ドラマル

『G線上のあなたと私』5話のネタバレ感想!酔っ払った波瑠が可愛いすぎ!緑黄色社会の長屋晴子と似てる?

2019年11月12日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、也映子が婚活パーティーで優しそうな青年・白鳥(えなりかずき)とカップルに!
そんな中、幸恵の誘いで久しぶりに3人が集まったが、突然白鳥からデートの誘いがきて…。

関連記事

『G線上のあなたと私』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『G線上のあなたと私』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』5話のあらすじネタバレ

小暮也映子(波瑠)は街でばったり、元婚約者の村野智史(森岡龍)と再会しました。也映子は、勝手に頭の中で村野との今後の展開の妄想をしますが、その妄想の中には何故か加瀬理人(中川大志)の姿が。慌てる也映子。
也映子と智史は回転寿司に行き、久しぶりに2人で食事をします。智史から、父が脳梗塞で倒れたことを聞き、更に結婚するはずだった彼女に、父が倒れたことで結婚できないと言われたと聞きます。予想外の展開でした。
別れ際に也映子は「智史、お父さんお大事に。あなたも無理しないで」と声を掛けます。1度結婚しようと思った人は結局嫌いになれないのだなと、しみじみと也映子は思うのでした。

大学の正門で、理人は久住眞於(桜井ユキ)と待ち合わせをしていました。理人は眞於を教授に紹介していました。その様子を陰から清水結愛(小西はる)が覗いています。

也映子は婚活パーティーに参加しますがカップル成立ならず。
8戦8敗だと電話で北河幸恵(松下由樹)にぼやく也映子。幸恵の結婚生活の話の中で、夫・北河弘章(小木博明)が浮気したことを聞きます。
「許したんですか?」と聞く也映子に幸恵は「許せる訳はない。でも今まで一緒に過ごしてきた時間を簡単には捨てられない。決定的に憎めない何かが残る」と答えます。幸恵の言葉を聞き、分かるような、分からないような気持ちになる也映子。

翌日、也映子は、コンタクトレンズの処方に行った眼科で、加瀬侑人(鈴木伸之)と会います。コンタクトレンズの在庫切れで困っていた也映子に、侑人は自分の会社のものを勧めます。
一緒に帰りながら、「久住さん、元気ですか?あなたに聞くのもおかしいけれど」と侑人。「教室では元気です。理人君は眞於さんと連絡取っているみたいですよ。彼も彼なりに壁を乗り越えているんでしょうね」と也映子は答えました。それを聞き、複雑な表情で侑人は也映子を見送るのでした。

その夜、侑人は理人をバーに呼び出します。「眞於さんとなら会っているよ。」と理人は家でできない話はこれしかないと察し、侑人に伝えます。「付き合っているのか?」と聞く侑人に理人は「眞於さんが留学を辞めて帰ってきた訳を知らないだろう?」と眞於が局所性ジストニアを患っており、眞於の希望で理人のゼミの教授を紹介した話をしました。
侑人は「眞於は俺と結婚しようなんて本気で思っていなかったんじゃないの?何でそんな大事なことを、今の今まで俺が知らないんだ。そういうところだよ。眞於が何を考えていたのか分からない」と言います。
「だったら結婚しようなんて言うなよ」と言い放ち、理人は出て行きました。

眼鏡を外して臨んだ9戦目の婚活パーティーもうまくいかなかった也映子。カラオケに行くと、1人で歌いまくっている理人を発見。3ヵ月ぶりに2人で食事をしながら話しました。也映子の婚活がうまくいっていないと理人は見抜きます。也映子は元婚約者に会った話をし、やりきれない思いを吐露します。
帰り際に理人は「眼鏡はあった方がいいかも。忘れ物しましたって感じ」と言います。3ヵ月ぶりに会ったのにこれかと、也映子はがっかりするのでした。

眼鏡に戻した次の婚活パーティーで、也映子は白鳥敬一(えなりかずき)とカップル成立。
母と渡辺晴香(真魚)は白鳥の経歴を見て盛り上がります。公務員試験を勧めていた父も、鉄道が趣味と言う白鳥に興味津々。
也映子と晴香はその場を抜け出し話します。「結婚はゴールじゃない。色々なことが起こる」と晴香。晴香は双子を生む覚悟をしていました。旦那はバカだけど支えてくれると言います。そういう人と自分も結婚したいと也映子は思うのでした。

幸恵は北河由美子(夏樹陽子)を病院に連れて行くために、由美子のお化粧や髪形を整えようとしますが、由美子は「化粧なんて、もういい」と拒絶します。幸恵は、近所の人たちに、年の割に綺麗で化け物だと言われている由美子が自慢だったと伝え、由美子に綺麗に化粧を施します。表情が緩んだ由美子は、幸恵にも口紅を塗った方がいいと勧め、「幸恵さん、もう、バイオリンは辞めたの?」と問いかけるのでした。

加瀬芙美(滝沢カレン)は理人に、家族で行く花見の相談をしてきました。あっけらかんと楽しそうな芙美の様子を見ながら、いろいろな意味も含めて「兄貴が正解なんですかね?」と理人が聞くと、芙美は笑顔で「侑ちゃんはいつも正解を選ぶ」と言うのでした。
そこへ幸恵から「来週3人でバイオリンの練習をしましょう」とLineが入りました。

3人の久しぶりの練習の日。白鳥からデートに誘われたという也映子を、幸恵はデートの方に行くよう説得をしていました。悩んだ末、デートに向かう也映子。
「結局行くんですね。婚活成功か。どんなやつですかね。」と理人。「付き合ってみないと、何とも…」と言う幸恵に理人は、「マッチングしたからそのまま結婚でしょう」と言い切ります。すぐに結婚という考え方に幸恵は「怖い」というのでした。

