ドラマル

『行列の女神~らーめん才遊記~』1話のネタバレ感想!毒舌が面白い!黒島結菜がはまり役で可愛い

2020年4月20日に放送されたドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、「清流企画」に汐見ゆとり(黒島結菜)が就職の面接にやって来る!
社長の芹沢(鈴木京香)は、ゆとりに1週間で結果を出せば採用という条件を提示する…。

関連記事

ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『行列の女神~らーめん才遊記~』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『行列の女神~らーめん才遊記~』1話のあらすじネタバレ

日本一のラーメン職人の称号を得た芹沢逹美(鈴木京香)。
その芹沢は清流企画を立ち上げ、苦境に喘ぐラーメン店を救うラーメン・コンサルティング業も手掛けていました。

芹沢の営むラーメン店『らあめん清流房』、月替りラーメンは特製肉だし清湯麺、汐見ゆとり(黒島結菜)は箸が進みません。
芹沢に代わり厨房に立つ清流企画社員・夏川彩(高橋メアリージュン)が理由を尋ねると、「フムフム」と答えます。
説明ベタなゆとり独特の言い回しで、イマイチという意味でした。

夏川が清流房の同じビル内の上にある清流企画で、イマイチと言われた清湯麺の怒りをぶち撒けます。
そこへ、ラーメン評論家・有栖涼(石塚英彦)と共に、ゆとりが現れたのです。
ゆとりは清流企画に就職を希望、場所が分からず迷っていたところを有栖が連れて来たのでした。

大学卒業後1年間、ゆとりは家業を手伝っていました。
半年前、初めてラーメンを食べ感動、ラーメンのコンサルティング業務を手掛ける清流企画を志望しました。
芹沢と部長・河上賢吾(杉本哲太)が面接、怒りが収まらない夏川、ゆとりに興味津々の清流企画社員・白坂隼人(小関裕太)と須田正史(前野朋哉)は聞き耳を立てます。
清湯麺の何がイマイチなのか芹沢に問われ、説明が苦手なゆとりは清湯麺を美味しく出来ると豪語、ラーメンを作ることになります。

ゆとりは用意された生麺をひと口食べ、加水率が38%と言い当てます。
ゆとりがアレンジした清湯麺を試食し、有栖と河上は絶賛、芹沢も料理の腕は認めます。

すっかり採用された気のゆとりは、問題を抱える店を見つけたと芹沢に連絡して来ました。
『京来軒』のラーメンを食べ、ゆとりは「トボトボ」と批評、要するに不味いのです。
コンサルティングは最低15万円から、芹沢を指名の場合、着手金50万円が必要でした。
店主の郷田正一(泉谷しげる)・秋江(川俣しのぶ)夫婦に用意出来るのは3万円。
河上はクライアントにはならないと報告、しかし芹沢はコンサルティングを引き受けます。
芹沢は京来軒の再建を、ゆとりの入社試験にしたのです。

京来軒は近くにあった工場の工員が常連でしたが、昨年その工場が潰れ閑古鳥が鳴くようになりました。
清流企画のキッチンを借り、ゆとりは京来軒のラーメンを改良します。

京来軒に招かれ、ゆとりが改良したラーメンを試食し、芹沢は味には満足しましたが郷田には作れないと言います。
そして、京来軒の既存のメニューを作らせ、芹沢はゆとりと試食、ゆとりにマシだと思うメニューを尋ねます。
「ワサワサというかフエフエというか」
ゆとりはもやしめんを選びます。
方向性を決めた芹沢は、明日、郷田に会社に出向くよう告げ、ゆとりには徹底的に店を掃除するよう命じます。

徹夜で掃除したゆとりは、店の床で寝ていました。
芹沢はゆとりに帰宅を命じ、「成果が出ているはず」と3日後に来店するよう言います。

3日後、京来軒は繁盛し行列が出来ていました。
取材に来た有栖と会い、リニューアルされた店構えを見たゆとりは「ピクピク」と来ます。
もやしめんを食べた有栖は絶賛、ゆとりは「ワクワク」します。

店を改装せず掃除したことにより、京来軒にレトロ感が生まれます。
店の表に大書きされたもやしめんの文字は、店の自信を表していました。
ゆとりが大書きを見て、もやしめんを食べようと思い「ピクピク」したのには理由があったのです。
そして、そのもやしめんは作り方を変えず、味付けは全く同じ、上に乗せたもやし炒めの量を増やしただけでした。
量が増えたことでラードや調味料も増え、あっさり醤油スープにコクと深みが生まれたのでした。
ゆとりの作った鶏白湯ラーメンのような、ややこしい調理は郷田には無理と芹沢は断言。
メニューを絞ることにより食材の無駄も無くなり、芹沢のコンサルティングに有栖は敬服します。
再建して貰った郷田は、3万円では申し訳ないと思います。
しかし、ゆとりの新人教育の協力ということで、芹沢は3万円を相殺します。
テレビ局の取材予定があり、人情話にした方が評判が上がると企て、芹沢はタダにしたのです。

横柄な態度の芹沢でしたが、メニューを減らした一番の理由は、客が増えた時、郷田たち老夫婦の負担を減らすためでした。
郷田には、芹沢が女神のように思えました。

こうして、ゆとりは清流企画に採用されます。
清湯麺の欠点を見抜かれ頭に来ていた芹沢でしたが、何故ゆとりを採用したのか自身にも分かりません。
そんな芹沢を見て、ゆとりが若い頃の芹沢に似ているからだと河上は思うのでした。

スポンサーリンク

『行列の女神~らーめん才遊記~』1話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

『グランメゾン東京』に続く同じ食ドラの出演で話題になり注目していましたが、冷静に考えてみたら別に何のことは無い。
食ドラというだけで、そもそも役柄が根本的にグランメゾンとは違います。

主演は鈴木京香のはずですが、1話を見る限りでは、ゆとりを演じる黒島結菜が主演のような話で驚きました。
ただ、どちらが主演であっても、飯テロドラマであることは確かです。

コロナ禍でラーメンを外に食べに行くなんて、なかなか難しいこのご時世。
芹沢との面接で、ゆとりがスープの待つ丼ぶりに麺を入れた瞬間、無性に本格ラーメンが食べたくなりました。

毒舌が面白い!黒島結菜がはまり役で可愛い

1話では、まるで主人公は汐見ゆとり(黒島結菜)のようでしたが、ラーメン美味しそうだし、経営再建がためになるし、クスっと笑えて面白いですね。
これは月曜の夜10時が楽しみになりました。

ゆとりの毒舌!
そして、ゆとりを超える芹沢達美(鈴木京香)の毒舌・的確な指摘が面白いです。
ゲストの泉谷しげるさん扮する「京来軒」店主・郷田正一が何も言えなくなる感じ、最高でした。

黒島結菜さんは「うざい!」と言われる役を演じることが多いですね(死役所・ミチルや朝ドラ・三津など)。
でも、今回のゆとりはうざいが可愛いらしさがあり、黒島結菜さんに合ういい役のような気がします。
達美とのコンビもいいですね。達美がゆとりのうざさを程よくしめてくれています。

それにしても、石ちゃん扮するラーメン評論家・有栖涼は「まいう~」言わないんでしょうかね。
「う~まい~」という言葉に違和感が…笑。

『行列の女神~らーめん才遊記~』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『行列の女神~らーめん才遊記~』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。ゆとりを快く思わない夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。だがそこにはあるもくろみがあって…。

夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。坂口琢磨(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、なぜか表情を曇らせる。

その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しをしていた。雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。と同時にあることに気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/gyouretu/story/