ドラマル

ドラマ『偽装不倫』原作漫画の結末ネタバレ!ジョバンヒ(伴野丈)が記憶喪失に?

2019年7月10日から杏さん主演で放送されるドラマ『偽装不倫』の原作漫画のあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

原作はどんなストーリーで、今後どんな展開・結末が予想されるのか?
東村アキコさんの原作漫画のはじまりから最新話までを詳しくお伝えします。

原作では杏さん演じる濱鐘子は、ジョバンヒ(ドラマ:伴野丈)と結婚するのでしょうか?ジョバンヒは病を克服できたのでしょうか?

関連記事

『偽装不倫』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ネタバレ注意

当記事には、『偽装不倫』の原作漫画のネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、原作漫画をご覧になってからお読みください。

スポンサーリンク

『偽装不倫』原作漫画のネタバレ

主人公・濱鐘子(はましょうこ)は、30歳独身、彼氏なし、仕事は派遣を転々とする実家暮らしのパラサイトシングルです。一流大学を出て、商社勤めをし、年収一千万の商社マンと結婚した人生勝ち組の姉・葉子(ようこ)に引け目を感じながらも、婚活にも失敗し、自分は絶望的にモテないからと開き直っていました。

起-鐘子とジョバンヒの出会い

自分には結婚も不倫も無縁のものだと思っていた鐘子に、ある日運命の出会いが訪れます。ひとりで韓国旅行に出かけた彼女は、飛行機の中で姉の結婚指輪を落としてしまい、隣の席にいた年下のイケメン韓国人・ジョバンヒに拾ってもらいます。

「どっち?」と聞かれ、つい左と答えてしまった鐘子は、旦那が急に来れなくなったととっさに既婚者のふりをしてしまいます。さらに、イケメンにナンパされて舞い上がる鐘子は、カバンをぶつけてしまったお詫びと押し切られ、なりゆきでジョバンヒと食事をすることになります。

連れて行かれたのはジョバンヒの姉の店で、彼は堂々と付き合うつもりだと姉に宣言します。姉は不倫はダメだと諭しますが、ジョバンヒは制止を振り切り、鐘子に不倫をしないかと提案します。鐘子は、姉の旦那・賢治(けんじ)を自分の旦那に仕立て上げ、さらに嘘を重ねてしまいますが、その場限りの恋を楽しもうと割り切って、その夜ジョバンヒと関係を結びます。

承-指輪を求めてジョバンヒと再会

韓国から帰国した鐘子は、ホテルに姉の指輪を忘れてきたことに気がつきます。結婚記念日までに返せと迫られた鐘子は、逆に姉を問いつめ、ピンク髪の青年・風太(ふうた)と不倫していることを知ってしまいます。開き直る姉に呆れる鐘子でしたが、指輪をジョバンヒが持っていると確信し、再び彼に会いに行ける理由ができたと密かに喜びます。その頃、ジョバンヒは病院で検査を受けていたのですが、何か重大な病であることを姉にも黙っていました。

鐘子は指輪を返してもらってさっさと帰るつもりでしたが、再会した途端、彼への想いがあふれ出し、完全に恋に落ちてしまいました。そして、鐘子と一緒に行きたいところがあるからとジョバンヒは強引に一緒に帰国してしまうのでした。

指輪を待ちきれない葉子は空港まで迎えに来ていて、なぜかそこには夫・賢治の姿もありました。賢治をジョバンヒに見られてはいけないと慌てる鐘子は、急いで葉子に指輪を返しましたが、ジョバンヒは賢治がわざわざ鐘子を迎えに来たと勘違いし、そのまま姿を消しました。

そして、結婚記念日当日、葉子は突然鐘子が牡蠣に当たって病院に運ばれたと嘘をつき、入院している風太の元へと出かけていきました。病院で風太と会った鐘子は、葉子が独身と嘘をついていることに驚きますが、彼の優しさに触れ、姉が惹かれるのも仕方ないと思ってしまうのでした。

一方、その頃ジョバンヒはひとりで鐘子の故郷・岩手を訪れ、写真を撮っていました。彼のインスタを見て、ジョバンヒが岩手にいると知った鐘子は、いてもたってもいられず、岩手へと向かうのでした。

転-賢治の意外な姿が明らかに

岩手で何度もすれ違いながら、ジョバンヒと再会した鐘子は、本当のことを言えばこの関係が終わってしまうと思い、旦那と別れる気はないとまた嘘を重ねてしまいます。そんな幸せに浸っていたのも束の間、突然ジョバンヒが意識を失い、鐘子は病院に付き添います。

その頃、ソウルではジョバンヒの主治医・ユン医師が姉を呼び出していました。彼女からの電話を思わず鐘子が取ってしまいますが、ユン医師は「ジョバンヒを飛行機に乗せてはいけない」と訴えます。その言葉の意味に不安を感じる鐘子でしたが、ジョバンヒは貧血だと嘘をつくのでした。

