ドラマル

『グランメゾン東京』6話のネタバレ感想!江藤のツッコミが面白すぎる!「単なる焼き魚やないかい!」

2019年11月24日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、トップレストラン50の上位を目指すため、究極の鮮魚料理を開発することに!
そんな中、グランメゾン東京に栞奈が加わるが、芹田(寛一郎)が辞めると言い出し…。

関連記事

『グランメゾン東京』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グランメゾン東京』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』6話のあらすじネタバレ

「トップレストラン50の順位で、どちらが上かはっきりさせよう」と、尾花夏樹(木村拓哉)に宣戦布告した丹後学(尾上菊之助)。

「トップレストラン50」とは、ミシュランの前哨戦とも言われているほど、世界で最も権威あるショーレースのひとつ。
特定の一か月間、審査員たちが候補店を巡って点数を付けていきます。

丹後はこの勝負で、尾花が育てた平古祥平(玉森裕太)が俺の武器になるかもしれない、と挑発。しかし尾花は、それを気にするでもなく、むしろ楽しんでいるかのように「お前らがどんな料理を作るか期待している」とだけ告げて立ち去りました。
相沢瓶人(及川光博)と京野陸太郎(沢村一樹)は、祥平がgakuへ行ってしまったことに戸惑いを見せるも、祥平がフレンチに戻ってくることを喜びました。

そうして両者とも、「トップレストラン50」のランキング上位を目指して取り組むことに。
勝負の肝は、日本が誇る食資源の代表格・魚料理になるだろうと読み、魚料理のメニューを見直します。

グランメゾン東京は「鰆(サワラ)」に目を付けました。
産卵期前のメスはこの冬場に脂がのっておいしくなるから、と。

一方gakuのほうでは。
まずは、祥平と柿谷光(大貫裕介)が候補となる試作品を練りました。
スジアラを使った柿谷の試作品は、凡庸だということで、採用されず。
あんこうを使った祥平の試作品は、インパクトがあり、丹後はこれを採用することに。gakuは、この祥平の試作品を元に改良していきます。

「トップレストラン50」の候補店になったことで、繁盛するグランメゾン東京。
人手不足となり、ホールスタッフとして久住栞奈(中村アン)を雇おうと京野が提案します。
元々、エスコフィユの大ファンだったという栞奈は「尾花さんと一緒に働けるなんて光栄です」と喜んで受諾。
語学堪能で、ソムリエの資格も持っている栞奈は、心強い戦力となってくれました。
ただ、栞奈の履歴書にあった父の名「久住壮次郎」に引っ掛かりを感じる京野でした。

キッチン内も人手不足に悩まされます。
パティシエの松井萌絵(吉谷彩子)が「何で私がデザート以外も手伝わなきゃいけないのよ」などと愚痴ることも。そこで、バイトの芹田公一(寛一郎)が手伝おうとしますが、尾花に「客に出す食材に触れるのはまだ早い!」と止められてしまいます。

そんな折、江藤不三男(手塚とおる)から「魚料理のレシピを盗んできてほしい」と言われます。レシピに著作権などないから、と。
そして、同じレシピならば、資金力の高いgakuのほうが、より良い食材を手に入れられるから、必ず勝てる!と自信を漲らせます。
芹田には、もしレシピを持ってきてくれたならgakuで雇うと約束しました。

後日、まかない料理を作らせてほしいと志願する芹田。
尾花に買ってもらった包丁を入念に研いで、これまで練習してきた成果を見てもらうべく「5mm野菜のパラパラチャーハン」を振舞いました。
しかし「まずい」と酷評。皆、食べ残してしまいます。
その原因は、研ぎたての包丁にありました。研いだばかりの包丁を使ったため、食材に鉄の味がうつってしまったのです。
そんな中、京野だけは、パラパラ加減がよかったとフォローを入れてくれました。

その夜、芹田を飲みに誘う京野。
愚痴を吐き出すよう促すも、芹田は「愚痴なんてありません」と強がるばかり。そんな様子に、思わず「最初は祥平もそんなかんじだったなぁ」と零す京野。
グランメゾン東京内で、事あるごとに「祥平」の名が出てくることにも苛立っていた芹田は、「どうせ僕なんか才能ないし」といじけます。
すると京野は、芹田へ次の言葉を掛けました。
「才能なんてもんは、最初は誰にも分らない。でも、努力して腕を上げることで、自分の才能に気付けるかもしれない。尾花たちは、ちゃんと芹田くんのことを見てくれてるよ。何も言わないのは、言われたことをやるだけの料理人にはなってほしくないから。尾花自身が、誰よりも自分で考えて、努力してきた人だからね」と。

