ドラマル

ドラマ『ギルティ』10話(最終回)のネタバレ!秋山の店には最後まで客はいませんでした!

2020年8月6日に放送されたドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、別々の道を選んだ爽と秋山だったが、爽は諦めきれず秋山の店に!
秋山が爽を受け入れようとしたその時、瑠衣から電話がかかってきて…。

関連記事

ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・見逃し配信・無料動画まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ギルティ』10話(最終回)のあらすじネタバレ

高校時代の頃のように、遊園地で一緒に1日を楽しんだ荻野爽(新川優愛)と秋山慶一(町田啓太)。
思い出の丘に来て、それぞれの思いを悟ります。
「秋山に会えて嬉しかったよ。7年前も今日も」と言う爽に「ごめん、お前にそんな顔させて」と秋山。
「じゃあ、またね」と言いかけて「じゃあ」と言い直す爽。秋山に背を向けて歩き出した爽に思いが募り、思わず秋山は「さやか」と叫びます。一瞬立ち止まり、また歩き出す爽。
「何で、今呼ぶの?」と爽は泣きます。初めて名前を呼んでくれたのに、振り向くことも出来ない爽。
2人は別々の道を歩くことに。

爽が出社すると、「デートどうだった?」と守屋直道(桜田通)が聞いてきました。「あんたには関係ない」と不機嫌に答える爽。
守屋は荻野一真(小池徹平)に爽の様子を報告します。秋山とはうまくいかなかった様子の爽を、心配する一真。
一真は秋山の店へ。2人は初めて顔を合わせます。
一真は秋山に爽への気持ちを確認しますが、秋山は答えません。一真は秋山の気持ちを察し、「贅沢ですよ。直ぐ近くに幸せがあるのに掴まないなんて」と言い残して出て行きます。
2人の様子を瑠衣が見ていました。

その頃、爽は小高かすみ(戸田菜穂)を家に迎えていました。
元気がない爽を心配するかすみ。そんなかすみへの怒りが、突然爽に沸き上がります。
「今さら心配?散々迷惑かけといて。全部お母さんのせいじゃない」と叫ぶ爽。あの時、かすみが反対しなければ、秋山と別れることはなかったかもしれない…と爽は考えていました。
かすみは「ごめんね。迷惑ばかりかけて、ごめんね」と涙を浮かべて爽に謝ります。
我に返った爽は「違う。お母さんのせいじゃない。分かってる。全部私のせい。自分で決めたのに」と言いながら泣き出します。そんな爽をかすみは優しく抱きしめるのでした。

翌日、会社に向かう爽をかすみが見送ります。昨日のことを謝る爽。
かすみは「もう、我慢しなくていい。我慢して道を決めるのではなく、思い切りぶつかってみたら?」と爽を励まします。かすみの言葉に勇気をもらった爽は、秋山の元へ。
爽は秋山に「私ね、やっぱり、このままじゃ嫌だ」と正直な気持ちをぶつけます。秋山が答えようとすると、及川瑠衣(中村ゆりか)から電話が。

瑠衣に呼び出された秋山と爽は、瑠衣との待ち合わせ場所へ急ぎます。
瑠衣は秋山の店にあったナイフを持っており「さて問題です。私は何をしようとしているんでしょうか?」と2人に尋ねます。
何をしても秋山と爽は離れることはないと分かっていた瑠衣は、自分が死ねば罪悪感で2人は一緒にいられないことに気づいたと言います。
瑠衣の夢は、秋山の子供を産んで、本当の家族になることでした。しかし検査の結果、生まれつきに子宮に問題があり、瑠衣は子供を産めないことを知ったとのこと。苦しみの気持ちを訴える瑠衣の姿が、かつての自分の姿と重なる爽。
ナイフを首に突き立てようとする瑠衣を、爽は引っ叩きます。
「人のせいにするのは楽。私もずっとそうだった。でも、それでは何も変わらない。自分が選んで決めたかどうか、それがすべて」と爽は叫びます。
そして「私、決めた。あんたが死んでも秋山のことは諦めない。あんたが死んでも変わらない。死んでも無駄だよ」と瑠衣に宣言する爽。
瑠衣も「苦しめよ」と叫んで爽を叩き返します。「そうだよ。最初からこうやってぶつかってくれば良かったんだ」と呟き泣く爽。
「何で、あんたが泣くの?」と言った瞬間、表情を変えて倒れる瑠衣。そこには、背後から瑠衣をナイフで刺した寺嶋睦月(神尾楓珠)の姿が。「姉貴を殺した罰だ」と寺嶋は呟きます。
病院に運ばれた瑠衣は意識不明。寺嶋は警察に逮捕され拘置所へ。

