ドラマル

『はじこい』10話(最終回)のネタバレ感想!深キョンの「好き」が強烈!順子は初恋?

2019年3月19日に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、事故に遭ってしまった順子(深田恭子)は無事なのか?
そして匡平(横浜流星)の東大受験とそれぞれの恋の結末は…

関連記事

『初めて恋をした日に読む話』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『初めて恋をした日に読む話』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『初めて恋をした日に読む話』最終回のあらすじネタバレ

バイクにハネられた春見順子(深田恭子)、軽度の脳挫傷。そして、右足骨折。こん睡状態のままの順子の右足手術を病院で見守っていたのは両親の他、商社マンの八雲雅志(永山絢斗)とキャバクラママの松岡美和(安達祐実)。

1日目の東大試験が終わり、美和の携帯に電話を入れる由利匡平(横浜流星)。美和の携帯を横合いから奪い取った雅志は、「君がここに来ても何もできない。いまは病院ではなく2日目の試験に集中しろ」と言って電話を切ります。で、2次試験2日目終了後、雅志から「順子の意識が戻り元気だから安心して」とメールが入ります。それで、病院前まで来ていた匡平は踵を返します。
帰宅すると、父が、どうだったかと試験の手応えを尋ねます。匡平は「親父と一緒だ」と俯きます。中学生の時、母を亡くしている匡平。かつて、病床の母を振り向きもせずに仕事に没頭する父を責めた自分。そういう父親と重なるようで苦しいのです。順子ではなく試験を取った自分が、どこかで許せません。

順子からもメールが入りますが、匡平、後ろめたくて返答できません。担任教師の山下一真(中村倫也)は、試験に全力投球したことをしきりに労いますが、匡平は悩みます。「後悔はしていないけど、そんな自分が嫌になった」と、複雑な思いを山下に伝え、合格発表を待ちます。
一方、社内レセプションを放棄して順子の緊急搬送先病院に駆け付けていた雅志のロシア行きは無くなり、プロジェクトからも外されています。順子を取った雅志は、社内的には微妙な立場に立たされています。

場面変わって、順子の入院している城南総合病院です。雅志と部下の西大井司(浜中文一)が見舞いにやって来ます。続いて、美和と山下が連れ立ってやって来ます。ばったり出会う美和と西大井の2人。美和と西大井は互いに身分(職業)を偽って付き合っています。ともあれ、その場で雅志は、ロシア行きが無くなったことを順子に告げます。

合格発表の日、パソコン前に座る匡平。
最初に勉強を教えた思い出の階段にいる順子。そこに、「春見、俺、東大に合格した」と匡平が駆け寄って来ます。
そして、再告白です。が、匡平の順子に対する気持ちの回答としては、「雅志とは幸せになれると思う。だから、ゴメン。合格してくれて本当にありがとう」と嘘を言ってしまいます。

喫茶店で沈み込んでいる匡平のところに雅志が近付きます。「結婚、何時するんですか?」。雅志は、咄嗟に順子の意を察し、「年内かな、いろいろと準備もあるから」と。「良かったです。取られるのが八雲(雅志)さんで」と匡平。が、その日のうちに山下が匡平に電話して、「八雲のプロポーズ、春見は断っているよ」と、真実を教えます。
匡平、ダッシュで順子のいる塾に駆け付けます。好きか嫌いか?と匡平に問われ、順子は、「はい、でも、付き合うことは出来ない」と。「好きなだけじゃダメなのか?」と詰め寄る匡平に、「5、10年後にフラれたら、私、東大落ちた時より傷付く」と順子。

後日、ゴリさん(皆川猿時)の店(ハングリージャングル)で、西新井と美和の結婚パーティー。順子と雅志再会。大勢の仲間が終結。そんな中、ひとりフォークを凝視する順子は、ユリ・ゲラー。
「誠実にさよならできたと思っている」と順子。「高校生に恋されただけで女の勲章」と美和の声。そこに山下が現れて、順子は昔、「変な大人になりたい」と言っていたんじゃなかったのかと諭します。「変な大人」の念力が通じ、順子の持つスプーンの先(頭)がストンと落ちます。

東大キャンパスに駈け入る順子。講義終了後の小講堂に飛び込む順子。そこに匡平を見付けます。「ほんとに私で好いの」「春見じゃなくてはダメだ。何回俺に言わせるの」と匡平。「好き」と言ってキス。互いに抱擁です。

スポンサーリンク

『初めて恋をした日に読む話』最終回のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

順子と匡平の気持ち、最後、何度も行ったり来たりで、気を揉ませるだけ揉ませましたね~。あれだけ何度も順子は手を変え品を変えて断りを入れたのですから、もう少し、確実に将来が見える形にまで匡平との関係性をもっていかないと、どうも不安です。本当にこれで大丈夫なの、という気になりました。