その頃、白鳥は也映子に早くも結婚後の新居リストを見せていました。結婚に向けてどんどん話を進めていく白鳥に也映子は戸惑います。

カラオケルームでは幸恵と理人がバイオリンを弾きますが、うまく音が出せません。也映子がどれだけ上達していたか聞きたかったと言う幸恵に、理人は「だったら、コンサートを3人でやりませんか?」と提案。幸恵もやりたいと同意します。

その後、理人がバイト先の店に出勤すると、也映子と白鳥が来ていました。理人は驚きますが、ぼーっと通り過ぎる也映子を心配そうに見つめます。
理人はバイト終わりに、也映子に1階の焼鳥屋に呼び出されます。
「お相手は帰ったんですか?何でウチに来るの?良かったですね。やさしそうな方で」と理人。也映子は「今日分かった。時間を無駄にした。バイオリンを練習していた方が良かった」と答えます。「時間を無駄にするというワードはキツイ」と訴える理人に「眞於先生が言ったのは違う。先生の時間を無駄にしますっていうのは優しさ。」と也映子は説明します。「間違いなく、今日過ごしたかったのは幸恵さんと理人君だった」と也映子。
白鳥に同情する理人に、也映子は「怖かった。1階会っただけで新居リストを渡された」と話します。理人は幸恵も「怖い」と言っていたことを思い出すのでした。
その気がないのに新居リストを受け取ってしまった也映子に、理人は返すよう助言します。理人の言葉を聞いて、也映子は今から返しに行こうとしますが、酔っ払った勢いで断るのは失礼だと理人に諭されました。

2人で帰りながら、「何で結婚したいと思ったんだろう」と呟く也映子に、理人は「結婚したいヤツが見つからないなら、結婚なんかしなくていいんじゃね?」と声を掛けました。
「猛烈にバイオリンが弾きたい」と叫ぶ也映子。3ヵ月頑張って通い続けた自分が、絶対一番上手なはずだと言います。
「白鳥さんは私のどこが気に入ったと思う?眼鏡だって。眼鏡をかけている女性に萌えるんだって」と也映子から聞いた理人は「そいつ、今からサクッと振ってきてもいいんじゃないですかね」と怒り出しました。

也映子にとってバイオリンの音色がとても恋しい夜でした。

『G線上のあなたと私』5話のネタバレ感想

50代女性

sun

元婚約者の智史とバッタリ会って、也映子がまた嫌な思いをしてしまうのではと心配していましたが、智史の方にもいろいろあり、辛い思いをしたようでした。智史にもきっと婚約破棄された時の也映子の気持ちが分かったことでしょう。別れ際に、智史を励ました也映子の言葉は優しかったですね。

由美子を介護する幸恵の思いも、由美子に少しずつ伝わってきました。由美子の理解も得て、幸恵がまたバイオリンを再開することができるようになったことは、本当に良かったです。
理人の方も、局所性ジストニアを患っている眞於の力になれたことで、バイオリンと遠ざかっていた気持ちが復活したようですね。

也映子のカップル成立の相手が、えなりかずきさんだったところは、何故か笑みがこぼれてしまいました。
確かに婚活パーティーで知り合った訳ですから、2人とも結婚を考えるのは当然ですが、デート初日に新居リストを手渡すのは引いてしまいますね。眼鏡をかけている女性が好みだということで、白鳥が也映子の眼鏡を気に入ったと聞いて、そのことに怒った理人がちょっとかわいかったです。
今どきの若者のような理人ですが、時として胸に刺さる助言をする大人っぽさも持っているところに、也映子も惹かれ始めているのでは?と思います。理人の気持ちも含め、今後も2人の仲が気になります。

酔っ払った波瑠が可愛いすぎ!緑黄色社会の長屋晴子と似てる?

波瑠さん演じる小暮也映子がいい塩梅で妄想したり、叫んだり、酔ったりして可愛かったですね。少しキャラ変したかな?

特に酔っ払った波瑠さんが可愛いと話題のようですね。

そして、也映子が参加した婚活パーティーに来ている女性役でゲスト出演した主題歌「sabotage」を歌う緑黄色社会のボーカル・長屋晴子さんが、波瑠さんとソックリすぎると話題に!
確かに似ていましたね。
同じような服装・眼鏡姿だったこともあり、「えっ誰?波瑠さんとソックリ」と私もつぶやいてしまいました。
…あの二人が婚活であまるとかあり得ないだろう!

それにしても、理人の「こいつはおれのもんだ」発言は、也映子の妄想だったんですね。
あんな妄想するなんて、也映子の頭の中は、既に理人で一杯ですね。

『G線上のあなたと私』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『G線上のあなたと私』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

婚活パーティーで白鳥(えなりかずき)とカップルになったものの、白鳥のアプローチを受け入れられなかった也映子(波瑠)は交際を断り、婚活サイトも退会する。
気分を新たに、理人(中川大志)とコンサートの計画を立てていると、理人に好意を寄せる結愛(小西はる)が現れる。
理人にバイオリンを教わり、嬉しそうな笑顔を見せる結愛。
そんな2人の楽しそうなやりとりに居心地の悪さを感じ、也映子はカラオケを飛び出してしまう。

理人は、兄・侑人(鈴木伸之)が眞於(桜井ユキ)と密会していたことを知り、激怒する。
しかしそんな理人の態度に、侑人の心境にも変化が……。
そして、也映子、理人、幸恵の3人が久しぶりに揃っての合同練習の日。
久しぶりの集合に喜ぶ也映子だったが、理人のある一言でひどく傷つき、気まずくなってしまう。
そんな中、ある日並木楽器店で也映子と理人は偶然遭遇して――。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/