ドラマル

『G線上のあなたと私』7話のネタバレ感想!眞於に理人が引き込まれた!也映子は眞於先生も大事?

2019年11月26日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、遂に也映子の再就職が決まるが、忙しさのあまり理人や幸恵とすれ違ってしまう!
そんな中、眞於がバイオリン演奏会後、音楽教室を辞めたいと伝え連絡不通に…。

関連記事

『G線上のあなたと私』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『G線上のあなたと私』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』7話のあらすじネタバレ

加瀬理人(中川大志)に腕を掴まれて歩いていた小暮也映子(波瑠)。そこへばったり清水結愛(小西はる)が。2人を見つめます。
也映子は「違うの。私、最近情緒不安定で」と言って慌てて立ち去ります。
理人と結愛を遠くで見ながら、也映子は大人である自分の不安定な行動を反省するのでした。

北河弘章(小木博明)が予約したディナークルーズの日。その日、北河多美(矢崎由紗)は模擬試験。弘章自身も仕事でした。船で待ち合わせを約束してさっさと仕事に行く弘章。
多美の準備や、北河由美子(夏樹陽子)の世話で、北河幸恵(松下由樹)は大忙しでした。
多美の模擬試験の受験票を忘れたりと、ディナークルーズには気が進まない様子の多美と由美子を連れて何とか船に到着するものの、幸恵は薄着であったため風邪をひいてしまいます。

3人のバイオリン練習日。幸恵からは風邪気味の声で欠席の連絡があり、理人は実技テストが近いと遅れて来ました。多美の受験で大事な時期の幸恵や、実習で忙しい理人に配慮して、也映子は3人のコンサートの延期を提案します。
「2人が忙しいと、へこむでしょ?」と理人。「今は違う。2人が頑張っていると思ったら私も頑張ろうと思える。2人の分まで練習する」と也映子。そこで也映子のスマホが鳴ります。それは就職決定の知らせでした。

也映子は早速、新しい職場で働き始めました。仕事の途中で渡辺晴香(真魚)から、無事双子が生まれたと連絡も入りました。
帰宅した也映子。バイオリンを見て、忙しい毎日の中で、幸恵や理人にしばらく会っていないことに気づきます。その頃、理人も久しぶりにバイオリンケースを開けてみて、弓が折れていたことに気づいていました。理人は也映子に「弓をもらえる約束だったと思うのですが」とlineを入れますが返信がありません。也映子は疲れて眠っていました。

3か月後。
手の治療を進めていた久住眞於(桜井ユキ)は、症状が治まってきたので、担当医に相談して、先輩から誘いを受けていた演奏会に出てみることに決めていました。
眞於が蕎麦屋に入ると、偶然理人も食べていました。眞於は、演奏会に出ることを理人に伝えます。理人は喜んで「聞きに行きたい」と言いますが、「聞きに来ちゃ駄目。この病気は緊張が良くないから」と眞於。「眞於さん、俺が行ったって緊張しないでしょ?」と理人が言うと「するよ」と眞於は笑顔で答えます。
「手のことで愚痴や心配事があったら聞きます。昔から知っている人として」と気遣う理人に眞於は「ありがとう。急に大人になったね」と感心するのでした。

也映子から理人に「弓を渡したいので、ちょっとだけ練習来れる?」とlineがあり2人は来週に会う約束をしました。しかし当日、理人の時間が合わずにまた来週に延期。今度は也映子がその日に行けずとすれ違いばかりの2人でした。

実習の合間に話す理人と結愛。結愛は「理人のことが好き」と告白します。理人は「気持ちには答えられない。別の人と時間を使った方がいい。俺も以前そう言われて実際そうだった」と告げました。

也映子はバイオリンのレッスンの帰りに、忘れ物をしたことに気づき戻ると、眞於が1人でバイオリンを弾いていました。綺麗な音色に也映子が聞きほれていると、眞於が気づき「今度人前で弾くことになって」と言います。也映子はそのまま聞かせてもらうのでした。

理人が部屋で勉強していると、下から加瀬芙美(滝沢カレン)の呼ぶ声が。也映子から弓が宅急便で届いていました。

眞於のバイオリンを聞き終わり、也映子は「素晴らしかったです。」と感動します。眞於は「就職決まって良かったですね。忙しいですけど、バイオリン続けてくださいね」と也映子に伝えます。「私は続けます」と也映子が答えると「また3人で弾けたらいいですね。たまたまここで出会って、そこからあんな風になれた3人が羨ましかった。私もそんな風に出会っていたら違っていた。ずるいですよね。自分でも分かっています」と眞於。それを聞いた也映子は、理人のことだと気づくのでした。

