ドラマル

『グランメゾン東京』8話のネタバレ感想!京野と尾花が同棲開始!2人のベッド争奪戦が萌える

2019年12月8日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、尾花の料理の師匠・潮卓がグランメゾン東京に訪れ、問題点を指摘する!
問題点の原因を探るべく潮の店を訪れた倫子たちは、店のビーフシチューに衝撃を受ける…。

関連記事

『グランメゾン東京』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グランメゾン東京』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』8話のあらすじネタバレ

早見倫子(鈴木京香)に告白し、居候していた尾花夏樹(木村拓哉)に「出ていけ!」と言い放った京野陸太郎(沢村一樹)。
急に逆上した京野に尾花も腹を立て、二人は激しく口論。ついには尾花が、部屋を出て行ってしまいます。京野は、尾花への苛立ちを隠せずにいるも、倫子へ感情的になってしまったことを詫び、「明日からは、またいつも通りスタッフとして倫子シェフを支えますから」と約束して帰宅しました。

翌朝。
倫子がいつものように朝食を作って尾花を呼びにいくと、ガレージに尾花の姿がありません。
尾花は店にも姿を見せず、買い出しにも来ませんでした。
京野は「また店を捨てて逃げたんじゃないだろうな」と怪訝な表情を浮かべます。
芹田公一(寛一郎)たちも尾花の行方が気になって、他の知り合いのところに転がり込んでないかと、平古祥平(玉森裕太)に電話をかけてみたり。
それでも、全く尾花の行方は掴めませんでした。

そんな中、トップレストラン50で10位にランキングされた店として、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)が取材にやってきました。
そして、それとは別に「ミシュランを狙う倫子シェフの挑戦」という特集を組むため、一週間後、あらためて取材させてほしいと打診するリンダ。
というのも、東京のミシュラン掲載店は484店舗あるものの、女性シェフはたったの3人。しかもフレンチに至っては、未だ誰もいない。そんな状況の中、女性シェフの倫子が、どんな戦略で星を獲りにいこうとしてるのか聞かせてほしいというのです。
リンダからの大層な話に、恐縮する倫子でした。

一方その頃、尾花は病院にいました。
尾花が最初に料理を始めたときの師匠・潮卓(木場勝己)の娘・凪子(伊藤歩)に呼び出されて、潮の診察に付き合わされていたのです。というのも、3年前に心筋梗塞を発症した潮は、通院と薬の常用を余儀なくされているのですが、頑固者のため、なかなか言うことを聞いてくれません。そこで、尾花も一緒に説得してほしい、と凪子が頼んだのでした。

尾花のおかげで潮の診察は無事に終わり、ついでにと、潮をグランメゾン東京に招待することに。
尾花が店に戻ると、勝手に姿を消したと京野から説教されてしまいます。尾花はそれを聞き流し、これからは潮の家に居候させてもらうと伝え、わざとらしく「安心したろ」と耳打ちしました。
二人の険悪なムードに、多少、張り詰めた空気が流れるも、そこはプロとして仕事に打ち込む二人。いつも通りのクオリティでコース料理を振舞いました。
けれど、潮の表情は硬く、どれも一口だけ食べて残してしまいます。そしてついには、コースの途中で手を止めて「もういい、帰る。やっぱり食えたもんじゃなかった」と言い出す潮。倫子は、トップレストラン50でランキングを果たし、星が狙えるほどの店だと反論しますが、潮は「星なんかに拘るから大事なものが見えなくなるんだよ」と一蹴。そして、京野へ「一番酷いのはお前だ」と言い放って店を去りました。

翌日、散々貶されて怒りを覚えた倫子は尾花に頼み込み、潮の料理がどんなものかと、食べに行くことに。
「一番酷い」と言われて、その理由が気になっていた京野も同行します。が、尾花は「そこまでして二人っきりにさせたくないのかね」などと毒づき、また喧嘩してしまう二人。
結局、京野は帰ってしまいました。

尾花と倫子は、二人で潮の店へ。
潮は【浪漫亭】という洋食店を営んでおり、ぱっと見、下町風情溢れる素朴な店でした。
尾花は、この店の売り「ビーフシチュー」を注文。
潮は、手際よく調理を進めていきます。そして出されたビーフシチューの美味さに驚く倫子。
「単なるレトロ料理じゃない。味が繊細で丁寧な仕事ぶりが伝わってくる。適当な高級レストランよりずっとちゃんとしてる」と絶賛。
しかし尾花は、神妙な顔をしていました。

