ドラマル

『G線上のあなたと私』9話のネタバレ感想!無菌状態のピュア理人が神ってた!年上女子キュン死?

2019年12月10日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、也映子と理人がようやくお互いの気持ちを確かめ、付き合うことに!
そんな中、夫の態度にイライラを募らせていた幸恵が家出したという連絡が入り…。

関連記事

『G線上のあなたと私』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『G線上のあなたと私』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』9話のあらすじネタバレ

北河幸恵(松下由樹)のもとには、小暮也映子(波瑠)と加瀬理人(中川大志)から、明日のデートについての相談が別々に送られて来ていました。眠れない様子の2人。幸恵は「とにかく眠りなさい。眠れなくても眠りなさい」と2人に返信します。

翌朝、也映子から「38度3分の熱が出ました」と幸恵にlineが。幸恵が理人への連絡について心配すると、「熱が出たので今日は会えません」と理人に連絡したら、「分かりました」と返信が来たと言います。

熱も37度台に下がり落ち着いてきた也映子。食事をとっているとチャイムが鳴ります。なんと理人の姿が。家まで也映子の様子を見に来たのでした。これが若さというものかと驚く也映子。
とりあえず理人を自室へ。突然の訪問の非常識さを詫びる理人。自分と会いたくなくて仮病を使われたのだと思ったと言います。
「見ての通り、本当に風邪です。普通、家に来る?」と也映子。「あなたも来た」という理人に「重さが違う。女の人の都合上、こんな状態で会えないでしょ」とスッピン、ボサボサ頭と部屋着で理人に会うことになったことを説明し怒ります。あまり変わらないと言う理人に更に怒る也映子。
「本題に入っていいですか?」と話題を変える理人。久住眞於(桜井ユキ)に振られたとき、也映子に助けられたこと、その眞於をもサクッと也映子が救ったことを話し「あなたは俺の気持ちを軽くしてくれる。あなたと一緒にバイオリンをやれて良かった」と伝えます。その言葉に喜ぶ也映子。理人の顔を見て頬の傷に気づき「顔の傷どうした?」と心配します。「G線が切れて」と理人は、今朝、也映子から会えないと連絡があった後、もやもやしてバイオリンを弾いたら無駄に力が入って弦が切れ、顔に当たってしまった事を説明します。
そんな理人に「もしかして私の事、好き?」と聞く也映子。「うん。好きです」と理人は答えました。

後日、也映子は幸恵の家を訪れて、理人とのことを報告。不安げな也映子を「大丈夫。きっとうまくいく」と幸恵は励まします。北河多美(矢崎由紗)や北河由美子(夏樹陽子)も共に喜びました。

カラオケボックスで、バイオリンの練習をする也映子と理人。レッスンの後、幸恵は2人の時間を邪魔しないよう同席を遠慮したのでした。
今までと何が違うのかと考える也映子。
帰り道、2人は手を繋ぎながら歩きます。「お互いに昼は仕事と勉強に勤しむということで」と理人。也映子は「私達、どう見えてるのかなあ」と呟きます。「誰も俺らのことなんか気にしてないよ」と理人は笑いながら言うのでした。

その頃、幸恵は北河弘章(小木博明)に、多美の受験の面接の練習についてのプリントを見せていました。「はいはい、分かりました」と弘章は読まずにプリントを置きます。「今、見てよ」と大声を出す幸恵。すぐに「ごめん」と謝りました。弘章は気にせずに出て行きます。

週末。
也映子は仕事、理人は就活の説明会が入ってしまいました。それでも理人は「ちらっと会う?」と也映子を誘います。也映子が待ち合わせの場所へ向かうと、説明会が終わり、理人が友人たちと会場から出てきました。「お姉さんですか?」と理人の友人に聞かれる也映子。すかさず「彼女だけど」と理人は叫びます。
流れで、也映子は理人の友人達とランチを一緒に食べることに。友人の就活の相談にのる也映子を理人は笑顔で見つめます。
帰り道、スーツ姿の理人を見て「いつもと違うなー。私に見せたかった?」と也映子。「見せたいのは俺じゃない。みんなに也映子さんを見せたかった」と理人は言うのでした。
その夜、少しでも若返るために、也映子はスキンケアに奮闘します。

鼻歌を歌う機嫌の良い理人を見て、加瀬芙美(滝沢カレン)と加瀬侑人(鈴木伸之)は、理人が也映子とうまくいったと予想をたてます。芙美が理人に「あの人、すっごくいい人だよね」と也映子のことを褒めると「ありがとう」と理人。「ありがとうだって。彼女を褒められて、自然に言っちゃってる感じ」と芙美。芙美と侑人は「おめでとう」と喜ぶのでした。

