ドラマル

『グランメゾン東京』11話(最終回)のネタバレ感想!最高のチームによる最高のドラマと絶賛の嵐!

2019年12月29日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』11話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、ミシュランの審査が迫る中、倫子と尾花が魚料理で対決!
果たして「グランメゾン東京」は、三つ星を獲得できるのか?

関連記事

『グランメゾン東京』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グランメゾン東京』11話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』最終回のあらすじネタバレ

ミシュラン審査開始まであと2週間。
尾花夏樹(木村拓哉)は、知り合いの高級寿司屋の大将(塚地武雅)を頼り、そこでマグロを使った料理をいろいろ試していました。その試食役として、早見倫子(鈴木京香)、相沢瓶人(及川光博)、平古祥平(玉森裕太)、芹田公一(寛一郎)が来店。
しかし、マグロは加熱することて血が固まり、その旨さ(鉄分と酸味)が消えてしまうから、加熱を基本とするフランス料理には不向き。「禁断の食材」と言われていました。そのため、いまひとつ納得がいくものが出来上がりません。
倫子たちは、いい加減諦めるよう言い聞かせますが、尾花はそれを聞き入れようとしませんでした。

その後、尾花がパリで修行していた店・ランブロワジーから電話がきます。
オリンピックにあわせて日本に姉妹店を出すから、そこでシェフをやらないか、という打診でした。
これを尾花は断りました。

ミシュラン審査開始まで、あと10日。
相沢が「ウニのパンペルデュ」、祥平が「手長海老のスープ」といった新メニューを完成させ、残るは前菜、魚料理、デザートのみとなりました。
尾花は、マグロ料理の開発に挑み続けるも難航。倫子は「間に合わないから、いい加減諦めて」と苦言を呈します。
「なら、俺がマグロ料理作ってる間に、あんたが自分で魚料理作りゃいいだろ。シェフなんだから」と挑発する尾花。倫子はそれを受け、「マグロ料理に代わる魚料理を、わたしが完成させてみせる」と宣言したのでした。

ミシュラン審査開始まで、あと7日。
gakuでは、丹後学(尾上菊之助)に代わってシェフとなった・結月聡(馬場徹)の傍若無人な振舞いに、スタッフたちが不満を募らせていました。
結月は、スーシェフとして武野浩介を呼び寄せ、柿谷光(大貫裕介)をも降格させてしまいます。
そこで柿谷は、不満を抱くスタッフたちと共にボイコットを決行。
江藤不三男(手塚とおる)は、誰もいない荒れ果てた厨房と、高級ワインを飲んだくれる結月と武野をみて愕然とします。結月たちは、勝手にボイコットしたスタッフたちを「いい加減なスタッフだ」と非難し、契約と違うから辞めさせてもらうと一方的に話すと、退職金だけちゃっかり奪って立ち去ってしまいました。

全てを失い、泣き崩れる江藤。
そこへ、柿谷と共に丹後がやってきます。かつて、パリで失敗したときに江藤に救われた恩のある丹後は、「今度は俺が救ってやる」と、江藤へ手を差し伸べました。
そして柿谷も「もう一度、丹後さんとやらせてください」と頭を下げます。
3人は手を取り合って、あらためて、共に三つ星を狙おうと誓い合ったのでした。

その後、柿谷がスタッフを呼び戻し、営業を再開させたgaku。
心を入れ替えた柿谷の料理に、丹後も信頼を寄せます。江藤は、精力的に食材手配に奔走。
以前よりも一体感が増すgakuでした。

一方その頃、グランメゾン東京では。
デザート開発に苦戦する松井萌絵(吉谷彩子)に、祥平が助っ人として参入することに。
萌絵は、先日来店した蛯名美優(朝倉あき)とのことが気になって、その後どうなったのか尋ねました。すると「フラれた」と答える祥平。美優から「もう会わないほうがいい」と言われたことを思い出します。
けれど祥平としては諦めるつもりはなく、三つ星をとって認められれば、美優と復縁できるかもしれないという希望を抱いていました。

