ドラマル

『グッドワイフ』3話のネタバレ感想!壮一郎が仕掛けた罠で面白さが10倍(1/27放送)

2019年1月27日に放送されたドラマ『グッドワイフ』3話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

3話では、壮一郎の恐ろし過ぎる脇坂への復習がはじまる。
杏子へのアプローチがまさかの理由に、ワクワクが止まらない!

関連記事

『グッドワイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『グッドワイフ』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』3話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『グッドワイフ』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

回送列車の脱線事故が発生。死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)、多田(小泉孝太郎)、朝飛(北村匠海)が担当することになった。相手の東神鉄道の代理人を務めるのは河合映美(江口のりこ)。杏子たちは過重労働による事故で1億円の賠償金を提案するが、映美たちは運転士の居眠りだとして50万円の見舞金を提案。真っ向から主張が対立する。しかも、妊婦である映美は形勢が悪くなると打ち合わせ中でも体調不良を理由に交渉を中断する始末。そんな映美に翻弄され、杏子たちは窮地に追い込まれていく。

一方、杏子は拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)と面会し、過去の幸せだったころの話をする。壮一郎の逮捕後、初めて笑顔になった杏子は、もう一度前向きな気持ちになっていく。そんな杏子を見て多田ははがゆい思いだが、気持ちを抑えながら過重労働を証明すべく、勤務実態を調べていく。その過程で、杏子はある違和感に気づき…。

出典:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/

『グッドワイフ』3話に出演する主要キャスト

  • 蓮見杏子(常盤貴子)
  • 多田征大(小泉孝太郎)
  • 円香みちる(水原希子)
  • 朝飛光太郎(北村匠海)
  • 小宮竹生(野間口徹)
  • 戸梶涼太(中林大樹)
  • 佐竹凛子(末永みゆ)
  • 蓮見隼人(小林喜日)
  • 蓮見綾香(安藤美優)
  • 佐々木達也(滝藤賢一)
  • 蓮見幸枝(高林由紀子)
  • 林幹夫(博多華丸)
  • 遠山亜紀(相武紗季)
  • 神山佳恵(賀来千香子)
  • 脇坂博道(吉田鋼太郎)
  • 蓮見壮一郎(唐沢寿明)

3話に出演するゲスト

  • 河合映美(江口のりこ)
  • 安西博嗣(高木渉)
  • 井口晴乃(安藤聖)
  • 北原隆司(平原テツ)
  • 小川祥子(山本裕子)
  • きれいな女性(森崎友紀)
  • 御手洗直人(中村育二)

スポンサーリンク

『グッドワイフ』3話の感想※ネタバレあり

40代女性

赤いくつした

蓮見杏子(常盤貴子)がどんどん自信をつけて、ドラマのスタート時に比べて堂々としている様子が分かったし弁護士として頭がキレてとてもかっこいい!
家庭に戻ると優しくてちょっとふんわりした印象のいいお母さんに戻るところも見ていてホッとします。

夫の壮一郎(唐沢寿明)と少し和解したように見えたのでよかったなと思ったし、やっぱり夫婦の絆は大切と思ったのに。これがラストへ向けた伏線でした。杏子同様に見事に騙されました。

列車の脱線事故を担当した杏子、壮一郎の発言がきっかけで見事に事件の真相にたどり着いたけど、それがすべて壮一郎に仕組まれたことだったとドラマの終盤で杏子が気付いた瞬間、なるほど~と見ていて驚きました。隠された罠にあっぱれ!面白い展開でした。

40代女性

杏ちゃん

今回も杏子(常盤貴子)と多田(小泉孝太郎)の粘り強い頑張りで勝つことが出来て良かったです。

始めの頃の杏子(常盤貴子)は少し自信なさげな感じだったけど、回を重ねるごとに、どんどん出来る弁護士って感じになってきている。

ライバルでもある朝飛(北村匠海)やパラリーガルの円香(水原希子)も最初は嫌な感じって思っていたけど、何だかんだと杏子(常盤貴子)達の案件を手伝って色々な事に気づいたりして、結構、いい人なんだって思い始めてます。

あと、多田(小泉孝太郎)の杏子(常盤貴子)に対する気持ちが、だんだん表だってきているので、今後どうなっていくのかが、とても気になります。

一方、杏子(常盤貴子)は夫の壮一郎(唐沢寿明)の事を裏切られたと思い、夫との関係を修復する気はないと思っていたけど、今回、夫に面会した後、少し前向きな気持ちになって、もう一度、夫としっかり話し合いたいような事を言っていたので、壮一郎(唐沢寿明)と多田(小泉孝太郎)杏子(常盤貴子)、三人の関係が見所となっていきそう。

30代女性

あおい

妊婦弁護士(江口のりこ)さんの強さはんぱないですね、これまでいろんな弁護士キャラがいましたが、これは強い!「皆さんでどうぞ」のお菓子がめちゃめちゃ妊婦さん用っていやらしさがはんぱないです。胎児に話しかけるあたり杏子(常盤貴子)も負けていませんでした。

