ドラマル

『グランメゾン東京』5話のネタバレ感想!平古祥平が「gaku」へ!玉森裕太は白より黒が似合う?

2019年11月17日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、店の存続をかけて、尾花の提案でフードフェスに出店することに!
そんな中、3年前の「エスコフィユ」でのナッツ混入事故の犯人が明らかに…。

関連記事

『グランメゾン東京』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グランメゾン東京』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』5話のあらすじネタバレ

3年前のナッツ混入事件について言及したリンダ・真知子・リシャール(冨永愛)の記事により、再び、当事者として注目を集めるようになってしまった尾花夏樹(木村拓哉)。
記者たちに囲まれたり、ネットが大炎上する中、グランメゾン東京のオープン当日を迎えます。
しかし、直前まで一杯だった予約が全てキャンセル。
客がほとんど来ず、尾花は苛立ちを隠せません。結局、オープン当日に来た客は、たった2組4名だけでした。

一方その頃。
平古祥平(玉森裕太)は、婚約者の蛯名美優(朝倉あき)とその父・西堂(岩下尚史)と会食していました。
西堂は、リンダの記事により、かつて祥平に頼まれて口利きした融資が、尾花を助けるためだったと知り、激怒します。そして、都議会議員として醜聞にはとてもナーバスになっている西堂は、「問題を起こした店とは一切関わるな」という忠告を無視した祥平を傍には置いておけないと、婚約解消を言い渡します。さらには、ホテル料理長の解雇も暗示。
すると祥平は自ら「辞めます」と宣言。尾花を散々侮辱する西堂に「エスコフィユは素晴らしい店でした」と反論し、席を立ったのでした。

西堂に啖呵を切った祥平は、世間に叩かれているグランメゾン東京が心配になって顔を出すことに。
京野陸太郎(沢村一樹)や相沢瓶人(及川光博)たちが快く迎え入れます。すると、祥平の後を尾けてきた美優も入店。
美優は尾花に、「あなたのせいで全部メチャクチャになった。あなたが祥平を誘わなければ…!」と責め立てます。そして、祥平がホテルを辞めることや、婚約解消したこと、祥平のおかげでグランメゾン東京が融資を受けられたことなど明かす美優。
祥平は、そんな取り乱した美優を落ち着かせ、タクシーで自宅に帰らせることに。

騒ぎが落ち着いた後、祥平に、融資やジビエコンクールの鹿肉の件について感謝する早見倫子(鈴木京香)。
祥平は、ホテルを辞めたら餃子工場を営んでいる実家に戻るつもりだという。
けれど、祥平がフレンチを愛し、かつて「三つ星を取りたい」とまで言っていたことを知る相沢たちは、「グランメゾン東京に来てよ」と誘い、歓迎の意を表します。たった一人、尾花を除いて。
尾花は相変わらず「やる気のない人間はいらない」という姿勢で、さらには、全く客が来ない状況で新たに人を雇う余裕なんて無いと言います。

そこでふと、妙案を思いつく尾花。
客が店に来ないのなら、こっちから外に出て客を引き込もう!と。
フードフェスに参加することを決意します。まずは、客が来なくて余った様々な食材を、一気に利用できるカレーを作ることに。
そこで、祥平に「手伝え」と命じる尾花。
祥平は、世話になっている相沢や京野のためにと、協力を承諾しました。

尾花と祥平が中心となってカレーのメニュー開発に勤しみます。
それを京野と相沢が微笑ましく見守ったのでした。

カレーフェス当日。
松井萌絵(吉谷彩子)のアイデアで店舗を可愛く装飾したり、インスタやツイッターアカウントを作ったりと、客寄せアピールにも力を入れます。
店舗の名前は、炎上している「グランメゾン東京」の名を隠し、「スリースターズ」と命名。尾花も極力人前に顔を出さないよう努めます。
そういった作戦が功を奏し、料理の美味しさが偏見無く評価され、大好評を博しました。

後日、丹後学(尾上菊之助)が祥平のホテルブッフェにやってきます。
祥平がホテルを辞めるという噂を聞きつけ、「いよいよお前もグランメゾン東京に行くのか?」と尋ねる丹後。けれど祥平はそれを否定し、フレンチから足を洗うと宣言。
丹後はその答えに疑問を浮かべるも、「今度gakuにも食べに来て。転職祝いするよ」と誘い、その場を後にしました。

フェスが終わった後、夜はグランメゾン東京の営業をする尾花たち。
しかし、一向に客がやってきません。
するとついに、最近スカウトしたホール担当の大宮と並木から「辞めたい」という申し出が。倫子はこれを承諾し、これまでの給料を渡しました。
その倫子の表情には疲れが色濃く出ており、それが気になる尾花でした。

