ドラマル

ドラマ『ギルティ』2話のネタバレ感想!小池徹平は嵌まり役?くず男役に賛否!

2020年4月9日に放送されたドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、仕掛けられたGPSに気づいたことをきっかけに、一真(小池徹平)と言い争いに!
そんな中、瑠衣の誘いで部屋を訪れた爽は、どこかで嗅いだことのある匂いを感じ…。

関連記事

ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ギルティ』2話のあらすじネタバレ

荻野爽(新川優愛)は秋山慶一(町田啓太)から連絡を受け、忘れたストールを受け取るため、秋山の店を訪れていました。
「ドジ!」とストールを渡しながら秋山は言います。お礼を言って帰ろうとする爽を呼び止め、ピザをご馳走する秋山。昔のように語り合う2人。
そこへ秋山の妻・秋山美和子(徳永えり)が。仲睦まじく話す秋山と美和子。爽は、いたたまれなくなり「ごちそうさま」と店を後にします。

その頃、荻野一真(小池徹平)は及川瑠衣(中村ゆりか)の部屋に居ました。
「奥さん、どんな人?美人?」と瑠衣はからかうように聞きます。「奥さんも浮気してたりして」という瑠衣の言葉に機嫌が悪くなる一真。

一真は何食わぬ顔で、ワインとチーズを買って帰宅。爽と2人で乾杯します。爽行きつけの「チートン」に連れて行って欲しいと頼む一真。爽は理由を付けてやんわりと断ります。
一真がソファーで寝てしまい、起こさないようにそっと爽は部屋を出ようとしますが、置いてあった自分のバッグにつまづいて中身が散乱。仕方なく拾おうとしたところ、GPSを発見します。いったい誰が爽のバッグに?
ふと爽は、一真が知らないはずの「チートン」の名前を知っていたことを思い出します。一真に不信感を募らせる爽。

爽は友人の西村若菜(筧美和子)の家へ。GPSが仕掛けられていたことを相談します。
若菜は、爽の浮気を疑った一真が仕掛けたのではないかと推測しますが、逆に一真が浮気をしているから仕込んだこともあり得るとも。

翌日、爽は仕事で近くに来ると言っていた一真にランチの誘いのメールを送信。一真からは、急な打ち合わせで行けなくなったと返信が来ます。
一真の会社に電話を入れる爽。一真は午後からの出社になっているとのこと。爽はいっそう不信感を募らせていくのでした。

一真はデリエのケーキを買って帰宅。今日は毎年恒例の「出会った記念日」だと微笑みます。
爽は「何か私に隠してることない?」とGPSを出しながら一真を問い詰めます。GPSを使って「チートン」の名前を調べたのだと言い張る爽。一真は爽が酔って言っていたのだと全否定。
爽が会社に電話を入れたと知った一真は激しく逆上し、GPSを投げつけて部屋を出て行ってしまいます。
一方、部屋でパソコン画面を見ていた瑠衣は、GPSが壊れたことをキャッチ。何と爽にGPSを仕掛けていたのは瑠衣だったのです。

その後、瑠衣は爽を家に誘います。爽は一真が買ってきたデリエのケーキを持参して来ました。
一真との大喧嘩のことを話す爽。瑠衣は「旦那さんを信じてあげましょう。元気出してください」と抱きしめて励まします。
元気を取り戻した爽は、瑠衣がトイレに立っている間、本棚にあった卒業アルバムを手に取ります。開くと黒く塗りつぶされた箇所が。見てはいけないものを見てしまったと感じた爽は、慌てて本棚にアルバムを戻すのでした。

翌日、爽は入院中の母・小高かすみ(戸田菜穂)の元へ。
夫の失踪で精神を病んだかすみの頭の中は、1番幸せだったころの記憶のまま止まっており、爽をまだ幼い頃の爽として認識しているのでした。

その頃、瑠衣は突然留守番中の一真の元に。驚く一真。仕方なく瑠衣を家に招き入れます。
瑠衣は夫婦の寝室に入り、一真を誘惑しますが「ここでする気か」と一真は拒絶。
すると瑠衣は、服を着たままシャワーを浴び「思い出さない?初めて会った時のことを」と声を掛けます。
雨の日、一真は彼氏に突き飛ばされて倒れた瑠衣に声をかけました。瑠衣は一真には答えず去りますが、一真は道に落ちたままの瑠衣の携帯を発見。携帯を返すために瑠衣と再会します。その日から2人の関係は始まったのでした。
「私を見て。私だけを見て」と瑠衣は一真を浴室に引き入れます。激しく抱き合う2人。

かすみの入院する病院からの帰り道、爽は秋山とともに過ごした、光の中にいた日々を思い出していました。かすみから秋山との交際を反対された爽。「あんたがあの子を選ぶなら、お母さん死ぬから」と言われ、爽は秋山に別れを告げたのでした。
灰色のつまらない毎日の中で、秋山だけが光だったと爽は思い出を振り返ります。

爽が帰宅。一真は「お帰り」と迎えます。
爽はちゃんと話したいと一真に伝え、一真も爽に向き合います。お互いに謝り合う2人。
「お風呂入ったの?私も入ろうかな」と爽。一真は「座ってな。入浴剤入れてあげる」と浴室へ。
浴室には瑠衣のネックレスが落ちていました。慌てて拾い「あの、バカ」と一真は呟きます。