ミシュラン審査開始まで、あと4日。
萌絵のデザートが出来上がり、皆で試食します。
京野陸太郎(沢村一樹)や相沢たちは絶賛。しかし尾花だけは、何かが足りないと指摘。
「もっと厳しいジャッジをしてもらおう」ということで、美優に試食してもらうことに。
しかし一口食べた美優は「松井さんは、やっぱりすごいですね。こんなスイーツを作れる人が、祥平くんと同じ店にいるなんて心強すぎます」と誉めそやします。すると「なんか、そういういい子ちゃんなかんじ、腹立つ」とケチをつける萌絵。その流れで、祥平の気持ちを知っていた萌絵は「ちゃんと応援してあげなよ。アンタの応援があれば、平古シェフはもっといい料理人になれるんだから」とイライラしながら言い募りました。その場にいた尾花も「料理には、料理人のメンタルが微妙に味に影響してくる。美優さんが祥平の背中を押してくれたら、その分、少しはアイツの料理も美味くなるかもしれないし、このスイーツももう少し甘くなるかもしれない」と口添え。
すると、美優はそれらの言葉に感激して涙し、以前嫉妬して萌絵のロッカーに画びょうを仕込んだことを白状して、謝罪しました。これについて萌絵はとくに責めることなく、「今度おごってよ」と言って水に流しました。
その後、美優は祥平と連絡を取り合ったのでした。

そうして、モヤモヤを払拭した萌絵はデザートを完成させ、美優と復縁した祥平は前菜を完成させました。
残るは魚料理のみ。

ミシュラン審査開始まで、あと3日。
ついに倫子が、魚料理「ハタのロティ」を完成させました。
祥平たちは、そのあまりの美味しさに圧倒され、京野は「あなたは、ホントにすごい料理人です」と称賛。倫子も手ごたえを感じます。
しかし尾花だけは、目を潤ませながらも何も言わず、フォークを置くと「おばさん、この魚料理で三つ星獲れると思う?」と問いました。
これに倫子が「…わからない」と答えると、「じゃあ、代わりに俺がはっきり言う。そのハタの料理じゃ三つ星は無理だ。だけど、二つ星まではいける。だから、三つ星審査までにはマグロを完成させる」と告げて、さっそく作業を始める尾花。
重苦しい空気が流れます。
そんな中、京野が「気になることがある」と声を上げました。
本来なら、一つ星審査員が来てもいい頃なのに、それらしき人の予約がまったく入らない、と。
これは、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)が、フーディーの意見として「グランメゾン東京は審査するに値しない店」と吹聴していたためでした。

ミシュラン審査開始まで、あと2日。
尾花はリンダに会いに行くことに。
尾花は、政治的な動きをするリンダを批判し、純粋に料理やサービスのクオリティをみてジャッジするよう求め、「もう一度食べに来い。心を動かすような、今までで最高のものを味合わせてやる」と告げました。

その日の夜、リンダはグランメゾン東京にやってきました。
尾花や倫子たちは、これまでの集大成となる最高のコース料理とワインを提供。これを食したリンダは、次第にその美味しさの虜となって笑みを零し、最後には、感動で一筋の涙を流しました。
その反応を見てガッツポーズをする尾花。
倫子が「グランメゾン東京のフルコースは、旅をしてでも食べる価値があるでしょうか?」と尋ねると、リンダは迷うことなく「ある」と答えたのでした。

おかげで後日、お一人様のミシュラン調査員が来店し(一つ星審査)、次に二人連れの調査員が来店(二つ星審査)しました。

そうして、三つ星審査を前にして、尾花のマグロ料理がついに完成しました。
皆、その美味しさに眩暈がするほど圧倒され、「今までにないマグロ料理」とか「あたらしいフレンチの誕生だ」など大絶賛。
尾花は「三つ星の審査はこれでいこう」と宣言しました。

一方、3年前の事件で恨みを抱いているオーナーの意向を無視した行動をとってしまったリンダは、フェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)に「たかだかレストランひとつのために自分のキャリアを捨てるとは、理解に苦しむ」と嫌味を言われていました。
しかし、本物のフーディーとしてのプライドを守ったリンダの表情は晴れやかで、「わたしが正しかったことはグランメゾン東京が証明してくれる。また、この舞台に戻って来るわ」と告げて、フランスへ帰国したのでした。

一方、gakuでは。
良質な和ゼリを求めて、江藤が、伝説のジビエ猟師であり山菜採りの名人でもある峰岸(石丸幹二)に、卸してもらえるよう、しつこく迫っていました。ときには自宅に押しかけて、妻の春代(椿鬼奴)に頼み込んだりも。
それでもなかなか、首を縦に振ってもらえなかったのですが、尾花が「丹後シェフは信頼できるやつだから」と口添えしてくれたおかげで、承諾してもらえることに。
以降、メニュー開発も順調に進み、gakuでもミシュラン調査を迎えます。
皆、一丸となって挑み、調査を終えた後は、互いに労をねぎらったのでした。