一方その頃、トップレストラン50で8位を獲得したgakuは、リンダたちの取材を受けていました。
リンダは祥平に「なぜ、グランメゾン東京じゃなくgakuに入ったんですか?」と揺さぶりをかけます。すると黙り込んでしまう祥平。そこへ丹後が「自分が一番良い料理が作れる店に入った、それだけです」とフォローしてくれたのでした。

その夜、潮が自宅で心筋梗塞を起こし、倒れてしまいます。
幸い病状は軽く、2~3日もしたら退院できるとのこと。
しかし、その数日すらも、常連客のために店を閉めたくないという潮は、尾花にランチタイムだけでも開けてほしいと頼み込みます。

その後で、凪子から、潮が近々、店じまいしようと考えていることを明かされます。
そして、星に拘ることを批判していた潮は、じつは尾花がエスコフィユで星を取ったときに大喜びして、その時掲載されたミシュランガイドを購入し、今でも大事に取ってあると伝えられました。
そんな潮の温かさに感じ入る尾花でした。

翌日。
買い出しの市場にて、ばったり会う祥平と相沢瓶人(及川光博)。
相沢は、尾花と京野の仲が芳しくないことを嘆き、「京野さんは3年前のトラウマで、尾花が急にいなくなるのが嫌なんじゃないかな」と零しました。

その頃、京野は尾花から「助っ人に来てほしい」と呼び出されていました。
常連客から、クレームが多発して、対応に追われていたのです。なんでも、潮は常連客の好みに合わせて、使う食材や調味料、火の入れ方等を全て変えていたという。それを知った尾花は、またイチから作り直すことに。
京野も、客の要望を正しく汲み取るべく、本腰を入れて接客に臨みました。

京野が店に戻ると、祥平がやってきました。
リンダに揺さぶりをかけられたこと、相沢が言っていた京野のトラウマが、心にトゲのように刺さっていた祥平は、京野に「3年前、尾花さんは逃げたんじゃなく、自分が悪者になって庇うためだったんだと思います。あの人はいつも、店のことや、一緒に働いている人のことを考えているんです」と捲し立てました。これに大方のことを察した京野は、「もう大丈夫だから、お前は何も心配しなくていい。話してくれて、ありがとな」と祥平をなだめて、優しく抱きとめます。
それを物陰から久住栞奈(中村アン)が盗み聞きしていました。

数日後、無事に退院した潮を、またグランメゾン東京に招待することに。
潮にダメ出しされた理由に気付けた京野と尾花は、「今度こそは」と自信を漲らせます。
京野は、潮の体調を気遣い、まずは潮の好みを事細かに伺いました。さらにはコースの最中にも、その反応を見ながら、好みを読み取っていきます。
尾花は、その京野からの情報を受けて調理を進めます。中には、倫子が「香りが強すぎるんじゃない?」と疑問に思うものも。それでも尾花は「ホールの声は神の声。お客様に一番近いやつのこと信じよう」と、京野の言葉に全幅の信頼を寄せて作りました。
これが大当たりで、潮は「うまかった」と満足の笑みを浮かべ、完食したのでした。

最初、来店したときに潮が不味く感じたのは、潮自身の舌に問題がありました。
潮は味覚障害を発症しており、塩みを2倍くらい濃く感じていたのです。
そこで、塩分を抑え、もしくは別添えにして好みでかけられるようにしたり、代わりに香りで楽しんでもらえるようにアレンジしたのでした。

潮から大切なことを思い出させてもらった尾花は、「そろそろ潮時かもな」と零す潮に、「諦めんのが早いんだよ」と尻を叩きました。そして「新しい料理が作りたくなったときは、俺があんたの舌になってやる」と申し出る尾花。しかし潮は「生意気言ってんじゃねえ」と強がり、長年やってきたのだから目を瞑ってでも作れると豪語すると、店を続ける約束をしました。そして、尾花が修理したバイクを譲り、「やるなら絶対とれよ、三つ星」とエールを送ったのでした。

