ドラマル

2019年2月3日

『グッドワイフ』4話のネタバレ感想!常盤貴子の演技に絶賛の嵐!黒幕は小泉孝太郎(多田)が怪しい?

2019年2月3日に放送されたドラマ『グッドワイフ』4話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

4話では、法廷で戸惑う朝飛光太郎(北村匠海)を機転を利かせフォローするカッコイイ蓮見杏子(常盤貴子)が見られる。
そして、ネットでは黒幕探しが始まった!やはり多田征大(小泉孝太郎)なのでしょうか?本記事の後半で考察を発表します。

関連記事

『グッドワイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グッドワイフ』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』4話の感想※ネタバレあり

40代女性

yukimi

蓮見杏子(常盤貴子)が自分を裏切った友人の息子のために奮闘する姿は誠実な彼女らしくて、すごく素敵な女性だなあとますます感じるようになってます。
円夏みちる(水原希子)に多田征大(小泉孝太郎)との仲を問われた時も、正直に自分の気持ちを話してて、その姿がとっても好印象!
それに比べて荻原奈津子(須藤理彩)はちょっと虫が良すぎると思ってしまいました。ご近所づきあいのうわべだけの友人関係ってこわいなあとしみじみ思うストーリーでした。最後に奈津子との関係をバッサリ切った杏子がかっこよかった~。
初法廷の朝飛光太郎(北村匠海)がガチガチ過ぎてあり得ない!と思っちゃいました。とっさに彼をフォローした杏子(常盤貴子)、弁護士として優秀でとても頭が切れるのがよく分かるシーンでした。
前回のラストで杏子(常盤貴子)と多田(小泉孝太郎)が急接近し、今回は多田が蓮見壮一郎(唐沢寿明)に直接会いに行ったのには何か深い意味があるのか、単に杏子に好意があるだけなのか、とても気になります。

40代女性

むーちゃん

多田先生(小泉孝太郎)の杏子(常盤貴子)に対する好意は優しさを感じました。好きという気持ちを全面に出すのではなくて、遠くから見守って包んでくれる感じがしました。でも、杏子(常盤貴子)の夫、蓮見(唐沢寿明)に会いに行って、杏子(常盤貴子)が辛い思いをしている事を伝えたのは男らしいって思いました。
また、今回の事件は朝飛(北村匠海)が主で裁判をして、杏子(常盤貴子)がサポートする事になった。いつも強気の朝飛(北村匠海)が実際の裁判でオドオドしていたのは、何かすごく頼りなく見えました。そして杏子(常盤貴子)は相変わらず、ハキハキとして自信に満ちてる感じでカッコ良かったです。弁護士としてだけでなく、母親、人として強くなりたいとしている姿は素敵だし、見習いたいと思いました。杏子(常盤貴子)を取り巻く、周りの人達との関係が変化していく事で、色々な人間模様が見られて面白いです。

40代女性

いけちゃん

女同士の友情ははかないっていうのがよく分かるエピソードでした。過去に自分を裏切った友達のために弁護を引き受ける蓮見杏子(常盤貴子)は正義感にあふれていて素敵でした。裏表のない彼女が好きです。
杏子とまた仲良くしようとする友人に対して、きっぱりと誘いを断った杏子がかっこよかった!
ドラマタイトルはグッドワイフなので前回の出来事で夫と離婚を考え始めた杏子ですが、今後夫を支えようと気持ちが変わるはず。どんな展開が待っているのか気になります。

30代女性

selene

毎回、もうどうしようもないだろうという窮地から脱するラストの爽快感が気持ちいい。
今回は女性特有のドロッとした関係が出てきて、うわーいるいるこんな人と思った。こういうときに本当の友達かどうかがよくわかる。ある意味ふるいにかけられたんだからよかった。
でもラストの蓮見杏子(常盤貴子)が放った「口だけでしょう」がかっこよかった。誰にでもいい人を演じていくのかと思ったが違ったらしい。
過去と決別し、新しい未来を、なんて簡単じゃないけどやってみせるのだろうか。
回を増す毎に円香みちる(水原希子)が蓮見杏子(常盤貴子)を認めていく様子が上手く描かれていて、これからどうなるのか楽しみだ。

20代女性

あずさ

今回は蓮見杏子の最初に友達になり最初に裏切られたママ友の息子からの依頼だった。まわりからは、そんな人の依頼なぜ受けるのかと言われていたが杏子は依頼人を助ける為に依頼を受けている、人に優しくなるには自分が強くならないといけないと言った言葉が印象的だった。

これから1人で息子、娘を守っていかなければならない杏子の強い意志が感じられる回だった。依頼人を助け終えた後、裏切られたママ友からランチでも行こうと言われた時、これまでのお礼を言い今後は会わない旨をストレートに伝えたシーンは杏子が新しい世界でたくましく生きていけると思え観てる私もスッキリした回であった。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』4話のTwitterrでの反応まとめ

このシーンはよかったですね。「いったれ~」と思っていた時に出たのでスカッとしました。

多田先生が黒幕じゃ確かにつまらないな~。でも、壮一郎との会話中の雰囲気が悪役決定?

グッドワイフのストーリーは、杏子をすごく応援したくなる!それもこれも常盤貴子さんの引き付ける演技あってなのかもな~。繰り返すが、今回の「口だけでしょ」、あれで杏子のことを好きになった人たくさんいると思う。

小泉孝太郎VS唐沢寿明VS吉田鋼太郎。この3人の戦い?がどうなるのかが気になる。最後には、ドラマタイトル通り、グッドワイフが夫・壮一郎の無実を晴らし、そして黒幕を一緒に倒すという流れを想像しているが、1話完結のストーリーと全話通しての大筋がいい感じで絡んでいて、見ていて気もちいい。

『グッドワイフ』4話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『グッドワイフ』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する…

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった…。

出典:http://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/story04.html

『グッドワイフ』に出演する主要キャスト

  • 蓮見杏子(常盤貴子)
  • 多田征大(小泉孝太郎)
  • 円香みちる(水原希子)
  • 朝飛光太郎(北村匠海)
  • 小宮竹生(野間口徹)
  • 戸梶涼太(中林大樹)
  • 佐竹凛子(末永みゆ)
  • 蓮見隼人(小林喜日)
  • 蓮見綾香(安藤美優)
  • 佐々木達也(滝藤賢一)
  • 蓮見幸枝(高林由紀子)
  • 林幹夫(博多華丸)
  • 遠山亜紀(相武紗季)
  • 神山佳恵(賀来千香子)
  • 脇坂博道(吉田鋼太郎)
  • 蓮見壮一郎(唐沢寿明)

4話に出演するゲスト

  • 荻原奈津子(須藤理彩)
  • 荻原翔平(佐藤緋美)
  • 宇佐美沙織(霧島れいか)
  • 宇佐美友也(水沢林太郎)
  • 中村明宏(前田旺志郎)
  • 管理人(平井“ファラオ”光)
  • 傍聴人(阿曽山大噴火)
  • 御手洗直人(中村育二)