ドラマル

『グランメゾン東京』3話のネタバレ感想!尾花がいい奴過ぎ!NARUTOのキャラ弁が可愛いすぎだってばよ!

2019年11月3日に放送されたドラマ『グランメゾン東京』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、ジビエ料理のコンクールに「グランメゾン東京」がエントリーすることに!
「gaku」江藤の買い占めにより食材が手に入らない中、尾花たちは納得の料理を作れるのか?

関連記事

『グランメゾン東京』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グランメゾン東京』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』3話のあらすじネタバレ

尾花夏樹(木村拓哉)と早見倫子(鈴木京香)は、メインディッシュのメニュー開発にいそしんでいました。
そんな折、フードライターの久住栞奈(中村アン)を連れてきた京野陸太郎(沢村一樹)。
国産ジビエの普及を進めている農水省と、世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」とのコラボ企画で、ジビエ料理のコンテストが開かれるという。そこで優勝すれば、その料理と店の情報が雑誌に掲載されるとのこと。
倫子はグランメゾン東京の名を宣伝する良い機会だと、コンテストへの参加を決めます。
尾花たちは、ジビエ料理の開発をすることに。

その足で、栞奈はgakuにも訪れ、コンテスト参加を打診します。
江藤不三男(手塚とおる)は大して興味を示しませんでしたが、丹後学(尾上菊之助)はグランメゾン東京の名を聞いて、参加を申し出ました。

そして栞奈は、編集長のリンダ・真知子・リシャール(冨永愛)に、グランメゾン東京とgakuの参加を無事取り付けたことを報告。
尾花と丹後の直接対決に、心を躍らせるリンダでした。

尾花たちは、早速、食材探しに奔走しますが、メイン食材となる鹿の上質な部位・ロースが、江藤により買い占められ、まったく手に入りません。
辛うじて冷凍肉が手に入ったものの、その味の差は歴然。これでは勝てないと、倫子は嘆きます。

そんな安い食材でも勝てるようにと、「500円で三つ星の味を」という売り文句で本まで出している料理研究家の相沢瓶人(及川光博)を頼ることに。
倫子は、相沢の家族との時間はしっかり守ると、定時帰りを約束します。しかし、相沢は「尾花と同じ厨房に入ってしまったら、結局、生活の全てを料理に注がなきゃいけなくなる」と言って拒否。
すると、相沢の母・百江(木野花)が、相沢の説得に当たってくれました。娘・アメリーの弁当作りを代わりにやるなど、自分も協力するから、と。
倫子たちや百江の強い説得に折れ、「店がオープンするまでの2か月だけ」という約束で、相沢は引き受けることにしました。

後日、相沢から伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の情報を聞いて、静岡県浜松市へとやってきた尾花と倫子。
峰岸が営むジビエ料理店を訪ねると、峰岸の妻・春代(椿鬼奴)が取り次いでくれました。しかし、頑固で、「俺のジビエは世界一」と自負するほどプライドが高い峰岸は、あっさり倫子たちを門前払いしてしまいます。
そんな峰岸に「本当に世界一なのか?」と挑発する尾花。
この挑発に乗った峰岸は、尾花たちにジビエ料理を振舞います。それを口にした尾花はあまりの美味しさに天を仰ぎ、倫子もしきりに感動。その美味しさの秘密は、獲物を生きたまま運び込み、調理する直前に血抜きをしていることにありました。だから臭みが無いのだという。
尾花は態度を一変させ、峰岸に敬意を払い、先般の失礼を素直に詫びると「あなたを納得させる料理を作るから、それを食べてみて、肉を卸すかどうか判断してほしい」と願い出ました。しかし、無碍なく追い出されてしまいました。

一方、相沢のサイトで「更新休止」の案内を見た平古祥平(玉森裕太)は、グランメゾン東京を訪れます。
そして案の定、相沢まで仲間に加わっていることに、呆れる平古。京野は平古に、フレッシュな鹿肉が手に入らなくて困っていることを明かします。すると平古は、京野に協力すべく、懇意にしている猟師にフレッシュな鹿肉を卸してもらうよう、口利きしてくれたのでした。