也映子が教室を出ると、理人から也映子に電話がかかってきました。「弓だけ送って来るって何?直接渡して下さい。今から会える?」と理人。理人は教室のビル前まで来ていました。理人の言葉に黙る也映子。その沈黙に「じゃあ、明日も早いから。」と理人。也映子も「え?じゃあね」と言って電話を切ります。
電話を切った後、理人は「即答しろよ。怖えよ」と呟きます。也映子は、あと0.5秒早く答えることができたらと後悔するのでした。

1か月半後。
幸恵は、弘章と電話をしながら家の階段を下りていて足を踏み外します。多美と由美子が驚いて、倒れている幸恵のもとに駆けつけますが「大丈夫。」と答え、多美を塾に送ろうとする幸恵。すると多美は「送らなくていい。もう自分で勝手にやるから。熱があるときだって無理してるし」と言います。由美子も「いつも家族のために犠牲になっているって顔されるとうんざりする。好きにすればいいのよ」と言いました。
幸恵は小さい頃の多美を思い出しながら、大人になったと感じるのでした。

由美子は友人と前川清のコンサートへ。幸恵が会場に送って行くと、由美子は、友人に送ってもらうから迎えは来なくてもいいと言います。多美も塾から1人で帰れるということで、自由になった幸恵。たまたま眞於の出る演奏会の看板を目にします。喜んで由美子は眞於の演奏を聞きに行きました。

也映子のレッスン日。
眞於は、自分のバイオリンを也映子に譲ると伝えました。突然のことに驚く也映子。「演奏会で自信がついて、もう一度演奏家として頑張ってみようかと」と眞於は言うのでした。

その頃幸恵は、眞於のことについて、也映子と理人にlineを送りかけて迷ってやめていました。

芙美が子供と外で遊んでいると、眞於がやってきました。挨拶をする芙美。
理人と加瀬侑人(鈴木伸之)の家を眺めて立ち去る眞於の後姿を、ちょうど家から出てきた侑人が見かけます。侑人は理人に電話をかけ、「眞於が家に来た。お前に会いに来たんじゃないか?変だろ?眞於と会って話してやってくれないか?」と言います。理人は「俺に何か出来るなら行ってやりたいけれど、ごめん。俺、もう違う」と也映子のことを考えながら答えるのでした。
考え込む侑人を芙美はみつめます。

その夜、芙美は母に「お父さんに言ってない秘密ありますか?」と聞きます。「あるわよ。お父さんにもあると思う。何か心配事?」と母。「侑ちゃんが秘密にしていることを私は知っちゃっているんですけど、そのことを侑ちゃんは知らないんです。どうしたらいいのかなって。」と芙美は言います。
「今までずっとニコニコしてくれてた芙美ちゃんが、私は大好きよ」と母は答えます。「わあい」と芙美は喜ぶのでした。

也映子がバイオリンのレッスンに行くと、そこに幸恵が来ていました。「多美についに反抗期がきたの」と幸恵は嬉しそうに話し、久しぶりの再会に2人は喜びます。そこへ受付の庄野眞盛(永野宗典)がやって来ました。「実は先週、久住先生から辞めたいと言われ、その後全く連絡がとれないんです」と困っていました。
也映子から連絡を受け、理人も駆けつけました。
也映子が、眞於は演奏会に出て自信がついたから、演奏家として頑張ると言っていたと話すと、幸恵は驚いて「それは違うわ。眞於先生、途中で全然弾けなくなってしまって」と偶然聞きに行った眞於の演奏会での様子を話します。「先生、手の病気なの?」と聞く幸恵に理人は「はい。留学中からで、良くなったり悪くなったりを繰り返している」と答えます。
也映子はバイオリンを手放そうとしていた眞於を思い、バイオリンを辞めようとしているのかもしれないと考えます。

3人は眞於の自宅へ向かいました。
途中で也映子は「待って。今先生に必要なのは、過去も今も知っていて受け止めてくれる理人君だと思う。理人君が1人で行くべきだと思う」と提案します。「今、俺が眞於さんのところに1人で行ったら別の意味が生まれる。それは違う。俺は今はあなたのこと…」と理人は也映子に言いかけますが、「全部人間愛だよ。眞於先生も含めて人間愛で繋がっている」と遮るように言う也映子。「こんな時まで何だよ」と怒る理人。也映子は「嫌だよ。あなたの思い続けていた人が苦しんでいるのに行かないのは。もし、眞於先生に会えなくなったら理人君一生後悔する。私は眞於先生のバイオリンに救われた。今、溺れて息ができなくなっている眞於先生のことを助けに行ってあげて欲しい」と頼むのでした。

