ドラマル

『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のネタバレ感想!ラー博では量が少ない方がいいのでは?

2020年6月1日に放送されたドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、芹沢と河上と修行を共にした『麺房なかはら』店主・中原の依頼を受けることに!
担当となったゆとりは、夏川と共にラーメン博物館にある中原の店を訪れるが…。

関連記事

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のあらすじネタバレ

世界に向けた日本食文化PR事業『JAPAN FOOD SUMMIT 2020(フードサミット)』のラーメン部門責任者に、ラーメンコンサルティング会社・清流企画の社長・芹沢逹美(鈴木京香)が抜擢されました。
国の推進する事業で会議や調整など手続きが煩雑で芹沢は多忙を極め、そのしわ寄せは特に部長・河上賢吾(杉本哲太)に来ていました。
月替りラーメンの新作開発のチャンスを得た夏川彩(高橋メアリージュン)でしたが上手くいかず、追い詰められていました。
夏川は汐見ゆとり(黒島結菜)に助けを求め、調理室に呼びます。
新作ラーメンは、フォン・ド・ボーをベースに上品にまとめられていましたが、ゆとりはワクワクしませんでした。

そんな中、名店『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)が、清流企画にコンサルティングを依頼。
新横浜ラーメン博物館のフロアの担当部長がなかはらの常連客で、頼まれて出店したものの、客入りが悪く清流企画に相談に来たのでした。

90年代、B級グルメ扱いのラーメンを洗練した麺料理に進化させようとした職人たちが現れ、その時代を『ラーメンニューウェーブ』と呼び、中原は名古屋コーチンを使った『丸鶏拉麺』で一世風靡した時代の寵児でした。
そんな中原がラーメン博物館に出した店は、何故か閑古鳥が鳴きます。
担当のゆとりと夏川がなかはらを訪ねると、芹沢が担当すると思っていた中原は激怒し依頼を取り消します。
修行時代にいびり倒した腹いせに、芹沢が嫌がらせしたと思ったのでした。
芹沢と中原、そして河上の3人は『中華そば勝和軒』で修行した仲だったのです。
河上はどんくさく、女の職人を認めない中原は2人をいびり倒しました。
女の職人を認めない中原に激怒し、夏川は帰ってしまいます。
ひとり残ったゆとりは客として、丸鶏拉麺を食べその完成された味に感激します。
店を出て、なかはらのメニューを見てもどんなラーメンか分からない客に遭遇、他の店舗を回り、ゆとりはなかはらのアピール不足に気づきました。

3日後、メニューに説明を足すゆとりのアドバイスで、なかはらの客入りは上々。
なかはらから清流企画に戻り芹沢に報告したゆとり、しかしアピール不足だけが問題ではないと芹沢は言い、後日、ゆとりに様子を見に行くよう命じます。
ラーメンの本質はゆとりの言うようにワクワクで、その正体が分かると芹沢は言いました。
一方、夏川は調理室にこもっていましたが、新作の完成とはほど遠い状況にありました。

そんな中、残業するゆとりたちのため、河上が夕食にラーメンを振る舞います。
ゆとりたちは、ラーメンを美味しく頂きましたが、そのラーメンは、かつて河上が月替りラーメンとして考案、芹沢にダメ出しされたラーメンだったのです。
驚くゆとりたちでしたが、材料を殆ど変えず芹沢が答えとして作ったラーメンを作り、河上はゆとりたちに食べさせました。
敢えて残したアンチョビの臭みがインパクトを与え、ゆとりはワクワクしました。

臭みを残したアンチョビのラーメンをヒントに、夏川が新たに試作した月替りラーメンを芹沢に試食して貰いましたが酷評されます。
1日の猶予を与えられ、それでも駄目なら夏川は新作開発の任を解かれることになりました。
ゆとりのようにセンスもなく才能にも恵まれず悔し泣きする夏川。
そんな夏川に、職人にとっての敗北は、歩みを止めることと芹沢は教えます。

