ドラマル

『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のネタバレ感想!いい人役の音尾琢真の笑顔が素敵とファン歓喜!

2020年5月18日に放送されたドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、清流企画が中華食堂『おおひら食堂』の後継者探しをすることに!
芹沢の命で社員全員によるコンペを実施するが、ゆとりは候補者が見つからず…。

関連記事

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のあらすじネタバレ

自然派食品原理主義者でゴリゴリのアンチ・ラーメン、橋爪クッキングスクール総帥の料理研究家・橋爪ようこ(高畑淳子)は、汐見ゆとり(黒島結菜)の母。
そのようこが橋爪クッキングスクールの一室にゆとりを監禁、ラーメンに毒されたゆとりを薬膳料理のフルコースでデトックスしようとしていました。

3週間前。
ラーメンコンサルティング会社・清流企画に依頼が入りました。
依頼人は板橋区の中華食堂『おおひら食堂』店主・大平茂幸(螢雪次朗)・芳江(茅島成美)夫妻、依頼は後継者探しです。
ことの発端はラーメン評論家・有栖涼(石塚英彦)でした。
おおひら食堂のタンメンを食べに、有栖は月イチで約20年ほど通っていました。
ところが、茂幸と芳江は後を継ぐ子供も無く、高齢であることから引退を決めたのです。
体の50分の1はおおひら食堂のタンメンで出来ていると豪語する有栖が夫妻を説得、夫妻は清流企画に後継者探しを依頼したのでした。
社長・芹沢逹美(鈴木京香)は、社員たちに人材発掘を指示。
それぞれの人脈から後継者に相応しい候補を選び、コンペでおおひら食堂の後継者を決定します。
コンペの結果は、ボーナス査定に影響します。

入社間もないゆとりには、人脈はありません。
そこで芹沢は、救済措置として『らあめん清流房』池袋店のアルバイトの面接官にゆとりを任命します。
この日のアルバイトの面接結果は、すっぽかし5人、遅刻4人、時間通りに来た1人は母親同伴、応募者の中から後継者候補を探すどころではありません。
翌日も面接は惨憺たる結果でしたが、最後の1人が約束の時間の5分前に来社、芹沢に憧れ只で働いても良いという熱意の持ち主でした。
ところが、金の価値が分からない者は直ぐに辞めると、芹沢は不採用にします。
そんな中、後継者選びのコンペが、翌日のおおひら食堂の定休日から開催されることになりました。

それぞれの候補者を引き連れ、清流企画の社員がおおひら食堂に集まります。
後継者選びの方法は、翌日から候補者それぞれが、3日間、店主として模擬営業、茂幸・芳江夫妻と芹沢が審査し後継者を決定します。
定休日の今日、看板メニューのタンメンを含め全メニューの作り方を茂幸が指導、翌日から模擬営業を行います。

数日後、ゆとりは清流企画の社員・白坂隼人(小関裕太)の候補者の視察におおひら食堂に訪れます。
模擬営業コンペ1人目は松井正広。
大手ラーメン・チェーンの店長を3年経験、現在は中華料理チェーンの店長を務めていました。

模擬営業コンペ2人目は板垣勇次。
清流企画の社員・夏川彩(高橋メアリージュン)の候補者、中華料理一筋20年の生粋の職人でした。
模擬営業初日から、名物のタンメンをバージョンアップ、茂幸・芳江が納得する形で美味しくする腕を持っていました。

橋爪クッキングスクールという人脈があると夏川に言われ、ややこしなくると否定したゆとり。
背に腹は変えられず、サングラスにマスクで変装しクッキングスクールから出て来た生徒をスカウトします。
ところが、ゆとりはスクールの講師たちに確保されてしまいました。

清流企画の調理室で芹沢はスープを研究。
中野店の店長の紹介で池袋店のアルバイト問題は解決、部長・河上賢吾(杉本哲太)が芹沢に報告に訪れました。
ラーメン業界は慢性的な人手不足で、芹沢は後継者問題が他人ごとでは無いと考えていました。
そんな中、ゆとりの父・亮二から河上に連絡があり、芹沢は不吉な予感がします。

