ドラマル

2019年1月19日

『初めて恋をした日に読む話』1話のネタバレと感想!パイセン深キョンにTwitter大荒れ?

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』1話のあらすじネタバレと感想、視聴率、次回放送話(2話)のあらすじ、今後の展開(予想)をご紹介します。

関連記事

『初めて恋をした日に読む話』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『初めて恋をした日に読む話』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『初めて恋をした日に読む話』1話のあらすじネタバレ

三流塾の講師アラサー春見順子(深田恭子)は、遊園地に恋人 安田(麒麟 川島明)とデートに来る。そこで、そんなに好きでもない、焦って婚活して捕まえた東大卒の安田に突然、振られる。

人生の全てを賭けてきた東大受験に失敗して以来、就活、恋愛、婚活と負けっぱなしで、三流塾の講師に甘んじる32歳の順子。学生時代から友人の美和(安達祐実)に、いまの順子は格好良くないとハッパをかけられるも、どうしようもない日々を送っていた。

女友達とカラオケに行った帰り道、男子高校生グループにナンパされる。高校生たちは順子が思っていたより年上のおばさんだと気づき、早々に退散する。

家に帰ってきた順子は、安田との結婚話が流れた事を母親に告げる。母親は「東大受験も失敗して、結婚まで失敗。恥かしい娘」と順子をなじる。落ち込む順子。そんな中、勤め先の塾では、塾長梅岡道真(生瀬勝久)に呼び出され「講師としての成果を上げなければ、君のクビも検討している」と告げられる。その日の塾からの帰り道、コンビニの駐車場で花火を楽しむ先日の高校生たちに遭遇。花火の火を消そうとした高校生が誤って順子に水をぶっかけてしまう。グループの中の髪をピンクに染めた男子高校生が、順子にジャケットを貸す。

秘かに順子に想いを寄せる従兄弟の八雲雅志(永山絢斗)は、車で順子の家の近くを偶然通りかかる。雅志は告白するが、恋愛に鈍感な順子は雅志の想いに全く気付かない。

ある日、先日ジャケットを貸してくれた高校生 由利匡平(横浜流星)が嫌々父親に連れられ、順子の勤める塾にやってくる。「なんとかこの恥かしいみっともない息子を大学だけには進学させたい。」とその父親 由利菖次郎(鶴見辰吾)は言う。その会話を聞いていた順子は、「こんなひどい父親の言う事を聞いて、大切な青春を無駄にすることはない。つまらない大人になるな」と激怒し、思わず手に持っていた本【初めて恋をした日に読む話】を床に投げつける。

その翌日、匡平は、「僕を東大に入れてくれない?」と一人で塾を再訪する。匡平は、おバカな南高校の2年生。東大を狙う理由は、自分をクズだと見下す親への反抗心からだと言う。そんな匡平に、「自分の進路を誰かのために決めてはダメ。でないと大人になってから、後悔する」と順子は話して聞かせる。そんな大人っぽくない事を言う順子に、匡平は心を開いていく。

匡平は、後日、順子に勉強を教えてくれと頼み込む。父親に振り回されてではなく、改めて自分で受験をしたいと言う真剣な気持ちに共感し、塾生に向き合って教えることに再チャレンジしたいと思う順子は、匡平の東大受験に向けた個人指導を引き受けることにする。こうして、三流塾で、三流塾講師 順子と無敵ピンク髪高校生 匡平の東大への挑戦が始まった。

[新ドラマ] 『初めて恋をした日に読む話』この冬一番のラブストーリーをお届け!! 1/15(火)スタート!!【TBS】

『初めて恋をした日に読む話』1話の感想

30代女性

ちぃこ

早くも由利(横浜流星)くんにキュンキュンしました。順子(深田恭子)が由利くんの父親にビシッというシーンが好きでした。

高学歴の父親は息子が頭が悪いからと言って恥ずかしいだなんて人を否定する言い方をバンバン言っていて、とても気分が悪くなりました。確かにあんな父親なら見返したくなる気持ちもわかります。また、楽しみは貯金できないという言葉がとても響きました。今を楽しく生きていけば人生はとても幸せになるんだなと感じさせられました。

『初めて恋をした日に読む話』1話の視聴率

『初めて恋をした日に読む話』1話の平均視聴率は、8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

SNSは「深キョン可愛い」「深キョンがばばあ扱いとかありえない」など、設定に不満を言う声が多かったですが、2話以降、こういった声がどう視聴率に反映されていくのか注目です。

『初めて恋をした日に読む話』2話のあらすじと展開予想

公式サイトが発表している『初めて恋をした日に読む話』2話のStory(あらすじ)は以下の通りです。

順子(深田恭子)の話を聞いて、父親への反発心だけではなく自らの意志で東大受験をすると決めた匡平(横浜流星)。かつて、東大受験に失敗してから前へ進めなかった順子も、匡平の真っ直ぐで熱い思いに惹かれ授業にも熱が入る。
東大受験を経験しているからこそ分かる知識を、時折自虐も加えながら話す順子に匡平も信頼し、いつしか順子に対する匡平の気持ちも変わり始める。

そんなある日、塾長の梅岡(生瀬勝久)が順子を含む塾講師を集めて近隣の高校への出張講師のチラシを配布する。給料減額の可能性もあると脅され慌てて行く事にした順子だったが、残っているのはみんなが嫌がっている匡平が通うおバカ学校の南高校だけ…。減額だけは避けたい順子は気合を入れる。
早速、打ち合わせのため南高校へ行く順子。偶然にも匡平を見つけ担当の先生を訪ねると、なんと担当の先生は順子と雅志(永山絢斗)の高校時代の同級生で、かつて順子に唯一告白をした山下一真(中村倫也)だった!

運命とも言える再会がさらに波乱を呼ぶ展開に…

出典:https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/story/

『初めて恋をした日に読む話』2話の展開予想

次回はいよいよ、本格的に2人での勉強がスタート。匡平に勉強を教える事を決めた順子は、ワクワクと心の中のときめきを感じ始めている。以前自分が失敗した東大受験に向かって、匡平と一緒に再挑戦を始める。
同時に、学生時代、順子に想いを寄せていた山下一真(中村倫也)が登場する。塾のイベントで匡平の高校へ向かった順子は、学生時代の同級生・一真と再会するのだった。

一真は偶然、匡平たちのクラスの担任をしていた。
地元でも有名なおバカ高校に通う匡平が、志望校を東京大学と明言したことで一真は驚くが、彼も学生時代に順子に多大な影響を受けた1人だった。

そして、自分のために真剣に怒ったり、親身になってくれる順子のことを「好きだわ」と言う匡平。順子への気持ちを自覚するのだった。