ドラマル

『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のネタバレ感想!芹沢を女性(鈴木京香)にしたのが大正解!

2020年6月8日に放送されたドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、「麺獄」グループ運営の『たかじ』が、『清流房』を打倒すべく進出してくる!
『たかじ』の攻勢に劣勢の中、代表の安本と因縁を抱える芹沢はどう立ち向かうのか…。

関連記事

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のあらすじネタバレ

『濃口醤油らあめん たかじ』が『らあめん清流房』の全店舗近くに出店、オープン記念にラーメンを100円で提供し清流房は一気に客を奪われます。
数日後、清流房の全店舗の売上は激減。
たかじの盛り上がりは初日の100円だけに留まらず、その後もトッピングや大盛の無料クーポンを配り、清流房に客足は戻りませんでした。
その上、清流房の濃口醤油らあめんを鮎の煮干しの風味以外を完全再現、清流房より150円安い700円で提供していたのです。

たかじの狙いは『カッコウ戦略』であることは明らかでした。
カッコウは托卵し、ふ化した雛は仮親の卵や雛を巣の外に押し出します。
これを飲食店に置き換えると、既にある店と似た店を作り安い価格で提供、客を奪い、どちらか一方がそのエリアを去るまで潰し合うのです。

たかじは中堅商社が出資する『麺獄グループ』が運営、千葉と茨木を中心に出店、流行に乗り確実に利益を出す戦略を取っていました。
ラーメンコンサルティング会社・清流企画の社長・芹沢逹美(鈴木京香)は、暫くたかじの様子を見ることにします。

そんな中、『JAPAN FOOD SUMMIT 2020(フードサミット)』の運営委員会から届いたメールには、ラーメン部門の参加中止を求める意見書が提出された旨が記載されていました。
汐見ゆとり(黒島結菜)のラーメンアンチの母・橋爪ようこ(高畑淳子)の仕業で、ようこがフードサミットの運営委員長に就任したのです。

ゆとりが運営委員会会場に乗り込み、ようこを批判、芹沢も交え一触即発の展開になります。
ようこはラーメンをフェイクフードと称し、日本の食文化を担わせる訳にはいかないと言うのです。
運営委員会が終わり、ゆとりはワクワクする芹沢のラーメンがフードサミットには必要と、ようこの説得を試みます。
ようこは自身をワクワクさせるラーメンを用意出来れば、ラーメン部門の参加中止を撤回すると約束。
但し、期日は10日後、ワクワクさせられなければ、ゆとりは清流企画を辞め橋爪クッキングスクールに戻ることが条件でした。
芹沢には何のリスクもなく、ようことの勝負を受けることにします。

清流房の月替りラーメン『生醤油鶏そば』にクレームをつける安本高治(岡本健一)。
そこへ、芹沢とゆとりが戻って来ました。
安本は麺獄グループの代表で清流企画の元社員、清流企画のオフィスを懐かしむように見ていました。
清流房の本店には月替りラーメンがあり、支店と違いまだ客を呼べていました。
清流房の全店舗を潰すつもりの安本は、月替りラーメンの視察に来たのです。
そして、恨みは晴らすと芹沢に宣戦布告し、安本はオフィスを後にしました。

安本との間に何があったのか、ゆとりたちは知りたがっていました。
芹沢は部長・河上賢吾(杉本哲太)に任せ帰ります。
10年前、安本は品川店の店長でしたが、安本の起こしたトラブルが原因で品川店は閉店、安本は清流企画を去りました。

当時、安本は30代、未経験でラーメン業界に入りました。
その味覚と調理センスは芹沢も唸るほどで、品川店を繁盛させ社員としても料理人としても芹沢は評価していました。
ある時、安本は利益を優先し、鮎の煮干しを止め安価なカタクチイワシの煮干しに変えることを提案。
鮎に拘りのある芹沢は安本の提案を却下、当時、芹沢たちは安本も納得しているものと考えていました。
ところが、安本は品川店での鮎の煮干しの使用を勝手に止め、その上、鮎の煮干しを横流ししていたのです。
ラーメン評論家・有栖涼(石塚英彦)から指摘されるまで、芹沢たちは気づいていませんでした。

一方、安本は『味惑コーポレーション』に月替りラーメンの開発を依頼、協力して芹沢を倒そうと言うのです。

清流房の各店舗の見回りの帰り、河上は芹沢に値下げを打診、しかし芹沢が考えていたのは値下げではありませんでした。

芹沢たちが清流企画のオフィスに戻ると、ゆとりたちは調理室で濃口醤油らあめんを改良していました。
鮎の煮干しの旨味と風味を最大限引き出そうとしていたのです。
そして、ゆとりは芹沢に退職届を提出、ようこのところに戻る代わりにフードサミットにラーメン部門を残そうとしていました。
ゆとりは世界中の人に芹沢のラーメンを食べて欲しかったのです。
しかし、ゆとりたちのしていることは無駄でした。
鮎の風味を最大限に高めたレシピを、芹沢は既に考案していたのです。
ゆとりたちのおかげで吹っ切れた芹沢は、1週間後、反撃に転じることを宣言します。

