ドラマル

『ハケンの品格2』4話のネタバレ!遂に東海林武(大泉洋)が帰って来た!

2020年7月8日に放送されたドラマ『ハケンの品格2』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、遂に東海林武(大泉洋)が、営業事業部営業1課の課長として帰って来た!
そんな中、春子は新入社員の井手と冷蔵倉庫に閉じ込められてしまい…。

関連記事

『ハケンの品格2』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ハケンの品格2』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ハケンの品格2』4話のあらすじネタバレ

朝、食品商社・S&Fの会議室から出て来るスーパーハケン・大前春子(篠原涼子)。
給湯室のゴミ箱に新入社員・井手裕太郎(杉野遥亮)が家から持って来たゴミを捨てているのを見かけます。
派遣会社・ハケンライフの派遣社員・福岡亜紀(吉谷彩子)と新人派遣社員・千葉小夏(山本舞香)もオフィスの自席から見ていました。
捨てられた包丁を突き出し立ち去った井手を大前が追う姿を見て、営業事業部の一同が動揺。
包丁は燃えないと大前が井手を注意、営業事業部の部長・宇野一平(ドランクドラゴン:塚地武雅)は「派遣が社員をパワハラするな」と激怒します。

午後、社外秘の文書を資源ゴミとして捨てていた井手を大前が注意、以前、シュレッダーにネクタイを挟み井手はシュレッダーを使うのが怖くなっていました。
更に大前は、逆向きに押された印鑑には渋々承認したというニュアンスがあると指摘、ホチキスは揃えて左止めとまくし立てます。
事細かに井手を注意する大前に宇野が激怒、大前は社員を教育しろと反論します。

新人とはいえ井手に気を使いすぎる宇野に、社員たちも疑問を覚えます。
井手はS&Fの最重要取引先、『テイスト・オブ・ライフ』の創業者で社長・美香(キムラ緑子)の三男だったのです。
営業企画課の主任・浅野務(勝地涼)は、課長・里中賢介(小泉孝太郎)が留守の間に揉めないで欲しいと思うのでした。

里中は北海道の旭川支社に出張、支社長補佐・東海林武(大泉洋)の手がけた菓子『黒豆ビスコッティー』がヒット、東海林は忙しくしていました。
大前を気にする東海林のために里中が営業企画課に電話、しかし東海林に代わると電話の相手は浅野でした。
終業時刻の5時になり、大前は電話中に帰ってしまったのでした。

井手と三田貴士(Travis Japan/ジャニーズJr.:中村海人)、新入社員2人を宇野が飲みに誘いましたが、井手は食品サンプルの整理を理由に断ります。
宇野は派遣にやらせろと井手と三田を連れて行き、福岡と千葉が冷蔵倉庫で食品サンプルのおでんをクーラーバッグに詰めるのでした。

居酒屋で宇野の昔の武勇伝にうんざりする井手と三田、そんな2人の態度にも気づかず宇野は飲みニケーションを定例化しようとするのでした。

翌日、営業事業部の社員たちに盛大に送られ、井手と三田が食品サンプルの詰まったクーラーバッグを持って初めての営業に出かけます。
三田はスーパーで食品サンプルのおでんを置いてもらうことに成功、一方の井手は電話口で怒鳴るスーパーの店員を見て店に入ることすら出来ませんでした。

昼休み、S&F本社ビルの屋上で福岡と千葉は昼食を摂っていました。
初めての給料の手取りが10万円に満たなかった千葉の弁当は、手作りのおにぎり1個と漬物だけ、そんな弁当を見て福岡は驚きます。
先日、千葉は給料の件でハケンライフのマネージャー・近耕作(上地雄輔)と面談。
同一労働同一賃金の働き方改革関連法案が2020年4月から施行、千葉は正社員並みに給料が貰えると思っていましたが現実は違いました。
派遣の同一労働同一賃金には2種類のやり方があり、派遣先の賃金体系に合わせる方法と派遣先に関係なく職種や経験で派遣元が賃金を決める方法。
ハケンライフでは派遣先に負担をかけないよう後者を選択、派遣の給料がこれまで以上に上がる訳ではなかったのです。
そんな愚痴を千葉がこぼしていると、井手が屋上に現れました。