そうして、ようやく手に入れたのは鹿のモモ肉。さすがに上質のロースは無理でした。
けれど、丁寧にスジをとって処理すればロース肉のように使えるという尾花。相沢と倫子とともに、鹿のモモ肉を使った料理開発に励みます。味見は、見習いの芹田公一(寛一郎)が。あまりに、鹿肉料理が続くので、「もう飽きた」と弱音を吐いてしまうことも。
そして尾花のアイデアで、肉と合わせるコンソメを、取り出したスジ肉を使って作ることに。
けれど、なかなか納得いくものが出来ず、相沢は、帰宅後も密かに、自宅のキッチンで夜遅くまで試行錯誤を重ねていました。

そして2週間が経ち、それでもメニューが決まらずにいました。
倫子は、焦りと、才能ある尾花と相沢に囲まれた中で、自身の無力感に苛まれてしまいます。そんなすっかり自信喪失してしまった倫子に、発破をかける京野。
「自分を信じられないシェフは、絶対に星はとれない」と。
この言葉に目を覚ました倫子は、再びやる気を取り戻し、「ポワブラードソースはどうかな」と尾花たちに提案しました。ポワブラードソースは、赤ワインビネガーやフルーツのビューレ等を豚の血と合わせた古典的なフレンチソース。相沢もじつは既に自宅で試しており、いまひとつだったという。
相沢の話に肩を落とす倫子。しかし何かを閃いた尾花は「使えるかも!」と声を上げ、「生き血」を利用することに。
峰岸に、いつも捨てているという、新鮮な鹿の生き血を譲ってもらうことにしました。

ジビエコンクール当日。
朝から尾花は会場に姿を現さず、携帯も繋がらず、倫子たちは動揺します。仕方なく、倫子が中心となって調理をすることに。幸い、技術を要する肉の火入れなどは、以前より尾花に厳しく仕込まれていたため、納得の出来となりました。

グランメゾン東京が作った料理は「本州鹿の内モモのロティとコンソメ」。
コンソメは、倫子と尾花のアイデアを活かしたもので、一風変わったものでした。通常は、卵白を使てアク取りをするところ、この料理では、鹿の生き血(タンパク質のため同様の効果がある)を使ってアク取りをしました。そのため、野性味のあるコンソメとなり、肉の相性とも抜群。
審査員から、大好評を得ます。

gakuが作った料理は「麹漬けの鹿肉のタルタル 生セップ茸とヘーゼルナッツ」。
繊細、かつ、オリジナリティに溢れた料理で、審査員から「これは面白い」と好評を得ます。

結果は、gakuの優勝となりました。
優勝を称え、丹後へ声をかける栞奈。その際、「最高級ロース肉の流通量が減っている中、手に入ったのはさすがですね」とチクリと告げました。
その意味するところをすぐに察知した丹後は、江藤を問い詰めます。すると江藤は、正直に、高級ジビエ肉を買い占めたこと、票集めのためにロビー活動を行ったことを白状。
丹後は、余計なことはするなと怒りを漲らせますが、江藤は「星はシェフにつくんじゃない、店につくんだ」と、星獲得のためにあらゆる手を尽くすのが自分の仕事だと開き直ったのでした。

一方その頃、尾花は峰岸のもとを訪れていました。
コンクールに出した料理と、まったく同じものを作って峰岸に食べてもらいます。この料理は「生きとし生けるもの、いただいた命を余すことなく美味しくいただく。そのために料理人がいる」という峰岸の精神からヒントを得たという。
鹿肉の生き血まで余すことなく活かしたこの料理に、そして丁寧に処理された肉のやわらかさに、感銘を受ける峰岸。食べ進めながら「バカうめえな」と、繰り返し呟きます。
そして尾花へ、食材(ジビエに限らず、要望があればキノコや山菜など山のもの全部)提供することを約束したのでした。

モモ肉を手配してくれた平古にも、京野が、お礼にコンクールで出した料理を渡しました。
その場にいたパティスリー担当の松井萌絵(吉谷彩子)と一緒に味見する平古。あまりの美味さに、泣きそうになってしまいます。それをからかいながらも、自分も感動する萌絵。
そんな二人の仲睦まじい様子を、遠くから平古のフィアンセ・蛯名美優(朝倉あき)が見つめていました。
その後、美優は、萌絵のロッカーに画びょうを仕込んでしまうほどに、嫉妬心を募らせてしまいます。