京野の言葉を受けて、芹田は、市場の大将(六平直政)から鰆の捌き方を学ぼうと決意。大将の元でバイトすることに。
まずは清掃の下積みから、しごかれます。
そうしてやっと鰆の捌き方を教えてもらえるようになり、芹田はそれを必死になってメモします。さらには、魚の粗(あら)を七輪で焼いて食べる等、食材を余すことなく美味しく食べる術も学びました。

一方、鰆のメニュー開発にいそしむ尾花と早見倫子(鈴木京香)。
とくに火入れの温度や湿度を、入念に詰めていきます。
そしてソースについては相沢が。水晶文旦(すいしょうぶんたん。柑橘果物)のさっぱりしたソースを作ります。
そのテクニックを学び取ろうと、芹田が物陰からじっと観察してメモしていました。

そうしてついに新メニュー「鰆のロースト 水晶文旦ソース」が完成。
皆で試食し、芹田もその美味しさに唸ります。

大将からも鰆捌きを褒められるようになって自信をつけた芹田は、鰆を捌こうとした相沢に「自分がやる」と申し出ました。
しかし相変わらず、触らせてもらえません。そこで、相沢が席を外した隙に、勝手に鰆を捌いてしまう芹田。ドヤ顔で「どうですか?完璧っしょ!」と、切り身を披露します。
がしかし、尾花は「ふざけんな!お客様に出せるものじゃない」と激怒。
いくら頑張っても認めようとしない尾花の態度に、ついに芹田はキレて「こんな店、こっちから辞めてやる!」と叫び、厨房から出て行ってしまいました。

その足でgakuに向かった芹田。
必死にメモしたノートを江藤に差し出します。
そのノートの題字には「勉強ノート」と書かれていて、江藤は眉をひそめますが、芹田は「スパイだとバレないためのカモフラージュだ」と誤魔化します。
江藤は、事細かに書かれたレシピに満足し、雇うから後で連絡する、と約束しました。

その後、レシピが書かれたノートを柿谷に渡す江藤。
柿谷が「あんなクズ、本当に雇うんですか?」と尋ねると、「そんなわけないやろ」と言い放つ江藤でした。

そして、gakuでも丹後と祥平の新メニュー「骨つきあんこうとあん肝のポシェ」が完成しました。
試食した江藤は「素晴らしい!」と感動します。
一方、柿谷がレシピを見て作った鰆のローストは、「これじゃただの焼き魚だ!」と江藤が酷評。試食した丹後と祥平も「全然ダメだな」と零します。
結局、丹後たちが作ったあんこう料理でいくことに。

後日、リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)がgakuにやってきます。
リンダも「トップレストラン50」の投票権をもつ会員の一人でした。
魚料理を食べたリンダはその美味しさに感動し、「あなた(祥平)が入ったからかしら、全盛期のエスコフィユを彷彿させる味だった」と零しますが、その表現は失礼かと思い至り、「この店でしか味わえない最高の魚料理だった」と言い直しました。

一方、グランメゾン東京には、お客として芹田がやってきました。
京野が、退職金代わりにご馳走すると招待したのです。
芹田は、運ばれてくる料理に「すごくおいしいです!いつもよりおいしく感じる」と絶賛。
そして食べ終わった後、お金を支払うと申し出ます。しかし、「お金はいりません。お客様に出しちゃいけない料理を出してしまいましたから」という尾花。
この言葉に、芹田は鰆のローストを思い浮かべます。試作品で食べたときより臭い気がした、と。
それは、以前、芹田が勝手に捌いた鰆の切り身を使ったためでした。あのとき芹田は、あくの強い野菜を切った包丁を、そのまま使用。そのあくが魚にうつって、風味を劣化させてしまったのでした。
尾花は「料理、なめんじゃねえぞ!」と叱責した上で、「魚の捌き方を教わってきたのはわかっていた。でもそんなの当たり前。お前がいる店は、三つ星を狙っている店なんだから」と告げました。
自分の甘さを痛感した芹田は、「すみませんでした!」と土下座。そして、gakuにレシピを渡してしまったことも白状し、謝罪しました。
すると、怒るでもなく笑いだす一同。
その反応が不思議で、芹田は首をかしげます。そんな芹田に「俺たちが本気で考えた料理、真似できるわけねえだろ」と告げます。
「鰆ひとつとっても、仕入れた状態によって、処理の仕方が微妙に違ってくる。だから、レシピがあるからといって、美味しいものが作れるわけじゃない。一流のシェフはレシピが外に出ることを気にしない。それは、自分が一番おいしく作れる自信があるからだ」と。

