ドラマル

『G線上のあなたと私』6話のネタバレ感想!俺好きかも「バイオリン」ではなく「也映子」でしょと総ツッコミ!

2019年11月19日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、侑人が眞於と密会していたことを知り、理人は激怒する!
そんな中、也映子、理人、幸恵ら3人は、久しぶりに合同練習をするが…。

関連記事

『G線上のあなたと私』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『G線上のあなたと私』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』6話のあらすじネタバレ

小暮也映子(波瑠)は、カップル成立した白鳥敬一(えなりかずき)との交際は断り、新しい婚活パーティーに向かおうとしますが、気が向かずに婚活サイトを退会します。

加瀬理人(中川大志)の通う大学で。
久住眞於(桜井ユキ)は、理人が紹介した教授のツテで病院に通うことになり、理人にお礼を言っていました。
「次は何で繋がればいいんですか?」と聞く理人に眞於は「理人君は真面目過ぎるよ。人間関係の種類が恋とか愛とかばかりじゃ寂しすぎる。また、お蕎麦行こうね」と答えるのでした。

理人と也映子はカラオケルームに。3人でのコンサート略して「3コン」の打ち合わせをする予定でしたが、北河幸恵(松下由樹)は来られませんでした。
理人は眞於から言われた言葉を也映子に話します。也映子は、眞於は理人のことを嫌いなわけではなく、恋とか愛とかではない関係、いわゆる人間愛を大事にしたいのではないかと伝えます。
也映子も白鳥を断ったことと、婚活を止めたことを理人に伝えます。
2人でコンサートの曲名を決め始めると、理人にlineが。清水結愛(小西はる)が来ました。この後、理人と映画を見に行くのだと言います。
バイオリンに興味を示す結愛。理人は実際に結愛に自分のバイオリンを持たせて教えます。理人との接近に嬉しそうな結愛。
それを見ていた也映子はいたたまれなくなり、母から入ったlineを理由に帰ります。

母からのlineには也映子の誕生日を祝うコメントがありました。今日は28歳の也映子の誕生日です。
誕生日は自分を見ていてくれる人を数える日みたいだと、也映子は寂しく思うのでした。

也映子は帰宅し、母から元婚約者の村野智史(森岡龍)の母と会ったことを聞きます。智史との別れは残念だったと母。体を悪くした智史の父のことを気にかけていました。

理人の部屋に入って来た加瀬侑人(鈴木伸之)は、眞於と会ったことを理人に話します。手を心配する侑人に眞於は、バイオリンを普通に弾く分には大丈夫。治療すれば良くなるかもしれないと。久しぶりに会えて話せたことを喜んでくれたとの事でした。
理人は「なんだよ、それ。何で会うの?兄貴の気持ちが楽になっただけだ」と怒ります。侑人は「分かっている。でも、ほっとけない。もし、お前が眞於にまだ本気なら応援する」と告げました。
理人の部屋から出てきた侑人の様子を、両親と息子の動画を見ていた加瀬芙美(滝沢カレン)は心配そうに見つめました。

北河由美子(夏樹陽子)が入院する病院で、幸恵は理人と会います。理人は夏からの実習の用事で病院に来ていました。
幸恵から理人は、也映子が元婚約者の父の見舞いに行き、母から寄りを戻すことを勧められていると聞きます。人を恨み続けるのはしんどいと話す幸恵に、理人は納得がいかない様子でした。

久しぶりに也映子、理人、幸恵が揃いました。結愛も来ていました。理人目当てで幸恵に付いてきた北河多美(矢崎由紗)は結愛を睨みます。モテモテの理人をからかう也映子。
結愛と多美の前で3人は久しぶりに「G線上のアリア」を弾きました。もうすぐバイオリンを始めて1年が経つと懐かしみながら弾く也映子。思いをはせながら、也映子は途中で演奏を止めてしまうのでした。