翌日。
開店前から早くも、尾花たちの店に大行列が。
ネットで大評判になっていたのです。
そして、夜のグランメゾン東京にも客がちらほらと来るように。

その後も、ハンバーガーフェスや餃子フェスに出店。
大好評を得ます。

そしてワインフェスにも出店することに。
これについて、「マリ・クレール ダイニング」の記者・久住栞奈(中村アン)が取材させてほしいと申し出ます。栞奈はリンダの記事で、迷惑を掛けてしまったことに、心を痛めていました。
そんな栞奈に、リンダはなぜ、わざわざ3年前のことを記事にしたのかと問う倫子。栞奈は、これを機に、犯人を炙り出したいというリンダの魂胆を明かしたのでした。

一方その頃。
祥平は、丹後との約束を果たすため、gakuへ食事に。
丹後の繊細な料理に舌鼓を打ちます。そして、丹後に求められてアドバイスしたりも。二人は楽しそうに語り合います。
すっかり意気投合した丹後は、祥平に、近日中にスーシェフ(副料理長)のテストがあるから今度受けてみないかと誘います。

そして話題は、エスコフィユ時代へ。
当時も、じつは祥平に引き抜き話を持ち掛けていた丹後。けれど、尾花に心酔する祥平は、即刻断ったのでした。「たとえ給料が無くとも、尾花の下で学びたい」と。
それほどまでに尾花に入れ込んでいた祥平が、いつまでもグランメゾン東京に参加しようとしなかったのが疑問だったという丹後。
「もしかして、あの事件の犯人はお前なのか?」と問い掛けます。

そこで、事件について語り始める祥平。
ナッツ類を仕舞うよう命じられた祥平は、ナッツオイルを見落としてしまったのです。
そして誤って、ナッツオイルが入ったソースボトルを手にして、ウニ料理に使ってしまった祥平。事件が起きた後、これを食べた尾花が「俺のレシピじゃないぞ」と一言呟いたのを聞いて、ミスに気付いたのでした。

この真相を、ホテルを辞めて今の仲間に迷惑を掛けずに済むようになったら発表するつもりだと、丹後に明かす祥平。
けれど丹後は「発表してしまったら、祥平の料理人としての人生が終わってしまう。あれほど愛したフレンチに戻れなくなってしまうんだぞ」と心配し、思い止まらせようとします。
しかし祥平の決意は固く、「グランメゾン東京の料理は、皆に食べてもらいたいと思わせるほど美味しかった。あの店は三つ星をとる可能性がある。あの店は絶対に無くしちゃいけないんです!」と告げたのでした。

ワインフェス当日。
開場間際になって、主催者(六角慎司)から突然「この店は販売中止」と告げられます。
江藤不三男(手塚とおる)が主催者にクレームを入れたためでした。
主催者の中止宣言で騒然となる現場。疲れの溜まった倫子は、とうとう倒れてしまいます。
尾花は倒れた倫子を抱きとめ、おんぶして店へと戻りました。

店内で、重苦しい雰囲気が漂う中、芹田公一(寛一郎)が「これ以上続けるのは無理じゃないですか」と一言。
すると突然「3年前のナッツ混入事件の犯人は、俺だ」と名乗り出る京野。
取材で密着していた栞奈に「私が犯人だと公表してください。この店辞めるんで」と申し出ます。尾花は、店を守るためにわざと罪を被ろうとしている京野の意図に気付き、「お前じゃないだろ!」と声を荒げます。けれど「お前はこの店に必要なんだよ!」と一歩も引こうとしない京野。
そんな二人のやり取りを見ていた倫子は「おっさん同士、無駄に熱い友情やめてくれないかな」とツッコミを入れ、3年前の事件なんてどうでもいい!食べたくない人は食べなきゃいい!と開き直ってみせます。
そして「美味しい料理を作っていれば、いつかはお客様に伝わるときがくる」と。

ここで祥平が、犯人は自分だと名乗り出ようとしますが、それを封じるかのように尾花が前に出て「協力してくれたお礼に俺がまかないを作る。食っていけ」と命じます。
尾花が作ったまかないは「栗ときのこのアッシパルマンティエ」。
それは、エスコフィユ時代、二つ星を取って「三つ星じゃなかった…」と尾花が不貞腐れていたときに、祥平が作ってくれたまかない「栗ときのこのポテトグラタン」に似たグラタン料理でした。
尾花はあの時、祥平のまかないを食べて涙を流したという。
「俺はお前のまかないを食べて救われた。平古祥平の作る料理には人を動かすチカラがある。だからフレンチやめんじゃねえぞ」と激励する尾花。
この言葉に感激し、涙する祥平でした。

後日、倫子の言葉は現実となり、グランメゾン東京の予約は一杯に。
トップレストラン50の候補店に、gakuとグランメゾン東京が挙げられたのです。
一気に繁盛し、中にはフェスに来ていたお客様も。