確保されたゆとりは、ようこと講師たちに囲まれ、強制的に薬膳料理を食べさせられようとしていました。
亮二に頼まれ、渋々、嫌々、断腸の思いで芹沢はクッキングスクールに来たのです。
薬膳料理攻めの前にくすぐり攻めに合い、ゆとりは後継者探しをようこに漏らしていました。
清流房品川店を突然閉めた過去を持ち出し、後継者探しを若い社員に任せても上手くいかないと、ようこは芹沢に指摘します。
「雇っていた人間がトラブル起こしたんじゃなかったっけ?」
ようこに言われた芹沢の顔が俄に険しくなり、芹沢はゆとりを連れてクッキングスクールを後にしました。

ゆとりの候補者は見つからず、模擬営業コンペ3人目、小森仁志の初日を迎えます。
清流企画の社員・須田正史(前野朋哉)の候補者で、都内の名店で就業して5年目でした。
おおひら食堂に行列ができ、須田は興奮して店に駆け込みます。
ところが、店内のテーブル席は片づけられカウンター席のみ、宣伝効果を狙い席を減らし行列を作っていたのです。
メニューは産地を擬装しネーミング、しかもタンメンの量まで減らしていました。
「とっとと失せろ!この詐欺ニート!」
芹沢は語気を強め小森を罵倒、追い出しました。
小森が5年修行したのは嘘で、実は1週間でアルバイトをしただけでした。
須田はラヲタの集まりで小森と知り合い、小森は須田に負けたくなくて嘘をついていたのでした。
ゆとりに候補者はなく、この時点で不戦敗、須田は始末書。
芹沢に片づけを命じられ、ゆとりは1人、店に残っていました。
すると、酔っぱらい客の鷹野研次郎(音尾琢真)が後継者になると、ゆとりに言ってきたのです。
話を勝手に進め茂幸からレシピを習うと、鷹野は他にやることがあると翌日からの模擬営業の最初の2日間は、茂幸と芳江が営業することになりました。

翌日、ゆとりがおおひら食堂に様子を見に行くと、言った通り鷹野は店に居ません。
それどころか、近所の立ち呑み屋で昼から酒を呑んでいたのです。

そして、鷹野の模擬営業の最終日を迎え、ゆとりは芹沢とおおひら食堂を訪れます。
驚くことに行列が出来ていました。
鷹野が客を最後尾に誘導、そこへ昨日、鷹野と呑んでいた男たちが来ました。
1人は追加の野菜を持って来た八百屋、もう1人は近所の喫茶店のマスターで、鷹野は客にコーヒーを勧める約束をしていました。
「野菜400gタンメン」
「一日に必要な野菜が摂れます」
チラシを持った女性客2人が訪れ、店内も盛況でした。

模擬営業が終わり、茂幸が後継者を発表、後継者は鷹野に決まります。
1人目の松井は、そつなく仕事はこなしましたが、言われた通りにしか客を誘導せず、店主というより雇われ店長。
2人目の板垣は、調理に使ったお玉で直接味見をしたり、包丁で野菜の入ったビニール袋を切ったり衛生面で問題がありました。

鷹野は最初の2日間、外からおおひら食堂を見ていました。
おおひら食堂は常連客で賑わっていましたが高齢化は否めず、その一方で、最寄り駅周辺は再開発で新築マンションが増加、鷹野はチラシをポスティングしていました。
立地や客層から新規客の獲得に気づき、ヘルシーを謳い文句に若い世代にアピールしていたのです。
昼間からの呑みは、商店街の店主たちと仲良くするためでした。
行列が出来ると揉めることがあり、そのための根回しでした。