営業から戻った三田と井出、三田は初めての営業で契約を1件取り、井手は契約どころかサンプル1つ配れませんでした。
そんな井手を宇野は励まし、また2人を飲みに誘います。

いつものように定時で大前がオフィスを出ると、千葉が追いかけて来ました。
千葉がサボっていた井手を注意して欲しいと大前に言うと、業務に支障が出ること以外は我関せずの大前は先を急ぎます。
すると、空腹で千葉が倒れてしまいました。

夜、スペインバルのカウンターで眠る千葉が目覚めると、大前の手作りのパエリアが用意されていました。
井手より真面目に働いているのに待遇の差に不満を漏らす千葉に、コネ入社には会社にメリットがあると大前は諭すのでした。

翌日、営業事業部に大問題が起こります。
オフィスに放置されていた食品サンプルの入ったクーラーバッグに躓く浅野、食品サンプルが食品表示の記載がない回収品だと社員の1人が気づきます。
食品表示法では、アレルギーの可能性のある食材を使用した加工食品には、その食材を注意喚起する義務があます。
S&Fではエビやカニを使用していなくても食べた可能性がある魚を使用した加工食品には表示、それは食品アレルギーのある消費者に配慮したS&Fの拘りでした。

井手と三田が表示のない食品サンプルを配った可能性があり、営業企画課の一同は配布先の店舗に問い合わせます。
三田が取った契約先からは、面倒だと契約を解除されてしまいます。
サンプルを詰めた福岡と千葉に宇野が激怒、2人の責任を追求します。
井手はサンプル整理を派遣にやらせとけと言った宇野のことを思い出し、オフィスを後にします。

そんな中、社長・宮部蓮三(伊東四朗)から宇野に内線で連絡が来ます。
美香が商談で来社する予定があり、井手がイキイキと働く姿を見せると言うのです。
ところが、オフィスに井手の姿が見当たらず、宇野は焦ります。
営業事業部総出で捜すも井手は見つからず、自殺を危惧した社員の1人が屋上を捜すよう指示します。
三田は井手が会社を辞めたがっていたことを宇野に報告。
そんな中、三田に交通費の精算を大前が要求、宇野は大前のパワハラが原因で大事に育てようとしていた井手が会社を辞めたくなったと言い出します。
甘やかすのと教えるのは違うと大前は反論、サンプルを手に取り大前はオフィスを後にします。

冷蔵倉庫に大前が行くと、井手がサンプルを整理していました。
すると、大きな雷が落ちS&F本社ビルが瞬断、復旧後、大前が扉の電子ロックにパスワードを入力しても解錠せず、2人は冷蔵倉庫に閉じ込められます。

一方、来社した美香と黒豆ビスコッティーの販売契約が成立、井手の居る営業事業部に宮部が美香を案内しようとします。
そこへ浅野から里中に井手が行方不明になったと連絡が入り、黒豆ビスコッティーのプレゼンに来ていた東海林が時間を稼ぎます。

冷蔵倉庫の防犯カメラにSOSのサインを送る大前、しかし防犯カメラの電源だけが復旧していませんでした。
井手はスマホを取り出すと、何故かバッテリーが切れていました。
寒い中ではスマホは機能を保とうとし、著しくバッテリーを消耗するのでした。
冷蔵倉庫の扉は分厚く、大声で助けを呼んでも聞こえません。
叫ぶ井手に体力を消費してしまうと、大前は注意します。
井手は寒がる大前に、着ていた上着をかけるのでした。