その夜、侑人は、「お前にそういう人がいたのに、眞於のことを頼むなんて言ってごめんな」と理人に謝りました。理人は「眞於さん、案外兄貴の事本当に好きだったんじゃないかな」と、自分が気持ちをしっかり伝えなかったから侑人が離れて行ったことも分かっていたのではと、眞於の気持ちを察しながら侑人に話します。それでも、「兄貴のしたことは、一生許さないよ」と理人は伝えます。「許さなくていい」と侑人もしみじみと答えるのでした。

次のデートの日。バッチリとオシャレをしてきた也映子ですが、鏡に映った自分を見て急に恥ずかしくなり、服を変えに戻ろうとします。理人は也映子を止め、「そんな変わらないから」と言いますが、その言葉にも複雑な也映子。いつものカラオケボックスへ。
「普通でいましょう」と理人に言われますが、理人を見ながら「こんなのが私の彼氏ってあり?若くて良く見るとかわいい。私彼女でいいんだよね?」と心の中で呟いたはずが声に出てしまっていた也映子。理人は笑いながら指摘します。也映子は、感情がもたないと困惑するのでした。

也映子が仕事の打ち合わせのために訪れた店に、偶然眞於がアルバイトの面接にやって来ます。久しぶりに再会する2人。
也映子と眞於は喫茶店へ。眞於は也映子に三コンでのスピーチのお礼を言います。也映子は、理人が三コンの様子を録音していたことを始めて知り驚きました。眞於は也映子と理人が付き合いだしたことも、庄野眞盛(永野宗典)から聞いたと言います。どうやら幸恵が庄野に話したようす。
眞於は「8歳差、超越してくださいね」と微笑みます。「幸せすぎて痛いです。自分が」と也映子。この先、違う人と付き合ったりしていく理人を思い「眞於先生を恨みます。彼の恋愛を凍結した罪は重いです」と眞於に伝えます。「その無菌状態を保っていたおかげで、今がある」と眞於も笑いながら答えるのでした。
眞於との別れ際に、也映子はバイオリン教室の移転の話を聞きました。
也映子は幸恵に電話をかけ、教室の移転のことを伝えます。也映子は移転しても続けると話しますが、幸恵は「私は無理かな。いろいろ変わっちゃうね」と寂しそうに呟きました。

幸恵が帰宅すると、弘章、多美、由美子がうどんを食べていました。具なしの質素なうどんを食べていた3人に幸恵が声を掛けると、弘章は「毎日大変そうだから協力しているつもり。家のことも、多美のことも、母さんのこともよくやってくれていると思うが、あまり完璧にやらなくてもいいんじゃない?見ててきついよ」と告げます。
部屋で、1人バイオリンを弾く幸恵。「あー何だろう。今になってきつくなってきた」と呟くのでした。

帰宅途中、也映子は理人に電話で、眞於と偶然会ったことや、三コンの録音を理人が眞於に聞かせていたことを知って驚いたことを話しながら歩いて行ました。すると理人の姿が。「顔が見たくなった」と也映子を待ち伏せしていたのです。
2人はまたもやカラオケボックスへ。
也映子は理人の顔を見て「もう、傷跡がない。若いわー」と言って頬にキスをします。「え?何でそっちから?」と戸惑う理人。「だってしてくれないから。さっさとするもんじゃない?普通は」と也映子。
それを聞いた理人は、緊張しながら也映子にキスをしようとしますが、「辛い。いろいろ考えちゃって辛い」と也映子は戸惑います。「バイオリンに戻らない?バイオリンがないと苦しい」と也映子。
意味が分からないと言う理人に、也映子は「好きのその先が怖いです。私は多分、理人君にその先を求めてしまうと思う。でもそれは無理な話。だってあなたはこれからの人」と伝えます。「一緒に居るのが楽しい。それだけじゃダメなの?」と理人。「それがバイオリン。お互いの気持ちをバイオリンが軽くしてくれるから2人でいられる。バイオリンがないと、就活中の大学生と婚約破棄された30手前のOLってことになる」と也映子は言います。その言葉を聞いた理人は「何だよ、それ。これからの人って。そんなのどうもできないじゃん」と言い返します。
すると、也映子に電話が。多美からでした。幸恵が家出したと。驚く也映子と理人。
也映子はすぐに幸恵に電話を入れますが繋がりません。するとすぐに幸恵からlineが。「2人ともごめんね。心配かけて。いろいろ積もったものがじわじわ来てね。ちょっと一人になりたくなっちゃった。ガス抜きです」と。今日は東口のネットカフェに泊まるとのことでした。