也映子と幸恵はカラオケボックスに。
幸恵は「もし、理人君に付き合って欲しいって言われたらどうする?」と也映子に聞きます。「付き合います」と即答する也映子。「じゃあ、何で?今さら眞於先生の所へ行かせるの?」と幸恵。「あの人、素直じゃないし、ヘタレだし、痛いと思うところばっかりだけど、嫌になるほど人の事見てるし、優しいし。絶対弱っている人を見過ごすなんてできない人。そういうところを無くしてほしくない」と也映子は言います。

理人は眞於の自宅のチャイムを押して眞於に呼びかけていました。暗い部屋で1人座る眞於。

也映子は「胸が痛い。幸恵さん、何ですか?これ。変なの。苦しい。息ができない」と泣き出します。幸恵は「だからもう。馬鹿ね。也映子ちゃん」と言って也映子を抱きしめるのでした。

理人はチャイムを押し続けます。ドアを開ける眞於。眞於は理人の手を取り、部屋の中に入れるのでした。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』7話のネタバレ感想

50代女性

sun

也映子の就職が決まり、理人や幸恵も忙しい中で、なかなかバイオリンの練習ができない3人でしたが、会えなくてもバイオリンが3人を繋げている感じはやはりいいものだと思いました。
眞於が3人のことを羨ましいと言う気持ちも分かります。
やっと、理人も也映子のことを好きだと自覚しましたね。眞於のことで電話をかけてきた侑人にも、きっぱりと「今は違う」と伝える理人は素敵でした。

一方で、手の治療の成果が出てきたと自信をもって臨んだ演奏会だったのに、途中で弾けなくなってしまった眞於の気持ちはどんなにか辛かったのだろうと思います。辛いこともバイオリンを支えに乗り越えてきたであろう眞於が、バイオリンを辞めようとまでしているとは。

理人が自分のことを好きだと気づきながら、そして自分も理人のことが好きなのに、傷ついた眞於を今支えてあげられるのは理人だと、理人を1人で眞於の元に行かせた也映子。優しいですね。辛い思いを自分もしてきたからこそ、眞於のことをほっておけなかった。そんな也映子だからこそ、理人も好きになったのだと思います。
也映子は苦しくて泣いていましたが、理人は眞於の家には行きましたが、はっきりと也映子への思いを告げると思います。流されてしまうような子ではないと思うので。
早く幸せそうに笑っている、也映子と理人が見たいです。

眞於に理人が引き込まれた!也映子は眞於先生も大事?

ほっとけない女性・眞於先生。以前は玄関を開けることもなかったのに、今回はドアを開け理人を引き込みました。
なんだか、理人に対する態度が変わってきていた昨今。一体どんな心境の変化があったのか?気になりますね。
次回予告から、二人が付き合うようなことはなさそうですが…。

さて、「眞於先生を助けてあげてほしい!」と言った也映子。
よく考えれば、眞於先生のバイオリンが、落ち込む也映子を救ったし、3人を結びつけました。きっと、也映子にとって、理人も特別な存在だが、眞於先生も代わりがきかない大切な人なんだと感じます。

でも、好きな人を"元"好きだった人を励ますために行かせるなんて、そりゃ胸も締め付けられます。こういう時、幸恵さんがいることがせめてもの救いですね。

『G線上のあなたと私』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『G線上のあなたと私』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

理人(中川大志)に傷心している眞於(桜井ユキ)の元を訪ねるように自ら後押しした也映子(波瑠)。
しかし、その後自分の気持ちに気づき、思わず幸恵(松下由樹)に本音を吐露し、泣き出してしまう。
一方で、理人は眞於の元に行ったことで、自分の也映子へ対するの恋心を自覚しはじめる…。

その後、”三コン”の開催が迫り、練習にも真剣さが増す3人。これまで以上に、理人のスパルタ教官ぶりに拍車がかかっていた。

そして訪れたミニコンサート当日。
家族や友人ら大勢が集まる中、幸恵は家族への気持ちを、也映子はバイオリン教室での思い出や眞於とのことを語り始める。
そんな也映子のスピーチを、横で聞いていた理人は内緒で録音していて――。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/