

里中と東海林はスペインバルを訪ねましたが大前の姿はなく、ハケンライフのマネージャー・近耕作(上地雄輔)が呑んでいました。
里中はS&Fを辞め独立することを打ち明け、東海林を誘います。
社員も派遣も関係なく働く組織を理想としていた里中は、S&Fを出て理想を実現することにしたのでした。

翌日、里中は社長室の宮部に退職届を提出し立ち去ります。
宮部のもとに人材スリム化リストの通知が届き、リストラ候補は宮部自身でした。

1年後、浅野は営業企画課の課長に昇進、営業事業部のリストラ候補だった社員たちはリストラされずに活躍していました。
そして、社長には小山田が就任していました。

一方、独立した里中は『惣菜屋Aji』の今日のオープンを前に、開店準備に追われていました。
派遣社員・福岡亜紀(吉谷彩子)と千葉小夏(山本舞香)は念願の正社員として、S&Fの新入社員で大前に憧れていた井手裕太郎(杉野遥亮)は派遣としてAjiで働いていました。
東海林と浅野が敵情視察と称し、お祝いに駆けつけます。
すると、近がオープニングゲストとして呼んだ新人演歌歌手・龍前寺アキ子を連れて来ました。
大前は長年の夢を叶え演歌歌手になっていたのです。
千葉から黄金色に輝くマイクを渡され龍前寺がこぶしを回し歌い出すと、店内に客が入って来るのでした。

スポンサーリンク

『ハケンの品格2』8話(最終回)のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

大前とAIとの対決を楽しみにしていたのですが、あっという間の最終回。
家族への感染を考慮し、主演の篠原涼子が別居するような状況ではやむを得ないといったところでしょうか。
元々8話で終わらせる予定だったのかは分かりませんが、ちょっと残念です。

それにしても、篠原の演歌歌手には笑いました。
元々歌手だけあって、演歌でも歌は絶品でした。

完結するなら大前と里中の結婚もありかと思っていましたが、まさかプロポーズじゃなかったなんて。
落ち込む大前が可哀そうでした。
完結じゃないのなら、スペシャルでも良いので続編が観たいです。

大前春子の夢は演歌歌手だった!

初めての派遣切りにあって、踏ん切りがついたんでしょうか?
新人演歌歌手となった大前春子もとい龍前寺アキ子にどよめきの声があがりました。

まあなんにせよ、大前春子は派遣を遂に卒業したようで、ドラマ『ハケンの品格』もこれにて見納めとなりそうですね。

まとめ

最終回、なにやらハチャメチャとも思えた終わりかたでしたが、登場人物みなが生き生きと仕事をできるようになったから、良かった?
日本沈没はどうなったのかな…。

最後、AIを導入した宮部社長自身がAIに不要「×」と判断され、潔く身を引くという展開は好感が持てました。
宮部社長は、派遣軽視しながら派遣を雇っているということ以外は筋が通らない行動はしていないので、らしい退陣(ちょっとカッコ良すぎかな?)だったと感じました。