ドラマル

『グッドワイフ』7話のネタバレ感想!円香(水原希子)が有能すぎると話題!

2019年2月24日に放送されたドラマ『グッドワイフ』7話のネタバレを含む感想と放送後のTwitterでの反応をお伝えします。

7話は、バイトテロやSNS炎上、今回のストーリーネタはまさに今問題となっていること。悪意をもった映像作成は絶対にダメ!悪徳業者が懲らしめられるラストは痛快です!

関連記事

『グッドワイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グッドワイフ』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』7話のあらすじネタバレ

蓮見壮一郎(唐沢寿明)は、蓮見杏子(常盤貴子)への多田征大(小泉孝太郎)の告白を携帯電話で聞いてしまい、気になると同時に怒りを感じていました。しかし、杏子自身は、多田からの告白自体を知りません。多田からの告白メッセージは、壮一郎によって消去されたからです。

杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を尋ねます。それによると、1年前に、当時の特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家である南原次郎(三遊亭円楽)の汚職のタレコミが寄せられました。そこで、壮一郎は佐々木達也(滝藤賢一)と共に極秘に捜査をし、匿名の情報提供者から汚職を証明する文書をもらう約束をしていました。しかし、直前に逮捕されてしまったのです。南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるが難航します。

神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長である剣持(浜野謙太)から映画に関する案件が持ち込まれました。多田、杏子、朝飛光太郎(北村匠海)の3人で担当することになりました。剣持は SNS を駆使して広告塔となり、若くして成功を収めている時代の寵児。ところが最近、彼をモデルにしたと思われる人物の映画が無断で公開され、その映画の内容は剣持を誹謗したものだったのです。
剣持は、自分や会社のイメージが下がったと憤慨し抗議。しかし、映画を製作した会社は、剣持をモデルにしたことを真っ向から否定。そこで剣持は、自身の名誉を取り戻すため映画会社を訴えることにしたのです。

杏子たちは裁判に臨みますが、問い詰めてもとぼける映画プロデューサー(田中要次)達に思うように進みません。杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせします。
壮一郎に、思うように進まない裁判のことを指摘され、負けん気を感じた多田。映画の中のグッズを販売しているショップを訪れ、店主を相手に、この映画が剣持を題材にした内容であることを事前に知っていただろうと脅しをかけます。

壮一郎は、杏子と共に、尾行する検事を巻いて、情報提供者に会いに行きますが、目の前で情報提供者が検事に捕まってしまい意気消沈。杏子は、壮一郎の不倫相手である遠山亜紀(相武紗季)が、退社直前まで大きなネタを追っていたことを知り、会いに行きます。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』7話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回印象的だったのが、IT社長・剣持の「映像のチカラは怖い。意図を持った動画は人の心を壊す凶器になる」という言葉でした。まさに今、バイトテロや客による悪質な画像投稿によって企業が苦しみ、消費者であるわたしも外食やコンビニへの不信感が拭えず、足がつい遠のいてしまってます。不適切動画はまさに「凶器」です。それを再認識させてくれたストーリーだと思います。
SNS炎上商法を狙った悪徳映画制作会社が最後に懲らしめられる姿は爽快でした!

30代女性

ワイフ子

回を増すごとに面白くなっていくドラマ。毎週日曜日が待ち遠しいです。一話ごとに完結しているため、見終わった後に爽快感があり、さらにドラマのあちこちに伏線が散りばめられ、それがつながっていく面白さがあります。また、主婦だった杏子が、少しずつ鍛えられてたくましく強く美しくなっていく様子も素敵です。ファッションも素敵で、毎回注目して見ています。本当に美しいです!アメリカ版とは少し違い、日本の生活に馴染む内容にされているため、違和感を感じることなく見られます。

30代女性

berry875

多田先生(小泉孝太郎)の蓮見杏子(常盤貴子)をあきらめないで欲しいです。杏子(常盤貴子)にかけた電話を運悪く壮一郎(唐沢寿明)がとってしまい、杏子だと確認しないまま約束してしまうなんて可哀想すぎます。多田先生(小泉孝太郎)が素っ気ない態度を取っているのを京子は気づいてるのでしょうか。夫の弁護で頭の中がはちゃめちゃなのかもしれないけれど、最終的には自分の幸せを考えて欲しいです。最後にみちる(水原希子)に声をかけた男性(丸山智己)が怪しいです。本当にDV夫から逃げているのだとしたら恐すぎる!しかも脇坂(吉田鋼太郎)に弱みを掴まれて裁判に不利になりそうです。脇坂は典型的な悪者ですね。

30代女性

COCO

前回、とうとう多田(小泉孝太郎)が蓮見(常盤貴子)に告白したところからの始まりだったけど、なんとも間の悪い多田(小泉孝太郎)。。大好き過ぎる余り不器用なのか、留守電必ず聞くかなんてわからないのに、ずっと待ち続けるなんて健気過ぎます!回を追うごとに応援したい気持ちは増えてるけど、どうも上手くいきそうな感じがしないのが残念すぎます。

今回のゲスト、IT社長剣持(浜野謙太)は本当にこんな人いそうな感じで面白いです。ストーリーも実際こんな事起きそうな話で面白かったです。

案件の方は、あっという間に解決だけど、とうとう蓮見の旦那、壮一郎(唐沢寿明)の事件も進展しそうな感じで、なにげに気になってたみちる(水原希子)のなんであんなに情報が手に入れられるのかも次回わかりそうで楽しみです!

40代女性

jyunkoro

蓮見杏子(常盤貴子)の務める弁護士事務所の案件と夫の蓮見壮一郎(唐沢寿明)の弁護、2つが同時進行していて見ているほうも忙しく結構疲れました。その分、盛りだくさんの充実した内容で面白くもありました。
壮一郎は家族でさえも自分のために利用しようとしているように見えてしまい、自分が杏子の立場だったら弁護なんてありえない!です。
杏子と壮一郎の本音バトルがあったり、見ごたえも十分でした。
杏子と円香みちる(水原希子)の2人の談笑シーンがよかった!

7話のTwitterでの感想

Twitterでの感想まとめ

  • ひたすら多田先生がかっこよかった
  • 常盤貴子と唐沢寿明の夫婦て絵面キレイすぎ
  • 円香さん有能すぎる
  • 多田のパーカー姿が好評!
  • 例のプールの登場にネット湧く