市場に買い出しに出た尾花たちは、丹後や江藤らとばったり遭遇します。
そこにはプレオープンの日に失踪した柿谷光(大貫裕介)の姿もありました。
そして、平古祥平の姿も。
倫子たちは驚きと共に、戸惑いの表情を浮かべます。しかしただ一人、尾花だけは「面白くなってきたじゃん」と笑みを浮かべました。
そんな尾花へ、ミシュランの前哨戦となる「トップレストラン50」の順位で、どちらが上かはっきりさせようと宣戦布告する丹後。

その「トップレストラン50」のランキング発表は、一か月後―――

『グランメゾン東京』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

3年前のナッツ混入事件の原因は、祥平のミスだったとのこと。
これには驚きや怒りよりも、むしろ肩透かし感と、同情する気持ちのほうが強く。故意ではないのに、それに対するリンダや世間の報復があまりに酷いなぁと感じてしまいました。人間誰しもミスするのに…。もちろん首脳会談という大舞台で、というのは許されないことですが…。
ただ、あれほど「故意だ」「犯人がいる」と囃し立てておいて、じつは単純ミスでした。というオチにはちょっと違和感も。
そして、ナッツオイル云々以前に、似たようなソースボトルだからって、取り間違えて料理に使っちゃったという素人じみたミスが、二つ星レストランの厨房でも起きていることにも違和感。
これでミスするようなら、これまでにも、似た色の調味料を取り違えるミスが横行してそうだけど…。
一瞬、祥平が仕舞い忘れたナッツオイルを「故意に」ソースボトルに詰めた人物が、他にいるのかな?とも思ったんですが、よくよく回想シーンを見ると、最初からナッツのソースボトルを使っていたわけでもないので、その線は無さそうですね。

ホテル料理長を辞めた祥平が、なんとgakuに!
この展開には驚きました。そして嬉しい!
というのも、卑怯な江藤は好きになれないけど、丹後は正々堂々と戦う良きライバル。その丹後が孤軍奮闘する姿があまりに不憫で…。最終的には尾花たちに敗北を喫する可哀相な立場なんでしょうし、丹後にも何らか救いがあればいいな~と思ってました。祥平が味方になってくれるなら、こんなに心強いことはありません!
祥平がgakuへ行ったことでどっちを応援するか、視聴者としては悩ましいところですが、でも”面白くなってきたじゃん”!
次回のトップレストラン50の対決、楽しみです!

平古祥平が「gaku」へ!玉森裕太は白より黒が似合う?

やはり京野さんはミスリード。
玉森裕太さん演じる平古祥平が故意ではありませんが、ピーナッツオイルを料理に混入させてしまった犯人でしたね。

祥平がグランメゾン東京を影で応援しつつも、メンバーに加わらなかった訳が明らかになり、誰よりも尾花の元で働きたい祥平の葛藤を、1話から見返したくなってしまいました。

それにしても、ラストの平古祥平「gaku」加入にはビックリ…ていうか登場シーンがカッコ良すぎる!

放送後ネットでは、玉森裕太さんは、「グランメゾン東京」の白い制服と「gaku」の黒い制服とどっちが似合う?というつぶやきも!
どっちも似合っていますが、肌の白さが映える黒(gakuの制服)の方がわたしはキリっとしていてカッコいいと感じました。
白は白で、清潔感ある玉森裕太さんに似合ってるんですけどね…。

さて、今回は見どころがありすぎましたね。

3つ星がとれず悔し涙を流す尾花。カッコ良かった!
そして、祥平の賄いに救われたといい、お前には人を動かす力があるといって、フレンチ辞めんなというシーンは泣けました。

誰がピーナッツオイルを混入したかを知っているうえで、責任は全て自分という尾花。
「兄貴~」と呼びたくなるほどのカッコ良さ。

まかない料理が全てを語る!
祥平に対する尾花の不器用だけど熱い情に感動しました。

祥平はそんな尾花を尊敬し、最高の料理人だと感じているからこそ、「gaku」でフレンチ料理人を続け、尾花と同じ世界で生きることを選びました。
今後、祥平が「gaku」に行って、尾花に料理でどんな恩返しをするのか期待ですね。

「グランメゾン東京」と「gaku」。
いよいよ両勢に役者が揃い本格対決となる次回が楽しみですね。

『グランメゾン東京』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『グランメゾン東京』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

祥平(玉森裕太)が丹後(尾上菊之助)のいるgakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村一樹)と相沢(及川光博)。しかし、尾花(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しんでいるかのようだった。そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。それを聞いた尾花は、日本が誇る食資源の代表格である“魚”の料理を開発し直すことを決めた。その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。

一方、グランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アン)が志願し加わることに。着々とチームが出来上がる中、江藤(手塚とおる)から金を受け取って内部情報を流していた芹田(寛 一 郎)はただ一人、取り残された気持ちになっていた。いつまでも料理を作らせてもらえない怒りから、芹田は店を辞めると告げる。
暗雲漂う中、グランメゾン東京は、果たして新メニューを完成させることができるのか!?

出典:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/