ドラマル

ドラマ『ギルティ』8話のネタバレ!秋山はメンヘラ製造機だった!

2020年7月23日に放送されたドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、同期入社の天敵・守屋のいる男性向け週刊誌編集部に、爽が異動することに!
そんな中、瑠衣に刺激された美和子が爽の会社に乗り込んで来て…。

関連記事

ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ギルティ』8話のあらすじネタバレ

男性向け週刊誌の編集部に異動になった荻野爽(新川優愛)。離婚したが、荻野の姓のまま働く爽を、同じ部署で働くことになった同期の守屋直道(桜田通)はからかいます。
そんな守屋は爽の指導係となることに決まります。

その頃、及川瑠衣(中村ゆりか)は、秋山美和子(徳永えり)に会いに行き「美和子さんは最初から透明人間で脇役ですよ。私にとっても、荻野爽にとっても」と挑発していました。
瑠衣からの言葉で爽への嫉妬を募らせた美和子は、爽の会社に押し掛けます。ロビーで騒ぎまくる美和子。驚いて近づく爽に、美和子は「この女です。私から旦那を奪おうとしている」と叫びます。
美和子に秋山と会っていたことを指摘され、爽は「誤解させてごめんなさい。でも、本当に私と秋山さんは何もありません」と冷静に伝えます。更に逆上する美和子を鎮めるために、美和子の頬を叩く爽。
美和子は鎮まるどころか「暴力女」と騒ぎ出し、守屋に取り押さえられるのでした。

西村若菜(筧美和子)から、今まで瑠衣が爽にしてきたことを聞いた秋山は、爽の元へ。
爽の職場も異動になったことを知った秋山は、今までの瑠衣の行いを詫びます。
「俺を恨んでくれ、責めてくれ」と言う秋山に、爽は「秋山を恨んだら、秋山を支えにしてきた自分をも恨むことになる」と伝えます。
美和子が会社に来たことは言わずに「奥さんを大事にしてあげて」と優しく秋山に伝えて別れる爽。

その後、瑠衣の元に秋山は向かいます。爽を苦しめた瑠衣を責め、イタリア修業から戻ると別人のようになっていたことに触れ「イタリアに行っている間に何があった?」と瑠衣に尋ねます。
瑠衣は秋山をホテルに連れて行き、幼い頃、母親のせいで言葉がうまく発せなくなっていた自分に、秋山が「大丈夫、俺が付いているから」と言ってくれた頃のことを話し始めます。瑠衣にとって、秋山のその言葉が支えになっていましたが、秋山が爽に同じ言葉を伝えている姿を目撃した時、同じ言葉でも爽に発した言葉は意味が違うことに気づいた瑠衣。その時から、秋山の存在は兄から男に変わったのだと瑠衣は言います。
その後爽と別れた秋山が、もう爽と会わないと約束してくれたからこそ1人で頑張ろうと決めたのに、瑠衣はイタリア修業に行く直前に、秋山と爽がこのホテルに入るところを目撃したとのこと。
「ここで何してたの?」と瑠衣は叫びます。「それが、お前が変わった理由か?」と秋山。
瑠衣は服を脱ぎ始めます。「キスしてくれたら教えてあげる」と言う瑠衣に「俺とあいつが何をしてたかはお前には関係ない。怒りは俺だけにぶつけろ」と怒って叫び、秋山は部屋を出て行きます。
残された瑠衣は「それは出来ないな」と呟くのでした。

爽は騒ぎを起こした罰として、残業をしていました。
守屋は「胸の中のドロドロした感情を吐き出せばいい」と爽に絡みます。「そんなこと、死んでも言わない」と言い切る爽に、「せめて自分が女だってことを思い出せよ」とキスを迫る守屋。
そんな守屋の頬を引っ叩き「くず」と叫ぶ爽。

外に飛び出した爽は、秋山がイタリア修業に行く前に2人で会った日のことを思い出していました。
かつて「別れたい」と伝えた時の爽の本当の気持ちを、秋山は理解していました。「俺は、お前の嫌いより好きを信じていた」と爽に伝えます。あのまま別れてしまったことを、ずっと後悔していたとのこと。
爽は「今さらだよ」と答えます。「俺に会いたかった?」と聞く秋山。爽は涙を浮かべながら「会いたくなかった」と答えます。「俺もだよ」と爽の涙に触れる秋山。そして2人はホテルへ。
服を脱ぎ、ベッドで見つめ合う2人。荻野一真(小池徹平)と婚約していることを言わないまま、爽は自分のずるさを見ないふりをしていました。しかし「ごめん、できない」と呟く秋山。2人は大事なことが壊れないように、朝まで抱き合ったまま過ごします。
それから1週間後、イタリアに向かう前の秋山から仕事場の爽に電話が。
「あの日はどうかしてた。もう忘れるから。お前もお前をきっちり守ってくれる奴をみつけて絶対幸せになるって約束してくれないか?もう心配かけんなよ、バカ」と伝えて電話は切れます。
あの時、2人は元に戻れるはずはないと思い知ったはずなのに、どうして私は心のどこかで待ってしまうのだろう。
爽が考えを巡らせていると、秋山の姿が。驚く爽に秋山は「ここに来たら、お前がいる気がして」と伝えます。
美和子から全てを聞いた秋山は、瑠衣が美和子まで使って爽を苦しめるのは、自分が逃げたせいだと爽に伝えます。
父のガンが分かった時、ずっと瑠衣のそばにいると父親と約束した秋山。
しかし「私だけ見てくれなきゃ死ぬ」と会うたびに瑠衣から言われ、限界を感じた秋山は、イタリア修業を口実に瑠衣から逃げたとのこと。
「お前は母親から絶対逃げなかったのに、最低だな」と言って秋山は涙を流します。「お前だけは傷つけたくなかったのに」と泣く秋山を抱きしめる爽。
目の前の秋山はあの頃のヒーローじゃない。でも心から守りたいと爽は心から思うのでした。

