ドラマル

『グッドワイフ』5話のネタバレ感想!ラスボスは円楽さん?次回は多田が遂に杏子に告白!

2019年2月10日に放送されたドラマ『グッドワイフ』5話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

5話では、離婚訴訟&相続問題をテーマに杏子達が活躍する。
そして、遂に黒幕が判明する!

関連記事

『グッドワイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グッドワイフ』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』5話の感想※ネタバレあり

40代女性

mikado

最近多い熟年離婚、しかも若い愛人がらみのストーリーだと思ったら、蓮見杏子(常盤貴子)の夫、壮一郎(唐沢寿明)を取り調べている脇坂(吉田鋼太郎)夫婦の離婚を杏子が担当することになり、2つの離婚案件が同時進行する盛りだくさんの内容で面白かったです。
資産が十分にあるロックスターの夫が微妙なタイミングで交通事故にあい再起不能になって、しかも事件性があると分かりストーリーが急展開、犯人は意外な人物で最後まで目が離せなかった!
杏子と脇坂が離婚のことで直接対決し、脇坂の妻、玲子(峰村リエ)が杏子の味方になったのは予想外、今後をさらに面白くしてくれました。
結局、東城数矢(宇崎竜童)の財産のほとんどが妻のちなみ(銀粉蝶)のものになったのに、彼女が全財産を放棄し愛人の唯奈(松本まりか)に渡すと言った姿がとても潔く素敵なラストでした。

50代男性

ss

なんといっても、夫と離婚しようと考えていた蓮見杏子(常盤貴子)の気持ちの変化が印象的だった。

そのきっかけを作ったのが、娘がお父さんと話したいと言った言葉。

その場面で、杏子が娘とぴったりとくっつき、優しさ溢れる表情をするのを見た時、子供たちのためにも、夫としっかり向き合うべきだと考え方が変わったのだろうと感じました。

杏子が担当したロックスターを長年支えてきた妻の離婚調停で、妻が、離婚が決まってもなお長い年月に割り切れない思いがあると語った気持ちに触れたり、ロックスターが事故で植物人間になっても、生きて欲しいと延命治療にこだわりづつけた姿を見たのも、夫との長い年月を簡単に捨てるべきではないと杏子の気持ちを変える後押しになったと確信しました。

だから、杏子は、保釈を認めなかった夫の担当検事部長の弱みを手に入れた時、弁護士の守秘義務違反を犯してまでも、夫と向き合うために、その弱みを使って保釈させるように動いたのだろう。

次話ついに、夫が保釈され家に帰ってきます。杏子がどう向き合って気持ちが変わって行くのか見守りたいです。

30代女性

berry875

離婚調停かと何気に見ていましたが、夫(宇崎竜童)がその後すぐにバイク事故で意識不明の重体になってしまい、しかも恋人(松本まりか)との間に子供もいるということも判明して複雑になってきました。この恋人(松本まりか)の声がイラつく?!一見、妻(銀胡蝶)が夫(宇崎竜童)を殺人未遂したのかと思いきや、マネージャー(阿南健治)の仕業だと分かって一件落着でホッとしました。やっぱり多田(小泉孝太郎)は蓮見杏子(常盤貴子)に未練タラタラですね。次回は蓮見の夫(唐沢寿明)が保釈されるので、もっと楽しみです。家族の絆が取り戻せるのか見ものです。

20代男性

Fumisagi

東城数矢(宇崎竜童)・東城ちなみ(銀粉蝶)夫妻の離婚訴訟を通して、東城ちなみ(銀粉蝶)の東城数矢(宇崎竜童)に対する「想い」が伝わってくる、是非とも結婚年数の長い夫婦に見て頂きたいストーリーとなっております。
東城数矢(宇崎竜童)が一方的に別れを告げてきたにも関わらず、東城ちなみ(銀粉蝶)は夫の想いをくんで離婚に応じようとします。
東城数矢(宇崎竜童)が交通事故で意識不明の重体となり、恋人の唯奈(松本まりか)の策略により殺人犯に仕立てられてしまったにも関わらず、懸命に夫である東城数矢(宇崎竜童)を心配し続けるその姿に感動してしまいます。
いくら離婚に瀕した夫婦とは言えど辛い時期を一緒に乗り越えた経験や楽しい一時等のかけがえのない時間を過ごしていることを思い起こすと離婚したいという気持ちも消え、もう一度やり直していこうという気持ちになるのでしょうか。
一方で、壮一郎(唐沢寿明)の方は自らが逮捕された収賄事件の真相に近づき、遂に自らを貶めたと思われる人物を突き止めることに成功した。
さらには、東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)とその妻である怜子(峯村リエ)の離婚協議に関して、妻 怜子(峯村リエ)から代理人を依頼された杏子(常盤貴子)は同協議の過程で脇坂(吉田鋼太郎)が違法捜査を行っていることを怜子(峯村リエ)から教えてもらう。
壮一郎(唐沢寿明)はその事実を活用して遂に釈放へ向けて動き出す。
次回以降で、壮一郎(唐沢寿明)の収賄事件の真相が少しずつ明らかになっていく。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』5話のTwitterrでの反応まとめ