グランメゾン東京の三つ星審査員(二人組のフランス人客)来店日。
峰岸が渋滞に巻き込まれ、和ゼリが届かないというトラブルが発生。
仕方なく、市場で購入しようと芹田を向かわせるも、やはり峰岸のものとは比べ物にならない品質で、落胆します。
そんなとき、丹後が、和ゼリをもってやってきました。
峰岸からgakuにも渋滞の連絡があり、グランメゾン東京も困っていると聞きつけ、在庫分を持ってきてくれたのです。尾花の口利きの恩返しとして。
そして丹後は「借りは返した。またこれで心置きなくこの店を潰せる」と告げ、「これでウチが三つ星とっても後悔すんなよ」と返す尾花。互いに火花を散らす二人でした。

その後、審査員がやってきます。
いよいよメイン料理を作るというとき、「ごめん、やっぱりマグロはやめよう。ハタでいく。正直に言うと、わたしのハタのほうが良いと思ったの」と言い出す倫子。
すると「あんたの料理が、俺の料理を超えるってことか?」と念押しするように凄む尾花。これに物怖じすることなく、倫子は「わたしの料理で勝負する」とはっきり答えました。
すると尾花は、エプロンを脱いで厨房から出て行きました。

倫子が帰宅してガレージを覗くと、尾花の姿はなく、「新しい店に行く」というメモ書きとともに、数万円入った封筒が残されていました。

ミシュランガイド東京2020掲載店の発表会。
料理人たちが、会場に集います。

結果は…
一つ星は、167軒。うち、新規獲得は19軒。
二つ星は、48軒。うち、新規獲得は3軒。
三つ星は、12件。うち、新規獲得は1軒。
この、新規獲得1軒がグランメゾン東京で、見事、三つ星を獲得したのでした。
gakuは無星。

この発表の直前、倫子は京野や祥平たちから、尾花の真意を明かされます。
倫子の魚料理を食べた尾花は、本当は涙するほど美味しさに感激し、成長を喜んだという。
それなのに、尾花の料理を出そうと主張したのは、倫子が自信をもって自分の料理を届けられるかを試そうとしたから。
マグロ料理に没頭して、他の料理に口出ししなくなったのも、シェフである倫子に任せるため。
尾花は、発表会の朝、祥平を呼び出して、次のように伝えていました。
「3年前、俺は二つ星のプレッシャーに負けた。いつかこのグランメゾン東京で星をもつようになったら、倫子もきっと同じプレッシャーに悩まされる。そのときに必要になるものは、自分を信じる力や、自分の料理で星をとったという、揺るぎない手応え。そう考えると『尾花夏樹』は邪魔なんだ。だから頼むな、祥平」と。
そして、「尾花」の刺繍をとったスーシェフのコックコートを、祥平に託したのでした。

そんな尾花の想いを知った倫子は、三つ星獲得の発表を受けて、感激すると共に、胸を張って壇上へと上がりました。受賞スピーチでは、喜びや仲間への感謝、料理に対する情熱、そして「料理には人を動かす力がある。それを教えてくれた尊敬する料理人・尾花夏樹に負けないよう、わたしは努力し続けます」と思いの丈を述べました。

会場の外で様子を窺っていた尾花も、三つ星獲得に感激し、倫子のスピーチに涙します。
そんな尾花の姿に気付いた倫子は、会場を抜け出すと、尾花とハグ。尾花は、感情の昂りで言葉に詰まりながらも「ハタのロティ、死ぬほどうまかった」と告げたのでした。

後日。
gakuの江藤は「ゼロから三つ星狙いまっせ」と意欲を見せます。
相沢はフランスへ飛び立ち、妻のエリーゼ(太田緑ロランス)と娘のアメリ―(マノン)と再会。
グランメゾン東京が三つ星をとったことで、美優の父・西堂(岩下尚史)は手のひらを返して、誇らしげに来店。美優も堂々と通えることに。
京野は、料理人として飛躍を遂げた倫子が「世界中の料理人に、夢を与える存在になるだろう」と確信。

その倫子は、おめかしをして、尾花が働いている店に向かいました。
それはフランスの師匠の店・ランブロワジーの姉妹店…ではなく、日本の師匠・潮卓(木場勝己)の洋食店。
なんでも、潮が世界一周旅行を満喫する間、店を任されたという。
倫子から「その後どうするの?」と問われた尾花は、こう答えます。
「最初に言わなかったっけ?二人で世界一のグランメゾンを作ろうって。料理は無限の可能性がある。俺たちでさ、世界中の星、かっさらうってのはどう?つまり海外に、グランメゾン東京の姉妹店を出すってこと。お金、ある?」と。
これに「貸さないよ!」と笑顔で答える倫子でした。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』最終回のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