清流房は日曜まで臨時休業に入りました。
ワクワクさせるラーメンが完成し、ゆとりはようこに連絡、明日、食べに来るよう伝えます。
そして、清流企画で働き続けると宣言します。
ようこがネットで検索すると、新メニュー『濃口醤油らあめん・解』が宣伝され、価格は1千円に値上げしていました。
ラヲタにフリークたちもネットで騒ぎ出していました。
濃口醤油らあめん・解は7年前に清流房がデパートの創作ラーメンフェアに出店した際、好評を博したラーメンでした。
フェアの開催は3日間で食べられなかったフリークも多く、伝説となっていたのです。

清流房、営業再開当日、季節外れの雪が降る中、清流房には大行列ができ、たかじは全店舗、閑古鳥が鳴いていました。

清流房の休憩時間、店内には、ようこ、ゆとりの父・亮二、有栖、そして有栖に誘われた安本も居ました。
ようこたちは、出された濃口醤油らあめん・解をスープまで飲み干します。
濃口醤油らあめん・解はスープの他に、醤油ダレにも鮎の煮干しを使用、風味が格段に向上していました。
1週間の臨時休業は鮎醤油ダレの熟成期間だったのです。
更に香味油には蓼油、鮎の塩焼きには欠かせない蓼酢からの着想でした。

以前、ワクワクの正体をアンバランスと言ったゆとり、しかし答えの1つでしかないと芹沢は教えました。
アンバランスは結果、その結果は職人の思い、探究心と情熱から生まれるのです。

ようこは濃口醤油らあめん・解をワクワクするラーメンと認め店を後にします。

ひとり残った安本は、濃口醤油らあめん・解の凄さは認めましたが、安さで勝負出来ると考えていました。

清流企画のオフィスに味惑コーポレーションのフードコンサルタント・難波倫子(松井玲奈)が訪ねて来ました。
倫子は麺獄グループの依頼を断りに来たのです。
月替りの開発に投じる資金を回収出来ない恐れがあるからです。
麺獄グループの実情は、ブームに乗って繁盛し、ブームが去ると苦しくなるの繰り返しでした。

芹沢は安本に清流房を潰すのは無理だと断言します。
安本にはオリジナリティーが欠如、安本の才能は模倣するための才能でしかなかったのです。
安本はオリジナリティーのある芹沢に嫉妬し、だからこそ芹沢の拘りである鮎を否定し勝ちたかったのです。
月替りが無くても勝負を諦めない安本、高価格帯のラーメンとは安さで棲み分け出来ていると思っていました。
しかし、芹沢はカタクチイワシを使った濃厚煮干し麺を700円で提供し全ての客を取り返す気でいたのです。
動揺する安本は芹沢に懇願し、700円のラーメンを止めて貰おうとしましたが、芹沢に撥ねつけられオフィスを後にするのでした。

その後、たかじは全店舗が撤退、清流房の全店舗の売上が戻りました。
はしゃぐゆとりたちを、潰れる店は明日は我が身と芹沢は戒めます。

フードサミットの会場設営の下見に、芹沢はゆとりを連れて行きます。
清流企画のオフィスを出ると、フードサミット期間中に、全店舗で日替りラーメンを提供することをゆとりは提案、そして成功すれば、365日、全店舗で日替りを提供することを考えていました。
芹沢はワクワクすると賛成し、ふたりは話を詰めにラーメン屋に向かうのでした。

スポンサーリンク

『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

才能の無駄遣い、麺獄グループ代表・安本のためにあるような言葉です。
模倣にしか生かされないと言われた安本の才能、味覚と調理センス、喉から手が出るほど欲しいと思う飲食関係の人は多いのではないでしょうか。
芹沢に対する執着をラーメン開発に少しでも回していれば、オリジナリティーのあるラーメンが作れたように思います。

それにしても、鈴木京香と高畑淳子のバトルが、もう観られなくなるのは残念過ぎます。
笑っているのに笑っていない眼、あの高畑の眼が怖くて忘れられません。

芹沢を女性(鈴木京香)にしたのが大正解!

放送前には、「あのラーメンハゲ芹沢が女性!」「それも鈴木京香!」と、原作ファンからは困惑の声が聞こえていましたが…。
カッコいい鈴木京香さん扮する芹沢達美にすっかりはまってしまいました。

「鈴木京香がラーメン?」と思いましたが、ラーメン愛を感じる台詞・演技に、見てるこっちもラーメンへの愛が溢れてきました。

芹沢達美(鈴木京香)と部長の河上堅吾(杉本哲太)との馴染み感はもちろん、汐見ゆとり役を演じた黒島結菜さんとのやり取りも最高で、もっと見たいと思うドラマでした。
鈴木京香さんの代表作と呼べる作品だったのではないでしょうか?

まとめ

序盤はゆとりが主人公の話しではと思える展開でしたが、最終回は主人公の芹沢達美(鈴木京香)がしっかりと締めてくれ、納得したし、スカッとしました。

『行列の女神~らーめん才遊記~』は、最初から最後まで、とにかく、毎回ラーメンが無性に食べたくなるドラマでした。
そして、最終回を見終えて元々好きだったラーメンがもっと好きになりました!

まだまだラーメンへのワクワクは止まらない…といったラストでしたので、是非続編の制作をお願いしたいですね。