也映子は理人に「一旦保留ね。私達の事。じゃあ、行こう」と声を掛けます。「どこへ?」と聞く理人。幸恵の所だと也映子が伝えると、「だって1人になりたいって」と。女心が分からない理人に「1人になりたいって時は誰かに来て欲しいし、大丈夫って時は大丈夫じゃない。そういうところってあるの」と頑張ってもそれと同じ位マイナスパワーが発動する女心を説明します。理解できない様子の理人。
「分からなくてもいい。誰でも、自分でもどうしようもないものと戦っているから。それは年齢とか関係なく。私は今、幸恵さんの所に行ってあげたい」と也映子は訴えます。
「じゃあ、行かなきゃしょうがねーな」と理人も答えます。若いとか、若くないとか関係ない。胸に秘めているものがある。「女子力なめんな」と月を見上げながら思う也映子。
同じころ、幸恵も月を見上げながら泣いていたのでした。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』9話のネタバレ感想

50代女性

sun

ついに也映子と理人が付き合うことになりましたね。デートを前にして眠れない2人が新鮮で思わず笑ってしまいましたが、まさかの也映子の発熱。更に突然家に押し掛ける理人の行動力に、見ている私も、これが若さかと也映子と同様驚いてしまいました。
幸せなはずなのに、好きのその先を考えてしまう也映子の気持ちが痛いほど理解できて、見ていて切なかったですね。理人のことを思うからこそ、そのような辛さも伴ってしまうのが年齢差のある恋愛ですよね。理人の恋愛経験が少ないからこそ、さらに切実に也映子に降りかかってくるという。
どうか乗り越えて欲しいと心から願ってしまいます。

弘章の幸恵への無神経な言葉には、同じ女性として怒りを覚えてしまいました。しかし弘章自身は、幸恵を傷つけているとは何も気づいていないのでしょう。弘章も悪気はないように思えますが、言葉の節々に優しさが足りないのは確かです。幸恵の辛さを思うといたたまれなくなりましたが、強がっている幸恵の本当の気持ちに気づける也映子は本当に素敵でした。
同じ女だからだけでなく、辛いことを経験してきた也映子だからこそ、幸恵の気持ちに寄り添うことができるのだと感じます。

いよいよ最終回。3人が幸せになってほしい。最後までしっかり見届けたいと思います。

無菌状態のピュア理人が神ってた!年上女子キュン死?

理人くんの神回でしたね。
全国の年上女子が「わたしも言われたい!」と、キュン死したのではないでしょうか?

眞於先生への叶わぬ恋に思春期を凍結して、無菌状態を保ってきた理人くん。
也映子と付き合ってからのデレデレする姿が可愛すぎました。

仮病を疑い家に来るあどけなさ!
兄嫁に彼女を褒められ「ありがとう」と言っちゃう純粋さ!
仲間に彼女を見せたがったり(若い)。
也映子を想い「彼女ですけど」と、怒って見せたり!
「顔見たくなった、ダメ?」とストレートに言ってみたり。
也映子にほっぺにチューされ狼狽えまくったり…
もう加瀬理人に悶える1時間でした。

案の定、つぶやきも理人ときどき黒澤キャプテンで埋め尽くされ、中川大志さんの魅力が爆発した回だったことが分かります。

次回ついに最終回、恋の先を求める也映子に、まだ若い理人がどんな答えを出すのか?
無菌状態を保ってきたピュア理人なら、也映子との「結婚」を決断することを期待して、来週を待ちたいと思います。

『G線上のあなたと私』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『G線上のあなたと私』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

家出した幸恵(松下由樹)の気持ちを察した也映子(波瑠)は、理人(中川大志)と共に北河家に向かうことに。
北河家では、姑の由実子(夏樹陽子)が弘章(小木博明)に幸恵の元に向かうよう促していた。
ひょんなことから弘章らと共に、也映子と理人は幸恵を一緒に迎えに行くことになる・・・。
予想外な弘章の行動にほだされ、幸恵は家族の元に帰ることを決めてほっとする一同。

そんな中、也映子は理人に対してすぐに「好き」の先を求めてしまう自分に不安を感じていた。
一方で理人は、8歳の年の差に不安を抱いている也映子を安心させられない自分に不甲斐なさを感じていて――。

そんな折、バイオリン三銃士の3人はとあるパーティでバイオリンを弾くことになる。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/