一真は拘置所の寺嶋に面会します。瑠衣から、「あなたのお姉ちゃんみたいに弱虫じゃない。私の死にざま見せてあげる」とメールを受け取った寺嶋は、怒りを抑えきれなかったと一真に伝えます。
「すまない。睦月の人生まで俺が狂わせてしまった」と言って一真は泣きます。

依然として意識不明の瑠衣。秋山と爽は思い出の丘にやって来ました。
秋山は「俺がイタリアに逃げたことから全てが始まった。もう、逃げるのはやめる」と爽に伝えます。
秋山は、瑠衣のそばに寄り添い、瑠衣とちゃんと向き合うことを心に決めたのでした。
秋山の気持ちを受け止めた爽。2人は「またね」「またな」と言葉を交わし、別れます。

1年後。
病室で意識が戻った瑠衣は、秋山には何も告げずに姿を消していました。
秋山の元には「妹より」と書かれた2通目のエアメールが届きます。
一方、忙しい毎日を送る爽は、今日も走っていました。通行人とぶつかり、バッグを落とす爽。バッグを拾い上げた爽は秋山とすれ違います。爽が立ち止まって振り向くと、秋山も振り返っていました。
秋山は、かつて走り去る爽を見失ったことを思い出し、「今度は間に合った」と呟きます。
2人はお互いに嬉しそうに微笑みあうのでした。

スポンサーリンク

『ギルティ』10話(最終回)のネタバレ感想

50代女性

sun

ついに最終回を迎えてしまいましたね。何度も別れながらも、別れきれない爽と秋山。
瑠衣もそんな2人のことを分かっており、自分が死ぬことで、罪悪感にかられた2人が別れることを望みます。
爽は、死のうとする瑠衣を引っ叩き、正面からぶつかりました。そんな爽の思いは瑠衣に届いたと信じたいですね。
瑠衣を刺してしまった寺嶋。寺嶋の心の傷は、一生癒えることはないのでしょうか。瑠衣に巻き込まれて傷ついた人たちが多く、胸が痛くなりました。

ドロキュンの内容にハマりながら毎回楽しみでした。途中コロナで中断しましたが無事に最終回を迎えられて良かったです。

秋山の店には最後まで客はいませんでした!

コロナ禍とはいえ、飲食店に一度も客がいないというドラマは見たことがありません。

コロナで営業を自粛しているんでしょうか…。
たまに野菜を切っているシーンがありましたが、一体誰が食べるんでしょう。

なぞの演出でしたが、「今日こそ客はいるか?」と、ドラマを見る楽しみになってしまいましたね。

まとめ

最終回は、色々と裏切られましたね。
まさか『ギルティ』制作陣までもが裏切り者だったとは…笑。

予告にあったカズくんの「やり直そう」発言はどうしたんでしょう。
話数を削ったわけでもなさそうですので、なぜ消えたのかが凄く気になりましたね。

また1年後の爽と秋山の様子は分かりましたが、かずくんおよび睦月はその後どうなったんでしょう。
ちょっとでいいので、回収して欲しかった!

まあ全員裏切り者だからしょうがない。
そういうドラマだということで受け入れ楽しみましょう。

とまあ、なんだかんだと心揺さぶられたドラマ『ギルティ』。
つまりは夢中にさせられた!面白かった!ということですので、良い子ちゃんになって海外に行った瑠衣が、更なる進化を遂げ、爽を再び不幸のどん底へ突き落とすという設定などで『ギルティ2』を是非とも作っていただきたいですね。