仕事の鬼ですよね。でも、さらっとした指導だからいい感じですよね。

多田は本当に杏子のことが好きなんですね~。そういえば、愛しさあまってみたいなことを多田がいっていたから、なんか旦那との件でやらかしている・やらかしそう?遂に来週、杏子に告白しそうですね。

ラスボスは円楽さんなのでしょうか?なんかもう1つ超える展開がありそうですね。

本当、年齢みてビックリの驚異的な美しさですよね。

相武紗季さんが不倫相手?なんですね。どうなるのか楽しみですね。

なんか可哀想になってきますね。蓮見壮一郎(唐沢寿明)に嫉妬して人生を見失ってしまったんでしょうかね。でも、盗聴はダメ!

ラストに向けての落ち作りですね。円楽さん→昇太さん→笑点メンバー全員集合だ!

多田征大(小泉孝太郎)を指示する声多め!蓮見壮一郎(唐沢寿明)は分が悪いですね。

『グッドワイフ』5話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『グッドワイフ』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟を巡り、妻のちなみ(銀粉蝶)の代理人として担当することになった杏子(常盤貴子)。数矢は売れない時代を支えてきたちなみと別れ、若い恋人の唯奈(松本まりか)と結婚するつもりだという。杏子は、財産分与などで11億円を請求するが、数矢の代理人弁護士・栗山美咲(芦名星)は、6千万円が妥当だと主張。法律的根拠も相手側にあり、杏子たちは窮地に追い込まれる。しかも美咲は多田(小泉孝太郎)の元彼女。多田を知り尽くした様子から、交渉も難航する。そんな中、突然の事故で数矢は意識不明の重体に陥ってしまう。そんな数矢を前にして、妻と愛人は数矢の命と財産を巡り争い始める。

一方、杏子の元に東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が現れる。脇坂との協議離婚を希望しており、杏子に代理人をお願いしたいとやってきたのだ。しかも怜子は、壮一郎(唐沢寿明)に関する脇坂の弱みを握っているようで、脇坂は血相を変えて事務所に怒鳴り込んでくる。難題が山積の二つの離婚協議ははたしてどうなっていくのか…?

そして、壮一郎も、自らが逮捕された収賄事件の真相にたどり着きつつあった。遂に事件を画策した人物の正体を突き止めたのだ。その男とは一体…?

出典:http://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/

『グッドワイフ』に出演する主要キャスト

  • 蓮見杏子(常盤貴子)
  • 多田征大(小泉孝太郎)
  • 円香みちる(水原希子)
  • 朝飛光太郎(北村匠海)
  • 小宮竹生(野間口徹)
  • 戸梶涼太(中林大樹)
  • 佐竹凛子(末永みゆ)
  • 蓮見隼人(小林喜日)
  • 蓮見綾香(安藤美優)
  • 佐々木達也(滝藤賢一)
  • 蓮見幸枝(高林由紀子)
  • 林幹夫(博多華丸)
  • 南原次郎(三遊亭円楽)
  • 遠山亜紀(相武紗季)
  • 神山佳恵(賀来千香子)
  • 脇坂博道(吉田鋼太郎)
  • 蓮見壮一郎(唐沢寿明)

5話に出演するゲスト

  • 東城ちなみ(銀粉蝶)
  • 東城数矢(宇崎竜童)
  • 栗山美咲(芦名星)
  • 脇坂怜子(峯村リエ)
  • 小川唯奈(松本まりか)
  • 三宅博之(阿南健治)

まとめ

次回予告で早くもネットは持ち切りですね。

蓮見壮一郎(唐沢寿明)を罠に嵌めた黒幕は本当に南原次郎(三遊亭円楽)なのか?
そして、多田が遂に杏子に告白?
はたして杏子は夫・壮一郎と多田のどっちを選ぶのか今から楽しみですね。