ドラマル

『G線上のあなたと私』8話のネタバレ感想!「幸恵さん=視聴者」の構図が良い?見守る幸恵さんに共感!

2019年12月3日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、也映子・理人・幸恵が、身内を読んで「3コン」を開催する!
そんな中、理人は来れなかった眞於にために、也映子のスピーチを内緒で録音して…。

関連記事

『G線上のあなたと私』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『G線上のあなたと私』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』8話のあらすじネタバレ

久住眞於(桜井ユキ)の部屋に来た加瀬理人(中川大志)。
眞於は理人の手を取り、部屋の中に迎え入れます。玄関で向き合う2人。理人を見て眞於は手を放します。
「もう、目が違うね。ずいぶん前から分かっていたけど。ごめん、ちょっとだけ。大丈夫。すぐ立ち直る」と言って眞於は泣きます。理人は「無理しないで。ゆっくりでいいですよ」とやさしく声を掛けました。

眞於は落ち着いた後、理人に紅茶を出します。眞於は、理人の気持ちがもう自分にはないと分かっていました。「大事な人には変わりはない。そこは変わらなくていいのだと。だから来ました。」と理人。眞於は、外科手術に進んでみようか、バイオリンを辞めてみようか悩んでいることを理人に打ち明けました。

眞於の部屋を出た理人。北河幸恵(松下由樹)から「いつものカラオケボックスにいます。也映子ちゃんもいっしょです」とlineが来ていました。

カラオケボックスでは、小暮也映子(波瑠)が酔っ払って歌いまくっていました。
理人が入って来ます。理人の姿を見ると也映子は「眞於先生は大丈夫?1人にして」と酔っ払いながらも心配します。理人は、落ち込んでいたが、最後は大丈夫だと言っていたと眞於の様子を伝えます。しかし、バイオリンとは少し離れてみると言っていたとのこと。
「私達が思うほど、簡単じゃないよね」と幸恵。「後は、みんな自力で立ち上がるしかない。行ってくれてありがとう」と也映子も言います。「行ってよかったです」と答えた後、「…也映子さん」と思いを伝えようとする理人。その言葉を遮り、「よーし飲むぞ。3人で飲むってなかったよね」と叫んでふらふらと2人に躓く也映子。そのまま2人を抱き寄せて「もう少しだけ3人で飲みましょう」と訴えるのでした。微笑む理人と幸恵。

二日酔いの理人。
加瀬芙美(滝沢カレン)は「告白しようとか思ってる?」と突然、理人に聞いてきます。昨日占いに行き、家族全員を占ってもらったら、弟に失恋の相が出ていると言われたとのこと。「今、言っちゃうと絶対振られる。大事なイベントも失敗しちゃうって」と芙美。24日以降が良いとアドバイスするのでした。

次の3人の練習日。
理人は芙美の言葉を気にしながら歩いていると、也映子とばったり会いました。
「早いね。幸恵さんとこれからレッスンなんだ」と也映子。幸恵も道向こうにいます。「待って…。いや、後で」と理人。そんな2人の様子を見て、幸恵は理人に「2人とも見てられない。余計なお世話だと思うけど」と伝えます。理人は3コンが終わってから、也映子に気持ちを伝えようとしていることを幸恵に伝えました。

3コンまで2週間。
理人の指導は厳しくなっていました。理人にけなされる也映子と幸恵。
理人は3人のコンサートのプログラムを作ってきました。そのプログラムを見て「ちょっと地味かな」と也映子と幸恵もケチをつけます。

コンサートまで1週間を切りました。
3人の出来に焦る理人。言い合いになります。
結局、出来る範囲で…という思いに落ち着きました。「ゆったりと、幅広く、極めて遅く、でも堂々と」という幸恵の言葉と共に、バイオリンを奏でる3人でした。

自宅で、幸恵が北河多美(矢崎由紗)の伴奏でバイオリンの練習をしていると、北河由美子(夏樹陽子)が「今週末でしょ?しっかり練習しなさいよ。恥をかかないように」と声を掛けてきました。「はい」と幸恵は嬉しそうに答えるのでした。
一方、也映子は仕事の電話中。バイオリンを見ながら、なかなか弾けない日々を送っていました。

夜、理人もバイオリンの練習のため外へ。加瀬侑人(鈴木伸之)も一緒に出てきます。
寒い中、公園で練習する理人に侑人は「お前、かっこよくなったな」と言うのでした。

いよいよコンサート当日。
也映子、幸恵、理人は3人で手を合わせ、「頑張ろう」と声を上げました。
也映子の両親、渡辺晴香(真魚)夫妻も双子を連れて見に来ました。也映子は2人に紹介します。
続いて、清水結愛(小西はる)もコーちゃんを連れてやって来ました。結愛は「ピアノ頑張ってね」と多美に声を掛けます。
理人の両親、侑人と芙美も息子のヒロトのぐずりを心配しながらやって来ました。みんなで紹介し合います。
最後に、北河弘章(小木博明)が由美子を連れてやって来ました。「由美子の化粧が終わらなくて」と弘章。幸恵の大変さを身に染みて感じた様子でした。

