ドラマル

『G線上のあなたと私』2話のネタバレ感想!松下由樹の演技に惚れる?程よいおばちゃん感が最高!

2019年10月22日に放送されたドラマ『G線上のあなたと私』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、幸恵(松下由樹)の自宅で練習会を開くことに!
そこに、旅行に行き帰ってこないはずの姑・由実子が帰ってきて…。

関連記事

『G線上のあなたと私』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『G線上のあなたと私』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『G線上のあなたと私』2話のあらすじネタバレ

発表会に向けて小暮也映子(波瑠)、北河幸恵(松下由樹)、加瀬理人(中川大志)の3人は一生懸命バイオリンの練習をしていました。久住眞於(桜井ユキ)は初めて「星に願いを」を最後まで続けて弾けた3人を褒めますが、今の技術では3人が希望する「G線上のアリア」はまだ無理だとやさしく言います。今回の発表会には「星に願いを」で出ることになりました。

3週間後の発表会の当日。
也映子は結婚式の2次会で着るはずだったドレスを着てきました。綺麗だと褒める幸恵。照れているのか無言の理人。
場違いな気がして、ドレスを着ることをやめようかと悩む也映子に理人は「それを着ないと意味はない。思い出を塗り替える発表会だから」と声をかけました。

ついに3人はステージで「星に願いを」を弾き始めます。
緊張のあまり音色はひどく、理人までボロボロの出来で終わります。
落ち込む3人でしたが、幸恵は也映子と理人に「来週の土曜日に家で練習しない?」と提案します。義母の北河由美子(夏樹陽子)は旅行、夫の北河弘章(小木博明)は出張で家に居ないとのことでした。

也映子は部屋で、フリマ用に今日着たドレスの写真を撮ります。ドレスを元婚約者・村野智史(森岡龍)と選んだ時のことを思い出しながら、5000円で出品するのでした。

理人と也映子は幸恵の家にお邪魔する前に手土産を選んでいました。
マカロン、団子、たこ焼きと、丸い物ばかり選ぶ也映子。買いすぎではと理人は呆れます。
たこ焼きが焼きあがるのを待っている間、也映子は「本当に来るとは思わなかった。大学生が、主婦とOLと一緒に過ごすなんて暇なの?」と理人に言います。「練習ができるから」と理人は答えました。
理人は也映子に、兄の侑人(鈴木伸之)の彼女だった久住との出会いや、一緒に釣りに行った思い出を話し、久住に思いを寄せ続ける理人に対して「お前にも合わないよ。」と言う侑人に殴りかかって、逆に腕を怪我したことを話したのでした。

也映子と理人が幸恵の家に着くと、幸恵の娘の北河多美(矢崎由紗)が居ました。多美はピアノの伴奏をしてくれるといいます。多美は幸恵から也映子と理人のことを聞いていた様子で、也映子には「時にお姉さん、心の傷は癒えたんですか?」と声をかけ、理人には「お兄さん、恋敵を殴って骨折とか大変ですね」と声をかける始末。
プライベートは自粛でと言う理人達に、幸恵は謝るのでした。

みんなで食事後、多美の伴奏で、3人は「G線上のアリア」を弾き始めます。也映子と幸恵はうまくいかず途中で止めてしまいますが、理人はそのまま続けていました。
そこへ、由美子が「ただいま」と帰ってきました。明日帰ってくるはずだったので幸恵は驚きます。

也映子と理人を送りながら、幸恵は結局あまり練習できなかったことを謝ります。「あれは絶対わざと。最初から一泊だったのよ。そういう人なの、あの人。すごく楽しみにしていたのに」と、由美子に対して怒りながら悔しくて涙を流す幸恵。理人は「楽しかったですよ。だから、泣いては駄目です。楽しく終わりましょう。わざとだったとしても、楽しくしていればこっちの勝ちだ」と声をかけます。その言葉を聞いた幸恵は「そうね。ありがとう」と笑顔を見せました。
2人の様子を見ながら、也映子は前に進めていたはずの自分が、何だか置いて行かれているような気持ちになってしまいます。

