ドラマル

2019年1月23日

『後妻業』1話のネタバレ・感想と2話あらすじ【宮本浩次の主題歌「冬の花」が好評】

ドラマ『後妻業』1話のあらすじネタバレと感想、視聴率、次回放送話(2話)のあらすじ、今後の展開(予想)をご紹介します。

関連記事

『後妻業』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『後妻業』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『後妻業』1話のあらすじネタバレ

高齢者と結婚し、遺産を狙う後妻業をする小夜子(木村佳乃)。
今回のターゲットは耕造(泉谷しげる)。
彼と結婚した小夜子は別々に暮らし、たまに耕造の住むマンションに顔を出します。

耕造を紹介したのは小夜子のバディ・柏木(高橋克典)。
彼は結婚相談所の社長として、裏では小夜子達のような後妻業を生業とする女性をかこっています。
小夜子はなかなか死なない耕造に業を煮やして、冬の寒い中を無理やり連れて歩きます。
みるみると疲れて歩けなくなる耕造。ついに途中で倒れてしまいます。

救急車を呼んで入院させ、死ぬのを待つ小夜子。
そこに耕造の二人の娘がやって来ます。
一人は大阪に暮らす尚子(濱田マリ)。もう一人は内縁の夫と設計事務所を経営する朋美(木村多江)。

朋美は一目見て、小夜子のことを詐欺師だと思います。
派手な格好で、どう見ても耕造が死ぬのを待っているとしか思えない小夜子の行動。
朋美は探偵を雇うことにします。
そこで出会った探偵は、かつて大学時代の知り合いの本多(伊原剛志)でした。
本多は元刑事で、小夜子の話を聞いて後妻業ではないかと勘づきます。

動き出した本多の存在を全く知らない小夜子。
小夜子は耕造が持っている金庫の中身が気になり、どうしても開けようと重い柏木に相談。
そして小夜子は耕造が入院中の病院に向かいます。

後妻業チェインストーリー #1.5 予告編

https://www.youtube.com/watch?time_continue=15&v=LaGzCZeO8kw

『後妻業』1話の感想

30代女性

たろ

白いワンピースを着ていても、清楚には全く見えない派手でいけ好かなくて下品な女・小夜子(木村佳乃)。でもちょっと影があって、たまに見せる悲しげな表情にキュンときてしまいます。

関西のおばちゃん丸出しで、恥ずかしげもなく金のためならんでもする!といった感じがよく出てました。今までのイメージとは真逆を演じる木村佳乃さんに、驚きです。

ドラマの内容ももちろん素敵で、キャストの方々も多く豪華です。

しかしそれよりのエンディングで流れた宮本浩次さんの「冬の花」がよかったです。ドラマのイメージとぴったりで、心に響く歌声と、宮本さんのパンチのある声がドラマとマッチしてドラマの最後をぐっときれいに締めくくってくれていました。挿入歌とドラマがこんなにぴったりだと、見ていてストーリーに入り込めて楽しく見れるドラマです。

『後妻業』2話のあらすじと展開予想

公式サイトが発表している『後妻業』2話のStory(あらすじ)は以下の通りです。

裕福な高齢者を惑わせ妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする“後妻業”で荒稼ぎする小夜子(木村佳乃)は、ある日、後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)が金庫に多額の財産を隠し持っていることに気づく。するとその矢先、小夜子の思惑どおり、耕造が病に倒れて入院。その隙に、小夜子はパートナーの柏木(高橋克典)と結託し、金庫を開けることに成功する。すると、中から出てきたのは不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円のお宝! 早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが、銀行側は本人の許諾がないと解約はできないと主張する。

何としても金を手に入れたい小夜子は、後日、解約を渋る銀行の担当者を病室へ招き入れ、意識がもうろうとする耕造に、なかば強引に口座解約の意思表示をさせる。こうして、まんまと大金を手に入れた小夜子だったが、偶然、東京で暮らす耕造の次女・朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子の調査をしに大阪へ来ていた探偵の本多(伊原剛志)に、バッグの中の札束を見られてしまう。

同じころ、ひとまず容体が安定したことを理由に、病院から耕造の転院を迫られた朋美と姉の尚子(濱田マリ)。在宅介護の可能性も示唆された姉妹は、お互い仕事や家事を理由に面倒を押しつけ合う。そんななか、本多から小夜子が大金を持っていたと報告を受けた朋美は、ますます小夜子への疑いを強める。一方で、仕事とはいえ親身に相談にのってくれる先輩の本多に、かつての胸の高鳴りを思い出し……。

金を手にした小夜子と柏木にとって、耕造はもはや何の価値もない。そこで耕造を始末しようと考えた小夜子は、眠っている耕造に忍び寄る――。

出典:https://www.ktv.jp/gosaigyo/story/02.html

『後妻業』第2話PR【60秒】

https://www.youtube.com/watch?v=687a5uTiLAI

『後妻業』2話の展開予想

次回は耕造(泉谷しげる)が持つ金庫を開けた小夜子(木村佳乃)。
中にはたくさんの土地の権利書などを見つけます。
大金をせしめて浮かれる小夜子ですが後妻業を疑う探偵の本多(伊原剛志)に見つかってしまい、小夜子は後妻業を続けることができるのか気になります。

そして金が手に入れば耕造はじゃまなだけです。
どのように耕三を殺すのかも気になります。

耕造はしぶとそうなので、すぐには入院中でも死にそうにありません。
だからと言って小夜子が自ら手を下すのも危険です。
本多や娘の朋美(木村多江)も見張っている今は、あまり派手な動きをしないほうがいいと思います。

大金の入った小夜子はこのまま後妻業を引退するのか。
それとも新たなターゲットを探すのかも注目だと思いました。