いずれにせよ、「東大入試突破」という「ラスボス」を倒して、RPGゲームの主人公キャラを扱うプレーヤーとしては、ゲームをクリア出来ました。

でも、途中、「乙女ゲーム」としては「バッドエンディング」という展開になり、まあ、それもアリかなと思っていたら、急転直下の「ベストエンド」でしたね。

やはり、匡平と結ばれることを望む視聴者サイドの期待度が大きかったので、「バッドエンド」には出来なかったのでしょうね。

20代女性

ともみん

初めてから毎週楽しみに楽しみに視聴してきました。
はるみ先生のかわいさもありますが3人の男達がとてもイケメンすぎてきゅんきゅんします^_^
こんな恋愛がほんとにあるのならって思うと少し羨ましく思います。見た目だけで無理だろとか馬鹿にしたりする現実は世の中にもあることなのでこのドラマで少しは気持ちが変わる人がいたのならとおもいます。
最終回では感動して泣いてしまうシーンもありドラマで泣くのは久しぶりでした。そのくらい胸にきました。最終的にはゆりゆりとの恋が実った感じで終わりましたがこの続きも是非みたいですしこのドラマが終わることがとてもさみしいです。是非続編を出していただきたいです。ときめきの心を思い出させてくれるドラマでした。

30代女性

まりも

ユリユリ(横浜流星)の東大受験の結果と、順子(深田恭子)の恋の行方が気になって待ち遠しかった! 途中、自分の年齢のせいで、ユリユリとの別れを選んだ時はこのまま終わってしまうのかと思いましたが、最終的に順子が普通の道を選ばなくて良かったと思いました! 順子の気持ちは痛いほど分かるけれど、、少女漫画原作だからこそ、ハッピーエンドで終わってくれて本当に良かった!
登場人物に嫌な人が1人もおらず、観ていてホッコリ、ドキドキさせて貰える、素敵なドラマでした!!最後のシーンで、順子が初めて自分からユリユリに「好き」というシーンが可愛くて良かった!!横浜流星くんはこのドラマが出世作になるのではないかな?!今となっては、ユリユリは横浜流星くん以外は考えられません!出来れば続編を観たいと思うほどハマったドラマでした。

40代女性

maitama

春見順子(深田恭子)は交通事故に遭い病院にいます。由利匡平(横浜流星)の東大受験の日だったのでユリユリは受験をします。私の大好きな八雲雅志(永山絢斗)大好きな順子のため大事な仕事もほったらかしで順子の隣にいます。

雅志はとても優しくて、でも空回りしながら順子に告白するけど、フラれちゃう。そんな雅志が私は大好きです。ユリユリを諦めさせるために順子は雅志と結婚すると嘘をつきます。ユリユリは悲しみながらも雅志にあって「結婚するんだろ」と聞きます。

その時、雅志は順子が嘘をついたんだとすぐ理解し「うん」と言います。さすが、雅志。順子のことを一番分かっているのは雅志なんだな~。ユリユリは受験に合格し、でも順子とは会わない。順子も会いたいけれど、やはり年上過ぎる。会えない。でも最後には順子がユリユリに会いに行ってキスします。年の差はいくつだと更に考えてしまったのは私だけでしょうか。

40代女性

ふらわん

ユリゲラーを知っている世代なので春見順子(深田恭子)と由利匡平(横浜流星)の交際はやっぱり違和感を感じてしまいます。ありえないな~。
でも、順子が結婚や将来を気にせず今の自分の気持ちを最優先すれば、ラブラブカップルで楽しめるのは確かなので、このドラマがハッピーエンドに終わってこれはこれでよかったと感じました。
現実的には厳しいと思いつつ、深田恭子のあのルックスは奇跡的なので、年下からもモテるのは納得できました。
はじめは松岡美和(安達祐実)と八雲雅志(永山絢斗)が最終的にくっつくかな~と思っていたけど、八雲の後輩とくっついたエピソードも面白かったです。
先生と生徒の歳の差カップルを描くドラマはどうも犯罪のにおいがして重くなりがちだけど、このドラマはキュンキュンできるシーンが多くて全体的にハッピーでよかったです。

最終回で最も話題になった出来事

深キョンの「好き」が強烈!順子は初恋?

最終回らしい展開でしたね。深キョンのゆりゆりにいった「好き」が大好評です。

初めて恋をした日に読む話ということで、順子は初恋だったんですよね?
32歳まで誰にも恋しなかったっていうのも凄いですよね。

まとめ

最終回、「つまらない大人」ではなく、「変な大人」になるのが、昔からの順子の最大の念願(夢)でしたが、つい、順子はそれを忘れていたようです。

最後に、山下先生が美和の結婚パーティー会場に現れて、それを引き出しました。

「つまらない大人」になっていた順子が、匡平という乙女ゲームの対象者兼RPGの勇士キャラを得て、新しい人生をスタートさせました。
ワクワク感のある生活を取り戻し、生きがいを発見できました。大きく育ったのは、匡平ではなく、順子というのが、このストーリーのオチなのでしょうね。

さて、最終回は本当に見どころが多すぎましたね。山下先生のトランスフォーム(眼鏡男子姿)、ゆりゆりの髪型チェンジ(前髪アップ)、江藤美香(えとみか)の告白、美和と西大井司との結婚(婚約?)。これでもかってぐらい詰め込まれたあっという間のラストでした。

順子の初恋が実ってよかった~。あの本を読んでいたってことは、ゆりゆりも初恋かな?

このドラマ、キャスト全員に好感を持てて、皆がスッキリしたいいないようでしたね!
「あっ」雅志は…
でも、もてるという設定だし、いい人が見つかりますよね?