飲み物を取りに出た也映子に、理人は「何動揺してるの?元カレを思い出した?許せちゃうんだ」と声を掛けます。幸恵から理人は話を聞いたのだと悟り、也映子は「家族が病気だから、ほっとけない」と答えます。
侑人も眞於に対して言っていた「ほっとけない」という言葉に反応し、不機嫌になる理人。也映子も結愛への思わせぶりな理人の態度を指摘し、2人は言い合いになります。心配そうに2人の様子を覗く幸恵。
理人は、今ここにいるのは、コンサート後の打ち上げで、也映子が泣きじゃくりながらバイオリンを続けようと話したからだと訴えます。あの日のことは、酔っ払って何も思えていないと言っていた理人が、実際は覚えていたと知り動揺する也映子。
理人は「自分に何も無いからって、俺とか北河さんに執着するのは止めてもらえますか?」と言い放ちます。黙り込んだ也映子に「ごめん」と伝え、理人はその場を離れるのでした。
幸恵は余計なことを理人に伝えてしまったことを、也映子に謝ります。

也映子との練習の日に、寝過ごしてしまった理人。17時まで延長したとの也映子からのlineを見て、急いで行こうとしたはずみで、バイオリンの弓を壊してしましました。
理人から連絡が無いので、也映子は渡辺晴香(真魚)を呼び、一緒にカラオケをするのでした。

也映子のレッスン日。
誕生日のプレゼントをもらう眞於を見て、自分も今月が誕生月だと也映子は伝えます。「年齢も一緒、運命も同じよう」と微笑む眞於のもとに、理人からもお祝いのメッセージが。
也映子は「私と眞於先生は全然違います。眞於先生は周りの人から、ほっとけないって言われる。私はほっといても大丈夫ほどではないが、ひどいことをサラッと言われる人種。誰からも気にしてもらえないってキツイです」と伝えます。それを聞いた眞於は「気にしてもらいたいのなら、そう言えばいい。自分からは何もアピールしないのに、気にしてくれとはわがままだと思う。年齢と血液型と星座はいっしょですけど、本当に私たち全然違いますね」と告げるのでした。

北河弘章(小木博明)は、来月の幸恵の誕生日のために家族で行こうと、プレミアムディナークルーズのチケットを買ってきていました。幸恵は今月も家計が苦しいのに、勝手に高価なチケットを買ってきた弘章に「ご機嫌取らないで。この程度で済むと思わないでよ」と皮肉を言います。「え?何?俺は一生謝り倒さなきゃダメなの?とにかく行くから。みんなに言っといて」と博章は行ってしまいました。
「私は優しくないな」と自己嫌悪に陥る幸恵。そこへ也映子から電話がかかってきます。今から2人で会うことに。

也映子は、3人の居心地の良い世界を大事にしたくて、3人のコンサート(3コン)を開こうとしたのはエゴだったと幸恵に謝ります。
幸恵は、「3コンは理人がやろうと私に言ったの。理人が也映子ちゃんのことを『あの人』と言う時は、嫌そうなのに優しいから好き。3人の関係は緩いけれど良いものよ」と伝えるのでした。
幸恵の話も聞こうとする也映子に、幸恵は「也映子ちゃんと話したら元気が出た。3人で3コンやろうね」と元気に言うのでした。

楽器屋で也映子はバイオリンを見ていました。値段が高すぎて悩んでいると、弓の修理で来ていた理人と偶然会います。
「弓が壊れてから、これを機にバイオリンを辞めてもいいと思ったんだけど」と理人は言います。也映子は「バイオリンに対する情熱とか無いの?」と練習をさぼって無視した理人を責めます。「色々と言われると思ったから。でも、このままじゃコイツ可哀そうだなって」と弓を見つめる理人。
そこで也映子は「私、弓を買えばいいんだ。誕生日に何も買ってないし」と思いつきます。
2人は弓を試すために個室へ。部屋の音響に感動する也映子。
也映子はバイオリンで弓を試しますが、自分で弾いても分からないと理人に弾くよう頼みます。理人は「サムワン」を弾き始めます。目を閉じて聞き入る也映子。也映子を見つめながら弾く理人。
「俺、好きかも。バイオリン。今分かった。あと…」と言いかけたところで店員が入って来ました。

