ドラマル

『グランメゾン東京』9話のネタバレ感想!尾花兄貴の「1回しか言わねえぞ…」に痺れる!

2019年12月15日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、栞奈(中村アン)と「エスコフィユ」との意外な関係が明らかに!
そんな中、「gaku」の祥平は、3年前のアレルギー事件の犯人は自分だとリンダに告げ…。

関連記事

『グランメゾン東京』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グランメゾン東京』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』9話のあらすじネタバレ

ミシュランの審査が開始されるまで、あと一か月と迫った頃。
グランメゾン東京では、コースメニューを一部だけ残して大幅リニューアルすることに。
それに伴い、ペアリングのワインも変え、とくに日本産のワインを取り入れたいと尾花夏樹(木村拓哉)が提案。

そんな中、久住栞奈(中村アン)から、今月いっぱいでグランメゾン東京を辞めたい、という申し出が。元々、本職であるフードライターの勉強のための勤務で、短期間の約束だったのです。
そこで、優秀なソムリエで、日本のワインにも詳しい栞奈に、最後の仕事として、ワイン選びを任せることに。
そして後日、栞奈の送別会も兼ねたワインの試飲会を開くことになりました。

gakuでもミシュラン審査開始時期に向けて、丹後学(尾上菊之助)と平古祥平(玉森裕太)が新メニューの開発に勤しんでいました。
そんな折、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が祥平を訪ねてきます。3年前の事件について、とある筋から犯人についての有力な情報を得たので話が聞きたい、と。
すると丹後が、祥平を庇うように前に出て、「証拠もないのに疑われるのは心外。お引き取り下さい」と追い払いました。
この騒ぎを聞きつけたオーナーの江藤不三男(手塚とおる)は、祥平に、犯人じゃないことを確認すると、「騒ぎが大きくなれば、それなりの対処をさせてもらう」と警告しました。江藤が去った後、丹後からも「絶対に言うな」と念押しされ、苦渋の表情を浮かべる祥平でした。

後日、試飲会を開いたグランメゾン東京。
松井萌絵(吉谷彩子)や芹田公一(寛一郎)ら若手を中心に、ワインのあてとなる料理を用意しました。なかなかの出来栄えに、相沢瓶人(及川光博)が「頑張ったね」と労います。
一方、栞奈が用意した日本産の白ワインも絶品で、舌を唸らせる尾花。このワインを主役とした前菜を作ろう、と提案し、栞奈は嬉しそうに顔を綻ばせます。
そんな中、朝からずっと顔色の悪かった萌絵が倒れてしまいます。その時、動揺してバッグを落としてしまった栞奈。バッグから小ビンが飛び出し、それを慌てて拾い上げます。その怪しげな様子を、相沢が目撃していました。

病院に搬送された萌絵。病状はノロウイルスでした。
これを、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)に報告する栞奈。
リンダは、3年前の事件で自分の顔に泥を塗った犯人・祥平と、それを隠匿したグランメゾン東京は許せないと、復讐を誓っていました。そして、同じく犯人に恨みをもっている栞奈にも、復讐の片棒を担がせていたのです。グランメゾン東京を潰せ、と。
今回のノロウイルスの件、「感染の拡大が見られないうちは、保健所には届けない」という医師の判断を報告。するとリンダから「店の判断で隠蔽したことにして、後でリークすればいい」と指示されました。
この電話の様子も相沢に気付かれ「何の電話?」と聞かれるも、栞奈は適当に誤魔化します。

栞奈の一連の怪しい行動に疑惑を募らせた相沢は、早見倫子(鈴木京香)たちに、それを打ち明けました。
すると芹田も、萌絵がノロウイルスに感染したのは栞奈が仕入れた生ガキが原因じゃないか?何かを仕込んだんじゃないのか?と疑い始めます。
「もし、そうだとしたら動機はなんだろう?」と首を捻る倫子でした。

一方その頃、gakuでは。
祥平のかつての婚約者・蛯名美優(朝倉あき)が店に来ていました。なかなか予約が取れなくて、やっと食べに来れたという。
美優は祥平に未練があり、「働き先がグランメゾン東京でなければ、きっと醜聞を気にする父(岩下尚史)も結婚を許してくれるはず」と復縁を願い、最後に「考えておいて」と伝えました。