里中に井手が見つからないとメッセージが届き、東海林は更に時間を稼ぎます。

凍えてしゃがむ井手に、大前はダンボールを着せ、振動が外に伝わるとモップで扉を叩かせます。
井手は会社に縛られることも会社での人間関係にも嫌気がさしていました。
S&Fにいるとスケールの小さな人間になりそうで、広い世界に羽ばたきたいと考えていました。
会社を辞めたい理由を話すうち、井手は自身の生き様が大前と似ていると感じます。

井手の扉の叩き方を大前が注意、手本を見せます。
東京消防庁の無線コードの要救助者コール252、モールス信号のSOS、そして三三七拍子で扉を叩きます。

東海林の時間稼ぎに苛立ちを覚える宮部は東海林の話を止め、美香を連れて営業事業部へ向かいます。

冷蔵倉庫の前を警備員が通りかかり、扉の音に気づくと解錠、大前と井手が出て来ます。
大前は井手に交通費の領収書を要求、井手は驚くのでした。

営業事業部に大前と井手が戻り、心配していた社員たちが井手を囲み、大前はデスクに戻り仕事を始めます。
そこへ、宮部が美香を案内し現れます。
社員たちに囲まれる井手を見て、美香は楽しそうに働いていると安心します。
里中と東海林も営業事業部に駆けつけ、井手の姿を見てホッとします。
大前は浅野に精算した交通費の書類を提出、里中に交通費の精算に時間がかかってしまったことを謝罪しデスクに戻ります。

そんな大前の姿を見て、井手はサンプルに回収品が混入したのは頼まれた仕事をしていなかった自身の責任で、福岡と千葉には悪くないと宇野に謝罪します。
成長した井手に宇野と浅野が喜ぶ中、井手は大前の前に立ち、スーパーハケンを目指すと宣言。
大前は井手のようなヘタレには派遣は無理としつつ、多少は見どころのあるヘタレと井手を褒め、終業時刻の5時になり退社します。
美香はこれからも鍛えて欲しいと宮部に頼み、井手を見て微笑むのでした。

翌日、本社に復帰を果たした東海林が、営業事業部営業一課の課長として営業事業部の一同を前に挨拶するのでした。

スポンサーリンク

『ハケンの品格2』4話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

派遣がパワハラなんて間抜けなことを言う宇野は、クズ上司の鏡。
飲み会で昔の武勇伝を聞かされ、面倒だと思う井手の気持ちはよく理解出来ます。
飲み会に限らず、昼飯に付き合わされるのもうんざりするものです。

やる気のない井手にムカつく千葉にも理解出来ますが、井手に共感出来る部分があるのも確かです。
これもクズ上司を熱演するドランクドラゴン・塚地武雅の演技力の賜物です。
そういえば、相方の鈴木拓は何処で何をしているのでしょうか。

現在の大前の敵、宇野に加え、いよいよ天敵の東海林が完全復帰、更なる大前の活躍が楽しみです。

遂に東海林武(大泉洋)が帰って来た!

遂に東海林武(大泉洋)が戻ってきました。
いよいよ?これから面白くなってくる感じでしょうか?

次回はさっそく東海林回のようですし、いがみ合う東海林と春子ですが、きっと春子が絶妙のフォローをして2人の仲がまたグッと近づくんでしょうかね。

また、東海林武と大前春子(篠原涼子)だけでなく、井手裕太郎と福岡亜紀、三田貴士と千葉小夏、とS&F社員とハケンライフ派遣による恋愛が始まりそう。

東海林さんの過去(元嫁など)も気になるし、次回が楽しみですね。

『ハケンの品格2』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『ハケンの品格2』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武(大泉洋)です」
東海林が十三年ぶりに東京本社に戻った。

大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。
東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。
そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに…。

謝罪会見にまで追い込まれる東海林。アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命じ…。東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とする。

そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされー。

出典:https://www.ntv.co.jp/haken2020/story/