帰り道。
弓を買った也映子は「これで頑張れる」と言い、理人が新しい弓を買うまでと、使っていた弓を理人に渡します。理人は誕生日のプレゼントと交換だと言い、「おめでとう。あと、すみませんでした」と謝りながらプレゼントを渡します。也映子がプレゼントを開けると、松脂が入っていました。丁度無くなりそうだったと喜ぶ也映子に、理人は「知ってた」と言います。

也映子は理人が弾いていた「サムワン」の曲の意味を聞きます。「Someone to watch over me 私を見ていてくれる人」と理人が答えると、自分の思いと重なり泣き出す也映子。「酒を飲んでなくても泣くの?」と理人は困り果て、周囲の目を気にして、也映子の手を掴み慌てて歩き出すのでした。
すると、そこへ結愛が。2人を見つめる結愛。
也映子は、人間愛で収まらなくなったらどうすればいいのだろうと、立ち尽くすのでした。

『G線上のあなたと私』6話のネタバレ感想

50代女性

sun

也映子と理人の関係が、確実に近づいてきたのが分かりましたね。
理人が、元婚約者と寄りを戻しそうな也映子に対して異様に不機嫌になったり、理人と結愛のやり取りを見て、也映子がいたたまれなくなる様子から、お互いが惹かれ合っていることは見ていて分かりました。でも、当の本人たちは、自分の気持ちにはっきり気づいていない様子。そんなところも何か微笑ましかったです。幸恵はきっと気づいていると思いますが。

幸恵の、弘章に対して辛く当たってしまった後の自己嫌悪の様子や、その後に也映子から電話が来て、話したくて直ぐに会いに行く様子も、女性として共感できる気持ちが描かれていて素晴らしいと思いました。

とにかく3人を演じる波留さん、松下由樹さん、中川大志さんの演技がうまいので、見ていて自然に引き込まれます。
3人の言葉には、胸に刺さる部分がたくさんあり、演技の旨さも重なっていつも感動してしまいますね。
理人が楽器屋で弾いてくれた曲の意味が「私を見ていてくれる人」であって、それを知って泣き出した也映子に、私自身も泣けてきてしまいました。
楽器屋で、理人が也映子に言いかけた言葉も気になりますね。

来週はついに也映子が自分の気持ちに気づきそうです。今後もますます見逃せません。

俺好きかも「バイオリン」ではなく「也映子」でしょと総ツッコミ!

明らかに目を閉じた也映子の顔をポーっと見ていて、「俺好きかも」っていう心の声が出ちゃったくせに!

「俺好きかも也映子さんが…」でしょ!
理人も素直じゃないな~。

知らず知らずのうちに、也映子を嫉妬させるように結愛とイチャイチャしたりしてしまう理人。やることが若い!
振り回されている結愛が可哀想だぞ。

さて、理人が「俺好きかもバイオリン」といっていましたが、月9『シャーロック』のディーンさんといい、バイオリンブームがきているんでしょうか?

つぶやきでも、「バイオリン弾きたい!」「やりたい!」なんて声もチラホラでてきていますし、これは、バイオリン男子&女子ブームが来るかな?

『G線上のあなたと私』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『G線上のあなたと私』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

大学の臨床実習で忙しい理人(中川大志)や、娘・多実(矢崎由紗)の受験を控える幸恵(松下由樹)を慮る也映子(波瑠)は、3人でのコンサートの延期を提案する。
明るく振る舞う也映子にほっとしつつも、理人はどこか淋しさを感じていた。

そんな中、長らく就活に苦戦していた也映子の再就職が決まる。
新たな職場に奮起する也映子だが、忙しさのあまりバイオリンの練習時間を捻出できず、理人や幸恵ともすれ違うように…。

一方、治療の効果を感じた眞於(桜井ユキ)はバイオリンの演奏会に出ることを決意する。
バイオリンと再び向き合い始めた眞於だったが演奏会直後、突然音楽教室に辞めたいと伝え、連絡も取れなくなってしまっていた――。
心配する3人だったが、也映子は理人に眞於のところに行くように言う。
しかし、行かせてから自分の気持ちに気づき…。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/