従業員がノロウイルスで倒れたとあっては、飲食店としては致命的。ということで、尾花たちは迅速な対応を取ります。
店は臨時休業し、まずは保健所へ連絡。
キッチンをくまなく調査してもらい、試飲会で使った食材も検査に提出。仕入れ先業者にも出向いて説明。潜伏期間となる約2日間で萌絵が提供したものを食した客に連絡を取り、体調について聞き取り。そして全員でキッチンを念入りに清掃。
この対応に、栞奈は「自ら申し出るなんて…」と驚きをみせます。しかし、取引先や客に直接出向いた京野陸太郎(沢村一樹)は、だからこそ皆に安心してもらえ、感謝すらされたという。
言葉を無くす栞奈に、「休業してる間、連れて行ってほしいところがある」と打診する尾花。

倫子と共に、栞奈一押しのワイナリーに出向くことに。
栞奈は、水を得た魚のように生き生きとワイナリーの説明をしていきます。その様子に、栞奈が本当にワインのことを愛しているのだと実感する尾花たちでした。

ワインが決まったことで、さっそく新メニュー開発に取り組みます。
ワインに合う前菜作りは尾花が担当することに。

ノロウイルスの件については、他に被害者もなく収束に向かいます。
それをリンダに報告すると「もう一回なんとかして」と命じられました。そして祥平については、リンダ自らが動くという。

後日、祥平のもとへやってきたリンダ。
単刀直入に「あなたなんでしょ?犯人」と問います。隠し通すことに良心の呵責を覚えた祥平は、ついに認めてしまいます。その上で、「また俺のせいでみんなの夢を壊したくない。グランメゾン東京には何もしないでください」と頼み込みました。
これを密かに録音していたリンダは、それを文則に渡しました。

話を終えた祥平は、すぐさま京野へ連絡。
リンダに全てを打ち明けたと伝え、グランメゾン東京にスパイがいるのでは?と注意を促しました。
そこで、相沢たちからも疑惑の目が向けられている栞奈の履歴書に目を通す京野。
父親の「久住壮次郎」という名にハッとします。それは3年前、首脳会談昼食会の場所選定を行った外務省秘書官の名前でした。

京野は急ぎ店へ出向き、栞奈へ頭を下げます。
栞奈曰く、あの事件で責任を負わされた父は僻地へ左遷、さらには心労が重なり今は入院しているという。
それを聞いて、京野はあらためて心の底から謝罪をしました。
一方で、やはり復讐するためにこの店に近づいたのだと確信する芹田たち。萌絵が倒れたのは栞奈が仕組んだことではないか?と迫ります。
すると栞奈は、それを肯定し、「潰したいとずっと思ってた。今回の件も、3年前にあなたたちがやったように『つい、うっかり入れちゃった』と言えば終わりでしょ」と開き直りました。
そんな態度の栞奈に、芹田たちは怒りを募らせますが、尾花は淡々と「試作品ができたから食べていってよ。あんたが選んだワインにあわせた前菜だ。そのぐらい責任果たしてから辞めてよ」と告げました。

栞奈は仕方なく、食べてみることに。
尾花が作った前菜は「白子のポッシェ」。
一口食べた栞奈は「白子が主張しすぎ。これじゃワインが台無しだわ」と酷評。そこで尾花が改善点を求めると、栞奈は事細かに具体的なアドバイスをしてくれました。
「殆どの料理人は、料理が主役でワインが脇役だと思っている。でももっとワインに敬意を払うべきなのよ」と苛立ちをみせる栞奈。
しかしそれは、ワインを主役とした料理を作ろうと模索している尾花と、まさに同じ想いでした。栞奈はそれを知っていて、エスコフィユ時代、尾花の料理に惚れ込んだという。
そして、3年前、外交秘書官の父にエスコフィユを勧めたのは自分だ、と打ち明けます。だからこそ、苦しかったという栞奈。

するとその時、保健所から食材についての検査結果が。
疑惑の的だった生ガキからノロウイルスは検出されなかった、と。もちろん、その他の食材からも。
つまり萌絵は、店とは関係なく、日常生活の中で感染した、ということでした。

この結果を受けて、疑ったことを謝罪する相沢と芹田。
相沢は、なぜ仕組んだと嘘をついたのか?と問います。
すると「嘘じゃない。これを自分が食べる料理に入れて、事件を起こそうと考えていた」と答える栞奈。
「けれどできなかった。それはきっと、栞奈さんが死ぬほど料理が好きだからだ」と尾花が続けました。