その夜、理人の家では侑人の妻の加瀬芙美(滝沢カレン)が産気づいていました。病院へ行くよう慌てる理人に芙美は、良い名前を思いついたと理人に感想を聞きたがります。
芙美が理人に見せた紙には、家族みんなが苺を好きだという理由から「苺郎」と書かれてありました。とまどう理人。

也映子の家にはいとこの渡辺晴香(真魚)が遊びに来ていました。也映子は母からは、そろそろ就職をと言われ、晴香からは仕事にも恋愛にもガツガツしていない所を指摘され、「今、何が目的で生きているの?」と聞かれます。
今の社会では無職のままでは、一方的に婚約破棄された私にさえやさしくないのだと、也映子は身に染みて感じるのでした。
そこへ理人から「兄貴の子供が生まれた。」とlineが。「飛翔」と書いて「ひろと」という名前になったとのこと。つくづく世の中は止まっていてはくれないと也映子は痛感するのでした。

次のバイオリン教室の日、加瀬家で生まれた赤ちゃんの写真で盛り上がる幸恵は、自然に「理人君」と呼ぶようになっていました。也映子が指摘すると、多美が理人のことを気に入ったため家でそう呼んでいる為、自分も名前で呼んでしまったと幸恵は答えます。理人は特に気にしていない様子でした。

帰り道、理人が居酒屋でバイトをしているという話になり、場所を教えてもらいます。
すると、理人は、以前兄の侑人に子供が生まれたら教えてくれと久住から言われていたので、メールで知らせたが、2週間以上も返信がないことを相談してきました。
社交辞令で言った久住の言葉を真に受けて、言われたままにメールを送った理人の鈍感さに、也映子と幸恵は言葉を失います。

早速後日、也映子と幸恵は理人がバイトする居酒屋へ行きます。理人が久住に送った、「子供が生まれましたメール」について話していると、バイト仲間の清水結愛(小西はる)が「理人を馬鹿にしてます?」と声をかけてきました。2人は慌てて否定します。
理人のことが好きな様子の結愛に、幸恵は「何か、羨ましい」と言います。それを聞いた也映子は「私も羨ましかったですよ。この間加瀬さんが幸恵さんを励ました時、もやっとしました。あれは多分、嫉妬だと思う。」と言いました。驚いて幸恵は飲み物を噴き出します。也映子は、それぞれ頑張っている幸恵と理人の距離が一気に縮まった気がして、置いて行かれた気がしたと伝えるのでした。
「楽しくしていればこっちの勝ちだ」という言葉にキュンとしたと也映子が言うと、後ろに理人が立っていました。「ご注文は?」と理人。驚いた也映子は、「勘違いしないでね」と言います。理人は「勘違いしようがないです」と無表情で答えるのでした。

居酒屋からの帰り道、也映子は「加瀬さんは幸恵さんと私への態度が違う」と幸恵に愚痴を言います。幸恵は「それはあなたが近い人だから。そもそも私はあなたたちと同じフィールドにはいないの」と笑います。「私が19歳の青年と嫉妬されるなんて。也映子ちゃん、仲良くしてくれてありがとう」と幸恵。2人はお互いに名前で呼び合うことに決めるのでした。

練習のためにカラオケで待ち合わせをする3人。幸恵は買い物で遅れてくるといいます。
理人は也映子に「どうやって別れた男のことを忘れたんですか?」と聞いてきました。ストレートに聞いて来る理人に文句を言いながらも、也映子は「私の場合は、本当に好きだったのか分からないから、今思い返すと、もっと相手と向き合っていればよかったと思う。加瀬さんの場合は、本気だからこそ無理に忘れるのではなく、思いを一度しっかり伝えた上で、振られればいいと思う」と答えます。それを聞いた理人は「今度の発表会が終わったら告白して、振られたらバイオリン教室を辞める」と言います。
振られるとは限らないと言う也映子に理人は、バイト先の結愛が自分に好意をどんなに向けて来ても自分の気持ちは動かないことを話し、久住もそれと同じ気持ちなら100%無理だと言います。今のままでいるより、前でも後ろでも進めた方が良いという理人。
也映子は「嘘です。振られたからって、前も後ろも進めない。本気で好きって何?それを測れるものがある?」と混乱して自問自答を始めます。
「どうしたんですか?」と動揺する理人に也映子は「ごめんなさい。今日は帰ります」と言い、出て行きました。