幸恵の開会の言葉から、3コンが始まりました。多美の伴奏で「星に願いを」「サムワン」「ラルゴ」と演奏は続いて行きます。みんなの手拍子も響き、和やかに時間は流れていきました。
最後の曲になりました。幸恵は、今日のコンサートは、自分だけ以前のコンサートに参加できなかったことへの2人の気遣いで実現したと皆に伝えます。由美子や多美の協力にお礼を言う幸恵。年齢も立場も違う3人が、弾けない人よりは、ほんのちょっと弾ける人達になれたと話します。也映子と理人にお礼を言い、幸恵は也映子にマイクを渡しました。也映子は、今日来られなかった眞於の話を始めます。録音を始める理人。
「あの時、バイオリンは真っ暗な夜に放り出された私たちを救ってくれた。音楽はそういう時に出会うのだと眞於先生は教えてくれた。今の眞於先生の、音楽に対する苦しい思いは、私には想像もつかない。でも、私は先生が出会わせてくれた音楽に救われていくと思います。先生はそういうものを私にくれました」と也映子は話すのでした。
最後の曲、「G線上のアリア」を弾き始める3人。3人の脳裏に今までの思い出が蘇ります。

眞於は、教室の受付の庄野眞盛(永野宗典)に最後の挨拶をしていました。
庄野は、数日前に理人から預かったレコーダーを眞於に渡します。そこには3コンの音源が録音されていました。
レコーダーの中の、也映子の言葉や「G線上のアリア」を聞く眞於。
録音を聞き終えた眞於は、庄野に「まさか、こんなことになるとは。私救われてしまいました。あの3人のバイオリンに。3人のG線上のアリア、最高だったと伝えてください」と頼むのでした。

3コンの打ち上げをする也映子、幸恵、理人。
3コンの話題で盛り上がります。急に「理人君の誕生日だったよね」と言い出す也映子。年齢の話で盛り上がる中、「幸恵さん」呼びをした理人に喜ぶ幸恵。そんな楽しい時間の中、幸恵は2人に気を使いトイレに行きます。2人きりになった也映子と理人。無言が続きます。たまりかねて「何か頼む?」と也映子。理人はテキーラをもう1杯頼みます。
バイオリンは続けるのかと聞く也映子に、理人は「もう、俺達バイオリンでつながる場合じゃないですよね。也映子さん。」と言ってテキーラを飲み干します。心配そうに、上から見守る幸恵。理人は酒の勢いで言うのは良くないと思いなおし、「明日月曜日、時間ありますか?会って話したいです」と也映子に伝えます。「わかりました」と答える也映子。

理人の思いに気づいている也映子は、やっと安心できる場所にたどり着いたのに、また黒い海に放り出される感覚になります。たどり着く先は天国か、地獄か。神様はドSだと思いを巡らす也映子でした。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』8話のネタバレ感想

50代女性

sun

傷ついた眞於のもとに行った理人。眞於は、理人の思いが自分にはもうないと理解し、すがるような事はしませんでした。理人にはみっともない所を見せたくなかったのでしょう。やはり、大人で素敵な人だと思いました。

3コンが無事行われ、3人に関りのある人達が一同に集まりました。アキラ100%さんもいらっしゃいましたね。それぞれが紹介されたり、挨拶したりする様子は和やかで良いものでした。
3人のバイオリンも最初の頃より、かなり上達していました。波留さん、松下由樹さん、中川大志さんの努力ですね。最後の「G線上のアリア」の音色に私も聞き入ってしまいました。

眞於先生のバイオリンが、弱っていた3人を救って3人の出会いに繋がった訳ですが、今度は逆に3人のバイオリンが眞於先生を救うことになったという展開には改めて感動でした。
きっといつか、眞於先生も立ち直ることができると信じます。

いよいよ也映子と理人が付き合うことになりそうですね。2人への幸恵の温かい気持ちも素敵でした。松下由樹さんの演じる幸恵の良さが、今回はたくさん溢れていましたね。
仲間から恋愛関係に変わることで、2人の間にはいろいろなことが起こるとは思いますが、応援したい気持ちでいっぱいです。来週もしっかり見届けます。

「幸恵さん=視聴者」の構図が良い?見守る幸恵さんに共感!

大学生(理人)に名前を連呼されて喜ぶ幸恵さん。
今日は若い二人を前にすごく弾けていて面白かったですね。

2人の付き合う瞬間を「まだかまだか」と、影から見守る幸恵さん。
絶妙なその表情はまさしく、也映子と理人を見る我々(視聴者)との声が殺到しています。
本当、松下由樹さんの演技が上手いし面白い!

「幸恵さん」トレンド入りしてるし、松下由樹さんが今期の"最優秀助演女優賞"という声もチラホラ…。
『G線上のあなたと私』は、松下由樹さんをこのポジに置いているのが、絶妙だと言えそうですね。

『G線上のあなたと私』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『G線上のあなたと私』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

理人(中川大志)とのデート当日、緊張のあまり体調を崩してしまった也映子(波瑠)。
一方、理人は会いたくないから断られたのではないかと疑心暗鬼になり、也映子の自宅を訪ね、困らせてしまう。

也映子の部屋で2人になり、ようやくお互いの気持ちを確かめ、ついに付き合うことにーー。
両想いである嬉しさを噛み締める也映子だが、8歳も年下の理人との交際に戸惑いを隠しきれず、空回り…。

そんな中、也映子と理人が2人で出掛けているところに、夫・弘章(小木博明)の態度にイライラを募らせていた幸恵(松下由樹)が家出をしたという連絡が入る。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/