店に問題無かったことが証明され、営業を再開させることに。
そこで、栞奈へ「うちの店の正式なソムリエになってほしい」と願い出る倫子。尾花も「もし本気で三つ星を狙うなら、あんたみたいな優秀なソムリエが絶対に必要だ」と告げ、皆も頭を下げて頼み込みました。
これに絆され、受け入れることにした栞奈。涙をためて、倫子と握手を交わしました。

その後、京野から祥平の件を聞いた尾花は、リンダと話をすることに。
リンダは、3年前の事件について雑誌で特集を組むことになった、と明かします。これにより、平古祥平が犯人だと世界中が知ることになる、と。
尾花が「いつからそんな三流ゴシップ誌になったの?」と皮肉を返しつつ「もしウチで拾ったら?」と問うと、リンダは「星が一生つかないようにしてあげる」と言い放ちます。
これを聞いて、すぐさま踵を返し、立ち去る尾花。

その頃、gakuでは、リンダから祥平の証言音声を受け取った文則が乗り込み、江藤の判断で祥平は解雇に。
祥平が最後に作った新作料理を食べた丹後は、去り行く祥平に「お前の料理、最高だぞ!」と伝えました。祥平は「お世話になりました。本当にありがとうございました」と深く頭を下げ、その姿に「バカヤロー…」と零す丹後でした。

自宅へ帰った祥平のもとに尾花がやってきます。
「一回しか言わねえぞ。祥平、グランメゾンに来い」と告げました。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』9話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

まさか、祥平がgakuをも辞める展開になるとは!
せっかく丹後といいかんじのコンビになってきたのに。
ショックのあまり「ええぇー!嘘だぁ、嘘だと言って~!」と叫んでしまいました。祥平がgakuを去ってしまったら、また丹後は孤軍奮闘になっちゃうじゃないの…。不憫すぎます。
たしかにグランメゾン東京で尾花とのやり取りを見るのも楽しみですけどね。でも丹後のことを考えると、どうにも喜べないというか…。
いやはや、視聴者の気持ちを存分に掻き乱してくれますね、このドラマは。

そしてリンダが、とにかく怖い!
まるで魔女のよう。
当初は、さっぱりとしたカッコイイ女性だと思ってたんですけどね。まさかのじっとりとした粘着タイプで、江藤のあくどさが霞むほど。
3年前の事件だけじゃなく、尾花にフラれたことも根に持ってたりして…?
そんな魔女の風格漂うリンダ様の、今後の一手が気になります。

尾花兄貴の「1回しか言わねえぞ…」に痺れる!

祥平は良い先輩(師匠?)に囲まれて幸せですね。

全てを知った上で、必死に守り続けてくれた丹後。
リスクを恐れず、弟子を受け入れようとする尾花。どちらも最高の兄貴すぎて泣ける…。

最高の料理を残し「gaku」を去る祥平に、丹後さんが悔しさを滲ませ言った「バカヤロー」は最高でした。
そして、予告から煽りに煽られた、尾花兄貴の「1回しか言わねえぞ。祥平。グランメゾンに来い」という言葉には痺れます(その前にリンダと会ったのが良い)。

「祥平。グランメゾンに来い」だけじゃなんか物足りない!
「1回しか言わねえぞ!」という強引さが尾花の兄貴らしくて、カッコ良かったですよね。

『グランメゾン東京』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『グランメゾン東京』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

尾花(木村拓哉)はリンダ(冨永愛)の告発によって「gaku」を去ることになった祥平(玉森裕太)を「グランメゾン東京」に誘う。店に迷惑がかかるからと断る祥平だったが、京野をはじめとした店のメンバーは、ある方法を思いつく。
一方、丹後(尾上菊之助)は、まもなく始まるミシュランの審査のプレッシャーからメニュー開発に行き詰まる。そんな丹後を見て、江藤(手塚とおる)はある計画を推し進めるのだった。

それぞれの店で大きな変化を迎える中で、迫るミシュランの審査。
着々と新メニュー開発に取り組む尾花は、ある大きな決断を下す!
はたして三つ星を取れるメニューは完成するのか!?

出典:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/