也映子は以前勤めていた会社に、失業保険のための書類を取りに行きます。すると、生き生きと同僚たちと話す村野を見かけます。立ち尽くす也映子。

その夜、也映子は理人に電話をかけます。先日のカラオケボックスでのことを理人に謝りました。「結局、俺は気持ちを伝えた方がいい?」と聞く理人に也映子は「今日、元婚約者を見たんです。元気できらきらしていました。しんどいけれど、自分を動かせるのは自分しかいない。人間、止まったら駄目です。伝えた方がいいと思う。うまくいって、バイオリンも続ける未来が来ればいいと心から思っています」と伝えました。
「模範解答ですよ。也映子さん」と名前呼びをする理人。

その頃、久住は友人と理人のことを話していました。
久住は、生徒は選べないから仕方ないと、知りたくもない兄の情報を教えて来る理人のことを友人に嘆くのでした。

『G線上のあなたと私』2話のネタバレ感想

50代女性

sun

今回は、也映子、幸恵、理人の3人の年齢を超えた友情が描かれていました。
義母の由美子との関係に涙を流す幸恵に、理人が言った「楽しかったですよ。楽しくしていればこっちの勝ちだ。」という言葉には私も涙が出そうでした。也映子が嫉妬するのも無理もない位、温かい言葉でした。

幸恵が「理人君」と名前呼びになっていることに、もやっとする也映子も、かわいく感じてしまいました。
理人と也映子とは同じフィールドに居ないと考えていた幸恵が、也映子に理人のことで嫉妬されたり、年下の理人が幸恵を励ましたり、年齢を超えた友情が確かに存在していて、見ていて心が温かくなりました。

「也映子さん」と理人に名前呼びされた也映子も、「理人君」とこれから呼び始めるのでしょうか。
ろくに知りもしない相手だからこそ、自分の悩みを話しやすいということも良くわかります。悩みを話せたり、聞いたりすることによって、年齢も離れた3人の距離感はぐっと縮まり、友情が芽生えてきたのですよね。

この3人の不思議な関係性が、見ていて心地よく感じます。今までにない面白いドラマですね。

「生徒は選べないからしょうがない」と言っていることから、久住先生は残念ながら理人のことは何とも思ってなさそうですね。

理人と也映子の間に恋愛は生まれるのかも気になるところです。

松下由樹の演技に惚れる?程よいおばちゃん感が最高!

嫁姑問題に悩む北河幸恵を演じる松下由樹さんの演技が素晴らしいと話題を集めています。

何といえばいいのか、程よいおばちゃん感が本当に上手く出ていて(素かな?)、見ていてすごくしっくりします。

前クール『警視庁ゼロ係』での小泉孝太郎さんとのやりとりも面白かったですが、波留さんとの女子トークも絶妙。

今回、『楽しくしてれば、こっちの勝ちだ。』という理人の名言やカッコ良さ、波瑠さんの可愛さに目が行きがちだが、嫁姑問題や夫の浮気を忘れられる也映子や理人と過ごす時間をすごく大切に、楽しみにしている幸恵の存在にジンときました。

名前で呼ぶようになった也映子と幸恵。
どんどん仲を深めていく二人の関係にワクワクしますね。

『G線上のあなたと私』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『G線上のあなたと私』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

秋の発表会で「G線上のアリア」を披露することを決めた也映子(波瑠)ら。理人(中川大志)のスパルタ指導のかいもあって、也映子と幸恵(松下由樹)ら3人の仲も深まってきた。
そんな折、眞於(桜井ユキ)の個人レッスンを受けている金髪のバンドマン(喜矢武豊)が眞於をデートに誘う姿を見て嫉妬する理人。

一方、理人の眞於への真っすぐな恋心を知った也映子は、ふざけてからかってしまったことを後悔していた。発表会が近づき、練習に余念のない也映子だったが、家庭や学校と3人の予定が合わない日々に淋しい気持ちに…。

ついに訪れた発表会当日、緊張と期待に胸を膨らませる也映子の元に幸恵から一本の電話がかかってくる――。

出典:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/story/