ドラマル

『偽装不倫』7話のネタバレ感想!賢治の正体を知り、葉子に同情の声殺到!

2019年8月21日に放送されたドラマ『偽装不倫』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、丈が人妻だと思っている自分に指輪をくれた真意がわからず悩む鐘子!
一方、不倫をやめるよう諭す鐘子に葉子から夫・賢治との意外な真実が語られる…。

関連記事

『偽装不倫』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『偽装不倫』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『偽装不倫』7話のあらすじネタバレ

丈(宮沢氷魚)から指輪を渡され「大好きだ」とまで言われた鐘子(杏)は、浮かれつつもそれでもなお自分が好かれているのか確信が持てずにいます。
人妻と偽っている自分に指輪を渡してきた丈の真意は何なのか…。一方で丈も既婚者である鐘子に指輪を渡してしまったことを後悔しています。

葉子(仲間由紀恵)は風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合に行き、賢治(谷原章介)との熱海への夫婦旅行をドタキャンしてしまいます。
葉子は色々とその場しのぎの嘘で賢治を騙そうとしますが、すっかり疑っている賢治は昼休みに鐘子を呼び出し不倫について探りを入れます。
しかしそこにバイト中の風太が偶然通りかかり、賢治はその声が前に葉子との電話口で聞いた男性の声と似ていることに気づいてしまいます。

鐘子は指輪の意味を聞きたくて丈のもとを訪れるも冷たい態度をとられてしまい、やっぱり遊びなのかとさらに頭を悩ませます。
しかし丈の真意はむしろ反対でした。病気で亡くなる前に最後の恋をしたいと思って、自分がいなくなっても一人ぼっちにならない既婚者との不倫を始めた丈ですが、次第に本当に鐘子のことを本気で好きになってしまったのです。

一方、不倫を隠し通すのは限界だからもうやめようと諭す鐘子に葉子は、賢治は葉子のことを愛していなくて子供が欲しいだけ、賢治にとって自分はライフプランの一部に過ぎないのだと衝撃の告白をします。
葉子は誰もが羨む結婚という「幸せ」を手に入れた後に、風太と過ごす時間が本当の幸せだと気づいてしまったのです。

その頃鐘子には「あの指輪も僕が言ったことも全部忘れていいから」と丈からのメッセージが届きます。
独身だと明かして本当の幸せを手に入れなさいという葉子の助言もあり、鐘子は改めて自分が独身であることを告白する決意をします。

なかなか送信ボタンを押せずにいたところ、友人のまさ子(田中道子)に背中を叩かれたはずみで送信してしまった独身の告白には送信取り消しをする間もなく既読の表示が付きます。

スポンサーリンク

『偽装不倫』7話のネタバレ感想

40代女性

湊海

偽装不倫という嘘が、こんなにもふたりの足枷になるとは思わなかったので、本当は両思いなのに、このまま別れてしまうのかともやもやしてしまいました。

丈の姉は鐘子のことを既婚者じゃなければ良かったと思うくらい認めているんだし、きっと怒らないと思います。
でも、本人達は、その不倫という嘘によって衝動を抑えているところがまた皮肉だと思います。
特に、鐘子の「独身だとわかると痛いし、ドン引きされていなくなってしまうかも」といつまでも堂々巡りをしているのが、かなりイラッとしてしまいました。

20代女性

まり

ここ数話、賢治役の谷原章介さんの狂気を帯びた演技が光っていますね!

不倫を疑って葉子に「不倫ってどう思う?」と聞いた時の瞳のギラつき具合…
自分が尋問されているような気分で見ているこっちが恐ろしかったです。

葉子は不倫を反省する様子もなかったのでただスリルと背徳感を楽しんでいるのかと思っていたのですが、不倫の背景には世間的に見て文句なしのスペックを持つ配偶者であるはずの賢治との関係性があるということで、幸せとはなんなのだろうと考えてしまいました。

自由の身である鐘子にはどうか次回こそきちんと自分の思いを偽らず丈に伝えて欲しいです!

賢治の正体を知り、葉子に同情の声殺到!

葉子から語られた賢治さんのハラスメント発言に非難の声が殺到!

今まで、仲間由紀恵さん演じる葉子が、年下のカレ・風太(瀬戸利樹)と不倫をするとんでもない妻だと思われていました。が、賢治との意外な関係性を知り、一転して同情する声が溢れています。

まだ、賢治(谷原章介)側の言い分・真相が明らかではありませんが、発言内容は女性にとってかなり酷いものでしたね。

『偽装不倫』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『偽装不倫』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ついに『本当は独身なんだ』と丈(宮沢氷魚)にメールをした鐘子(杏)。だが、既読になったものの返信は来ず、丈の気持ちがわからなくて落ち込んでしまう。その頃、鐘子のことを忘れようと苦しむ丈は、一人海にいた。そして、一之瀬(眞島秀和)から丈の病気のことを聞いた灯里(MEGUMI)も、写真を撮りに出ていったまま戻らない丈を心配していた。

翌日になっても丈から返信がないことにさらに落ち込む鐘子は、昼休み、バイト中の風太(瀬戸利樹)とバッタリ出会う。無邪気な風太に心を許し、悩みを打ち明けていた鐘子は、うっかり葉子(仲間由紀恵)が結婚していることをバラしてしまう!慌てて葉子に電話で謝る鐘子。だが葉子は、「いつかバレるだろうと覚悟していた」と話す。そして葉子に風太から『今日会える?』とメールが届いて……。

灯里のもとには、丈が帰ってくる。丈が病気のことを姉である自分にも内緒にしていたことを責める灯里。「大事な人を悲しませたくない」と言う丈に、灯里は丈の知らない鐘子の秘密を話す……。

一方、葉子は風太の待つ場所へと向かう。自分の嘘を知ってもいつもと変わらない明るい態度で接する風太に心を痛める葉子。だが、ふと気配を感じ振り向くと、そこにはこちらを見て立ち尽くす賢治(谷原章介)の姿があった!

出典:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/