一方、食中毒の直後に鐘子が旅行に行ったことを不審に思った賢治は、葉子を問いつめますが、彼女は嘘を重ねてうまく切り抜け、性懲りもなく風太との関係を続けていました。が、鐘子はその様子を知ることもなく、ジョバンヒと岩手旅行を続けていました。彼の体調が気になりつつも、自分の嘘がバレてしまうのが怖くて何も言えない鐘子は、純粋にこの楽しもうと明るく振舞います。そして、ジョバンヒは「いつか一緒に銀河鉄道に乗ろう」と言い、鐘子に指輪をプレゼントしました。

そして、旅行当日。葉子は出発ギリギリまで風太の試合を見に来ていましたが、結局約束をすっぽかし、風太に指輪を買ってもらっていました。鐘子に探りを入れた賢治は、その足で葉子の会社に出向き、会社は休みで彼女がずっと嘘をついていたことを確信します。

鐘子は姉に熱海へ行って欲しいと言われ、ジョバンヒも姉からすぐソウルに戻るように言われたため、ふたりはここで別れることにします。ふたりは初めてLINEを交換し、ジョバンヒはバイバイというスタンプを送って、飛行機に乗り込むのでした。

そして、鐘子は葉子と共に気まずい熱海旅行に合流します。葉子にメンタルがヤバイとありもしない嘘をつかれた鐘子は、賢治から不倫を疑われてしまいます。明らかにバレているのに悪びれない葉子にあきれ返る鐘子でしたが、葉子から「賢治が私を愛していない。自分とそっくりの子供が欲しいから結婚しただけ」と賢治の意外な姿を聞かされ、驚きを隠せませんでした。

結-ジョバンヒが記憶喪失に?

止められていたにも関わらず飛行機に乗ったジョバンヒは、その中で意識を失ってしまいます。病院に駆けつけたジョバンヒの姉は、鐘子が不倫相手だから病気のことを知らなかったんじゃないかとユン医師に話します。

ジョバンヒは夢の中で、自分の余命を知って恋がしたくなったこと、そして自分がいなくなっても大丈夫な相手と思って鐘子を選んだことを思い出していました。そんな状況を知らない鐘子は、一向に返事が来ないことを心配し、ついはずみで本当は独身だというメッセージを送ってしまいました。それを偶然ジョバンヒの姉が見てしまい、鐘子が嘘をついていたことにショックを受けます。そして、鐘子がジョバンヒを騙して遊んでいたんだろうと失望した彼女は、鐘子のメッセージを削除してしまいます。

既読スルーのまま一向に返事が来ないことで振られてしまったんだと激しく落ち込んだ鐘子は、偶然会った風太に偽装不倫のことを話します。そして、うっかり葉子が既婚者であることも暴露してしまいました。風太はショックを受けましたが、怒りもせず、それでも葉子を愛していると自信を持って言いました。さらに、遊びだけの相手が指輪をプレゼントするはずがないという風太の言葉に、鐘子は少し希望を取り戻します。そして、葉子にも不倫じゃないからまだ間に合うと背中を押され、鐘子はソウルに向かいます。

鐘子はジョバンヒの姉の店を訪れ、彼が脳の手術を受けたことを聞いて、慌てて病院に駆けつけます。ですが、鐘子を見たジョバンヒは怪訝な顔をして「誰ですか?」と尋ねます。鐘子を見つけたジョバンヒの姉は激怒し、弟は手術の後遺症で記憶喪失になっているから、これ以上つきまとうなと鐘子を追い返しました。鐘子はジョバンヒの命が助かったなら自分との記憶なんてなくても構わないと頭では思いつつ、涙が止まりませんでした。

その後も、ひとりで食事を取りながら、一人旅の寂しさをかみ締めていた鐘子は、どこかにスーツケースを忘れてきたことに気づきます。病院に忘れられていたスーツケースを見てジョバンヒは姉に「昼間来た日本人に返してあげて」と頼みます。鐘子のことを覚えていないと姉に答えるジョバンヒでしたが、彼女はジョバンヒが嘘をついていると感じていました。

スポンサーリンク

原作漫画からドラマ『偽装不倫』の結末予想

ドラマは、原作とは違い、ジョバンヒが日本人の丈という設定になっています。そして、丈の姉も鐘子に対して好意的なので、原作のようなギスギスした関係にはならないような気がします。

原作のほうは、ジョバンヒが記憶喪失のふりをしているだけで、あえて鐘子を諦めるためにひどい態度を取ったような気がします。姉がその想いを知って、悩んだ末に鐘子に本当のことを話して、ふたりの復縁をサポートするどんでん返し展開になると予想しています。

一方、ドラマでは、手術になる前に鐘子が独身だと本人にカミングアウトするようなので、一旦結ばれた後に脳腫瘍が悪化して、最終的には丈が死んでしまうというバッドエンドになるような気がします。