なかはらに様子を見に来たゆとりは、客入りは横ばいで他の店ほどの客入りではないと中原から告げられます。
店を出たゆとりは、ラーメン博物館の店を回り締めになかはらに来たラーメン評論家・有栖涼(石塚英彦)に会います。
「するっと入る」という有栖の言葉に、ゆとりはボリューム不足に気づきました。

夏川が泣きながら居なくなったと連絡を受け、心配したゆとりは夏川の父が亡くなってから閉店中の『夏川食堂』を訪ねます。
原点を見つめ直しに、夏川は店に来ていました。
メニューを見たゆとりは、ラーメンに三つ葉が乗っていることに気づきます。
三つ葉はネギに比べ、微妙なクセの強さがありました。

なかはらの問題点を既に芹沢が気づいてたことを問題視し、清流企画に中原が乗り込んで来ました。
中原のラーメンは90年代に増え始めた女性客をターゲットに、あっさり、上品、ボリューム控え目が売り。
本店はオフィス街近くにあり、ランチや呑みの後の締めの1杯としてなら充分なボリュームでした。
ライバルを名乗る中原には自ら問題点に気づいて欲しくて、芹沢は新人のゆとりを担当にしたのです。
店頭のアピールとラーメンのボリューム不足に、ゆとりは気づきましたが中原は気づきませんでした。
問題点は分かったものの、今更ラーメンを変えるつもりのない中原は撤退を決めます。
そんな中原に、芹沢は夏川の考案した月替りラーメンの試食を勧めるのでした。

フォン・ド・ボーをベースにした醤油味のスープで、以前ゆとりが試食したものより牛骨と牛すじが増え、こってりとしたコクが増していました。
それでいて、トッピングした三つ葉の清涼感でくどさは感じません。
ゆとりはワクワクすると絶賛し、芹沢は合格を与えます。

河上は3年で店を潰し、芹沢は心血を注いだ『薄口醤油らあめん』を不味いと客に言われ、怒りに任せぶち込んだラードが受けました。
油はラードからニンニクを揚げたガーリック・ヘッドに変え、芹沢の代名詞となる『濃い口醤油らあめん』となったのです。
現実と理想の間で、芹沢は今も闘い続けていました。
かつて好評を博した丸鶏拉麺が今も変わらず通用すると思う中原は、職人としてゆとりや夏川に劣ると芹沢は言い放ちます。
挫折なくラーメン業界のスター街道を歩み幸せだと河上に言われた中原は、3日後に店に来いと言い残し調理室を後にしました。

3日後、ラーメン博物館のなかはらに芹沢、河上、ゆとり、そして夏川に加え、有栖が試食に訪れます。
中原は同じスープと麺でボリュームを変えず、トッピングを変えました。
従来の煮玉子と長ネギに、鶏の軟骨焼きに砂肝焼き、そして山クラゲを追加しました。
試食した有栖は、大した量を食べた訳でもないのに満腹感を覚えます。
噛みごたえのあるトッピングで咀嚼回数が増え、満腹中枢が刺激されたのです。
芹沢は改めて中原をライバルとして認め、店を後にするのでした。

帰りの道すがら、ゆとりはワクワクの正体に気づきます。
料理は通常バランスを取るものですが、個性を生むアンバランスさがワクワクの正体と考えたのです。
しかし、それは答えの1つでしかなく、芹沢はゆとりと夏川を叱咤するのでした。

その夜、バーのカウンターで酒を酌み交わす河上と中原。
また店を出さないのかと問われた河上は、芹沢のもとで働く方がワクワクすると答えました。

体調を崩した日本料理協会のツジカワに代わり、フードサミットからラーメンを排除することを条件に、ゆとりの母で橋爪クッキングスクール総帥・橋爪ようこ(高畑淳子)がフードサミット・運営委員長を引き受けました。