美和子は店のテーブルを拭きながら、秋山の言葉を思い出していました。
秋山は面接で美和子の手を見た時、以前働いていた店で、みんなが嫌がる冬の洗い物を一生懸命やっていた美和子のことを思い出したと言います。
瑠衣の策略にのり、妊娠した振りをして秋山に結婚するよう仕向けたことを謝る美和子に、秋山は妊娠したからではなく、美和子の笑顔が好きで結婚を決めたことを伝えます。
「でも、忘れられない人がいた」と秋山から正直な気持ちを聞いた美和子は、自分から「別れましょう」と告げたのでした。

爽は秋山に「美和子さんとお幸せに」と言って別れます。秋山も美和子とのことは伝えずに、「ああ」と答えて去っていきます。

美和子が家を出ると、瑠衣の姿が。「期待外れだなー」と言う瑠衣に「可哀そうな人」と呟く美和子。
「役立たずが」とナイフを瑠衣が手にすると、一真が現れ瑠衣を止めるのでした。

職場に戻った爽は守屋に向けて、正直な自分の気持ちを吐き出します。
「幸せになるって約束したのに。どうして、秋山じゃないとダメなんだろう」

スポンサーリンク

『ギルティ』8話のネタバレ感想

50代女性

sun

新しく爽の同期の守屋が登場しました。「正論ばかり」と守屋は何かにつけて爽に絡んできます。毒舌ですが、爽の素顔を見抜いて、実は心配している様子。2人の進展はこの先あるのでしょうか。
爽の会社まで押しかけて騒ぎまくる美和子の姿は、見ていて辛く思えました。瑠衣に利用されて苦しんでいた美和子。本当は、人の嫌がる仕事を一生懸命やるような優しい女性なのですが、秋山はしっかりと気づいていましたね。自分から「別れましょう」と秋山に伝えた美和子。これからは瑠衣に惑わされることなく、強く生きて欲しいと思います。

それにしても瑠衣の闇は深すぎますね。いろいろな人達を苦しめてばかり。突然現れた一真にも驚きました。
まだまだ瑠衣に警戒した方がよさそうですね。来週も見逃せません。

秋山はメンヘラ製造機だった!

瑠衣(中村ゆりか)、美和子(徳永えり)といい、秋山慶一(町田啓太)と関わった女性はメンヘラになってしまうんでしょうかね。

秋山の色気半端ないしカッコいいから、兄妹の関係を超えてしまう瑠衣や、妊娠詐欺を実行した美和子にも少し同情してしまう。

秋山は不用意に出来もしない約束を交わしがちだし、今回も爽になぜ離婚した(する)ことを言わないのか理解できない。
そういった秋山の行動がメンヘラを生んでいるような気が…。

『ギルティ』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『ギルティ~この恋は罪ですか?~』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

爽(新川優愛)は守屋(桜田通)から、秋山(町田啓太)が離婚したらしいと聞かされて動揺。守屋はそんな爽に、遊園地のチケットを2枚渡す。さらに守屋は、爽のスマホを勝手に使って、秋山を遊園地に誘うメッセージを送る。その遊園地は、爽と秋山が付き合っていた頃の思い出の場所だった。
爽は、かすみ(戸田菜穂)に会いに行くことに。かすみは瑠衣(中村ゆりか)に狙われてから、別の病院へ移っていた。病院に着いた爽は看護師から、かすみが家族と面会中だと言われる。かすみには爽以外の親族はいないはずなのに!? また瑠衣が来ているのかと胸騒ぎを覚えた爽は、かすみのもとへと急ぐ――!

一方、秋山は、瑠衣を呼び出していた。その理由は、明奈(矢田亜希子)のことだった。秋山は、明奈が末期のガンで余命いくばくもない状況だという連絡を病院から受けていた。明奈は、どうしても瑠衣に会って謝りたいと言っているという。秋山からそのことを聞いた瑠衣は、秋山も一緒に来てくれるなら明奈と会うと告げるが――。

出典:https://www.ytv.co.jp/guilty/story/