事件としては、鉄道会社の責任か、運転士個人の責任か…
事件に関わる遺族のことを考えると、どこに怒りのやり場をもっていけばいいのか、途方に暮れるだろうなあと想像してしまいます。

杏子と壮一郎(唐沢寿明)の久々の家族らしい会話…
先週の、みちる(水原希子)の意味深な発言、旦那さんを信用しないほうがいいというのが脳裏によぎって、信頼しちゃだめー!って思ってしまいました。案の定信頼しちゃダメな人だったけど。

弁護士チーム、円香のひらめきの素晴らしさに脱帽。頭の回転もめちゃ良く着眼点も鋭い彼女は絶対に主任弁護士になれるでしょう。

地検サイドは、脇坂(吉田鋼太郎)の全てを見抜いている感が相変わらずすごいです。それにしてもトイレで逢引(笑)佐々木(滝藤賢一)の立場が回を追うごとに危なくなるんじゃないかと心配になっちゃいます。

今回の弁護案件、結末としては「肉を切らせて骨をたつ」…
本当になんて会社でしょうか。隠された罠とは過重労働に食いつかせたということでした。経費の節約が人の命を奪うなんてなんて会社経営なんだろ。この件を鉄道会社側の弁護士もこれを知らなかったなんてそこにもびっくりでした。

ヒントをくれたように思われた壮一郎との会話、こんな風につながっているとは。脇坂を陥れようとする壮一郎の壮大なプラン怖すぎる。どんでん返しな結末、今までで一番見応えがありました。
そんな姿を見せられたら、多田(小泉孝太郎)も抱きしめるしかないですよね。はぁ~、はやく平穏な日常を杏子と家族に与えてあげたい…。

50代女性

Luca_c

夫との絆を取り戻しかけた、と感じていた蓮見杏子(常盤貴子)は、どこか心弾んで見えました。
しかし、自分は利用されたのでは?と、クライアントに電話し呆然とするシーンが、切なく苦しかったです。
蓮見壮一郎(唐沢寿明)サイドの事情はまだ見えてきませんが、子供まで利用するとは、ちょっと許せません!
林幹夫弁護士(博多華丸)まで悪人顔に見えてきましたよ。
それに対して、涙ながらにそのことを打ち明ける杏子(常盤貴子)を思わず抱き寄せる多田征大(小泉孝太郎)!
もう、キュンキュンしちゃいました!
多田(小泉孝太郎)にはどうか裏がありませんように。

20代女性

P

蓮見壮一郎はすごい人だなと思った。まさか、事件の真実を知っていて、それを奥さんに担当させて真実を暴くヒントまで与えて脇坂を陥れるのはすごいけどすごく怖いと思った。この先2人の関係がどうなるのか楽しみ。やっぱり事件に関わっている犯罪者なのかなと思えた。

電車の脱線事故が過労によるものではなくて、ブレーキの故障というのはびっくりしたけど、本当にこんなことで事件が起こったら怖すぎるなと思った。弁護士同士の姑息なやり合いも面白かった。

40代女性

はる

回送列車の脱線事故で死亡した運転士の遺族代理人として、杏子(常盤貴子)と多田(小泉孝太郎)が弁護をするわけですが、相手の鉄道会社の代理人の河合映美(江口のりこ)に本当にイライラさせられました。妊婦だからと体調不良を訴え立場が悪くなると逃げる始末で、あんな弁護士が実際いたら最悪だなと思いました。

最終的には、過重労働が原因ではなく、鉄道のブレーキ故障だったのには驚きました。拘置所にいる壮一郎(唐沢寿明)に対して杏子が少し前向きになって来たと思いきや、脇坂(吉田鋼太郎)を嵌める意図的な手引きだったのには私も残念でした。壮一郎の裏に一体何が裏にあるのかすごく気になりました。

40代女性

kayokayo

ラストに衝撃!いつもどおりに蓮見杏子(常盤貴子)の鋭い洞察力や推理力で事件を無事に解決したと思っていたら、夫の蓮見壮一郎(唐沢寿明)にうまく利用されたことが発覚し、それまでのストーリー展開やトリックが本当に見事でした。見ているほうもすっかり騙されたし、杏子が気付くのと同時に真実が分かり、なるほど~面白い!と思わせてくれました。

杏子と壮一郎の溝がさらに深くなり、壮一郎はこれからどうやって杏子の信頼を取り戻すのかにも注目したいです。

『グッドワイフ』3話のTwitterrでの反応まとめ

さすがにそれはとも思いますが、そこを上手く繋げたらすごく面白い展開になりそうですね。

私は今期の全ドラマを視聴していますが、今週終わった段階では、他の弁護士ドラマよりもグッドワイフは面白いですよね。

これは驚きですよね。6年間、刑事事件だけを傍聴するために東京地裁に通い続けているって、本当に傍聴マニア?なんですね。つまり、適役、面白いわけだ。

隠された罠って、1回目の罠で安堵しちゃいましたよ。

そういえばそうですね。私としては、今田に武蔵(黒澤部長)を引きずってます。