ドラマル

2019年3月18日

『グッドワイフ』10話(最終回)のネタバレ感想!壮一郎に惚れ直す杏子の笑顔が最高!唐沢寿明はやっぱカッコいい

2019年3月17日に放送されたドラマ『グッドワイフ』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

いよいよ最終回、ついに今夜すべてが明らかになる!
壮一郎の真の目的は?妻として、女性として、杏子がする最後の決断は…

関連記事

『グッドワイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グッドワイフ』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』最終回のあらすじネタバレ

弁護士である多田征大(小泉孝太郎)は、裁判官の小宮竹生(野間口徹)との癒着を疑われて逮捕されました。
神山佳恵(賀来千香子)をはじめ神山多田法律事務所の面々は、事務所の威信をかけて、多田の無罪を証明すべく調査に乗り出します。

保釈された多田は、逮捕のきっかけになっている裁判の無罪となった一審ではなく、有罪になった二審に問題があるのではないかと考えます。

脇坂博道(吉田鋼太郎)に多田は、裁判で証言を得るために多額の不正なお金を渡していると指摘されます。
蓮見杏子(常盤貴子)と神山多田法律事務所の採用を巡って争っていた、朝飛光太郎(北村匠海)が検察側の証人として出廷して証言し、フットサルの後の飲み会で、多田が小宮にお金の入った封筒を渡していたと聞いたと証言します。

脇坂が円香みちる(水原希子)を懐柔して、情報を引き出そうとしていたところに、円香は情報屋から多田と小宮の写真を手に入れます。その写真を杏子に渡そうとするのですが断られ、多田を信じて脇坂に渡してしまいます。
脇坂はこの写真で、さらに多田を追求しようとするのですが、杏子は多田に真実を話すことを納得させ、この写真を逆手に取って多田の無罪の証明にします。

杏子は蓮見壮一郎(唐沢寿明)に、なぜ検事正の壮一郎が多田の裁判を直接指揮しているのかと疑問を投げかけ不信感を抱きます。
壮一郎が動いていたのは、多田の推測どおり多田への追求は見せかけで、東京地検検事正の御手洗直人(中村育二)と裁判官との、二審を有罪にするための癒着を暴くためでした。

多田は事務所を辞めて、過去のグレーゾーンの行動の責任をとることにします。

杏子は自分の気持ちに正直に生きていくために、壮一郎と離婚することに決めます。
「自分の気持ちからは、自分だけは逃げられないから。」
「もう、いい妻はやめる。」
杏子が壮一郎に言った最後の言葉です。
この杏子の決断は、杏子の家族に幸せをもたらしました。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』最終回のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

蓮見杏子(常盤貴子)は最終的に、自分に正直な選択をしました。

自分の気持ちを誤魔化して、蓮見壮一郎(唐沢寿明)と生きていくのではなく、自分の気持ちに沿って、離婚して生きていく。
こういう選択をするには勇気も必要でしょうが、悔いのない人生にしていくには、とても大切なことでしょう。

杏子たち家族の幸せそうな笑顔がそれを物語っていましたね。
改めて自分の人生を、自分の感性を信じて生きていく決意ができました。
ストーリー展開など、とても見応えのあるドラマでした。

40代女性

kakko

夫を支える良き妻、グッドワイフの蓮見杏子(常盤貴子)が最終的には離婚を決意して妻を辞めるとは!思ってもみなかったラストで、でも一家だんらんの姿が最後に初めて見られてよかったです。
多田征大(小泉孝太郎)は結局、良い人だった。なんか裏がありそうと思いながらずっと見ていたけれど、本当に杏子が好きで彼女を素直にサポートしてたということが分かり、全て終わったからこそ素敵なキャラクターだと思えました。
蓮見壮一郎(唐沢寿明)もまた自分の信念を貫き、正しいことをやり切ったのはすごいし男らしいと感じたけど、妻としてはこんな旦那さんは疲れるな~。離婚して正解だと思いました。
杏子と神山佳恵(賀来千香子)が多田を弁護するシーンなど、この二人が並んで法廷に立つ姿がとてもかっこよかったです。

最終回で最も話題になった出来事

壮一郎に惚れ直す杏子の笑顔が最高!唐沢寿明はやっぱカッコいい

最終回、不倫したけど唐沢寿明が演じる蓮見壮一郎が持っていきましたね。杏子もカッコいい壮一郎の姿を見て、明らかに惚れ直してましたよね。

多田さん演じる小泉孝太郎が人気でしたが、最終回でまさかの唐沢さんの大逆転?

佐々木検事の想いにも応える蓮見荘一郎の正義でスッキリしました。

まとめ

グッドワイフ最終回、面白かったですね。なんかスカッとした爽快感がある展開でした。

正直なところ、1話、2話、3話と面白くて、4話から8話が中だるみって感じがしました(まあ1話完結の痛快弁護士ドラマとしてみればいけますが…)。でも、ドラマははじまりと終わりが良ければ締まりますね。

グッドワイフになるのかと思いきや…グッドワイフを辞めるっていうことだったとは、ここは裏切られましたね。ず~っと、常盤貴子さん演じる蓮見杏子が仕事も家庭も両立して活躍する凄い女性=グッドワイフが、最終回で更なるグッドワイフぶりを出すものだと思っていました。

グッドワイフである力量がある女性が、グッドワイフを辞めるというのが、家族や自分にとって最高の選択だったということですかね。

何はともあれ、最高の終わりかたでした。視聴率も最終回は11.5%と第2話対の最高記録で終わったようですし、好きなドラマが言い終わり方をしてよかった。

さて、「Paravi」で放送される未公開シーンを含むディレクターズカット版が、4月1日から配信されるそうなので、ファンは見返して、もう一度、楽しんじゃいましょう!