鷹野は、かつて外食業界のカリスマと呼ばれた人物、3年前のバイトテロ騒動以来、飲食業界を離れていました。
騒動を起こしたアルバイトは損害賠償で自殺未遂、家族は離散しました。
経営しか見ず、これで良かったのかと悩んでいたところに、店と人を見て商売してはと、ようこがコンペに誘ったのでした。
そして、鷹野は独立のノウハウも教えられると、松井と板垣を店で雇うことにしました。

おおひら食堂は連日の大繁盛、この先も安心して有栖はタンメンが食べられるようになりました。

芹沢はおおひら食堂から稼げると踏んでいました。
松井や板垣が後継者なら問題もあり、その後もコンサルティングで稼げたはず、ところが、鷹野ではそうはいきません。
芹沢は、ようこの嫌がらせと考えていました。
ゆとりはボーナス無し、クビ一歩手前と芹沢に宣告され、何も反論はありませんでした。

スポンサーリンク

『行列の女神~らーめん才遊記~』5話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

一見ふざけて社員に後継者候補を探させているようにも見えましたが、結局、鷹野のような完璧な存在でさえなければ、極端な話、小森でも良かったのでしょう。
芹沢の目的は、あくまでコンサルティング料なので。

ゆとりを手助けしたようこの目的は、何だったのでしょうか。
亮二から指摘され、ようこは笑みを浮かべていましたが、その笑みにはさほど不敵さは感じられませんでした。

ラーメン嫌いのはずが、ようこは妙に芹沢の内情にも詳しいようです。
ラーメンを食べに連れて行ったのは亮二ですが、裏で指示していたのは、ようこではないでしょうか。
どうも、芹沢もゆとりも、ようこの手のひらで転がされているような気がしてなりません。

いい人役の音尾琢真の笑顔が素敵とファン歓喜!

音尾琢真さんというと昨今、犯人…悪人という役が多かったので、いい人役だったことにファンから歓喜の声があがりましたね。

といっても、登場の時は「胡散臭いおじさんだな~」と思いましたよね?
まさかスーパー経営者だったとは…完全に予想を裏切る展開でした。

そして、鷹野研次郎(音尾琢真)が、橋爪ようこの差し金だったとは、芹沢と橋爪の対決はどこまでも続いていくようですね。
芹沢と橋爪の間に挟まれもがくゆとり。
まあ今回は特に何もしていないし、芹沢の言うことは最もだから、ボーナスカットは妥当でしょう。

『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『行列の女神~らーめん才遊記~』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

汐見ゆとり(黒島結菜)は初めて『らあめん清流房』の手伝いに入れることになり、かなり浮かれている。一方、白坂隼人(小関裕太)は、担当する店の新メニュー開発でトラブルが発生。流行に乗ろうとする白坂の提案にクライアントが納得いっておらず、対応に追われていた。

そんな中、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭(マギー)が来店する。実はまもなくオープンする新店舗で、看板にする店舗限定メニューの開発を芹沢達美(鈴木京香)に依頼するため、『らあめん清流房』にやって来たのだ。ただし2社で争うコンペ形式。しかも相手は、以前期せずして戦うことになった、あの「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だという。そこで芹沢はゆとりを担当に、白坂をサポートにつけ、蒲生の依頼を受けることに。

だが「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。ふたりの意見は真っ向から食い違ってしまう。そこで白坂は開発の参考にするべく、初めて担当した『油そば専門店・まきはら』へゆとりを連れて行こうとするが、久々に訪れた店は『油そば専門店・きよた』に…。なんと数年前に店を「味惑コーポレーション」が買い取ったという。

報告を受けた芹沢は「問題ない」、河上堅吾(杉本哲太)も「終わった案件だ」と一蹴するが、何の連絡もなく売り払われてしまったことに、白坂はショックを隠しきれない。するとなぜかゆとりは「牧原は殺されている」と思い込み、「このまま放置はできない」と憤激。「味惑コーポレーション」に乗り込んで倫子に話をつけようとするが――。
一体白坂と牧原の間に何があったのか?ふたりは倫子に勝てる新メニューを完成させることができるのか?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/gyouretu/story/