そして芹田に、「お前は、どんな料理人になりたいんだ?自分で決めろ」と問い掛ける尾花。
芹田は「もう一度、まかないを作らせてもらえませんか」と頭を下げました。

そうして作った芹田のリベンジまかない料理は、鰆のあらを加えた5mm野菜のパラパラチャーハン。
これには、第一声に「おいしい」という声が。
しかしながら、その後、火加減にばらつきがあるとか、もっと彩りがほしい、といった批判も。けれど皆、きれいに完食したのでした。
尾花は、食べ終わった後、鰆の仕込みを命じます。
芹田がびっくりして「いいんですか?ここにいても」と問うと、「仕込みはお前の仕事だろ」と答えてくれたのでした。

「トップレストラン50」のランキング発表日。
楽屋で、グランメゾン東京で働く栞奈に「何をするつもりなの?」と問うリンダ。
すると栞奈は「あの店がこれからどうなるか次第。尾花さんやエスコフィユのメンバーが、グランメゾン東京で復活するなんてことは絶対に許せません」と答えたのでした。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』6話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

素人同然の芹田が、尾花たちに認められようと必死に頑張る姿に胸打たれました!
4話で江藤から金を受け取った芹田は、わりとすんなり裏切ってしまうんじゃないかと想像していただけに、ここまで粘ったのには正直驚きました。
わたしなら、あんな凄い料理人たちに囲まれて、あんなに冷たくあしらわれて、あんなに頑張っても報われないなら、すぐ心が折れてしまいそう。
だから、芹田がレシピを江藤に渡してしまったときも、怒りは芽生えず、むしろ「これはしょうがないよ…」と、同情に近い気持ちに。
でも最後には、ちゃんと土下座して詫びてくれた芹田。やっぱりいい奴だ!

いい奴といえば、今回も京野のきめ細かいフォローが光ってました!
心が弱った人を上手に救ってくれる粋な振舞い、是非とも職場に欲しい人材ですね。
尾花が1話目にして「京野じゃなきゃダメなんだ!」「京野さえいれば人が集まる。あいつは店に絶対必要!」と強く訴えていたのも納得です。

そんな京野が、尾花と倫子が仲良くピザを食べているシーンで、神妙な顔つきで見つめていたのが気になりました。
もしや、京野は倫子のことが好きなのかな…?尾花に嫉妬してる?
いやでも、二人を温かく見守っている場面もあったから、むしろ「尾花、変わったなー。俺は嬉しいよ」という意味かしら。
いまひとつ、京野の感情が読み切れないですが、このシーンの終わり際、尾花のピザを二人で押し付け合うところが面白かったです。これは木村拓哉さんと沢村一樹さんのアドリブだったのかな?

栞奈の、最後の思わせぶりな台詞、あれはどういう心境から来てるんでしょうね。
エスコフィユのファンなら、復活を喜んでもいいようなものに。
あくまでパリで復活してほしい!オリジナルメンバー以外(倫子や芹田)は認めない!…みたいなことでしょうか?

江藤のツッコミが面白すぎる!「単なる焼き魚やないかい!」

もはや『グランメゾン東京』の見どころの一つとなっている手塚とおるさん演じる江藤不三男の名言。
今回、またお茶の間に笑いを届けてくれました。

「雲丹でとるやないか!」
「ランキング入っとるやないかい!」
に続いて、「単なる焼き魚やないかい!」に爆笑。

江藤はやな奴ですが、『gaku』のオーナーというだけあって味がわかる人だということ。
そして、ツッコミのセンスが超一流だということが判明しましたね。

悪役が多い手塚とおるさん。
でも、江藤不三男(えとうふみお)は、どこか古き良きアニメの悪役のようで憎めない。

是非、最終回まで江藤のツッコミ(名言)は、続けて欲しいですね。

『グランメゾン東京』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『グランメゾン東京』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。
相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。
というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。
尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。
 一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた。

こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。
果たして『グランメゾン東京』の順位は?!

出典:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/