清流企画の調理室で新作の研究に余念のない芹沢、そんな中、閉店した『らあめん清流房』を鋭い眼差しで見つめる男(岡本健一)が居ました。

『行列の女神~らーめん才遊記~』7話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

夏川が泣くシーンは、あまりにも意外過ぎてちょっと衝撃的でした。
早くから食の英才教育を受けてきたゆとりが天才と呼べるのかは疑問ですが、差があり過ぎる人が傍に居ると才能と思いたくなる気持ちは分かります。

ただ、天才と言われる人たちも当然、努力しています。
毎日、寝ていたらある日突然、何かが湧いてくる訳でも、何か出来るようになる訳でもありません。

バスケット漫画『スラムダンク』の名言「あきらめたら、…。」に似ていて、思わず鈴木京香が安西監督に見えましたが、芹沢の言う歩みを止めたら敗北は真理です。

ラー博では量が少ない方がいいのでは?

「ラー博(新横浜にあるラーメン博物館)では、量はデメリットにならない!」と、感じた人がいてホッとしました。

なぜデメリットにならないか?
つぶやきにもありますが、ラー博はわざわざ入場料を払って入館する場所で、有名店が名を連ねる場所のため、基本は、店をはしごして複数のラーメンを食べ比べします(それが楽しい)。
そのため、よほどの大食いでない限り、量が多いとすぐにお腹いっぱいになってしまい、食べ比べできず逆に困ってしまいます。

ラーメン博物館側も、そんなお客の気持ちに応えて、いろんなラーメンを食べ歩き出来るように、わざわざ全店で"ミニラーメン"を用意しています。

つまり、運営(お店)は多い量にこだわっていないだろうし、客も量が多いことによるメリットを感じずらい場所です。
私も、ラー博では、ボリュームではなく質(ラーメンと外観)を重視します。

ともあれ、第7話も話としては非常に面白かったです。次回で最終回というのが、非常に残念に感じられるいいドラマですね。

『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『行列の女神~らーめん才遊記~』8話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

『らあめん清流房』全店舗の近くに、名前も味も明らかに『清流房』の“濃口醤油”にそっくりな新規ラーメン店『濃口醤油らあめん たかじ』がオープン。本家より150円も安いこともあって、あっという間に客を奪われ売り上げが激減してしまう。『たかじ』は、千葉・茨城を中心に展開する「麺獄」グループが運営している。一体なぜ「麺獄」グループは『清流房』を狙い撃ちするようなやり方で進出してきたのか?

さらに不幸は続く。「ジャパンフードサミット2020」から、芹沢達美(鈴木京香)が統括するラーメン部門の参加を中止するというメールが届いたのだ。橋爪ようこ(高畑淳子)からの横やりであることは明白。芹沢は汐見ゆとり(黒島結菜)を連れ直接異議を唱えるが、ようこは“フェイク・フード”などとラーメンを酷評し聞く耳を持たない。ところが卑劣なやり方を批判するゆとりに、ようこは「私をワクワクさせるラーメンを用意できるならラーメン部門の中止は撤回する」と言い始める。ただし期日は10日後。もしワクワクさせられなかったら、「清流企画」を辞めて自分の元で働くという条件付きで…。

そんな中、『清流房』に「麺獄」グループ代表・安本高治(岡本健一)が来店。芹沢とは10年ぶりの再会だという。実は「清流企画」の元社員だった安本は、一連の動きがすべて芹沢を潰すための策略だと語り、「あの時の恨みは晴らさせてもらう」と宣戦布告する。安本が芹沢に向ける恨みとは一体?しかも安本はさらなる“芹沢潰し”を画策していた――。
安本に勝つため、ようこをワクワクさせるため、社員と共に新たなラーメン開発に挑む芹沢は、ある大胆な戦略に打って出ることを決意。唯一無二のラーメンで大きな壁に真っ向から立ち向かう!

ラーメン業界を牽引する1人の女性と、その傍らで目覚ましい成長を遂げた新入社員……ラーメンの持つワクワクに魅了された師弟2人がたどり着いた未来とは?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/gyouretu/story/