ドラマル

2020年4月17日

ドラマ『ギルティ』3話のネタバレ感想!新川優愛のドロキュンが面白い!4話はコロナの影響で延期

2020年4月16日に放送されたドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、落ち込む爽は、見舞いにきた寺嶋(神尾楓珠)と話をすることに!
その後、一真と向き合う決意をした爽だったが、瑠衣から声をかけられ…。

関連記事

ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ギルティ』3話のあらすじネタバレ

編集社で新企画の会議中の荻野爽(新川優愛)。
荻野一真(小池徹平)と及川瑠衣(中村ゆりか)の不倫を確信してから、仕事にも集中できません。
会社を早退した爽は、西村若菜(筧美和子)の元へ向かいます。

爽は若菜に一真と瑠衣の不倫の事実を伝えます。しかも、瑠衣が爽の夫だと知っていた上でのことだと知った若菜は驚きます。GPSも瑠衣の仕業だと。
「こっちも仕返しに浮気しちゃえば?」と若菜。
秋山慶一(町田啓太)のことが頭に浮かび、動揺を隠しきれない爽。一真の裏切りは、爽の心にひずみを作っていました。

中村結(結城モエ)からの撮影のお礼の連絡で、爽が会社を早退したことを知った秋山。先日会った時の爽の様子を思い浮かべて心配します。

爽は「チートン」前で、龍(阿部亮平)と揉めている寺嶋睦月(神尾楓珠)と遭遇。寺嶋は龍に爽のストーカーと間違えられていたのでした。
体調が悪そうだった爽を心配し、寺嶋はお見舞いだけ預けて帰るつもりでいたとのこと。
イケメンの寺嶋を気に食わない龍。一方、未来(長井短)は大歓迎。寺嶋に椅子に座るよう勧めます。
爽は寺嶋に、編集社でのアルバイトのきっかけを尋ねます。寺嶋は、失恋で落ち込んでいた時、雑誌で爽の記事を読んだとのこと。「全然大丈夫じゃない大丈夫を繰り返しながら、辛い今日は日々遠ざかる」という文面に救われたのがきっかけだと。
雑誌の片隅の小さな記事でも、しっかりと思いが届いていたのだと爽は元気をもらうのでした。

「チートン」を出た爽が歩いていると、後ろから瑠衣の声が。何食わぬ顔で、いつも通りに接してくる瑠衣。
爽は「そうやって、かわいい声で近寄ったんだ。私にも、ダンナにも」と言い放ちます。表情が変わる瑠衣。
「言っとくけど、私、ダンナと別れるつもりないから。2度とこの辺うろつかないで。」と立ち去ろうとする爽。すると瑠衣は笑い出します。浮気相手にも毅然と振舞う爽が嫌いだと開き直る瑠衣。
怒りが抑えきれなくなった爽は、瑠衣に「愛人止まりのゲス女!」と怒りをぶちまけます。
その言葉は、かつて爽の母親の小高かすみ(戸田菜穂)が吐いた、爽が最も嫌いな言葉でした。

夫に依存して捨てられた母…。かすみのようにはなりたくないと思ってきた爽は、自分の行動にショックを受けます。
かすみが風邪をひいたと一真に嘘を伝え、しばらく実家に帰ることに。

爽のもとに秋山から電話が入ります。
「店を紹介した雑誌、送るって言ったのに全然来ないじゃんか。今すぐ届けに来い」と。
爽は秋山との待ち合わせの居酒屋へ。秋山は「座れ、どうせ暇なんだろう?」と爽にお酒と、爽の好きなキノコのつまみを勧めます。

居酒屋からの帰り道。秋山は、先日、「誰も信用していない」などと言い過ぎたと爽に謝ります。
「もしかして、それで呼び出したの?」と爽は笑い出します。不器用な秋山の優しさに触れる爽。
「お前、しんどい時そんな風に笑う奴じゃなかったじゃん。」と秋山。
その言葉を聞いた爽は、絶対になりたくなかった母親と同じ言葉を放ってしまった悔しさがこみ上げ、涙を流します。
「嫌なことがあったら、そうやって泣いている方がお前らしい。俺にとっては」と秋山は優しく呟き、ハンカチを差し出すのでした。

一方、瑠衣は一真を家に呼び出していました。
「終わりにしたい」と伝える瑠衣。一度は拒否した一真ですが、瑠衣の気持ちを受け入れます。
最後に激しく2人は求めあうのでした。

秋山の優しさに背中を押され、爽は一真と向き合うことを決めます。
帰宅した爽を、いつも通りに優しく迎える一真。
爽は「浮気してるよね?」と一緒に写した瑠衣の写真を一真に見せます。一真は笑ってとぼけます。
一真の態度に逆上した爽は「あんたが玄関先で、あの子といちゃついているのをこの目で見たんだよ」と叫びます。更に、瑠衣も爽の夫だと知っていたという事実も知らされ、動揺する一真。
必死になだめようとする一真に、爽は激しく怒りをぶつけて暴れまくるのでした。
こんな私は本当に私らしいのか?かすみのようにはならないと誓っていたはずなのに。どうしようもなく、あの頃のかすみの気持ちがわかると爽は考えるのでした。