爽は若菜に、一真を信じることにしたと伝えます。GPSは、誤解で爽を憎んだまま会社を辞めた横山優希(大西礼芳)が入れたのかもしれないと爽は伝えます。
それを聞いた若菜は、結婚式の時に同僚と話していた優希の言葉を思い出していました。

「チートン」で。
爽と瑠衣は、デリエのケーキを龍(阿部亮平)から勧められますが、同じものを食べたばかりだと伝えます。
「旦那さんが『出会った記念日』に買ってきてくれたらしいですよ」と瑠衣。その言葉を聞いた爽は、話したことのない「出会った記念日」のことを、どうして瑠衣が知っているのかと疑問を感じます。咄嗟に瑠衣の部屋で抱きしめられた時のなじみ深い感覚を思い出す爽。それは、瑠衣から一真と同じ匂いがしたからだと気づいたからでした。

爽は会社を早退した中村結(結城モエ)の代わりに秋山の店に行くことに。
爽が店に行くと、秋山は試作品の試食を爽に頼みます。秋山の父親は、爽の舌は信用できると言っていたと。
爽は「そんなに簡単に人を信じちゃ駄目だよ」と下を向きます。
「昔から誰も信じないもんな、お前。怖がってないで自分の思った通りやれよ」と秋山は励まします。
すっきりした気持ちで帰る爽。
そこへ「チートン」の龍から店に来てとの誘いの電話が。瑠衣は彼氏と一緒だと聞いた爽。自分の中で浮かび上がっている疑惑に向き合う決意をします。
瑠衣に「今から家に行ってもいい?」と連絡。「22時でもいいですか」と来た返信。一真からも22時ごろ帰ると連絡が来ていました。
22時より前に瑠衣の家に向かう爽。マンションのエントランスで、一真と瑠衣がキスしているところを目撃してしまうのでした。

スポンサーリンク

『ギルティ』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

今話も衝撃的な内容。いっそうドロドロ感が増してきました。
それにしても瑠衣の魔性さはすごい。爽のバッグに入っていたGPSは一真が仕掛けたものだと思いましたが、瑠衣の仕業だったとは。どこまで悪女なんでしょう。
何食わぬ顔で、一真に妻のことを尋ねたり、爽の留守中に自宅を訪れたり…。
あざ笑うかのような魔性さに、一真も圧倒されながらも関係を続けてしまうのですね。恐ろしいです。

それにしても、爽の友人の若菜も何か怪しい。筧美和子さんが演じているので、普通の親友であるはずがないと思ってしまいます。爽の周りで本当の味方だと思えるのは、やはり秋山しかいませんね。

ついに、一真と瑠衣の関係が爽の中で疑惑から確信に変わってしまいました。
一真はどうするのでしょう。瑠衣は開き直るのでしょうか?
これを機に、爽の気持ちは一気に秋山に動いてしまいそうです。しかし、秋山には優しそうな妻、美和子の存在が。
次回は更にドロドロ感が増すことは確かのようですね。ハマってしまいました。気になって待ちきれません。

小池徹平は嵌まり役?くず男役に賛否!

小池徹平さんの一真という役を楽しんでいる方もいますが、受けつけられない人も多くいるようで、ネットでは賛否が分かれています。

爽(新川優愛)という美人妻がいながら、不倫相手の瑠衣(中村ゆりか)を自宅にまであげてしまうクズ夫の一真に、演じる小池徹平さんを「嫌いになりそう…」という声もあがっていますね。

私も当初は、小池徹平さんの爽やかな顔に対してギャップを感じ、抵抗がありました。
しかし、昨今、一真のような役が板についてきた感もあり、クズ男やサイコ役を演じる小池徹平さんが好きになりました。

原作通り進むなら、まだ荻野一真には衝撃の秘密が暴露されるシーンがあります。
そこを小池徹平さんがどう演じるか、非常に楽しみですね。

『ギルティ』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『ギルティ~この恋は罪ですか?~』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

爽(新川優愛)は、一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)がキスしているところを目撃してしまった。ショックのあまり仕事も手につかなくなった爽は、会社を早退して若菜(筧美和子)の家を訪ねる。爽が一真の浮気を打ち明けると、若菜は「仕返しに浮気しちゃえば?」と言い出す。爽は、秋山(町田啓太)のことを思い出して動揺する。

爽がチートンの前を通りかかると、龍(阿部亮平)に詰め寄られている寺嶋(神尾楓珠)を見かける。龍は、寺嶋を爽のストーカーと勘違いしていた。龍の誤解を解き、爽は寺嶋の話を聞くことに。寺嶋は、爽の様子を心配して見舞いの品をチートンに預けて受け取ってもらうつもりだった。爽は、寺嶋が編集部でアルバイトを始めたきっかけを尋ねる。寺嶋は高校生の頃、失恋して落ち込んでいた時に爽の作った記事を読んで救われ、それをきっかけに編集の仕事に興味を持ったと語る。自分の仕事がしっかりと届いていたと知り、爽の心は晴れるのだった。
一真と向き合おうと爽が一真にメールを送ろうとしたその時、瑠衣から声をかけられる。瑠衣は、何食わぬ顔でいつも通りに接してくる。爽はそんな瑠衣に対して感情を抑えられなくなり――。

出典:https://www.ytv.co.jp/guilty/story/