倫子を独り立ちさせるために、敢えて「アンタの魚料理じゃ三つ星は無理。俺のでいく」と挑発し、最終的には店を去った尾花。
途中、どうなることかとヒヤヒヤしましたが、最後にその理由(想い)が知れて、胸がアツくなりました。
この一見わかりにくい尾花の愛情を、京野や相沢や祥平が、ちゃんと汲み取れているところが、さすがだな~!と思い、あらためて尾花への信頼の厚さ、絆の深さに感銘を受けました。
最高のチームですね!
倫子のスピーチも、このドラマを締め括るにふさわしい感動的なものでした。耳の星型イアリングも粋で可愛かった!

あのセレモニーで、三つ星店として表彰された料理長たちは、本物の方のようですね。
このドラマへレシピ提供しているフレンチ三つ星の「カンテサンス」岸田周三シェフが登場してました。やはり本物はオーラが違う!
本物シェフの登場で、リアリティがぐっと増して、空気がピリッと引き締まり、三つ星発表へのドキドキ感がさらに高まりました。

丹後の退陣で、空中分解しかけたgaku。
このとき、泣き崩れていた江藤に、丹後が救いの手を差し伸べるシーンが最高でした!
なんだかんだ言っても、江藤と丹後の間にも、グランメゾン東京の面々にも劣らない深い絆が、しっかりあったんですね。そして柿谷とも。
ここから盛り返した新生gaku。まさに、雨降って地固まる。
今までバラバラだった面々が、一丸となって取り組む姿には、胸がいっぱいになり、目頭が熱くなりました!
峰岸が渋滞に巻き込まれたときの、「グランメゾン東京が心配ですので、そっちを急いであげてください」という江藤の台詞。まさか、これまで散々グランメゾン東京の妨害をしてきた江藤から、こんな配慮の台詞が聞けるとは思ってもみませんでした。
星がゼロになってしまったのは悲しいけど、でも今の彼らなら、すぐ星を取り返して、三つ星まで届きそうですね。
なんと言っても、もう丹後は孤軍奮闘じゃない!江藤や柿谷、信頼できる心強い仲間がいるもの。
いつか、gakuをメインとしたスピンオフドラマ、出してほしいです。

最高のチームによる最高のドラマと絶賛の嵐!

「間違いなく今期一番の作品でした!」「最高のドラマでした~」など、絶賛の声が放送後あとを絶ちませんでした。
絶賛つぶやきが凄すぎて、Twitter世界トレンド1位にもなってしまいましたね。

最終回は、「夢に向かって一生懸命に取り組む大人の青春」という本作テーマが、「最高」だと感じられた回でしたね。
尾花と倫子、丹後、江藤、そしてリンダも最終回はみな輝いていました。

終わってしまうのは寂しいですが、最終回を見終えて、「良いドラマだったな~」と感じられました。最高のチーム『グランメゾン東京』に感謝です!

まとめ

ドラマ『グランメゾン東京』では、シェフではなく、スーシェフとして倫子シェフを支える尾花役を演じた木村拓哉さんに、新しい姿を見れた気がします。
主演は木村拓哉さんでしたが、まるでW主演のような物語でしたよね?

『グランメゾン東京』の発起人であるが、スーシェフとして倫子シェフを一歩引いた形で支える尾花の姿が凄く良かったです。
最終回は、やっぱり木村拓哉さんに持ってかれた!
倫子シェフの成長に目に涙を貯め、挑戦する倫子を応援するため退いた尾花。見事に三ツ星を獲得した倫子と喜びを分かち合う姿がカッコ良すぎました。

そういえば、そんな尾花の行動の意味を理解していた京野たち。
やっぱり尾花との付き合いが長いし、理解しあっているんだなと感じましたね。最初に、「ナッツ混入したのお前だろ!」と疑ってしまい、すみません。

1話見た後は、なんだか古臭いドラマだな~なんて思っていたんですが、夢に向かって一生懸命に取り組むおじさんとおばさん(若者もいるが…)の物語に、こんなにも胸があつくなるとは思いませんでした。
本年の締めくくりに相応しい、ワンチーム感溢れる最高のドラマでした。

多くの人が望むように、是非、続編を作ってもらいたいですね。
その際は、丹後さんはもちろん、最終回で江藤さんや柿谷も好きになってしまったので、『gaku』メンバーも続投で出演させて欲しい。