潮の自宅を出た尾花は、京野の自宅に転がり込むことに。
京野は、我が物顔で部屋を闊歩する尾花に呆れながらも、今まで「3年前の事件で尾花が勝手に逃げた」と責め続けていたことを詫びました。
しかし「俺は逃げてたんだよ」と返す尾花。
「いくら頑張っても二つ星ばかりで、追い詰められて、作っても面白くなくて、何のために料理してるのかもわからなくなった。それが嫌で逃げていた」と。
すると京野も「俺も同じようなもんだ。店を有名にすることばかり考えてた」と零します。
けれど、倫子にはそんな失敗をしてほしくないと願う二人。
「俺とお前がしっかりしてさえいれば、大丈夫だ」と、倫子を互いに支え合おうと誓い合ったのでした。

翌日、リンダがやってきて、件のインタビューを受ける倫子。
潮から学びとった答えを述べます。
「グランメゾン東京は、ミシュランのために特別なことはしません。これから全面的にコース料理を変えますが、それはミシュランのためではなく、お客様のためです。私たちは、お客様一人一人と真摯に向き合います。それは当たり前のことだけど、案外、当たり前のことをやり続けるのって難しい。これを実践した上で、三つ星を狙います」と宣言。
その堂々とした姿に、尾花たちは笑みを漏らしました。

取材を終えたリンダに、「犯人は平古祥平です。そして尾花夏樹は彼を庇っています」と伝える栞奈。
すると、リンダは、まんまと自分の顔に泥を塗った犯人とそれを隠していた犯人両方をアシストしてしまったと悔しさを滲ませると、先程インタビューで使ったボイスレコーダーをピンヒールで踏み潰してしまいます。そして「この業界から消えてもらうわ。グランメゾン東京も平古祥平にも」と吐き捨てたのでした。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

「喧嘩するほど仲が良い」と言いますが、今回は尾花と京野のそれが見れた気がします。
普段、温厚でスマートな京野が、尾花に対してだけは、感情のままに突っかかったり、火花をバチバチ散らしたり。そんなアオハルしてる姿がおもしろくて、ニヤニヤしちゃいました
そして、らしくもなく感情を爆発させた京野を見て、呆気にとられる相沢の表情がまたイイ。
倫子を取り合ってたはずなのに、尾花と京野の仲の良さが際立った今回の展開、男の友情に脆い私としては、たまらなく良かったです!

潮の店に、京野が助っ人として出向いたシーンも印象的。
ふらっと立ち寄った下町の洋食屋さんに、高級店さながらのビシッと決まった出で立ちの京野に接客されたら、度肝を抜かれますね。
「あれ、この店、気軽に立ち寄ったらヤバいやつ?」みたいな。きっと五郎さんもびっくり(by『孤独のグルメ』)。

今回はリンダもめずらしく怒りの感情を露にして、ピンヒールでボイスレコーダーを踏み潰したときには、思わず「「怖っ!」と声が出てしまいました。
それにしても、いくら顔に泥を塗られたとはいえ、それでも、たった3年で由緒ある料理雑誌の編集長に返り咲き(もしくは維持できて?)、世界的権威のあるショーレースの顔としても活躍できているのだから、もう水に流してあげてもいいのに。
それに何より、尾花と祥平は、社会的制裁を十分受けてますしね。それでも気が収まらないのかな?リンダは。女の執念はこわい!

京野と尾花が同棲開始!2人のベッド争奪戦が萌える

京野さんと尾花(なっちゃん)のベッドをかけたジャンケンが可愛すぎると話題を集めました。

倫子さん家から師匠の潮宅、そして京野宅へ転がり込んだ尾花。
「なんだよ!あんなに仲いいなら最初から京野さんところ行けばいいのに!」と、思いましたよね。

さて、やっとグランメゾン東京も三ツ星に向かって一直線と思いきや、リンダさんが激おこです。
リンダさんは、久住栞奈よりも旧「エスコフィユ」メンバーに恨みを募らせているようで…ラスト怖すぎました!

次回で9話ということは残り2話。
9話でリンダや久住栞奈を説き伏せ、グランメゾン東京は、10話(最終回)で見事にミシェラン三ツ星を獲得し完結のフィナーレとなるか?それとも続編か?楽しみですね。

『グランメゾン東京』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『グランメゾン東京』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。
そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。
一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。
その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。

そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。

出典:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/