疲れてそのままリビングに横たわる爽。一真が毛布を掛けます。

「そっちは順調?このタイミングでばれたのは予想外だけど、まあ問題ないでしょう」
笑いながら電話で話す瑠衣。

翌朝、ほとんど寝ていない状況でも爽は会社に向かいます。
マンションを出ると瑠衣が爽を待ち構えていました。気にせず歩き出した爽を追いかけ、瑠衣は「いいこと教えてあげましょうか。あの人、子供いますよ」と衝撃の言葉を口にするのでした。
一方、若菜も爽の結婚式の時に、化粧室で噂話をしていた横山優希(大西礼芳)を諭した際に聞いた言葉を思い出していました。
「子供がいる」と。爽に教えてやらなかったことを若菜は悔やんでいました。

スポンサーリンク

『ギルティ』3話のネタバレ感想

50代女性

sun

更にドロドロ感が増してきました。
一真と瑠衣の関係を知った爽。何食わぬ顔で、いつも通りに爽に声を掛けて来た瑠衣。爽に一真との関係がバレたと知ってからの、あからさまな態度の豹変は何か恐ろしかったです。
毅然とした態度でいたかった爽ですが、やはり感情が抑えきれませんでした。かつて母親が言い放った言葉と同じ言葉を瑠衣にぶつけてしまいます。あんなに開き直られたら当然だと思いますが、母親のようには絶対なりたくなかった爽にとっては、悔しさでいっぱいだったでしょう。胸が痛みます。

一真に対しても、怒りをむき出しにして爽は暴れまくりました。かつて、父の心変わりに翻弄される母親を軽蔑していた爽ですが、自分も同じ立場となり、母の気持ちがどうしようもなく分かってしまったという…。悲しいですね。

これで終わるかと思いきや、更に最後に衝撃の事実が明らかに。一真に子供がいるとは。若菜も優希から聞かされているので事実だと思われます。

ますますドロドロしていく中で、秋山の存在が救いですが、いつか爽と秋山もドロドロしていくのでしょうか。どっぷりハマっております。が、第4話以降の放送日が延期のようす。待ち遠しいです。

新川優愛のドロキュンが面白い!4話はコロナの影響で延期

爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)のシーンはキュンキュンしますが、一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)とのシーンはドロドロ。このドロキュンの落差、面白いですね。

そして3話は、爽の感情変化を見事に演じた新川優愛さんが魅力的でした。あんなパワーワードを新川優愛が…とも思いましたが、いい感じの迫力がありました。

さて、続きが気になりますが、コロナの影響で4話の放送は延期になってしまいました。
次はどんな悲劇・災いが爽に降り注ぐのか!まさか、西村若菜(筧美和子)の子どもが一真の隠し子なのでしょうか?

『ギルティ』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『ギルティ~この恋は罪ですか?~』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

瑠衣(中村ゆりか)から、一真(小池徹平)に子供がいると聞かされた爽(新川優愛)。信じようとしない爽に、瑠衣は「嘘かどうかはすぐ分かることですから」と言い放つ。
爽は出社したものの、瑠衣に言われたことが頭から離れず、仕事に身が入らない。彼女は考えるうちに自分の留守中に瑠衣が家にあがり込んでいたと気付き、吐き気を催すほど気分が悪くなる。
そんな中、爽は若菜(筧美和子)とランチをすることに。爽は若菜に、瑠衣から一真に子供がいると言われたことを話す。すると若菜は、爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明ける。爽は、若菜が6年もの間、重大な秘密を知りながら黙っていたことにショックを受ける。

疲れ果ててマンションに戻った爽は、幸せだった頃の一真との思い出が詰まった部屋を眺めるうちに気持ちを高ぶらせる。思い出を振り払うように部屋の中をめちゃめちゃにしてしまう爽。そして彼女は、一真に手紙を綴るのだった。
一真が帰宅すると、すでに爽はいなかった。一真は“カズくんへ”と書かれた手紙を見つけて手に取るが、読むことができない。どうしてこうなってしまったのかと後悔する一真。彼は、自分の過去を思い返す…。

爽は、かすみ(戸田菜穂)の見舞いに行く。爽からカーディガンをプレゼントされて、喜ぶかすみ。しかし、爽の父の話になると、かすみが取り乱して暴れ始める。爽は、やはり母とは分かり合えないと落ち込む。そんな爽のもとに、秋山(町田啓太)からメッセージが届く。爽は、自分が辛い時にいつも支えてくれる秋山の存在を感じて励まされる。
その頃、一真は、瑠衣のマンションを訪れていた。一真が、なぜ爽の夫と知りながら付き合っていたのかと尋ねると「初めて会った時から好きだったから」と瑠衣は涙を流す。
一真が帰った後、何者かに連絡をする瑠衣。彼女は、まだ何かを企んでいるようで…。

出典:https://www.ytv.co.jp/guilty/story/