ドラマル

2019年3月8日

『グッドワイフ』8話のネタバレ感想!裏切り者が滝藤賢一はミスリード!真の黒幕は?

2019年3月3日に放送されたドラマ『グッドワイフ』8話のネタバレ感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

関連記事

『グッドワイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グッドワイフ』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』8話のあらすじネタバレ

杏子は夫の不倫相手の遠山に会いに行きますが杏子は逆に遠山に挑発されてしまいます。
壮一郎の裁判も始まりますが、検察側の証人の偽証が証明できず裁判に勝ち目はなさそうな様子です。

杏子は裁判を有利に進めるためには遠山から何かを聞きだすしかないと思い、遠山について詳しく調べてもらいます。

すると遠山には離婚歴があり分かれた夫の元に子供がいることが分かります。
しかもその子供がアメリカで遠山が費用を出して心臓移植を受けていたことが分かり杏子は、遠山が口止め料とした娘の手術費用を受け取ったと思い遠山を追求します。

その結果、そのお金は口止め料ではなく遠山が壮一郎にハニートラップを仕掛けるためのお金だったことが分かります。

遠山の口からはハニートラップは壮一郎に薬を飲ませただけで何もなかったことが語られます。
そして遠山が持つ文章を杏子に渡すという約束を交わしますが、約束の日に遠山が階段から落ちて意識不明になってしまいます。

そんな時に円香の前には、別れたDVの夫が現れて脅迫されますがそのことをかぎつけた脇坂は円香を利用しようと何かを持ちかけて来ます。

杏子の周囲の人がそれぞれ何かを抱えているようで怪しい雰囲気が漂って来ます。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』8話のネタバレ感想

50代女性

ゆかり

今までみんないい人だったと思っていた周囲の人が怪しく見えて来て裏切り者が近くにいることが分かって来ました。

裏切り者が誰なのか分からないまま最後までストーリーが進んで行き、何だかドキドキ感がありました。

それだけではなく、杏子の夫の壮一郎の浮気が実は何もなかったことが分かり杏子と壮一郎の夫婦関係が元に戻るのか多田の方に向かって行くのかが全く分からない展開になって来て恋の今後の展開もとても気になりながら見ていました。

30代女性

875

やっと相武紗季の出番が来ました。不倫相手ということで最初は挑発的な態度でしたが、政治家との取引でお金を受け取ったらしく、お子さんからの手紙には私も泣けました。

でも、結局子供ではなく仕事を取ったので離婚ですか。お子さんが可哀想!母親の存在を知らないなんて可哀想すぎるし、母親の立場からでもやりきれないです。

そして、本当の裏切り者は誰なのかです。最後は照明が暗すぎて、誰だか分かりませんでした。お決まりですね!

私の予想は裏の裏をついて、朝飛光太郎ではないかと思っています。みちるでは単純だし、多田先生のことは信じたいのです。予告では杏子が壮一郎が電話の録音を消したことに怒ってました。多田先生とキスをするかしないかの急接近だったので、それも楽しみです。

50代男性

濱本哲治

内閣官房副長官の南原次郎(三遊亭円楽)が蓮見壮一郎(唐沢寿明)の汚職を仕組んだことは見えてきましたが、まだまだ誰が敵で、誰が味方なのか真相が見えてきません。

蓮見杏子(常盤貴子)や子供たちにとって、いちばん大きな問題であった不倫疑惑が晴れたことは良かったのですが、まだ謎だらけの状態ですね。

謎の多い円香みちる(水原希子)の素顔が徐々に明かされてきていますが、彼女の表情から何を読み取れるかが、今後のストーリー展開を予想するポイントになるかもしれません。
同僚の朝飛光太郎(北村匠海)元夫の木内幸久(丸山智己)情報交換相手の戸梶涼太(中林大樹)そして脇坂博道(吉田鋼太郎)との関係がどうなっていくのか見どころ満載です。

それにしても相手のウィークポイントを突いて、行動や証言などを引き出していく手法が見事にはまっていきますが、守りたい大切なものが何であるかがとても重要であることを考えさせられました。そこに愛や正義はあるのか。我が身を振り返っていきたいですね。

40代女性

berry

蓮見杏子(常盤貴子)と蓮見壮一郎(唐沢寿明)の敵と味方がまだはっきりしないので、見ていていろんな人に疑いの目を向けてしまいます。どうも多田征大(小泉孝太郎)が怪しいと思っているけど、単純に杏子に好意を寄せていて壮一郎の事件にも力を貸しているだけなのか!?でも多田には何か裏がありそうで不気味です。

円香みちる(水原希子)は確実に怪しい!彼女の過去が気になるし、杏子は彼女のことを信用しきっているので今後の2人の関係も気になります。

壮一郎と遠山亜紀(相武紗季)の関係は彼女がハニートラップを仕掛けたと分かってホッとしました。子供のためにやったことだと分かり、そんなの調べればすぐに分かるのにと思ってしまいました。

8話で最も話題になった出来事

滝藤賢一が裏切り者(黒幕)説がネットでは多勢!ミスリードの可能性は?

最初から滝藤賢一さん演じる佐々木達也は怪しかったですよね。何でもかんでも自分に任せてくださいって言ってくるし、何か怪しいのに脇坂博道(吉田鋼太郎)も佐々木を蓮見壮一郎(唐沢寿明)から引き離そうとしない。

つまり、佐々木が裏切り者だとにらんだ多田征大(小泉孝太郎)と壮一郎が一芝居うってあぶり出したって流れが順当。でも、それだとベタすぎるんですよね。

もう一ひねりあったら面白いと思うんですが、他に裏切り者を探すと、朝飛光太郎(北村匠海)、円香みちる(水原希子)、林幹夫(博多華丸)ぐらいしか怪しい人はいない。

もし佐々木がミスリードの場合は、誰を裏切り者として持ってくるのか次回が楽しみですね。私の予想は、朝飛とにらんでいます。杏子と同時期に事務所に入ってきているし、どうも事務所に残りたいって感じよりも別の目的があるようにしか思えないんですよね。

『グッドワイフ』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『グッドワイフ』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

壮一郎(唐沢寿明)の一連の事件を計画した “裏切り者” の正体がついにわかった。その “裏切り者” は、壮一郎に衝撃の理由を語る。
そんな中、法律事務所では、円香(水原希子)のある秘密が波紋を呼び、円香は事務所を辞めることを決意していた。また、杏子(常盤貴子)と朝飛(北村匠海)の本採用を懸ける争いも、ついに決着がつく。果たしてどちらが採用されるのか !?

一方、一連の事件が解決した壮一郎だったが、あることがきっかけで多田(小泉孝太郎)からの留守電を消したことが杏子にばれてしまう。そのことで言い合いになり、夫婦の間に亀裂が…。
さらに、壮一郎は、多田に関して何か仕掛けようと画策していた。
そんなある日、多田の想いを改めて聞いた杏子は多田と二人きりになり、急接近する…

出典:http://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story08.html