一か月後。
店舗の内装も整い、ようやくコースメニュー10品の開発も終わりました。
相沢は自分の役目は終わったと、店を去ることに。
その日の帰り、いつものように保育園に迎えに行くと、「パパが辞めたら、尾花くんのお弁当、もう食べられないの?」と残念そうな顔を見せるアメリー。保育士から、ここ最近、アメリーが可愛らしいキャラ弁を持って来ていて、周りの子たちから大人気だったと明かされます。それは、保育園で一人寂しそうにしていたアメリーのためにと、こっそり、百江の代わりに尾花が作っていた弁当でした。
たしかにここ最近、アメリーの笑顔が増え、明るくなったと実感していた相沢。

相沢はグランメゾン東京に戻り、倫子たちと共に働く決意をします。
そして尾花に、「キャラ弁の作り方を教えて」とおどけて聞く相沢。
相沢が加わったことにより、「最高のチームになるかもしれないな」と満足気に呟く京野でした。

プレオープンを迎えた日、栞奈がリンダを連れてやってきました。
意味深な挨拶をするリンダと尾花。リンダはなんと、尾花の元恋人だという。
尾花は困惑しつつも「ようこそグランメゾン東京へ」と迎え入れたのでした。

スポンサーリンク

『グランメゾン東京』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

早くも尾花と丹後の直接対決か?と、ワクワクしたんですが、さすがに3話では早すぎたようで、直接対決は持ち越しに。
でも今回のコンクール、尾花が調理していたとしても、江藤の卑怯な裏工作があったから、勝てたかどうか怪しかったですね。
そんな江藤に引きずられるようなかたちで、悪役な立場にいる丹後が、なんか気の毒…。
丹後は正々堂々戦おうとしていたのに。丹後は、江藤の仲間というより、江藤の被害者なのでは、とすら思えます。
尾花がライバルを打ち負かして、華麗に三つ星をとる展開を当然期待していますが、でも丹後にも救いのある展開になってくれたらいいな、と願わずにはいられません。

ところで、働き方改革を謳うこのご時世で、真っ向対立する鬼の尾花が、あんなに可愛らしいキャラ弁を作るなんて!
尾花に、そんなお茶目な発想があったとはびっくりです。でもよくよく考えてみると、フランス料理というのは、味もさることながら、見た目の美しさにもこだわる繊細な料理。その精神は、細かなテクニックを駆使してお弁当を華やかに彩るキャラ弁の精神にも通ずるのかもしれませんね。
二つ星のフレンチシェフが作るキャラ弁、食べてみたいなぁ。

尾花がいい奴過ぎ!NARUTOのキャラ弁が可愛いすぎだってばよ!

木村拓哉さん演じる尾花夏樹が、寂しそうにしていたメアリのために、朝早起きして作っていたNARUTO(ナルト)などのキャラ弁が可愛すぎと話題を集めました。

ドラマのクレジットにNARUTOの作者・岸本先生の名前が!
木村拓哉さんはワンピース好きだと思っていたのですが、ナルトも好きなんでしょうかね?

それにしても、倫子の成長を後押ししたり、相沢を思いメアリにキャラ弁を作ってあげたりと、尾花って実はすごくいい奴!
前回もわざわざ平古のためにソース作ってあげたりしてたし、尾花の不器用な優しさがカッコいいです。

今回のキャラ弁エピソードに至っては号泣する人も!
尾花ってもっと傲慢で自己中な人だと思っていましたが、料理に関しては一切妥協できず、自分にも他人にも厳しいだけで、根はすごくいい人で魅力的ですね。

さて、相沢さんも加わったし、次回は松井萌絵(吉谷彩子)をパティシエとして引き抜き?
平古(玉森裕太)も絶対に尾花と働きたいはずなので、早く「グランメゾン東京」のメンバーに加わって欲しいですね。

『グランメゾン東京』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『グランメゾン東京』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。
コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。
そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。
萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。
刻々と近づくプレオープン。尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか?

そしてグランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか!?

出典:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/